毛穴の黒ずみは、皮脂が酸化して毛穴が黒ずんだものです


毛穴のブツブツとした黒ずみは、女性のお肌を不衛生に見せてしまいます。

メイクをしても隠し切れず、メイクが崩れると毛穴が浮いてしまって、さらに黒い毛穴が目立ってしまうこともあります。

黒ずみ毛穴は、いくつかの原因があります。

中でももっとも多いのが、皮脂が原因となるケースです。
なんらかの理由で、皮脂が過剰に分泌され、毛穴にたまった古い角質と混ざり合い角栓が生じます。

角栓が毛穴に詰まって、時間が経つと、変色して黒ずんできます。

なぜ変色するのかというと、角栓に含まれる皮脂が空気に触れると酸化して黒く変色するのです。これが毛穴の黒ずみとなります。

次に考えられる毛穴の黒ずみは、メラニンが原因のケースです。

紫外線などの影響で、シミのもととなるメラニンが毛穴周辺に沈着して、毛穴を黒ずんで見せます。

これをメラニン毛穴と呼んでいます。

毛穴の黒ずみは、原因によって改善・予防策が異なります。
自分の毛穴がどのタイプなのかを判断することで、長年悩んでいた黒ずみ毛穴の改善策が見えてきます。

皮脂が原因の黒ずみ毛穴を解消する方法


角栓が詰まって黒ずんでいる毛穴は、手で触るとザラザラ、ブツブツとした感触があります。

皮脂腺が多いTゾーンで多く見られ、鼻の周囲がとくに目立つのが特徴です。
この状態はイチゴ鼻と呼ばれます。

洗顔がうまくできていないと、角栓が大きくなって毛穴を押し広げてしまいます。
改善策としては正しいスキンケア・角栓を除去するケアなどが挙げられます。

逆にメラニン毛穴は、つるっとした感触です。
黒ずみというよりも、もう少し明るくて茶色みを帯びています。

メラニン毛穴は、紫外線対策・美白ケアが主な対処法です。
黒ずみ毛穴は、お肌のトラブルの中でも、なかなか解消できない厄介なものです。

さまざまなケア方法や化粧品が出ていますが、それも手を焼いている人が多いからでしょう。

今回は、多くの人が悩んでいる、皮脂が原因の黒ずみ毛穴の対処法を紹介していきます。

毛穴の黒ずみを解消するクレンジング方法

毛穴に詰まった角栓が原因の黒ずみは、余分な皮脂と古い角質、メイク汚れなどが混ざったものが角栓をつくり、酸化して起こります。

メイクをしている人は、毎日のクレンジングでメイク汚れをしっかりと落としておくことが毛穴の黒ずみを解消する第一歩です。

正しいクレンジングの方法です。

1.適量のクレンジング剤を手に取り、手のひらの体温で温めます。
クレンジング剤は、少ないと摩擦でお肌にダメージを与えます。

多くてもお肌を乾燥させてしまいます。
各メーカーが記載する使用量を守って使いましょう。

2.クレンジング剤を顔に載せて、顔の中心から外側へ、お肌をこすらずに優しくなじませていきます。

3.顔全体にクレンジング剤がなじんだら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。
クレンジングの目安は約1分です。

