お風呂の入り方を誤ると、乾燥肌になることもあります


夜のお風呂は、1日の疲れをとるリラックスタイム…。普段は忙しくてシャワーで済ませてしまう人も、休日にはゆっくり湯船に浸かるという人もいるでしょう。

湯船に浸かってたっぷり汗をかくと、心も体もスッキリした気分になりますよね。しかし心身ともにリラックスできるはずの入浴が、乾燥肌を招く原因になることがあるのです。

たとえば肌が敏感な状態になっていると、肌の潤いを保つ役割を果たす「バリア機能」が弱まります。バリア機能が弱まった状態で湯船に浸かると、体内から水分が逃げてしまい、乾燥肌になります。

「入浴の仕方を誤ると乾燥肌になる」といっても、いまひとつピンと来ないかもしれません。具体的にはお風呂上がりに肌がかゆくなることがあれば、乾燥肌になっていると考えられます。

もしも普段、きちんと化粧水や美容液でスキンケアをしているにもかかわらず、肌がかゆい・赤みがあるなどの異変を感じたら、入浴方法が誤っていて肌が乾燥している可能性を考えてみましょう。

乾燥肌は放っておくと、粉を吹く、皮脂の過剰分泌を促すなど、さまざまな肌トラブルを招きます。正しい入浴習慣を身につけておくことが大切です。

肌を乾燥させない入浴習慣を身につけよう

入浴の目的は体の汚れを落として清潔にし、心身ともにリラックスすることです。

では入浴中、体に何が起きているのでしょうか。まず湯船に浸かることで、皮膚が水分を含みます。

皮膚表面には角質層があるのですが、この角質層は水分を含むと飽和状態となります。

水分を含んで飽和状態になった角質層は、ひとつずつの細胞の間隔が広がっています。そして細胞が広がったことで、肌の潤いを保つための有効成分やセラミドが流れ出てしまうのです。

また体を洗う時にナイロンタオルで体をゴシゴシとこすることで、肌のバリア機能が壊れます。肌のバリア機能が壊れてしまうと、やはり保湿成分が体外に流れ出ます。

入浴後は肌のバリア機能が失われている、温まった体が熱を放散させるなどの理由から、体外に水分や脂質が抜け出てしまい、より乾燥が進みます。

つまり入浴しているだけで肌は乾燥しやすい状態になるということです。またお湯の温度が高い、入浴時間が長いなどの要因があれば、より肌が乾燥しやすくなります。

体が乾燥する原因を教えて


なぜ、肌は乾燥してしまうのでしょうか。いくつか原因をまとめてみました。

1.周囲の環境が乾燥している
エアコンの風が当たる場所に長時間いる、エアコンをつけたまま寝てしまうなどした時、のどが乾燥してしまった経験はありませんか?これは、エアコンによって室内の空気が乾燥してしまうのが原因です。

エアコンによって室内の空気が乾燥すると、体内の水分が蒸発して体全体が乾きやすくなります。職場や自宅で長時間エアコンを使うときは、水分をとる・加湿器を使うなどの対策を取りましょう。

2.肌のバリア機能の低下
不規則な生活習慣・睡眠不足・食生活の乱れが原因で、体全体の免疫が下がると、肌のバリア機能も低下します。肌のバリア機能が弱まると外部からの刺激を受けやすくなる、肌の水分が蒸発して乾燥するなどのトラブルを招きます。

一度弱まった肌のバリア機能を回復させるためにも、十分な睡眠をとる、栄養バランスを意識して食事をするなど、生活習慣を見直しましょう。

3.お風呂の入り方が原因
美容やダイエットのために、半身浴を習慣にしている人も多いでしょう。しかしこの半身浴が肌を乾燥させている可能性があるのです。

長時間入浴して汗をかくと、体内の水分が排出されてしまいます。結果として肌の油分や水分も減ってしまい、乾燥肌の原因につながると考えられるのです。

半身浴をしていて「そういえば肌が乾燥しているかも…」と気になる場合は、長時間の入浴により体内に必要な水分を排出してしまっているのかもしれません。

乾燥肌を招く?NGな入浴法

毎日のスキンケアでしっかり保湿をしていても、入浴方法・食生活・睡眠不足など、日々の生活において体が乾燥する要因はたくさんあります。ここでは、入浴方法にポイントを絞って要因をまとめました。

1.熱めのお風呂で長湯している

熱めお風呂に入ったり、長湯したりすると、汗をたくさんかくと同時に、皮脂や肌の水分も蒸発してしまいます。肌の乾燥が気になる場合、38℃前後のお湯に15分を目安に浸かるとよいでしょう。

2.毎日、ボディソープや石けんで全身を洗う

毎日ボディソープや石けんなどの洗浄料で全身を洗っている人が大半かと思います。しかし実は毎日のように洗浄料で体を洗うのは、肌によくないという話があります。

胸の上部・両脇・背中の上部など、皮脂腺が多く酸化した皮脂汚れがつきやすい部分は、毎日洗浄料を使って洗っても問題ありません。

しかし二の腕や脚など皮脂腺の少ない部分は、毎日洗浄料で洗うと必要な皮脂を取り過ぎて乾燥を招くことがあるのだそうです。皮脂腺の少ない箇所を洗浄料で洗うのは、1日おきで十分と言われています。

