年齢にあったスキンケアが、50代の乾燥肌には必要です。


「年齢とともに肌質が変わってきた感じがする」
「若い頃はあまり気にならなかったけれど、最近、肌の乾燥が気になるようになってきた」
「50代になっても、若い頃と同じ乾燥肌のお手入れ方法を続けていてよいの?」

年齢を重ね、円熟した美しさがあらわれてくる世代、スキンケアに対する共通した声の一つに「年齢や肌質に合ったスキンケアの方法を知りたい」というものがあります。

とくにこの年代では、乾燥肌の悩みが多く寄せられます。加齢に伴って、肌の乾燥状態は想像以上に速いスピードで進んでいきます。

50代で乾燥肌のケアに対するリクエストが多いのもうなずけます。若い頃とは肌質が変わり、今までのスキンケアを続けていても、なかなか肌の乾燥状態が改善されないという肌トラブルが起き始めます。

では50代でもみずみずしい潤った肌を維持させるためにはどうしたらよいのでしょうか?

その答えは、自分の肌の構造を理解した上で、年齢にあったスキンケアを行うことです。50代の乾燥肌にはどのようなスキンケアが望ましいのか、50代の肌構造から紐解いていきたいと思います。

50代は、女性の体にとって、大きな節目の年代です

「50代の女性」から連想する言葉に、「閉経」や「更年期障害」などがあります。閉経を迎える年齢には個人差がありますが、多くは50代で閉経を迎えたり、更年期障害の症状に悩まされたりするようになります。

閉経や更年期を迎えるということは、今までとはホルモンバランスが変わってくることを意味しています。つまり50代女性の体の中では、今までの体とは違った変化が起きてくるのです。

このような変化は肌質にも大きな変化をもたらします。「今まで脂性だったのが急に肌の乾燥が気になるようになる」「普通肌だったのに目じりやくちもとに小ジワが目立ってきて肌の乾燥が止まらない」などがその例です。

一体、この世代の肌には、どのような変化が起きているのでしょうか。

見た目にはわからない体の変化を知ることが、スキンケアの近道に


私たちの体には、肌が乾燥する、小ジワが目立つなど、外から見てわかりやすい体の変化と、体の中の組織や成分の変化といった外から見てもわかりにくい変化の2つがあります。

とかく、私たちが気にしがちなのは、体の外側に現れる変化です。しかし本当に考えなければならないのは、体の中で起こっている変化なのです。

1.女性ホルモンが減っていきます
女性ホルモンは、女性特有の体を作り出したり、妊娠に関して作用したりする働きを持つホルモンです。

また骨の形成を助ける、悪玉コレステロールを減少させる、皮膚の保湿力を高めるといった効果をもたらす、といった働きもあります。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。この2種類のうちエストロゲンは、別名「美肌ホルモン」とも呼ばれており、皮膚の弾力性を生み出したり潤いを保持したりする働きを持っています。

このエストロゲンは30代半ばまで非常に活発に分泌されます。しかし残念なことに40歳を過ぎた頃から徐々に分泌量が減少してしまいます。

つまりエストロゲンの分泌の量が減ることで、50代の肌は乾燥肌になっていくのです。

2.皮脂分泌や線維芽細胞も減少します
また私たちの肌そのものも、加齢によって大きな変化があらわれます。その一つは、皮脂量の変化です。

本来、私たちの肌からは適量の皮脂が分泌されています。分泌された皮脂は、汗と混ざり合って皮脂膜を作り、ちりやホコリなどから肌を守ったり、肌の水分量を維持するための天然保湿クリームになったりしています。

しかし皮脂分泌量も20代をピークに減少していきます。減少や低下するのは、皮脂量だけではありません。

肌構造に目を向けてみましょう。肌の真皮層を構成している成分の中には、コラーゲンとエラスチンという網目状のタンパク質があります。

このコラーゲンやエラスチンは、肌の水分量を保って弾力を維持するのに役立っているのですが、加齢によって年々減少していきます。

皮脂分泌が減少し、線維芽細胞の働きも低下し、コラーゲンやエラスチンが少なくなれば、当然肌は見た目にもわかるような乾燥状態になってしまうのです。

3. ターンオーバーの周期が乱れ、長期化します
女性ホルモンの減少や肌の変化といったもの以外にも、特筆しておくべき変化があります。それがターンオーバー周期の長期化です。

ターンオーバーとは、肌細胞の生まれ変わることを意味する言葉です。肌の奥底で生まれた新しい肌細胞が、下から上へと押し上げられ、角質層になったあとは、垢となってはがれ落ちる肌の再生機能です。

ターンオ-バーのサイクルは、20代では28日周期で行われると言われています。しかしこのターンオーバーの周期も、加齢とともに長期化します。肌の生まれ変わりが遅くなっていくのです。

ターンオーバーサイクルが長期化すれば、古い角質が蓄積してくすみやシミの原因になるだけでなく、硬くなったまま積み重なることで肌の乾燥の原因になってしまいます。

このように50代を迎える女性の体や肌には、外側から見えない大きな変化があちらこちらで起こっています。それら変化の結果、なかなか改善できない乾燥肌などの肌トラブルの原因を作り出しています。

50代のスキンケア、必要なのは徹底的な肌をいたわること


50代の肌は加齢に伴う体の変化の影響で、潤いが不足し乾燥状態におちいりやすいことがわかりました。

では「女性ホルモンの減少やターンオーバーの周期の長期化が原因だから、乾燥も仕方が無い」とあきらめますか?

