乾燥肌のクレンジングは、正しいやり方で行いましょう


洗顔後のつっぱり、ゴワつきやカサつきには困ってしまいますよね。
肌表面が細かくヒビ割れたり、粉が出たりして、ピリピリと軽い痛みを感じることもあります。

乾燥肌になるとメイクのノリが悪くなるだけでなく、肌のバリア機能が働いておらず、とても無防備な状態になっています。

この肌表面の細かい傷をそのままにしておくと、肌内部の水分が蒸発してさらに乾燥がひどくなってしまうのです。

また外部からホコリや雑菌、刺激物などが入り込んでくる可能性があります。さらなる肌荒れ、ニキビ、吹き出物、悪い時にはアレルギーが起きてしまう場合も考えられるでしょう。

そういったことにならないように、これ以上の乾燥を防げるような対策をしなければなりません。

乾燥肌の時には、メイク自体やその後のクレンジングが肌に負担を与えるのではないかと心配になりますね。なるべく控えたいのですが、所用でメイクをしなくてはならないことも多いでしょう。

そんな場合には、肌に負担が少ない軽めのメイクをする同時に、紫外線などから守れるようなケアをします。クレンジングの際は短時間で優しく、とはいえ汚れを残さず落とすようにしましょう。

今回は肌に負担が少なく、汚れがしっかり落とせる、乾燥肌のためのクレンジングの方法を紹介していきます。

どうして肌が乾燥してしまうの?

健康な肌であっても、毎日のクレンジングや洗顔、生活上の摩擦などで、多少のダメージは受けているものです。

肌表面にある角質層の細胞間脂質や天然保湿成分(NMF)が洗い流されたり、こすれたりすることで失われ、一時的に肌の保水力が弱まることもあります。

ここで健康な肌であれば、毎日の新陳代謝によって、肌の潤いやバリア機能を取り戻し回復できます。

しかしもとが傷ついた乾燥肌だと、回復に時間がかかります。その間に、またダメージを受けることで、より深く肌が傷つき乾燥状態が悪化してしまうのです。

ここで、「肌がカサついて困ったな」と思い、自分のやり方で乾燥肌対策のケアを行うとします。でもスキンケアの方法が間違っていれば、そのまま続けていくとむしろ逆効果となり、かえって状態を悪化させてしまいます。

ですから悪循環におちいる前に対策を行わなくてはなりません。今までのスキンケアを見直して、乾燥肌からの回復を目指しましょう。

乾燥肌にはどんなクレンジング料を使えばいい?


クレンジング料には洗浄力、使用感、保湿力などそれぞれの特性を持ったさまざまなタイプがあります。しかしながらその効果の強さのために、肌にダメージを与えてしまうこともあります。

乾燥肌にもっとも適しているのは、どのタイプのクレンジング料でしょうか。一つずつみていきましょう。

1.ジェルタイプの「クレンジングジェル」
透明ですべりのよいジェルタイプには、水性のものと油性のものがあります。ジェルが肌を手とのクッションの役割を果たすので、肌にダメージを与えにくくなっています。

肌に載せ、手でメイクとうまくなじませて使っていくものです。最初は抵抗感がありますが、やがてフッと軽くなる瞬間があります。

その時がメイクとクレンジングがなじみ、汚れが落ちた合図です。この感覚を目指して、丁寧に優しくマッサージするように行います。

水性のものは全く油分を含まないものもあり、使用感はさっぱりとしています。油分が少ないため、メイクを落とす力は弱めなので、ポイントメイクには、先に専用のリムーバーを使って落としておくようにしましょう。

一方の油性のクレンジングジェルは、クレンジングオイルと似た成分で構成されています。油分が多く配合されているので、メイクを落とす力が強くなっています。

しかしながらも、配合されているオイルに保湿の効果があるので、その結果しっとりとした仕上がりになり、乾燥肌にはもっともおすすめです。

2.クリームタイプの「クリームクレンジング」

クリームベースのクレンジングです。その名のとおりクリーム、つまり油分が多くなっているので、メイクを落としやすく保湿効果も期待できます。

使い方はクレンジングジェルと同じように、マッサージするようにメイクとなじませてクレンジングを行います。クリームが白色の場合は、ファンデーションの色がついて肌色になったところがメイクの落ちた合図になります。

3.オイルタイプの「オイルクレンジング」

オイル成分が多く含まれているので、手早くメイクを落とすことができ、またクレンジング力も強くなっています。

オイルだからといって油断をして、その後の洗顔を怠ったり、保湿ケアが手薄になったりすると思わぬ肌トラブルを招きます。残ったオイル成分のニキビや吹き出物、強すぎるクレンジング力による乾燥肌の悪化などです。

ニキビや吹き出物を招く成分を含まない製品を選び、クレンジング後はしっかりと保湿をするようにしましょう。

4.ミルクタイプの「クレンジングミルク」

乳液のような使用感です。クリームタイプやジェルタイプに比べると、さらっとした使い心地です。クッション性が薄れるので、使うときには肌をこすり過ぎないようにしましょう。

