間違った洗顔方法を続けていると、乾燥肌やくすみを招きます


きれいな肌とはいったいどんな肌だと思いますか?最初に頭に思い描くのは「キメの整っている肌」ではないでしょうか。肌が十分に潤っていると自然と肌のキメは整うものです。

美しい肌とはつまり肌が潤っていることが前提なのです。反対に乾燥は肌にとってはもっとも避けなければならないこととなります。

たとえば皮膚が乾燥していると、角質がきちんとはがれ落ちることができません。角質細胞をつないでいる物質が、水分不足により分解されなくなり、不要な角層が自然にはがれなくなるためです。

角層がはがれずに皮膚にとどまると、肌色のくすみの原因になります。乾燥した皮膚がカサついたり、ザラザラとしたりするのはそのためなのです。

では乾燥肌対策というと、潤いを与えるために美容液やクリームなどの保湿ケアを重視してしまいがちですが、実は肌の汚れを落とすケアが大切です。

しっかりと保湿のケアをしているのにカサカサ、ザラザラと肌がごわつく…といったように、なかなか乾燥肌が改善されないと感じていませんか?

保湿だけでなくクレンジングや洗顔の種類、そして洗顔方法などの「落とすケア」を見直してみましょう。今回は乾燥肌でくすみが気になるときの対処法を紹介します。

洗顔を見直して、乾燥肌とくすみをなくしましょう

皮膚の水分と油分のバランスが乱れると肌の乾燥が起こります。皮脂膜が十分にできず、水分蒸発を防ぐ機能がうまく働かなくなってしまい、肌がみるみる乾燥してしまうのです。

乾燥していると皮脂の分泌が少なくなるので、ニキビや毛穴のトラブルはあまり起きません。しかし乾燥した肌は外部からのダメージを受けやすくなります。

そうすると肌内部の水分量が少なくなり、シワができて肌の老化の原因になります。

さらに気温や湿度の変化が起きやすい季節の変わり目や、食生活やストレスの影響などで代謝が落ちてしまうと、角質がたまって皮膚がざらつき、肌表面が乾いた状態になります。

その状態でゴシゴシとクレンジングや洗顔を行うと摩擦が起き、肌に大きな負担がかかります。たとえ今すぐに変化が起きなくても、積み重なることで数年後のくすみやたるみなど肌の老化につながるでしょう。

そうならないために、今までの洗顔方法を見直してみましょう。

乾燥するとなぜ肌がくすむの?


肌が乾燥すると、外部の刺激から肌を守るためのバリア機能が低下します。すると弱ったバリア機能を補うために角質を厚くして肌を守ろうとします。

角質はもともと透明ではないため、時間が経った層が厚くなってくるとさらに肌がくすんで見えます。

みずみずしい新鮮な野菜や果実は水分が多く、色ツヤがよく見えますよね?人間の肌も同じです。

肌が乾燥すると皮膚の水分が不足しているので、透明感が低下し、色ツヤが悪くなって肌がくすんで見えるようになるのです。

肌に十分な水分が行き渡っているときは角質がふっくらとしていて、毛穴も引き締まっています。反対に肌が乾燥すると角質がしぼんでしまい、毛穴が大きく開くようになります。

開いている毛穴はそれぞれが影を作り出すので、大きくたくさん開いていれば開いているほど、顔色を暗くしてしまうのです。

くすみをまねく乾燥肌の原因とは?

乾燥肌にならないためには、なぜ乾燥するのか原因を知ることも必要です。乾燥肌の大きな原因は年齢を重ねることで皮脂の分泌量が減り、皮膚の中の天然保湿因子も減少することにあります。

それは加齢によるものなので、何年もずっと続けてきた同じケアではカバーできなくなります。

一方でストレスや睡眠不足などにより肌のターンオーバーが乱れることや、気温や紫外線の影響を受けている場合もあります。

また間違ったスキンケアやメイクの習慣を続けることで、乾燥がよりいっそう進んでしまうことがあります。洗顔をし過ぎる、荒れた肌をメイクの厚塗りでカバーするなどの行為は注意しなければなりません。

このようにまずは乾燥肌を招く原因を知り、その要因を取り除くことから始めましょう。

乾燥肌のための洗顔

乾燥肌の人はまず、クレンジングと洗顔を見直す必要があります。

洗顔やクレンジングは毎日のことなので、あまり意識せず、ただゴシゴシと行っているかもしれません。しかしそれでは乾燥し、くすみやシワを招くことになりかねません。

肌が粉を吹いていて、ひどく乾燥しているときは洗顔料の成分が肌へ刺激になる場合もあるので、ぬるま湯のみの洗顔でも構いません。

ぬるま湯で丁寧に洗顔したときにはW洗顔不要のクレンジングなどを使用するのもおすすめです。

肌の状態に合わせて、洗い過ぎないように最適な洗顔方法を見極めることが大事です。ただし汚れた皮脂が肌にとどまると肌トラブルの原因になるので、1日1回は洗顔料を使用するのがおすすめです。

