たるみ毛穴の黒ずみは、主に紫外線が原因です。


「毛穴の黒ずみが目立つようになってきたので、毎日のクレンジングと洗顔を丁寧に行っていても、まったく良くならない。スキンケアの方法が間違っているのかしら」

「30歳を過ぎたころから、顔のお肌がたるんできたし、毛穴も下へ引っ張られているように、毛穴の形も変わってきた気がする。毛穴が黒ずんで見えるからと毛穴パックをしても改善されない」

など、きちんとお肌のお手入れをしていても、毛穴の黒ずみがまったく改善されないという人は、汚れ詰まりが原因ではないかもしれません。

それはメラニン毛穴というタイプの毛穴トラブルの可能性があります。

毛穴に汚れが詰まった黒ずみと、メラニン毛穴による黒ずみは、改善方法が全く異なります。

いくら毛穴パックをしても、黒ずみが良くならないのは当然なのです。

さらに頬の部分の毛穴の黒ずみが目立つ場合は、メラニン毛穴と加齢が原因で起こるたるみ毛穴の2つのトラブルを抱えていることになります。

毛穴が黒ずむのはどうして?


毛穴が黒ずむ原因には、紫外線などにより毛穴の周りにメラニン色素が沈着してシミのようになった状態の「メラニン毛穴」と、毛穴に詰まった皮脂や古い角質などが混ざり、酸化して起こる「詰まり毛穴」があります。

メラニン色素が毛穴周りに沈着して黒ずんで見えるメラニン毛穴は、黒ずんで見えますが、実際の色は茶色や濃い茶色です。

汚れが詰まって黒ずんだ毛穴はザラザラとした感触がありますが、メラニン毛穴は指で触ってもツルンとしているのが特徴です。

メラニン毛穴の原因は、日焼けがもっとも多いでしょう。

紫外線をたくさん浴びると、メラニンが大量に生成され、お肌を小麦色に変色させます。

日焼けした肌は、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが正常であれば、お肌の色は元に戻ります。

しかしターンオーバーが乱れていると、排出されなかったメラニンがお肌に蓄積されて、シミとなって残ってしまうのです。

これが毛穴を黒く見せているのです。

メラニン毛穴の原因

メラニン毛穴の原因は、紫外線だけではありません。

刺激や摩擦・炎症や乾燥などを受けると、お肌は自らを守ろうとして、メラニン色素を分泌します。

普段からメガネを長時間かけている人は、メガネのフレームが当たっているお肌の部分の色素沈着が目立ちます。

しかしこれらも、お肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンはお肌の表面に押し出されて自然とはがれ落ちていきます。

数日たてば、お肌は元の肌色に戻っているのです。

それではお肌がメラニン色素を分泌する刺激や摩擦には、どのようなものがあるのか説明していきましょう。

1.手足などのむだ毛の処理
夏になると、腕や脚を出す機会が増え、洋服からお肌が見える部分を、カミソリや毛抜きなどで処理する人は多いことでしょう。

自分でむだ毛を処理する行為は、お肌にも毛穴にも大きな刺激となっています。

乳液やクリームなどをつけずに、乾いたお肌に直接カミソリをあてたり、毛並みに逆らってシェービングをしたり、むだ毛を処理した後のケアをしっかり行わないのも、大きな刺激を継続して受けていることになります。

こうした刺激を受け続けた毛穴は、自らを守ろうとしてメラニンを大量に分泌します。

腕や脚・脇の下など、むだ毛処理した部分の毛穴がポツポツと黒くなっているのは、まさに色素沈着です。

2.洗顔のし過ぎ
皮脂のテカリが気になる、皮脂で顔がベタベタするという人は1日に何度も洗顔をしていませんか?

