40代のお肌にふさわしいスキンケアで乾燥肌を改善しましょう


40代になると、お肌の老化を感じ始める女性が多いといいます。同時に老眼や白髪、物忘れや疲れやすくなるなど、これまで感じなかった体の変化に気づいて、あせりが出てくる時期かもしれません。

女性の40代は、仕事では重要な立場に就く人も多く、また子供の進学や就職、家族の健康についてなど自分以外の悩みも増えてきます。

環境の変化が多いこの40代は、女性ホルモンの分泌が急激に減少していく時期でもあります。イライラ・倦怠感・頭痛・発汗・めまい・情緒不安定など、更年期の症状が現れてくることもあるでしょう。

そして40代のお肌は、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーの周期が乱れがちになります。20代では28日間で新しいお肌へと生まれ変わっていたのが、40代になると55日周期と倍にもなるといわれています。

加齢・環境の変化・女性ホルモンの減少・ターンオーバーの乱れなどによって、乾燥肌・シミ・シワ・たるみ・くすみ・ハリや弾力の低下など、40代になるとお肌の衰えを実感してくるのです。

しかしお肌の老化は何歳からでも改善することができます。改善策のポイントは、正しいスキンケアです。

40代の乾燥肌を予防、改善するスキンケアを紹介していきます。

40代の乾燥肌を予防、改善するスキンケア

乾燥肌とは、表皮のもっとも表面にある角質層の水分量が低下することです。角質層にある水分量が20%以下になると、お肌は粉を吹いたようにカサカサしたり、かゆくなったりしてしまいます。

お肌が乾燥すると、肌表面の角質層やメラニンなどのバリア機能が破壊され、外部からの刺激を受けやすくなります。その結果、皮膚の炎症・シミ・シワ・たるみなどの老化が起こるのです。

乾燥肌になる原因は、加齢や女性ホルモンの低下だけではありません。間違ったスキンケア・生活習慣の乱れ・偏った食生活・紫外線ダメージ・室内のエアコンによる乾燥・外気の乾燥など、さまざまな原因があります。

一つだけで乾燥肌を引き起こすこともあれば、いくつもの原因が重なって乾燥肌になることもあります。乾燥肌を早急に改善するためには、まずは原因を知ることです。

乾燥肌を予防、改善するスキンケア(1) クレンジング


乾燥肌の予防・改善策には、毎日のクレンジング・洗顔・保湿ケアを正しい手順でしっかりと行うことが基本です。これまでなんとなく行っていた人も、スキンケアを見直すよい機会です。

まず毎日使うクレンジング剤選びから始めましょう。これまで価格や広告イメージ、人から勧められて、なんとなく選んでいたと言う人は、お肌にあわないクレンジング剤で乾燥肌を招いていたかもしれません。

さまざまなクレンジング剤には、洗浄力の強弱があります。濃いメイクを素早く落とせるタイプや、じんわりと落とすタイプなど、そのメイクをオフする力によってお肌への負担も大きく変わってくるのです。

クレンジング剤選びで気をつけたいのは、日焼け止めやメイクの油分を落とす合成界面活性剤の配合量です。

合成界面活性剤はほとんどのクレンジング剤に入っています。多量に入っているものほどメイク汚れの洗浄力は強く、同時にお肌に必要な皮脂や角質までも洗い流してしまいます。

合成界面活性剤が多量に入ったクレンジング剤を毎日使用していると、お肌はあっという間に乾燥してしまいます。クレンジング剤選びは乾燥肌を予防、改善するための重要なポイントです。

一般的に使われているクレンジング剤の特徴を説明していきましょう。

・オイルタイプ
素早くすっきりと落とせるオイルタイプは使っている人も多い人気のクレンジング剤です。しかし素早くメイクをオフできるということは、合成界面活性剤がたくさん配合されているからなのです。

乾燥肌はもちろん普通肌、敏感肌の人が毎日使うクレンジング剤としては向いていません。濃いメイクをした日、毛穴詰まりが気になるとき、ポイントメイク落としなど月1回、週1回程度と間隔を空けて使うのがよいでしょう。

お肌がテカリやすく化粧直しを頻繁にしているオイリー肌、ニキビ肌、比較的お肌が強いという肌質であっても、オイルタイプのクレンジング剤はお肌への刺激が強いのでおすすめしません。

・シートタイプ
シートタイプは、スポーツ後の化粧直しの際など、手軽で場所を選ばずに素早くメイクを落とせる便利なクレンジング剤です。しかし合成界面活性剤が多量に配合されているためお肌への刺激も大きいです。

防腐剤やアルコール成分の量も他のクレンジング剤に比べてかなり多く含まれています。そのため使用後のサッパリ感はありますが、乾燥肌をさらに悪化させてしまう可能性もあります。

またシートをこすってメイクをオフするためお肌に刺激を与えます。乾燥肌だけなく、肌荒れや炎症など肌トラブルを引き起こす原因にもなり兼ねません。

乾燥肌・敏感肌のシートタイプの使用は控えたほうがよいでしょう。

・クリームタイプ
クリームタイプのクレンジング剤は、しっとりした洗い上がりが特徴です。合成界面活性剤の配合量が少なく、お肌の水分量と皮脂量のバランスを崩さずに洗い上げます。