クレンジング力が強すぎないので、薄めのメイクのときにおすすめです。

5.拭き取りローションタイプやシートタイプ

ローションタイプのクレンジング料をコットンに浸み込ませて拭き取るものや、もともとコットンに浸み込ませた製品である「シートタイプ」があります。

シートタイプは、洗面台がないところや外出先でメイク落としが手軽にできて便利です。

しかしこれらのクレンジング力はとても強く、摩擦で肌に刺激を与えて乾燥肌を悪化させてしまいます。どうしても、という時に限り使うようにして、使用後はしっかりと保湿をするようにしましょう。

以上のことから、乾燥肌に適したクレンジングは
・水性のクレンジングジェル
・クレンジングクリーム
・クレンジングミルク

であるといえます。
できるだけ、これらのクレンジング料を選ぶようにしましょう。

乾燥肌のクレンジングのコツ

メイクのあとには、必ずクレンジングを行ってメイクを落とし、その後に洗顔をして肌を清潔な状態に戻します。洗顔料では、メイクを落とし切ることができません。

ファンデーションなどのメイク料は、油と粉末でできています。安定して美しく見せるため、落ちにくいように作られており、肌に残ったメイク汚れは時間が経つと悪影響を及ぼします。

ですからメイクは簡単なものであっても、その後はしっかり落とし切ることが大切です。汚れを残さないように、スッキリと洗い上げましょう。

だからといってしっかり落としたいがために、洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使ってしまうと、乾燥肌には刺激が強すぎます。洗浄成分により、肌のヒビ割れから細胞間脂質や天然保湿成分がどんどん流れていってしまうからです。

乾燥肌に優しくクレンジングができるのは、肌に摩擦が少ないジェルタイプやクリームタイプのクレンジング剤です。決してゴシゴシとこすることなく、丁寧に肌になじませるようにして使っていきましょう。

使う分量は、製品の使用説明書にあるとおりの適量を使いましょう。
少ないと十分な効果が発揮できず、汚れが残ってしまいます。

多過ぎると、洗浄力が強過ぎて肌にダメージを与えます。そして余ったクレンジング剤が首筋などほかの部分に垂れていき、流し残しにつながります。

目元やリップなど、落ちにくいポイントメイクをしている時には、専用のリムーバーで先に落として置くようにしましょう。

またすすぎの時に使うのは体温より少し冷たいと感じる程度のぬるま湯が最適です。水温が高いと、肌の細胞間脂質や天然保湿成分流れ出てしまいます。

入浴時にシャワーを使ってすすぐのはなるべく避けたほうがよいでしょう。水圧が高く、肌に刺激を与えてしまうのも問題です。

一方で冷たすぎる水もNGです。急に冷やすことで温度差により、顔の毛細血管が急激に収縮します。

すると頬や額に赤みが発生して消えにくくなってしまうのです。

以上の点に気をつけていけば、肌にあまり負担を与えることなく、しっかりとクレンジングでき、メイク汚れを取り去ることができます。

クレンジングの後は洗顔をして、肌自体の汚れを流し去りましょう。
いよいよ清潔な肌になったところで十分に保湿のケアをすることで、乾燥肌の改善を目指します。

乾燥肌のクレンジング法


あらかじめ、ハンドソープなどで手を洗って清潔にしておきます。クレンジングの際に、手の汚れが顔全体に回ってしまうからです。

同様にせっかくクレンジングや洗顔でキレイにした顔も、そのあとに汚れたタオルで拭くのでは台無しになってしまいます。洗濯された、清潔なタオルを用意しておきましょう。

ではクレンジングのやり方を紹介していきます。

1.製品の使用説明書のある適量のクレンジング剤を、乾いた手に取ります。
手がぬれていると、クレンジングとメイクとがなじみにくくなり、クレンジング力が落ちるからです。

2.頬や額の広い部分にクレンジング料をなじませていきます。
手のひらや指の腹など柔らかい部分を使って、こすらないようにくるくると滑らせていきます。

3.目元、鼻の周りや口元の細かい部分にも、指で丁寧にしっかり行き届かせます。
クレンジングをなじませている感触が、ふっと軽くなったときがメイクを落とせた合図です。

全体を1分以内で終わらせ、時間をかけ過ぎないようにしましょう。

4.メイクがクレンジング料になじんだら、ぬるま湯でしっかり洗い流します。

5.その後は通常の洗顔を行い、十分に保湿ケアをしましょう。

(まとめ)乾燥肌のクレンジングのやり方にはコツがあります

1.乾燥肌になる理由
2.乾燥肌におすすめのクレンジング料
3.乾燥肌のクレンジングのコツ
4.乾燥肌のクレンジング法

いつも、そのようは方法でクレンジングを行っていますか?間違ったクレンジング続けていると、乾燥肌が悪化することがあります。

これまでのクレンジング方法を見直して、乾燥肌の改善を目指しましょう。正しいクレンジングを続けることによって、肌の状態がよくなっていくでしょう。