いえ、あきらめるのはまだ早いでしょう。50代の乾燥肌でも、徹底的に肌をいたわることで、少しずつ肌の状態は回復していきます。

ここでは、どのように肌をいたわればいいのか、その秘策をご紹介しましょう。

1.肌にとって刺激は厳禁
50代の肌を語るうえで、厳禁なのは「刺激」です。肌に必要以上に刺激を与えないように、毎日のスキンケアを行わなければなりません。

たとえば洗顔やクレンジングです。洗顔やクレンジングは、古い角質や皮脂汚れなどを洗顔料やクレンジング剤となじませて浮かびあがらせ、洗い流す役割があります。

多くの洗顔料やクレンジング剤には、皮脂汚れと水分をなじませやすくするため、界面活性剤が配合されています。界面活性剤は肌への過度な刺激になるケースがあります。

まずは可能な限り界面活性剤の配合が少ない製品を選びましょう。
界面活性剤の配合が少なめのクレンジング剤の場合、クレンジング前に落ちにくいアイメイクなどはリムーバーであらかじめに落としておきます。

泡立てるタイプの製品はしっかりと泡立てて使います。ジェルやクリームタイプは十分な量を使うようにしましょう。

そしてなるべく時間をかけずに、手早く肌のうえで転がすようにして肌になじませます。

力を入れてこすることは、肌への過度な刺激につながります。すすぎや拭くときも、摩擦で刺激を与えないように細心の注意を払います。

2.頼れるのは、年齢化粧品です
「エイジングケア」という言葉があります。年齢を重ねた肌専門のケアのことを言います。

50代のスキンケアは、まさにエイジングケアの象徴とも言えます。それはこの年代の肌は、乾燥以外にも、シミ・しわ・たるみ・くすみ・大人ニキビ・毛穴の開きなど、さまざまな肌トラブルに見舞われるようになる年齢だからです。

そんなとき頼れるのは、エイジングケアができる年齢化粧品です。
シミが気になる場合は美白成分配合の化粧品を、乾燥や毛穴の開きが気になる場合は保湿成分配合の化粧品を選ぶようにします。

「高級な化粧品の方が効果あるのでは?」と最初から高額な化粧品を購入する必要はありません。また「美白も、保湿も、引き締めも…」といった具合に、あれもこれもと化粧品をそろえる必要もありません。

値段よりも配合成分などを確認して、自分の肌にあった化粧品を選びます。そして肌に過度な刺激を与えないように、手のひらで包み込むように浸み込ませていきましょう。

3.忘れないで、紫外線対策!
洗顔やクレンジング、化粧品選びに注意を払っても、紫外線対策をまったくしていなければ台無しです。肌は紫外線を浴び続け劣化していきます。

いうまでもなく、紫外線は肌にとって大敵です。メラニンを生成しシミの原因になるだけでなく、真皮層まで届いた紫外線は保湿成分であるコラーゲンやエラスチンにも攻撃をしかけてくるのです。

日焼け止めを2~3時間おきに塗る、日傘をさす、帽子をかぶるなどで、徹底的に紫外線対策を行うようにしてください。紫外線は一年中、降り注いでいます。

アスファルトからの照り返しにも注意が必要です。

体の中からも乾燥肌対策を

基礎化粧品で乾燥肌対策を行うことはもちろんですが、体の中から乾燥予防対策をとることも大切です。そのためには、十分な睡眠をとる、上手にストレス解消するなどで体の疲れをなるべく早く回復させましょう。

免疫力を高めたり、美肌作りに役立ったりする栄養素を豊富に含んだ食品を摂取することもポイントです。とくに肌の調子を整えるビタミン類、肌細胞の材料となるタンパク質を含んだ食品は、積極的に食べたいですね。

ニンジンやホウレンソウには皮膚や粘膜に働くビタミンAが、レモン・キウイフルーツ・ブロッコリーなどには、コラーゲン生成に働くビタミンCが、アーモンドやウナギには抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれています。

ニンジンサラダにアーモンドをトッピングする、レモンティーを飲んでリラックスするといった工夫で、美肌に役立つ栄養素を食事に摂り入れていきましょう。

50代は新陳代謝も下降傾向にあります。バランスのよい食事からこのような栄養素を摂取すると同時に、適度な運動も心掛ければ、乾燥に強いみずみずしい肌だけでなく健康な体作りにも役立ちます。

(まとめ) 50代の乾燥肌に合ったエンジングケアを目指しましょう

1.50代では、女性ホルモンや線維芽細胞が減少し、ターンオーバーの周期も長期化する

2.肌に負担をかけないようなスキンケアや年齢肌にあった化粧品を使うことが重要

3.ビタミンやタンパク質をバランスよく摂取して、体の中からの美肌づくり

50代の肌は、女性ホルモンや線維芽細胞の減少、ターンオーバー周期の長期化が原因となって、砂漠のように乾燥しています。でも乾燥の原因をしっかりと理解して適切にケアすれば、少しずつ改善していきます。

まずは年齢にあった化粧品を上手に活用し、肌へ負担をかけないようなスキンケアを行いましょう。そして乾燥に強い肌を作るためのバランスのよい食生活や適度な運動にも積極的に取り組みましょう。