乾燥肌にあったクレンジング料を使いましょう


「乾燥肌には刺激をしないのが一番!」とわかっていても、仕事の都合や外出時はメイクをしなくてはならない場合があります。そしてメイクをしたらクレンジング…

いずれも肌にダメージを与えてしまうけれども、避けることができません。そうであればできるだけダメージを与えない形で行いたいものです。

とくにクレンジング料には、油性のメイクをなじませて洗い流す目的で、洗浄力の強い成分が使われていることがあります。この成分はメイクを取り除くためのものですが、その時の肌の状態にあっていないと、肌に悪い影響を及ぼすことがあります。

メイク汚れと同時に、肌の潤い成分や、バリア機能を果たしている必要な皮脂までも洗い流してしまうのです。

すると肌表面にできたヒビ割れから、肌内部の水分がどんどん蒸発していってしまいます。肌はますます乾燥が進んでしまいます。

またバリア機能が失われているため、外部からホコリ、雑菌やアレルギー物質からの刺激を受けることになり、肌荒れ・吹き出物・かぶれなどのトラブルになりかねません。

こういったことにならないように、肌にダメージが少ないクレンジングを行っていきましょう。今回は乾燥肌のためのクレンジング選びと、クレンジングの方法を紹介します。

クレンジング料と界面活性剤

メイクを落とすクレンジング料の多くには「界面活性剤」が使われていますが、この界面活性剤には「洗い過ぎる」「肌を傷める」などの悪いイメージがあります。

メイク料の成分は、おもに油分と粉末でできています。メイクは水洗いのみで落とすことができません。

普通の洗顔料を使っても、どうしてもメイクが残ってしまいます。そこでメイクをしっかり落とすためには、油分をなじませて取り除くことに特化したクレンジング料が必要なのです。

刺激に弱い乾燥肌や敏感肌のために、界面活性剤の種類、配合量、ベースになる基剤とのバランスや使用方法など、メーカーでよく研究したうえで製品になったものがたくさん市販されています。

そういった製品の中から、自分にあったクレンジング料を選んでいけばよいのです。

クレンジング料の種類


クレンジング料にはさまざまなタイプがあります。ひとつずつみていきましょう。

1.ジェルタイプ

ジェル状のクレンジング料です。ジェルの厚みにより、肌となじませる手の間にクッションができるので、皮膚への摩擦が少なくて済みます。

水性タイプと油性タイプがあります。

水性タイプは、油分が少ないため洗浄力が弱めになっています。軽めのメイクのときには適していますが、落ちにくいポイントメイクや、しっかりメイクは残りやすくなります。

こういった場合は専用のリムーバーを使うようにしましょう。

一方の油性タイプは、クレンジングオイルと同じような成分でできています。油分が多く配合されているのでクレンジング力が高いのですが、注意しないと皮脂や潤いを落とし過ぎることがあります。

2.オイルタイプ

オイル状のもので、リキッドタイプともいわれます。油分を多く含むので、クレンジング力が高く、濃いメイクともなじみやすく素早く取り除くことができます。

しかし皮脂や潤いも奪われてしまうことがあり、使用後にカサつきやつっぱりを感じることがあるかもしれません。配合されている油分の種類によっては、ニキビができやすくなってしまう人もいます。

3.クリームタイプ

クリーム状のもので、水分と油分がバランスよく作られています。必要以上に皮脂や潤いを落とし過ぎないので、しっとりした洗い上がりとなり、乾燥肌の人にはおすすめのタイプです。

クレンジングの時には、クリームをのばすようにメイクとなじませて使っていきます。手触りがよいからといって、あまり長い時間かけて行っていると、肌に負担がかかってしまうので注意しましょう。

