肌のバリア機能が低下すると乾燥肌になります


なにげなく肌に触れてみたら、なんだかごわついている…なんて経験はありませんか? もしかしたら、そのとき肌はひどく乾燥しているのかもしれません。

空調による空気の乾燥、紫外線によるダメージ、生活習慣の乱れなど、日常生活において肌が乾燥する原因があちこちにあふれています。

このような状況で肌を乾燥させないために、日々のスキンケアをがんばっている人もいるでしょう。

そもそも、なぜ肌は乾燥してしまうのでしょうか。原因はたくさんありますが、おもな理由の1つに「バリア機能の低下」が挙げられます。
バリア機能とは肌自身が持つ、外部の刺激から肌を守るための機能のことです。

バリア機能が低下すると肌は外部の刺激を受けやすくなり、傷ついてしまいます。肌が傷つくと、炎症や湿疹を引き起こす可能性も高くなります。

また、肌内部の水分も蒸発しやすくなり、肌が乾燥してしまいます。肌が乾燥することでかゆみ、ヒリつき、皮脂の過剰分泌などの肌トラブルを招くことも増えるでしょう。

しかし、一度、低下してしまったバリア機能も肌をケアすることで回復させることができます。肌を乾燥させないためには、バリア機能の回復が重要だといえそうです。

今回は、乾燥肌とバリア機能の関係について解説していきます。

バリア機能の強化が乾燥肌対策につながる

肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立ち、表皮の最も外側には角質層があります。角質層にはブロック状に角質細胞が重なっており、細胞同士のすき間を細胞間脂質が埋めています。

細胞間脂質にはセラミドが含まれています。セラミドは、水と結合して水分の蒸発を防ぎます。この細胞間脂質が失われてしまうと、各々の角質細胞の間にすき間ができてしまい、肌の内部の水分が蒸発しやすくなるのです。

肌の内部の水分が蒸発すると、肌は乾燥してしまいます。セラミドを含む細胞間脂質は、肌の潤いを保持するために重要な役割を果たしているのです。

細胞間脂質が失われる原因はさまざまですが、その1つが「バリア機能の低下」です。バリア機能が低下すると、肌の細胞間脂質を作る機能も弱まると言われています。

肌の潤いを保ち、乾燥肌を防ぐにはバリア機能が大きな役割を果たすと考えられます。では、バリア機能を低下させないためには、具体的に何をしていけば良いのでしょうか。

「バリア機能」とは?


冒頭でも述べましたが、肌のバリア機能とは、外部の刺激から肌を守るため、肌自身が持つバリアのことです。

バリア機能が正常に働いていると、細胞間脂質で角質細胞のすき間がしっかりと埋まった状態になり、肌の内部の水分が保たれます。肌の外に水分が出ていくこともないため、肌の表面が乾燥することもありません。

しかし、バリア機能が正常に働かなくなると、角質層にすき間ができます。そこから外部の刺激が肌の内部へ入り込んでしまいます。肌の中に刺激が入ると、角質細胞が傷つく可能性が高まります。

また、角質層にすき間ができると、肌の内部の水分が蒸発していきます。肌の中の水分がなくなると、当然ですが肌は乾燥します。

肌の水分と同様に、角質層のすき間からは細胞間脂質も失われてしまいます。細胞間脂質には保湿成分である「セラミド」が含まれているため、細胞間脂質が失われることで肌の保湿力が低下します。

バリア機能が低下すると、潤いを保った健康的な肌を維持することができなくなってしまうのです。

バリア機能が低下した肌に起こること

バリア機能が低下すると、乾燥肌を招きます。乾燥した肌にはどのようなことが起きるのでしょうか。

1.ハリがなくなる
角質細胞のすき間を埋める細胞間脂質には、保湿成分であるセラミドが含まれています。バリア機能が低下してできた角質層の隙間から細胞間脂質が出ていってしまうと、保湿成分も失われます。

保湿成分が失われることで肌内部の潤いを維持できなくなり、肌のハリがなくなります。バリア機能の低下は、肌の乾燥だけでなくハリやツヤも奪ってしまうのです。

2.ターンオーバーが乱れる
肌の細胞は、ターンオーバーにより古いものから新しいものに生まれ変わります。しかし、バリア機能が低下して乾燥した肌は、ターンオーバーに必要な水分や皮脂が不足した状態です。

結果、ターンオーバーが正常に働かなくなり、肌には古い細胞が残ったままになります。古い角質は、皮脂と混ざって角栓を作る、ゴワつきの原因となるなど乾燥以外にもトラブルを招いてしまいます。

3.ニキビや肌荒れの原因に
肌は乾燥すると、肌そのものを守ろうとして毛穴から皮脂を過剰に分泌します。皮脂そのものは肌を保護する働きがあるのですが、余分な皮脂は角栓の材料となり毛穴が開く原因につながります。

開いた毛穴に菌が入ると、ニキビや炎症を起こしてしまいます。また、肌の内部は乾燥し、表面は皮脂多い「インナードライ」の状態になり、水分と油分のバランスが悪くなることで、肌荒れを起こしやすくなります。

4.かゆみや湿疹を引き起こす
乾燥した肌は突っ張りやすくなり、かゆくなることがあります。我慢できずにかいてしまうと、その刺激から炎症を起こし、最悪の場合、湿疹ができてしまいます。

かゆみや湿疹を放置すると炎症を起こし、皮膚の病気になってしまうケースもあります。かゆみや湿疹が出たら放置せずに適切な処置をし、必要な時は医療機関を受診しましょう。

バリア機能を回復するには何をすればよい?