洗顔は「泡」が大事


洗顔料は保湿の高いものを選びましょう。大切なのは肌をこすらないことです。

洗顔は手でゴシゴシとこするものではなく、「泡」で洗います。手が直接触れないくらいモコモコ泡をクッションにして優しく洗うことで乾燥肌を悪化せずにすみます。

手のひらに洗顔料を取り出し、少量の水を加えてから、指を立てて、こすり合わせます。これを何度かくりかえすとモコモコの泡ができあがります。

手のひらでなく指を使うのがポイントです。

洗顔で注意することは5つのポイント

洗顔の際には以下のことを意識してください

1.手を洗い、顔を十分にぬらす
洗顔前に必ず手を洗います。そのままでは手についている雑菌を顔に広げてしまうことになります。

また手が汚れていると洗顔料が十分に泡立ちません。

手を洗ったら、次に水だけで顔を予洗いします。水で落ちる汚れや汗、ホコリなどをあらかじめ先に落とすことができ、水がなじんで汚れを浮かせやすくなります。

2.洗い始めはTゾーンから
皮脂量の多いTゾーンから泡を載せて、次に顎・頬と洗いましょう。皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元は最後に洗います。

3.濃密な泡をクッションにして肌をこすらない
なるべく肌に手が直接触れないように、泡で洗います。肌をこすらないようにしましょう。

力を入れずに泡を優しく広げていくイメージです。指の力で汚れを落とそうとしてはいけません。

メイクをしていた場合でもあらかじめクレンジングを行っていれば、泡の吸着力で十分肌表面の汚れを落とすことができます。洗い過ぎは禁物です。

4.短い時間で終わらせる
洗顔料が長時間肌の上に載っていると、必要以上に刺激を与えます。ぬるま湯を手のひらですくい、顔にかけます。

洗い過ぎもNGですが、すすぎ不足も禁物です。余分な皮脂やすすぎ残しの洗顔料が肌に残っていると、汚れが刺激となって乾燥につながります。

泡が残りやすい髪の生え際や耳の後ろもしっかりと洗い流しましょう。

5.洗顔後はすぐに保湿をする
洗顔後、肌を放置していると水分がどんどん蒸発していきます。洗顔後はすぐに化粧水をつけて水分を補い、乳液やクリームなど油分の入った美容アイテムでしっかりと肌表面にフタをします。

また乾燥しているとセラミドが不足している可能性があります。セラミドは角質の細胞同士をつなぎ、水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

乾燥によるくすみが気になるときにはセラミドが配合された美容アイテムがおすすめです。

クレンジングはミルクタイプやクリームタイプがおすすめ

乾燥肌の場合はクレンジング選びにも注意が必要です。
短い時間ですっきりと汚れを落とせるオイルタイプは洗浄力が強すぎるため、おすすめしません。

またシートで拭き取るタイプも手軽に使えるので人気がありますが、どうしても肌に摩擦が起きやすくなるので避けたほうが無難です。

乾燥肌に適しているのはミルクタイプ、クリームタイプやジェルタイプです。肌への刺激が少なくメイク汚れを落とせるので、乾燥肌の悪化が防げるでしょう。

ポイントメイクは先に専用リムーバーでオフ

ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングは洗浄力が穏やかで肌に優しい分、ウォータープルーフのマスカラやアイラインまで落とすのが難しいといえます。

汚れを落とそうと皮膚をこすることで肌に摩擦が生じ、ダメージを与え色素沈着を引き起こす原因にもなります。とくに目元は皮膚の薄い部分です。

落ちにくいポイントメイクにはあらかじめ専用のリムーバーを使用して、あせらず優しく丁寧に落としましょう。

乾燥肌からくすみを招くNGな洗顔方法

乾燥肌の人がついやってしまいがちなNGな洗顔方法があります。

洗顔時に熱いお湯ですすいでいませんか?

メイク汚れなど油分の汚れは熱いお湯ですっきりと落ちるように思えますが、肌に必要な皮脂までも一緒に洗い流してしまうのです。そうすると乾燥がどんどん進み、深刻化してしまうので気をつけてください。

とくに夜のクレンジングは入浴時に行う人も多いでしょう。お湯が多く洗いやすい環境でクレンジングできるので、ついついやってしまいがちです。

しかし入浴時のシャワーのお湯は、洗顔に使用するには温度が高過ぎるのです。またシャワーの水圧は顔の薄い皮膚にとっては強い刺激となります。

少しの手間がかかりますが、洗面器や湯桶にお湯を張り、水を加えてぬるま湯にしてから、手ですくってすすぐようにしてください。

どのような高価な洗顔料を使っていても、すすぎの水温や洗顔のやり方が間違っていれば効果が半減してしまいます。そればかりかかえって肌トラブルにつながりかねません。

正しい洗顔方法を身につけることが、乾燥肌を改善する近道なのです。

(まとめ)洗顔方法を見直して、くすみ知らずの潤い肌になりましょう

1.肌のくすみは乾燥肌が原因
2.乾燥を防ぐには正しい洗顔方法を身につける
3.入浴時にシャワーの熱いお湯で洗顔するのはNG

肌のくすみを引き起こす原因はさまざまありますが、その一つは肌が乾燥していることです。

今まで間違った洗顔方法をしているのかもしれません。それを続けていると、肌への負担はますます大きくなるばかりです。

この機会に自分の洗顔方法やスキンケアを見直してみましょう。