毛穴の黒ずみの原因によって落とす方法は異なります。


「毎目スキンケアをしっかり行っても、毛穴の黒ずみがぜんぜん良くならない」

「毛穴パックをしてもキレイなのは数日で、すぐにまた汚れがたまってしまう。日を空けずに毛穴パックをしているせいか、毛穴がますます目立ってきたように感じる」

美肌を目指す多くの女性の悩みごとで多いのが、こうしたボツボツと目立つ毛穴の黒ずみです。

気付いた時にケアを施しても、すっきりとは落とし切れません。
しっかりとメイクをしても隠し切れない、とても厄介な毛穴トラブルです。

しかしこの毛穴の黒ずみ、そもそも原因が1つではありません。

角栓が詰まって黒くなった場合と、もう一方は毛穴付近に色素沈着して黒ずみになった場合とがあります。

黒ずみを落とす方法は、この原因によっても異なります。

どんなにスキンケアをしても改善されなかった人は、毛穴の黒ずみの原因を勘違いしていたため、ケアもあっていなかったのかもしれません。

以下では原因ごとに、毛穴の黒ずみを落とす方法について詳しく説明していきます。

毛穴の黒ずみを落とす改善方法


毛穴の黒ずむ原因は、毛穴に詰まった角栓と、色素沈着によるメラニン毛穴があります。

角栓が詰まった黒ずみ毛穴は、触るとザラザラ・ボツボツとした感触があります。

とくに皮脂腺の多いTゾーンといわれる、額や鼻周りに黒ずみが多く見られるのが特徴です。

角栓が詰まった黒ずみ毛穴を解消する方法は、原因となる角栓を除去することと、角栓をつくらないようにする角質ケアが有効です。

もう一つの原因、色素沈着によるメラニン毛穴は、指で触っても表面がツルツルしていて、色は黒ずみというよりも、茶色またはこげ茶色です。

色素沈着が原因の黒ずみ毛穴の場合は、毛穴パックや角質ケアを一生懸命したところで、まったく改善されることはありません。

正しいスキンケアや黒ずみのもととなるメラニンをつくらせない美白ケアが有効です。

角栓が詰まった黒ずみ毛穴の原因

毛穴が黒ずんで見えるのは、毛穴に詰まった角栓が原因です。

毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。
分泌されて皮脂は外気や紫外線からお肌を守る働きをしています。

しかし脂っこい食事や過度の飲酒、ホルモンバランスや代謝の乱れなどによって皮脂は過剰に分泌されます。

そうなると余分な皮脂は毛穴の中に詰まりやすくなるのです。

さらに余分な皮脂と空気中の汚れ、お肌に残った古い角質、メイク汚れなどが混ざり合うと角栓がつくられます。

角栓は空気に触れると酸化して、黒くなります。

鼻の毛穴がボツボツと黒くなっている状態をいちご鼻と呼びますが、これはまさに、黒ずみがひどくなった状態です。

色素沈着による黒ずみ毛穴の原因(メラニン毛穴)

角栓が詰まっているわけでもなく、触ってもザラザラしていないツルンとした黒ずみ毛穴は、皮脂汚れが酸化して、色素沈着し黒くなったメラニン毛穴です。

紫外線を浴び続けたり、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが乱れたり、間違った洗顔を繰り返すことで、毛穴の周囲に活性酸素が発生し、メラニン色素の生成が増え色素沈着してしまうのです。