洗顔のし過ぎや、洗浄力が強い洗顔料の使用は、お肌へ刺激を与えます。
またお肌に必要な皮脂や角質までを洗い流してしまい乾燥肌を招く原因となります。

お肌は乾燥がひどくなると、さらに皮脂を分泌して乾燥から守ろうとします。
このような状況を繰り返していると、皮膚はメラニンを分泌して自分を守ろうとします。

毛穴の黒ずみを皮脂などの汚れ詰まりが原因だと勘違いし、必死に洗顔をしていた人は、ますますメラニンを分泌させて色素沈着の黒ずみを招く間違ったケアをしていたのです。

メラニン毛穴の改善方法


汚れ詰まりが原因の毛穴の黒ずみは、毎日の洗顔・保湿ケアを見直すことで改善することができました。

ではメラニン毛穴の改善には、どのような方法があるのでしょうか。
毛穴の黒ずみがさらに悪化しないよう、正しいメラニン毛穴のケア方法を紹介します。

1.美白ケアを行う
メラニン毛穴は、いくら洗顔をしても毛穴パックを行っても、汚れを落とすようにスッキリとシミを消すことはできません。

メラニン毛穴は、メラニンが色素沈着した、いわばお肌の日焼けと同じようなものです。

日焼けしたお肌に残ったシミを薄くする、美白作用のある美容成分が配合した化粧水を用いた美白ケアが有効になります。

シミを薄くする美容成分を紹介します。

・ハイドロキシン…「お肌の漂白剤」とも言われているハイドロキシンは、シミのもととなるメラニンの生成を抑え、今あるシミを薄くする作用があります。

メラニンの色素沈着、毛穴の黒ずみを薄くする美白成分です。
ただ作用が大きいだけ、強い刺激がある成分です。

ハイドロキシンが配合された化粧品は、メーカーが明記する容量、用法を必ず守って使用しましょう。

・トレチノイン…ビタミンAの一種。お肌の新陳代謝と言われるターンオーバーを促す働きがあります。古い角質を排出し、新しいお肌の再生を促進します。

トレチノインは人間の身体に存在する成分のため、お肌への刺激も少ないです。

・ビタミンC誘導体…ビタミンCは、シミのもととなるメラニンの生成を抑制し、色素を薄くする作用があります。

お肌のハリと弾力をつくるコラーゲンの生成をサポートする働きもあるため、老化防止も期待できます。

・アルブチン…メラニンの生成を抑制し、シミやソバカスができるのを防ぐ美白成分です。

これらの美白成分が配合された化粧水・美容液・クリームを用いて、毎日の洗顔後に美白ケアをしていきましょう。

ハイドロキシンは、今あるシミを薄くする作用があるので、まず最初にハイドロキシン配合の美容液やクリームを使うことをおすすめします。

くれぐれも要領と用法を守りましょう。

2.ピーリングを行ってターンオーバーを正常に戻す
お肌の新陳代謝と言われるターンオーバーが正常であれば、シミの原因となるメラニンはどんどん体外へと排出されていきます。

しかしターンオーバーが遅くなったり早まったりと、サイクルが乱れてしまうと、メラニンは体内に蓄積されシミとなってお肌に残ってしまいます。

ターンオーバーを正常なサイクルに戻すために、ピーリングという方法があります。

ピーリングは、古い角質を取り除くケアで、定期的に行うことでターンオーバーの乱れを整えることが可能です。

市販のピーリング剤でホームケアを行うことも可能です。

その際の注意点として、ピーリングを頻繁に行うとお肌へのダメージが大きくなるため、週1回程度の使用にしましょう。

またピーリングをした後は、古い角質がはがれて、無防備状態になっています。
すぐに化粧水・美容液・乳液・クリームを用いて保湿ケアを行います。

敏感肌やもともとお肌が弱い人は、ピーリングはなるべく避けましょう。
どうしても試したいという場合は、皮膚科でも行っているので専門医と相談しながら行ってください。

たるみ毛穴の改善方法

30代後半にもなるとお肌のたるみが目立ち始めます。
原因は加齢とともに、ハリや弾力をつくるコラーゲンやエラスチンが減少してしまうからです。

お肌がたるむことで、毛穴は下へ引っ張られ縦長の毛穴に変形し広がってしまいます。

さらにたるみ毛穴がメラニンの色素沈着を生じると、大きく開いた毛穴は黒ずみ、ますます目立ってしまうことになりかねません。

黒ずんだたるみ毛穴を目立たせなくするためには、開いた毛穴を改善することです。
そのためには、たるみ毛穴の原因となるコラーゲンやエラスチンの生成を促すことがとても重要です。

スキンケアでは、コラーゲンを増やす働きを持つレチノール、抗酸化作用があるビタミンC誘導体などの美容成分が配合された化粧品を使って保湿ケアを行います。

食事からの栄養素もたるみ毛穴の改善には大きく影響します。

魚や肉などの良質なタンパク質、緑黄色野菜からは抗酸化ビタミンが摂取できます。
たるんだ毛穴を身体内側から改善するためには食事の見直しが大切です。

毛穴の黒ずみ・たるみを改善する生活習慣の注意点

色素沈着による毛穴の黒ずみ、加齢などによる毛穴のたるみだけでなく、毛穴トラブルには生活習慣が大きく関係しています。

スキンケア・毛穴ケアなどを試してもなかなかお肌の調子が良くならないという場合は、食事や普段の生活習慣を見直すことも大切です。

また予防するためにもぜひ、実践してみてください。

1.紫外線対策を行う。
シミの元、メラニンは紫外線にあたると発生します。

温かい季節の日差しが強い時期だけでなく、一年を通して紫外線対策をしておくと万全です。

普段から帽子や日焼け止め、UV配合のファンデーション、下地クリームなどを使って紫外線対策をしましょう。

2.バランスのよい食事。
偏った食事ではなく、魚介類・肉・野菜・果物など、さまざまな食材を取り入れたバランスのよい食事を心掛けましょう。

メラニン生成を抑制するためには、ビタミンC・ビタミンEを多く含んだ食材を積極的に摂るのがよいでしょう。

3.過度のストレスをためない
美肌づくりには、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが正常に機能していることが不可欠です。

そのためには、規則正しい健康的な生活を送ることが大切です。

(まとめ)色素沈着の毛穴の黒ずみは改善できます

1.メラニン毛穴の原因
2.メラニン毛穴の改善方法
3.たるみ毛穴の改善方法

毛穴の黒ずみの原因には、メラニンの色素沈着があることが分かりました。

触ってみて、つるっとしていたらそれはメラニン毛穴です。
美白ケアをしっかり行い、スペシャルケアでピーリングを取り入れます。

普段の紫外線対策も忘れてはいけません。
さらに黒ずみを増やしてしまいます。

メラニン毛穴は予防も大切です。
毛穴レスの美しいお肌を目指しましょう。