乾燥肌によりさまざまなトラブルに見舞われたら、バリア機能を回復することが重要です。バリア機能を回復させるための対策をまとめました。

1.肌に余計な刺激を与えない
肌の乾燥が原因でトラブルに見舞われた肌は、かなり敏感な状態になっています。肌への負担を避けるためにも、必要以上に刺激を与えないようにしましょう。

洗顔やクレンジングは最小限にし、洗う時は優しく丁寧に行ってください。同様に、メイクも最低限に抑えましょう。ベースメイクはパウダーファンデーションを使うと、比較的肌への負担を軽くすることができます。

2.保湿をしっかりと行う
バリア機能が低下した肌は、保湿成分が少なくなっている状態です。日々のスキンケアにおいて、普段よりも保湿を意識しましょう。いつもより丁寧に保湿することで、肌へ栄養が行き渡りやすくなると考えられます。

皮膚の薄い目元は、他の部分よりも乾燥しやすいと言われています。目元専用の美容クリームを使う、クレンジング後にワセリンを塗って乾燥を防ぐなど、より丁寧なケアをしましょう。

3.ぬるめのお湯で入浴する
入浴時、熱めの湯船に長時間浸かってはいませんか? 熱めのお湯に浸かって汗をたっぷりかくと、心身ともにスッキリするような気分になるという人もいるでしょう。

しかし、熱いお湯に浸かることで、肌の皮脂や保湿成分が流れ出やすくなるといわれています。湯船に浸かる時は、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにするのがベターです。

乾燥肌対策をしてバリア機能の低下を防ごう

バリア機能が回復したら、再び低下しないように乾燥肌対策をしましょう。普段のスキンケアで保湿するのが基本ですが、他にも肌を乾燥させないようにするための方法があります。

1.バランスのよい食事を心掛けよう
好みや過度なダイエットにより偏った食事をしていると、乾燥肌を招きます。バランスのよい食事を心掛け、体の中から肌の乾燥を防ぎましょう。

乾燥肌によいとされる栄養素は、ビタミンAやビタミンCなどのビタミン類、納豆や卵に含まれるタンパク質、魚類に含まれる必須脂肪酸があります。肌の乾燥が気になる時は積極的に摂取しましょう。

2.睡眠不足の解消
仕事が忙しい、ついつい夜ふかしをしてしまうなどの理由で睡眠不足だという人もいるでしょう。睡眠不足も乾燥肌の原因につながります。

睡眠時には、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されています。しっかり睡眠時間を確保して、肌のターンオーバーを促し、肌の細胞の再生を進めるようにしましょう。

3.紫外線対策をしっかりと
外部から肌に与えられる刺激の一つが「紫外線」です。乾燥肌はもちろん、メラニン毛穴の原因となる、日焼けによる肌の炎症を引き起こすなど、さまざまな肌トラブルを招きます。

紫外線対策には、日焼け止めのクリームやスプレーを使う人が大半だと思います。日焼け止めは、製品によっては強めのクレンジング剤を使う必要があり、肌に余計な刺激を与えてしまう可能性があります。

肌の状態に合ったUVカットアイテムを使う、少しでも違和感があれば使用を止めるなど、上手に紫外線対策をしていきましょう。

これをしたら乾燥肌が悪化する! NGスキンケア

普段から乾燥肌対策をすることで、バリア機能の低下を防ぐことが可能です。しかし、誤った方法だと逆に乾燥肌を悪化させることもあります。

NGな方法の一つは、先にも述べた「入浴時に熱いお湯に浸かること」です。皮脂や保湿成分が流れてしまうことで、乾燥肌を招いてしまいます。

また、肌を清潔に保つことを意識するあまり、顔を洗い過ぎるのもNGです。必要以上に皮脂を取ることになり、肌の乾燥を招きます。

洗顔時は、ゴシゴシとこするように顔を洗うのも避けましょう。肌に刺激を与えて傷つけ、バリア機能が損なわれてしまいます。

洗顔料をしっかり泡立て肌に優しく広げる、すすぎは水を両手ですくって顔に流すように行う、など肌に対して丁寧にソフトに洗顔するよう心掛けましょう。

正しいスキンケアで乾燥肌を防ぎ、バリア機能を高めていきたいものです。

(まとめ)バリア機能を高めて乾燥肌を予防しよう

1.「バリア機能」とは、外部から肌を守る肌自身が持つ機能のこと
2.バリア機能が低下すると角質層にすき間ができ、そこから水分が蒸発して乾燥肌となる
3.バリア機能の回復には、より丁寧な保湿ケアが有効
4.普段から乾燥肌対策をすることで、バリア機能の低下を防げる
5.誤ったスキンケアで必要以上に肌を刺激すると、バリア機能が低下する

バリア機能が低下することで肌は乾燥しますが、その後のケアをきちんとすることで十分、回復させることができます。

乾燥肌になってしまったと言ってあきらめずに、しっかりと保湿してバリア機能を回復し、潤いのある健康的な肌を取り戻しましょう。