乾燥肌でも、ニキビができてしまうのです


「自分は乾燥肌だと思っていたけれど、最近、ポツポツとニキビが気になってきた」
「思春期のころのニキビと違って、ニキビのできた場所以外は乾燥が気になるのに…」

30代や40代になってから、急にニキビができ始めたという人は、多くいるのではないでしょうか。それも、単なるニキビではなく、乾燥肌なのに部分的にニキビができると悩む人が大半かと思います。

乾燥した肌にニキビができるなんて、なんだかおかしい話に聞こえるかもしれません。なぜなら、ニキビは皮脂の過剰分泌が原因の肌トラブルだからです。

ニキビができるくらい過剰に皮脂が分泌されていれば、乾燥とは無縁の肌質になっているはず。でも、どうして乾燥肌にニキビができるのでしょうか。

実は、ニキビは思春期に見られるだけでなく、大人の乾燥肌にもできるニキビが存在するのです。乾燥肌にできるニキビについて、思春期のニキビとの違いやその対処方法が知りたくなってきましたね。

そこで、まずはニキビができる原因から見ていきましょう。

ニキビは「青春」時代だけの肌トラブルではありません

「ニキビは青春のシンボル」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。一般的にニキビと言うと10代、思春期の肌トラブルの代表選手であり、青春時代をイメージさせるキーワードになっています。

「ニキビが気になって学校に行くのが嫌だった」「部活で汗をかくことが多く、なかなかニキビが治らなくて悩みだった」といった苦い記憶がよみがえってきた人も多いのではないでしょうか。

でもニキビとは、大人になってから、しかも皮膚の脂っぽさが失われて逆に乾燥が気になる30代や40代の世代でも、肌トラブルの上位に入ってくる悩みなのです。

思春期に多く見られる一般的なニキビと、大人の乾燥肌に見られるニキビとでは、なにか違いがあるのでしょうか?あるとすれば、どのような違いなのでしょうか?

ニキビができる原因


そもそもニキビができる原因は、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりによるものです。

皮脂は皮脂腺から分泌されており、健全な状態であれば、分泌された皮脂と汗とが混ざりあって、肌を保護するベールを形成してくれます。

皮脂が分泌されることによって、肌の乾燥を防いだり、ちりやホコリなどから肌が守ってくれたりするため、適量の皮脂分泌は肌にとって不可欠なものと言えます。

しかし、なんらかの原因で皮脂の過剰分泌が起き、毛穴が詰まってしまうことで、ニキビができやすくなってしまいます。

1.ニキビの原因のひとつは、皮脂の過剰分泌

では、皮脂の過剰分泌の原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか。そのひとつは、皮脂の過剰分泌を引き起こす男性ホルモンの急増といったホルモンバランスの崩れです。

思春期は、男性ホルモンが急増する時期と重なります。思春期にニキビができやすいのは、このためです。

また、女性は生理の周期で黄体ホルモンが活発に分泌されます。黄体ホルモンは男性ホルモンと構造が似ているため、体の中で優位のときには皮脂の分泌が盛んになります。

さらに社会に出て職業人として、あるいは家庭生活を送るなかで、現代人は多くのストレスにさらされます。強いストレスにさらされると男性ホルモンの分泌を促す結果につながり、皮脂の過剰分泌が起こります。

また、仕事で忙しい30~40代はバランスのよい食事をする機会や時間が取れない場合もありますね。血糖値を急上昇させる高GI食、動物性脂肪などの偏った食事によっても皮脂の過剰分泌を引き起こされてしまうのです。

2.紫外線など外部からの刺激で角質異常を起こすこともニキビの原因に

ホルモン以外にも、ニキビの原因はあります。
例えば、紫外線です。
紫外線は活性酸素を発生させますが、肌のターンオーバーの周期を乱したり、肌の角質を厚くしたりする原因になります。

肌の角質が厚くなると古い角質がはがれにくくなり、肌の上で硬く残ります。ターンオーバーの周期が乱れると、角質はもっとはがれにくくなり、角質異常の原因になります。

また、よかれと思ってゴシゴシと洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料で必要な皮脂を洗い流したり、肌が本来持っているバリア機能が著しく低下してしまいます。

反対に、深夜まで仕事でメイクをしている時間が長くなったり、忙しいためメイクがしっかり落としきれなかったりした場合でも、肌にメイクやちり、ホコリなども混ざって毛穴をふさぎ、肌のバリア機能を低下させます。

このようにバリア機能が低下した肌は、角質を厚くすることで肌を守ろうとします。その結果、ますます肌の硬化が進み、角質異常からニキビができやすい状況を生み出してしまうのです。

3.思春期のニキビも乾燥肌にできるニキビも、原因は同じです

乾燥肌は、加齢などによって肌が一定の水分量を維持できなくなったり、ターンオーバーの周期が長くなったりしている状態です。
肌の水分不足で角質が硬化し、カサカサしたり粉っぽくなったりしてしまいます。

仕事でも家庭でも忙しい30~40代では、ストレス過多、睡眠不足、食生活の乱れなども起こりやくなります。更年期の症状があればホルモンバランスの崩れから肌のダメージはさらに大きくなるでしょう。

そのため、毛穴が必要以上に硬化する角質異常が起き、乾燥していてもニキビができるといった肌トラブルに悩まされる結果となってしまうのです。

皮脂の過剰分泌や角質異常といった点では、乾燥肌にできるニキビも、思春期にできるニキビと原因は同じなのです。

そのニキビ、どうやって解決したらいい?