4.ミルクタイプ
乳液のような手触りになっています。肌にのばしやすいのですが、クッション性が低いので、肌への摩擦に注意しましょう。

油分の含有量が少ないので、クレンジング力は低くなっていますが、一方で肌に優しくなっているので、軽いメイクの時に適しています。

5.拭き取りタイプ・シートタイプ

拭き取りローションタイプは、さらさらとした化粧水のような手触りです。界面活性剤が水性の基剤に含まれており、コットンなどに浸み込ませてメイクを拭き取るものです。

もともとコットンに浸み込ませた形で、販売されているシートタイプのものもあります。

手軽にメイクを落とせるのですが、洗浄力が強く、拭き取るときの摩擦で肌を傷める可能性もあるので、慎重に使いたいものです。

以上のことから乾燥肌には、ジェルタイプ・クリームタイプ・軽めのメイクであれば、ミルクタイプのクレンジング料がおすすめです。

乾燥肌のためのクレンジング方法

1.クレンジングの準備

クレンジングを行う前に、ハンドソープなどで手を洗い清潔にしておきましょう。髪が顔にかからずスッキリ出るように、ヘアバンドなどでしっかりとまとめます。

目元や口元の落ちにくいポイントメイクは専用のリムーバーで落としておきましょう。

2.必要量のクレンジング料を手にとる

製品の使用説明書に記された適量を手に取ります。ぬれた手や顔で使えるクレンジング料もありますが、そういったものでなければ乾いた手で扱います。

メイクのとのなじみが悪くなり、クレンジング力が低下するからです。メーカーで開発した、クレンジングと美容成分の効果がもっともよく表れる量が表示されています。

使う分量は多過ぎても少な過ぎても、肌にとってよくありません。「もったいないから」と量を減らすと、メイクが落とし切れず、保湿成分が行き渡らないことがあります。

またメイクとなじませるとき肌と摩擦が起きてしまいます。

多い量だと、洗浄力が強くなり過ぎ、肌にダメージを与えることになります。クレンジング料が顔いっぱいに広がってしまい、最後のすすぎや拭き取りで汚れが残ってしまう可能性があります。

ですから使用説明書の指示通りの量を使うように心掛けましょう。

3.クレンジング料をメイクとなじませる

クレンジン料を顔に載せて、メイクとなじませていきます。手のひらや指の腹のように柔らかい部分を使って、のばしていきます。

額や頬など広い部分は手のひらで弧を描くようにして広げていきます。鼻の周りの入り組んだ部分は、指を使って丁寧にクレンジング料が行き届くようにします。

目元や口元など皮膚の弱い部分は、あまり強い刺激を与えないように指の腹で優しくなじませるようにします。

力を入れてゴシゴシこするのはNGです。摩擦で肌に負担をかけるからです。

なじませている手ざわりがふっと軽くなったときが、メイクが落ちた合図になります。あまり長い時間を行っていると肌に負担がかかるので、全体で1分以内に終えるようにしましょう。

4.クレンジング料を洗い流す

ぬるま湯を顔にかけて、クレンジング料とメイク汚れを洗い流します。乾燥肌のためには、温度が低めのぬるま湯が最適です。

温度にすれば28℃くらいの、触れたときに「ちょっと冷たいな」と思う程度のものです。

お湯の温度が高いと、本来必要な皮脂や潤い成分も洗い流されてしまいます。決して力をいれてこすらないようにしましょう。

髪の生え際や、耳の周り、フェイスラインなどにも汚れを残さないように、丁寧にすすぎましょう。

5.クレンジング後は洗顔を

クレンジングが終了したら、通常の洗顔を行い、残った汚れや皮脂を取り除きます。クレンジングと同じように、力を入れず優しく丁寧に、熱すぎないぬるま湯で洗顔していきます。

クレンジング・洗顔後は保湿を行う


クレンジング・洗顔の後は必ず保湿を行ってください。このときの肌は清潔にはなっていますが、とても無防備な状態です。

乾燥肌には、皮脂によるバリア機能が失われています。そのままでは、内側からどんどん水分が蒸発してしまいます。

外からはホコリやちりなどの刺激を受けたり、雑菌やアレルギー物質などが入り込んだりする可能性があります。これらが、肌荒れ・吹き出物・かぶれ・アレルギーの原因になるのです。

こういったことを防ぐため、化粧水・美容液・乳液・クリーム・オイルなどしっかり保湿を行うようにしましょう。

乾燥肌のときはメイクの程度にあわせて、クレンジングの種類を変えましょう

ここまでで、肌にあったクレンジングを選び、潤いを守りながら負担をかけず、スッキリとメイクを落とすとこをお伝えしました。

しかしここ一番と気合の入ったメイクの日、あるいはパーティや披露宴などのお呼ばれのときのしっかりメイクのときはどうでしょう?

そんな時でも「肌が弱いから…」といって、普段と同じクレンジング料で、同じように行おうとしていませんか?実は、それではNGなのです。

ハレの日のしっかりメイクには、決してスキがないように、普段のメイクより汗や摩擦で落ちにくい成分が含まれています。メイク料も多めに、厚塗りに使われていることでしょう。

そういったときに、肌に負担のかからないマイルドなクレンジング料では、落とし残しが発生してしまいます。

メイク汚れが残ると、肌荒れ、吹き出物などのトラブルが起きるのです。乾燥肌もひどくなってしまうでしょう。

そうならないためにも、しっかりメイクを落とすには、洗浄力が強めのクレンジング料を用意しておきましょう。

洗面台やドレッサーに1種類しかクレンジング料を置いていないというのではなく、別の種類のものも置いておきましょう。

そしてしっかりメイクのときも、普段のメイクのときも同様にポイントメイクには、最初に専用のリムーバーを使うようにしてください。

(まとめ)クレンジング料の種類を乾燥肌の改善を目指しましょう

1.クレンジング料の種類
2.乾燥肌のためのクレンジング方法
3.クレンジング・洗顔後は保湿ケアを行う
4.メイクの程度にあわせて、クレンジングの種類を変えましょう

乾燥肌にあった種類のクレンジングを選ぶことで、肌の状態を改善できます。普段はマイルドなクレンジング料を使い、しっかりメイクのときにはクレンジング力の高いものにするなど使い分けることも大切です。