3.浴槽に浸からずシャワーのみで済ませている

時間がない、疲れているなどの理由でお風呂に浸からず、シャワーだけで済ませてしまう人もいるでしょう。しかしシャワーだけだと体が芯から温まりません。

体が温まりきらない状態で眠りにつくと副交感神経が正常に働かず、眠りが浅くなります。結果として肌のターンオーバーが乱れてしまい、乾燥肌となってしまいます。

できる限りシャワーで済ませず、湯船に浸かって体を芯から温めるように意識してみましょう。

入浴時に乾燥肌を防ぐポイント

お風呂に入る時にひと工夫することで、乾燥肌を防ぐことが可能です。
以下でそのポイントを挙げていきます。

1.シャワーと湯船の水温の目安は38~40℃
水温が熱すぎると肌に必要な皮脂も除去してしまう可能性があります。逆に水温が冷たすぎると体が冷えて、血行が悪くなってしまいます。

シャワーや湯船の水温は、38〜40℃程度がちょうどよいとされています。38〜40℃とは、人肌よりは温かく、肌に刺激を感じない程度の温度です。適切な水温で体を洗うように心がけましょう。

2.入浴剤を使う
お風呂に入る時は、スクワランやセラミドなど保湿成分を含んだ入浴剤を入れるとよいでしょう。入浴中に肌から保湿成分を吸収することで、入浴後のスキンケアでも化粧水や美容液がなじみやすくなります。

ダイエット脂肪燃焼を目的に発汗を促す入浴剤は、汗をかくことで体内の水分が不足してしまい、肌の乾燥を招くことがあります。発汗作用のある入浴剤は、毎日使うのではなく週に数回程度の使用にとどめましょう。

3.入浴前には水分補給
入浴中は、自身で思っているよりも大量の汗をかきます。肌の水分率が下がり、場合によっては体調を崩す可能性もあるため、入浴前にコップ一杯程度、水分補給をするとよいでしょう。

4.入浴後はしっかり保湿する
入浴後は、化粧水や美容液などでしっかりと保湿ししてください。体はボディクリームを使うとよいでしょう。

お風呂から上がったら、時間を置かずにすみやかに保湿するのが重要です。入浴後、肌が乾燥した状態をできるだけ短くすることで、体内において常に一定の水分量を維持することができます。

お風呂上がりはしっかりと保湿を


先の項目で「入浴後はしっかり保湿する」と述べましたが、ここでもう少し詳しく説明します。

可能であれば、浴室で保湿ケアをするのがベターです。浴室を出ると肌が乾燥しやすくなるため、できるだけ速く保湿するように意識してみましょう。

1.水分と油分をバランス良く
お風呂上がりの肌は、水分だけでなく油分も不足しています。保湿ケアでは水分と油分の両方を補うことが大切です。

化粧水で肌に水分補給してから、クリームやオイルで油分を与えてあげましょう。

2.体はボディクリームをぬり込むように保湿する
体全体を保湿するには、ボディクリームを使いましょう。たっぷりとボディクリームを手に取り、優しく全身に伸ばすようにしてぬり込みます。

ボディクリームをぬり込んだ後、こぶしで円を描くようにしてマッサージをすると血行の促進を促すこともできます。

3.お風呂上りにフェイスマスクなどでパックする

お風呂上がりに顔のパックを習慣にするのも手です。入浴中、汗をかいて水分を失った肌は、肌表面からの水分補給を必要としています。

パックで肌に潤いを与えてあげると、肌はしっかりと吸収してくれます。フェイスマスクで行えば手軽なうえ、美容成分も多く含まれているので、水分と同時に美容成分もしっかり補給できます。

湯船に浸かることはメリットも多い

誤った方法でお風呂に入ると、確かに乾燥肌になる可能性があります。しかし正しい方法で入浴すれば、メリットの方が多いと言えます。

まずお風呂に入って体が温まると、血行がよくなります。血行がよくなると体全体の代謝も上がり、肌のターンオーバーの促進にも繋がります。

また硬くなった角質も湯船に浸かることでやわらかくなり、入浴後のスキンケアにおいて保湿成分が浸透しやすくなります。もちろん、肌の汚れや古くなった角質も落ちやすくなります。

さらにお風呂にゆっくりと浸かることでリラックス効果も見込めます。湯船に浸かることは、心と体のケアに繋がると言えそうです。お気に入りの入浴剤を入れると、より気分が上がりそうですね。

(まとめ)お風呂の時間を効果的に使って乾燥肌を防ごう

1.お風呂の入り方を誤ると乾燥肌になることがある
2.肌を乾燥させないために正しい入浴習慣を身につける
3.エアコンやお風呂など、日々の生活において体が乾燥する要因がある
4. NGな入浴を改める
5.お風呂上がりは化粧水やクリームでしっかりと保湿する。

お風呂の入り方を間違えると肌の乾燥だけでなく、のぼせたり、ほてりが続いたりと体調を崩すこともあります。ムリをせず、正しい方法で入浴するのが大切です。

お風呂は、ゆっくりと体を温めて疲れを取ってリラックスできる場所です。入浴の時間を有効に使って、乾燥肌を防ぎながら、心も体もキレイにしましょう。