クレンジングに長い時間をかけるとお肌にダメージを与えてしまいます。

毛穴の黒ずみを解消する洗顔方法

毛穴に詰まった角栓の成分は、タンパク質が多くを占めています。

そのためタンパク質系の汚れを取り除く洗顔料を使うことで、毛穴の黒ずみをキレイに落とすことができます。

そこでおすすめするのが、ピーリング石けんや酵素洗顔料を使った洗顔です。
古い角質を分解し、やさしく毛穴の黒ずみを取り除きます。

ただ毎日使うとお肌への負担となります。
週1〜2回のスペシャルケアとして取り入れてみましょう。

・酵素パウダー
・ピーリング石けん
・クレイマスク
・スクラブ洗顔
・炭酸洗顔料

毎日の洗顔で使用する洗顔料は、固形の洗顔石けんで十分に汚れを取り除くことができます。

泡立ちのよい洗顔フォームを使用するのももちろんOKです。
その際に気をつけたいのが、原材料です。

洗顔料を選ぶ際には、合成界面活性剤・合成着色料・合成香料・防腐剤・アルコール・バラペンなどが入っていないものがよいでしょう。

できるだけシンプルに作られている物が、お肌への刺激もなく優しく洗い上げます。
毎日の洗顔は美しいお肌をつくる、もっとも大切なスキンケアです。

余分な皮脂を洗い流し、お肌をキレイに清潔にすることで、洗顔後の保湿ケアにも大きな作用をもたらします。

毛穴の奥にしっかりと美容成分が行き渡り、美しいお肌をつくります。

しかし間違った手順や、手抜きをして行っていると、お肌は一気に悪化の一途をたどります。

正しい洗顔方法をしっかりと身につけておきましょう。

正しい洗顔の手順を紹介します。
1.洗顔をする前に、薬用のハンドソープなどを使って手をキレイに洗っておきます。

2.ぬるま湯で顔を洗います。
顔についているほこりや皮脂汚れを流しておくとことで、その後の洗顔力がアップします。

3.洗顔料をしっかりと泡立てます。
泡立てネットを使うと、短時間でキメの細かい泡がたっぶりと作ることができます。

キメの細かい泡の目安は、「泡を手に載せて揺らしても落ちない」・「泡を載せた手を逆さにしても落ちない」、この2点です。

ぜひこれらを参考にして上質でお肌に吸いつくような泡を作ってみてください。

4.いよいよ洗顔です。
たっぷりの泡を皮脂腺の多いTゾーンから載せていきます。

次に頬、最後は皮膚の薄い目元、口元を洗っていきます。

洗う時は、泡に皮脂汚れを吸いつかせるように、手のひらで泡をころがしながら洗います。

手でお肌をこすらないことがポイントです。

皮脂汚れを取り除きたいがために、ゴシゴシとこすり洗いをする人がいますが、これは逆にお肌を痛めつけることになります。

口元・目元は、泡を載せるだけでも十分、汚れが除去できます。

5.すすぎはぬるま湯で、すすぎ残しがないようにしっかりと流しましょう。

ゴシゴシこすらずに、ぬるま湯を顔につけるように優しくすすぎます。
キメの細かい泡で洗顔しているので、簡単に洗い流すことができるはずです。

6.洗顔後は、清潔なタオルで水分をふきとります。
お肌に優しく押さえるように拭きます。

ゴシゴシこすらないように注意しましょう。

毛穴の黒ずみを解消する化粧品


洗顔後は、すぐに保湿ケアを行います。

洗顔で皮脂や古い角質を取り除いた清潔なお肌に、角質を潤う美容成分が配合されて化粧品を使ってケアしていきます。

毛穴の黒ずみを解消するおすすめの美容成分は、
・ビタミンC誘導体
・コラーゲン
・セラミド
・ヒアルロン酸

などの保湿成分が配合された化粧品を使うことで、潤いのあるお肌をつくり、黒ずみ毛穴も徐々に解消されていきます。

保湿ケアは基本、化粧水→美容液→乳液→クリームの順でつけていきます。
化粧水で正しくケアをする方法を説明します。

1.手のひらに化粧水を適量とります。

2.顔全体に化粧水をのばし、手のひらで下から上へ持ち上げるように手のひらで顔を包み込むようにしてなじませます。

3.皮膚の薄い目元・口元は、手のひらで優しくおおうだけで十分、化粧水は浸透します。

またコットンを使用する際は、コットンがヒタヒタに浸るくらい化粧水を含ませて、お肌に載せていくように優しく塗布します。

パシパシとパッティングするとお肌へのダメージになってしまいます。

オイルクレンジングを使って黒ずみ毛穴を解消する

毛穴の黒ずみとなる角栓の元は、メイク汚れの蓄積も大きな要因です。

毎日のクレンジングで落とし切れないメイク汚れを、洗浄力の強いクレンジングオイルを使ってしっかりと除去していきましょう。

クレンジングオイルは、さまざまなタイプのクレンジング剤の中でも界面活性剤が多く含まれており、しっかりメイク・皮脂汚れ・古い角質などをすっきりと落とすことが可能です。

またオイルで毛穴周りの皮膚を柔らかくなり、毛穴に詰まった汚れの排出を促せます。

クレンジングオイルは、毛穴の黒ずみ汚れを解消するアイテムとしてとてもおすすめです。

ただ他のクレンジング剤と比較しても界面活性剤が大量に配合されているため、お肌への負担も大きくなります。

クレンジングオイルを使った角質ケアは、週1回のスペシャルケアとして取り入れていきましょう。

ではクレンジングオイルを使った毛穴ケアの方法を説明します。

クレンジングオイルは、油分と水分が混ざり合った状態、「乳化」させることが汚れをしっかり落とすポイントです。

乳化が起こることで、メイクを溶かして浮かすことができるのです。

乳化したかを見極め方は、クレンジングオイルを顔に載せて水を加えてなじませていくと白濁してきます。

この状態が、乳化の目安となります。

1.クレンジングオイルを顔全体に載せてなじませてから、少量の水を加えます。
顔全体が乳白色に変わったら、水と油が混ざり合った乳化が起こった状態となります。

2.乳化させた後は、しっかりとぬるま湯ですすぎます。
その後は普段通りの洗顔、保湿ケアを行いましょう。

毛穴の黒ずみを悪化させるNG行為

毛穴の黒ずみをますます悪化させる、やってはいけない行為を紹介していきます。
ついついやってしまいがちな行動ばかりです。

せっかく毛穴の黒ずみを解消するケアを一生懸命にしていても、ムダになってしまいますね。

1.毛穴パックのやり過ぎ
毛穴パックは角栓を除去するとてもよいアイテムです。

しかし頻繁に行うと毛穴が傷ついてしまい、さらにトラブルを悪化させてしまいます。

またお肌に必要な皮脂や角質までを取り除いてしまい、乾燥肌を招くことになります。

するとお肌はこれ以上乾燥させないために、皮脂を過剰に分泌してしまうため、毛穴がさらに詰まってしまうことになります。

2.毛穴からムリやり角栓をつまみ出す
毛穴に詰まった汚れを、ピンセットや指で、ムリやりつまみ出すのは毛穴を傷つける行為です。

指からの雑菌が毛穴に入り込んで、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

3.洗浄力の強い洗顔料・クレンジング剤
洗浄力の強い洗顔料、クレンジング剤は、お肌に大きな刺激と負担をかけます。

お肌に優しいタイプのものを選びましょう。
また洗い過ぎも良くありません。

(まとめ)黒ずみ毛穴の4つの改善策

1.毛穴の黒ずみを解消するクレンジング方法
2.毛穴の黒ずみを解消する洗顔方法
3.毛穴の黒ずみを解消する化粧品
4.オイルクレンジングを使って黒ずみ毛穴を解消する

皮脂を原因とする毛穴の黒ずみ、解消するスキンケアのポイントを紹介してきました。

この4つの改善策をしっかり行うことで、毛穴の黒ずみは改善され、毛穴レスの美肌を取り戻すことができるでしょう。