クリームタイプはお肌への刺激が低く、乾燥肌や敏感肌におすすめです。洗い上がりに物足りなさを感じる場合は、目元や口元などを専用のリムーバーでオフしてから、顔全体をクリームクレンジングで洗いましょう。

乾燥肌におすすめのクリームクレンジング剤を使った正しいクレンジングの手順を説明します。

1.洗浄した清潔な手にクリームクレンジングを取り、体温で温めます。

2.乾いた顔にクレンジング剤を載せて、指をクルクルと回しながらクリームをメイクとなじませていきます。皮脂の多いTゾーン・頬・目元や口元の順にクレンジングしていきましょう。

3.クルクルと回している指がフッと軽くなるのを感じたら、ぬるま湯でしっかりと流していきます。お肌をこすらずにお湯を押し当てるように優しく丁寧にすすぎます。

乾燥肌を予防・改善するスキンケア(2) 洗顔

クレンジングの後は、洗顔を行います。余分な皮脂と古い角質をしっかりと落としていきましょう。

その後の保湿ケアの美容成分がお肌の奥まで浸透させるための大事なケアです。

洗顔料は、合成界面活性剤が入っていないものを選びましょう。合成着色料・香料・防腐剤・パラベンなど、余計な添加物が入っていない洗顔料がおすすめです。

お肌に負担をかけずに優しく洗い上げます。

また乾燥肌がひどい場合は、お肌に潤いを与えるヒアルロン酸・セラミド・スクワラン・リピジュアなどの保湿成分が配合された洗顔料を使うのもよいでしょう。

洗顔料に含まれている保湿成分が角質層を十分に潤い、お肌の中から乾燥を予防します。グリセリン・ジプロピレングリコール・アロエエキス・ホホバオイルなどもお肌に潤いを与える美容成分です。

洗顔の正しい手順を説明します。
1.洗浄した清潔な手に洗顔料を取り、たっぷりと泡立てます。泡立てが苦手な人は泡立て用のネットを使うと簡単にたっぷりの泡をつくることができます。

2.たっぷりのモコモコの泡を皮脂の多い額、鼻周りなどのTゾーンから載せて洗っていきます。次にフェイスライン、最後に皮膚の薄い目元、口元を洗います。

洗う際は、お肌の上でたっぷりの泡を転がしながら汚れを泡に吸着させていくイメージで洗っていきます。こすり洗いはNGです。

お肌が傷つき、乾燥肌や肌トラブルを招く原因になります。

3.ぬるま湯でしっかりとすすぎます。すすぐ回数は10〜15回程度を目安にしましょう。

髪の生え際、フェイスラインはすすぎ残しが多い部分です。鏡でチェックしながらすすぎましょう。

4.柔らかい清潔なタオルで、水分を押さえるように拭き上げましょう。力を入れて強くこすってしまうとお肌のダメージなるので注意しましょう。

乾燥肌を予防、改善するスキンケア(3) 保湿ケア


洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。化粧水・美容液・乳液・クリームの順でお手入れをします。

たっぷりの化粧水でお肌に水分を与えることで、お肌が潤い、キメを整え乾燥肌を改善していきます。

また化粧水できちんとお手入れすることで角質層が柔らかくなり、美容液・乳液・クリームの浸透性を高めます。乾燥肌には、洗顔料と同様に保湿成分であるセラミド、ヒアルロン酸、リピジュアなどが配合された化粧水がおすすめです。

最後のクリームでのお手入れは、皮脂の量が減少している40代には欠かせません。クリームをつける時は、指の腹を使ってトントンと優しく丁寧になじませていきます。

40代は顔全体につけるようにしましょう。

40代の美肌を保つポイント

年齢を重ねても健康で美しい肌を維持している人たちが日頃から気をつけていることを挙げてみましょう。

1.紫外線対策
紫外線を浴び続けると真皮にまでダメージがおよび、美肌成分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの働きを低下させ、シワやたるみなどお肌の老化を早めます。

紫外線は一年中、曇りの日でも降り注いでいます。室内でも日焼け止めを塗るなど紫外線対策を行うことで美肌を維持できるでしょう。

2.質の高い睡眠
お肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンは、眠り始めの3時間に大量に分泌されるといわれています。質の高い睡眠を取ることが大切です。

3.適度な運動
適度な運動は、身体の血行をよくしお肌の新陳代謝といわれるターンオーバーを促します。また運動で流す汗と一緒に、体内の老廃物が排出され、デトックス作用が期待できます。

4.バランスのとれた食生活
お肌によい栄養素を考えながら食生活を送ることで、身体の中から健康になり美肌を維持することができます。ビタミンが豊富な野菜や果物を積極的に摂り、脂肪分の多い食事は控えましょう。

(まとめ)正しいスキンケアを続けることで、40代になっても美肌をキープしましょう

1.乾燥肌を予防、改善するスキンケア(1) クレンジング
2.乾燥肌を予防、改善するスキンケア(2) 洗顔
3.乾燥肌を予防、改善するスキンケア(3) 保湿ケア

40代は乾燥からお肌を守ることが、美肌を維持する重要なポイントです。正しいクレンジング・洗顔・保湿ケアを日々積み重ねていくことで、乾燥肌は改善し美しい肌を取り戻すことができます。