角栓が詰まった黒ずみ毛穴の改善方法


毛穴に詰まった汚れや、黒ずみの原因となる角栓を除去する毛穴ケアを紹介します。

自分に合った方法を試してみてください。

1.蒸しタオルを使ったケア
エステサロンなどでも行われている蒸しタオルを使ったケアは、自宅でも手軽に行えます。

蒸しタオルの蒸気と熱の作用で、毛穴が開きやすくなり、黒ずみや汚れ、角栓を落としやすくします。

蒸しタオルを使ったスキンケアケアの手順です。
クレンジング、洗顔後のお肌に行います。

・まずタオルを水にぬらして、電子レンジで温めます。
顔に載せても熱くない温度か確認します。

・蒸しタオルを顔全体に載せて、両手で軽くおさえます。
そのまま約3分おきます。

・蒸しタオルを顔から外したら、すぐに保湿ケアを行います。
毛穴が大きく開いている状態なので、冷やした化粧水や美容液を使うと毛穴が引き締まります。

次に蒸しタオルを使ったクレンジング方法を紹介します。

しつこい毛穴汚れ、黒ずみをすっきりと除去します。
お肌の新陳代謝と言われるターンオーバーを促す作用も期待できます。

蒸しタオルを使ったクレンジングの手順です。
・水でぬらしたタオルを電子レンジで温めます。

・蒸しタオルをつくっている間に、顔にクレンジング剤を塗りなじませておきます。

クレンジング剤は、お肌へのダメージが少ないクリームタイプがおすすめです。

・顔に載せても熱くない温度を確かめた蒸しタオルを、クレンジング剤がなじんだお肌に載せて約3分置きます。

・蒸しタオルを顔から外したら、蒸しタオルでクレンジング剤を拭き取ります。

・ぬるま湯でクレンジング剤を丁寧にすすぎます。
すぐに保湿ケアを行います。

蒸しタオルを使ったケアは、週1〜2回のスペシャルケアとして日々のスキンケアに取り入れていきましょう。

2.重曹を使ったケア
重曹は、炭酸水素ナトリウムといい、弱アルカリ性の物質です。
調理やお掃除など幅広く使われています。

重曹は粒子の細かい粉末状なので、スキンケアに使用すれば、毛穴の奥に入り込んでしつこい汚れをかき出す働きが期待できます。

お肌の表面にたまった古い角質を取り除くピーリング作用あります。
使用する重曹は、食用または薬用を使います。

重曹を使った洗顔の手順
・たっぷりと泡立てた洗顔料に、重曹をひとつまみ入れます。

・普段のように優しく丁寧に洗顔し、しっかりとすすぎます。

重曹を使ったケアは、週1回のスペシャルケアとして取り入れましょう。

頻繁に行うとお肌へのダメージとなります。
またお肌の状態が安定している時に行うようにしましょう。

また工業用や掃除用の重曹は絶対に使わないようにしてください。
お肌のトラブルを招くことになりかねません。

3.オイルクレンジングを使ったケア
黒ずみの原因となる角栓は、古い角質や皮脂だけでなく、メイク汚れがお肌に蓄積されて作られていきます。

毎日のクレンジングがしっかりと行われていないと黒ずみはどんどん進行します。

そこで日々のケアでも角栓がなかなか除去できないときには、クレンジングオイルを使った方法があります。

さまざまな種類のクレンジング剤の中でもクレンジングオイルは、界面活性剤が多く含まれており、ミルクタイプやジェルタイプなどに比べても、濃いメイクを手早くしっかりと落とすことができます。

さらにその強力な洗浄力は皮脂汚れ、角質などもすっきりと除去することができます。

またオイルの作用で、毛穴周りの皮膚を柔らかくして、毛穴に詰まった汚れの自然な排出を促すことが可能です。

クレンジングオイルを使った手順
1.クレンジングオイルを顔全体に載せてやさしくなじませます。

2.クレンジング剤をなじませたお肌に少量の水を加えて、オイルを白く乳化させます。

水と油が混ざり合った状態になり、毛穴に詰まったしつこい汚れをしっかりと落とすことができます。

3.乳化させた後は、しっかりとすすぎます。

クレンジングオイルは界面活性剤の量が多く、お肌への負担も大きくなります。

そのためクレンジングオイルを使ったケアは週1回程度のスペシャルケアとして取り入れてみましょう。

色素沈着が原因の黒ずみ毛穴(メラニン毛穴)の改善方法

メラニンの色素沈着が原因の黒ずみ毛穴は、原因となるメラニンの生成を防ぎ、体外へ排出することが改善策のポイントです。

1.紫外線対策
メラニンの生成を防ぐためには、日ごろから紫外線対策を行うことが大切です。
紫外線を大量に浴びると、メラニンの生成を促してしまいます。

紫外線は、日差しの季節だけではなく、一年を通して降り注ぎます。
曇りの日や室内でも紫外線の影響はあると言われています。

外出する際は帽子や日傘を利用し、日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めを選ぶ際のポイントは、紫外線カット指数SPF・PAの数値を確認することです。

SPFは日焼けでお肌が赤くなるUV-Bを防ぐ力の大きさを表しています。
PAは日焼けでお肌を黒くするUV-Aを防ぐ力の大きさを表しています。

SPF、PAの数値の選び方です。
・日常生活 SPF10・PA+
・屋外での活動・軽いスポーツ SPF10〜30・PA++以上
・海や炎天下での活動・マリンスポーツ SPF30〜50・PA++〜+++
・紫外線の強い場所での活動 SPF50・PA++++

日焼け止めは、2〜3時間ごとに塗り直すことで紫外線をしっかりと防ぐことができます。

また汗で流れてしまいやすいため、そういった場面では小まめに塗り直しましょう。

2.美白化粧品を使う
美白ケアの化粧品は、メラニン色素の生成を抑えることで、シミやソバカスを防ぐことが目的です。

美白化粧品を毎日のスキンケアに取り入れることで、色素沈着で黒ずんだ毛穴を改善、予防することができるでしょう。

化粧品を選ぶ際には、以下の美白成分が配合されたものを選びましょう。
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス

間違った黒ずみ毛穴のケア方法

黒ずんだ毛穴を何とかしたいあまりに、ついついやってしまいがちなNG行為を紹介します。

お肌にはすべてダメージになるものばかりです。
気づいたらすぐにやめましょう。

1.頻繁な毛穴パック
ごっそりと目に見えて毛穴の汚れが取れる毛穴パックは、気持ちがよいものです。

しかし日を空けずに連日繰り返し行っていると、お肌に必要な皮脂や角質までも取り除いてしまい、ますます悪化します。

2.毛穴の角栓を無理やり引っこ抜く
毛穴からちょっと顔を出した汚れを見つけると、指やピンセットで引っこ抜きたくなります。

これも毛穴を傷つけている行為です。
雑菌が入って毛穴が炎症を起こしてしまう可能性もあります。

3.洗浄力の強いクレンジング剤の使用
クレンジング剤は、汚れを除去する界面活性剤がたくさん入っているものほど、メイクを素早く落としてくれます。

しかしお肌への負担もその分大きいのです。

さまざまなクレンジング剤の中でも、メイクを拭き取るシートタイプとオイルタイプは刺激が強いといわれます。

毎日使っていると、お肌は乾燥しやすくなり、毛穴もますます目立ってしまいます。

(まとめ)原因が分かれば、毛穴の黒ずみは改善できる

1.角栓が詰まった黒ずみ毛穴の原因
2.色素沈着による黒ずみ毛穴の原因(メラニン毛穴)
3.角栓が詰まった黒ずみ毛穴の改善方法
4.色素沈着が原因の黒ずみ毛穴(メラニン毛穴)の改善方法

毛穴の黒ずみは、角栓の詰まり、メラニン毛穴の2つの原因があります。

それぞれに対処法やケア方法が違いますので、自分がどちらの毛穴タイプかを知ることが大切です。

黒ずみの原因にあった方法で、改善を目指していきましょう。