思春期のニキビなら、毛穴の汚れや詰まりを徹底的に取り除くことが解決策になります。皮脂が過剰に分泌されないような生活を心掛けることで、徐々にニキビは小さくなっていきます。

しかし、乾燥肌にできたニキビは、毛穴の汚れや詰まりの除去だけでは解決しません。

それは、「皮脂の分泌量が多いから毛穴が詰まった」というよりは、「乾燥によって毛穴や角質層が硬化することで、適量の皮脂でも詰まりやすくなっている」ことが原因だからです。

では、乾燥肌にできたニキビは、どのように対処していくことが理想的なのでしょうか。

1.まずは、徹底した保湿対策が急務です

乾燥肌にできたニキビに対処するためには、まずは徹底した保湿対策が急務です。肌に十分な水分を補って肌細胞が保有する水分量を回復させることで、角質層の正常な働きを促すからです。

そのためには、毎日のスキンケアで保湿を重視した化粧品を選ぶことが重要になります。化粧水や乳液、スペシャルケアに使うパックなどを選ぶ際には、製品に含まれる成分をよく確認してみましょう、

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、グリセリン、アミノ酸、プロピレングリコールといった成分は、保湿効果が高い成分なので、商品選びの参考にしてみてください。

中でも、セラミドは角質のバリア機能をもとに戻す働きがあります。セラミド入り化粧水で肌にたっぷりと保湿してみると、肌の変化を実感できるかもしれません。

2.化粧品それぞれの役割を理解して正しく使う
保湿成分がたっぷり入った化粧品を選んでも、化粧水、乳液、美容液といったそれぞれが担っている役割を理解して、正しく使用しなければ、十分な保湿効果を得ることはできません。

スキンケアで一番に使用する化粧水の役割は、角質に水分を補給することです。洗顔後すぐに軽くパッティングしながら、角質に水分を届けます。

次に使用するのは、美容液です。美容液は、さらに保湿成分を肌に補うものですから、乳液の前に使用しましょう。美容液は肌状態によって、毎日使用しなくてもスペシャルケアとして使用する場合もあります。

美容液の次は乳液の出番です。乳液は、角質そのものの持つ水分や、化粧水と美容液で補った保湿成分を維持する役割があります。

そして最後に用いるのは、クリームです。皮膚の表面に油膜を作ることで、水分や保湿成分の蒸発を防ぐ働きがあります。手のひらにのばして、包み込むように丁寧に優しくぬりこむのがポイントです。

化粧品の役割を正しく理解して、化粧水→美容液→乳液→クリームの順に保湿成分をのせ、それを閉じ込めておくようにしましょう。

3.洗い過ぎ、落とし過ぎに注意が必要です
ニキビができてしまうと、余分な皮脂を落としたくなって、ついつい洗顔の回数を増やしてしまいますね。洗顔にかける時間もいつもより長くなったり、ゴシゴシと力を入れて洗顔してしまったりすることもあるでしょう。

でも、乾燥肌にできたニキビの場合には、これらすべてが裏目にでるのです。つまり、ニキビを悪化させるだけでなく、肌の乾燥を進行させてしまうことがあるのです。

洗顔の回数を増やせば、肌は乾燥・水ぬれの両方を頻繁に繰り返すことになります。水→乾く→水→乾く…の繰り返しによって、肌はますます傷つきます。

また、洗顔料を長時間肌の上に載せている刺激、ゴシゴシと指先や手のひらに力を入れての摩擦なども、肌そのものへのダメージを大きくしてしまいます。

ニキビの原因である皮脂を落としたいからといって、がむしゃらに洗顔することは避けましょう。もともと、適量の皮脂は肌にとっては天然保湿クリームとなっていることを忘れないでください。

化粧品が自分の肌に合うかどうか、必ずチェック!


ドラックストアやインターネットの美容サイトには、たくさんの化粧品が並んでいます。自分の肌質に合うのはどの化粧品なのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

その場合、サンプルやトライアルセットなどで事前に試してみてください。そして、本当に自分の肌にあうかどうかを確認してみることをオススメします。

化粧品に書かれている使用手順を守って使用しないと、せっかくの効果が得られない場合もあります。使用方法や使用量をしっかりと確認して、正しく賢く化粧品を使いましょう。

また、気温や湿度が高く汗をかく夏、乾燥しやすく室内外の温度差が大きい冬では、当然、わたしたちの肌の状態も変わってきます。

とくに、春先や秋口などの季節の変わり目は体調も変化しやすく、私たちの肌にもさまざまな影響が生じることもあるでしょう。

季節や自分の肌状態にあわせ、そのときごとに化粧品を使い分けて、最適なスキンケアができるといいですね。

(まとめ)乾燥肌にできたニキビは、保湿を中心とした正しいスキンケアが大切です

1.思春期のニキビも乾燥肌にできる大人ニキビも、毛穴の皮脂詰まりや角質異常が原因です
2.乾燥肌にできるニキビは、徹底的に保湿することが重要です
3.自分の肌にあった化粧品を選んで、正しく賢くスキンケアを行いましょう

乾燥肌にできたニキビは、毛穴の皮脂汚れを落としただけでは改善しません。保湿成分のたっぷり入った化粧品などを使って徹底的な保湿をすることが重要です。

肌に負担をかけないようなスキンケアとともに、保湿成分の入った化粧品を賢く使用して、潤いのあるキレイな素肌を取り戻しましょう。