毛穴が凸凹になってしまう原因は4つある


メイクをするときに、毛穴が凸凹していてファンデーションが塗りにくいと感じることはありませんか?

肌がなめらかで平らになっていれば、キレイに均等にファンデーションを塗ることができるのに、凸凹を隠すようにしてメイクをするのは大変な労力です。

凸凹の原因のひとつは、毛穴がたるんで縦に垂れ下がってしまったことによります。
年齢を重ねてくると、ある程度は仕方のないことですが、たるみ毛穴になるのはできるだけ遅らせたいものです。

また、角栓が詰まってしまったことにより肌が凸凹になってしまうことも考えられます。
鼻やあごの毛穴によく見られる凸凹で、黒ずんでしまっているものもあるでしょう。

毛穴が開いてしまうことで凸凹になってしまうこともあり、主に脂性肌の人に見られます。
角栓が詰まっていると肌の色も暗く感じてしまうのもデメリットです。

そして、最後にニキビ跡が原因になっているものです。
ニキビが原因で顔全体が赤くなって見えるのが特徴で、ニキビ自体はおさまっても跡が残って凸凹になってしまいます。

なめらか美肌にするための対処法


毛穴のたるみが原因で凸凹になってしまうのは、肌のハリや弾力が失われてしまっているからです。

これは、肌の内部のコラーゲンやエラスチンが減少するためなので、それらの生成を助ける成分が入ったコスメでケアするのがおすすめです。

それから、肌の表面に残った角質に、皮脂やメイク汚れが混ざってできる角栓は、乾燥や加齢で肌のターンオーバーが乱れるとできやすくなってしまいます。
水分と油分で保湿して肌表面の角質を柔らかくすると効果的です。

また、皮脂が過剰に分泌してしまったことによる開き毛穴は、分泌を抑制する働きがあるビタミンC誘導体を配合したコスメを使うのがよいでしょう。

ニキビ跡による凸凹は、なかなかセルフケアで解消するのは難しくなります。

凸凹になってしまったものは、皮膚科に相談をして解消することになりますが、今もニキビがある段階なら、丁寧なスキンケアで解消できる可能性もあります。

凸凹が気にならない肌になるためのポイント

毛穴に凸凹がないつるつるの肌を目指すなら、日々のしっかりとしたセルフケアに勝るものはありません。
正しい方法を理解して、今日からさっそく、実践するようにしましょう。

一朝一夕では変わりませんが、毎日の積み重ねで効果が見えてきます。
どれも難しいことではなく、ごく基本的なことなので根気よく続けてみましょう。

また、メイクでカバーをするのも方法のひとつです。
根本的に改善するにはある程度の時間が必要になるので、治るまでは自然にしっかり隠すメイクの方法をマスターして対処するようにしましょう。

凸凹の毛穴が深くて、どうしても自分の力だけでは治らないという場合には、美容皮膚科で治療をすることも考えてみてもいいかもしれません。

治療にはさまざまな方法があるので、きちんと相談をして自分に合った治療法で改善を目指しましょう。

基本的なスキンケアを丁寧に行う

1.クレンジングを使いすぎない
メイクが少しでも顔に残っていると、毛穴に詰まって凸凹になってしまいます。とはいえ、ゴシゴシとこすって落とすのは肌に負担がかかります。

フルメイクをしたときに洗浄力の強いクレンジング料を使うのはよいのですが、薄めのメイクの日は、アイメイクのみにクレンジング料を使うといったように、メイクの程度によって使い分けるようにしましょう。

肌への負担を減らすことが、過剰な皮脂を分泌させたり古い角質がたまったりするのを防ぐことになります。

2.正しく丁寧に洗顔をする
たっぷりと泡立てて優しく洗顔をするというのは、美容情報に敏感な人ならすでに習慣づけているのではないでしょうか。

でも、Tゾーンなど、皮脂が浮きやすい部分から泡をのせて洗うのがよい、というのは意外に知らない人もいるのではないでしょうか。

皮脂が出てきやすい部分を最初に、皮脂量の少ない目のまわりなどは最後に泡をのせるようにしましょう。

3.たっぷりと保湿をする
クレンジングと洗顔を正しく行っても、保湿が十分でないとキメの整った、なめらかな肌にはなりません。

今まで使っている量よりもう少し多めに使うことを目安に、なるべくたっぷり保湿化粧品を使うように心がけましょう。

肌をひきしめたいときは、部分的に「収れん化粧品」を使うのもおすすめです。
収れん化粧品とは、肌の表面のタンパク質を収縮する作用で、毛穴を引きしめることができるコスメのことをいいます。

食生活や生活習慣を見なおす


正常なターンオーバーのサイクルを取り戻すために、必要な成分を食生活の中で取り入れるようにするのもひとつの方法です。

具体的には、たんぱく質やビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、鉄分などの成分がとくに必要とされています。なかでも、ターンオーバーの正常化に重要なのはビタミンCとなります。

身近な野菜のかぼちゃやブロッコリーには、ビタミンCのほかにビタミンAやEもバランスよく含まれているのでおすすめです。

また、睡眠の質を向上させることも有効です。眠りについてから、3時間くらい深く眠るだけでも成長ホルモンが分泌されるといわれています。

ゴールデンタイムといわれる、夜10時から翌日の明け方2時までの間に眠っていることも大切ですが、就寝時間を毎日同じにすることも必要です。

さらに、血流不足により肌への栄養が滞り、ターンオーバーが乱れてしまうということもあります。それを改善するには血流促進のためのマッサージなども効果的です。

また、適度な運動やヨガなども有効なので、できるところから取り入れてみましょう。

メイクで凸凹毛穴を目立たないようにする

凸凹毛穴を解消する努力を続けても、なかなかすぐには効果が現れないもの。スキンケアと並行して試してほしい、メイクでカバーする方法をご紹介します。

まず、化粧下地はシリコン系の成分が配合されたものを選ぶと、なめらかな印象の肌に見せてくれます。
ファンデーションだけでカバーしようとすると厚塗りになりがちなので、化粧下地を使うようにしましょう。

毛穴の凸凹が気になる部分に、化粧下地をしっかり塗ります。

ファンデーションはリキッドタイプかクリームタイプといった液状のタイプを選ぶこと。
気になる凸凹のところを軽く小刻みに押さえて、そのあと均一に伸ばしてなじませるようにしましょう。

そして、フェイスパウダーはマット系のものを選ぶのがおすすめです。

パールが配合されているものを選べば、光を拡散することにより毛穴を目立たなくしてくれます。
全体に塗るのではなく、大きいブラシで広い部分にさっと塗りましょう。

メイク直しをするときは、さらに塗り重ねるのではなく、ティッシュなどで軽く脂分をオフするくらいにとどめる程度にしておくのがよいです。

美容皮膚科での凸凹毛穴の治療法

深い凸凹ができてしまったら、自然治癒やセルフケアでは改善が見込めないので、専門家の技術に頼りましょう。では、具体的に美容皮膚科ではどのような治療をするのでしょうか?

まずは、内服薬や塗り薬を使う治療です。
ニキビが原因の人には、まず抗菌成分の入った内服薬や塗り薬で、ニキビを治療します。

ニキビ跡のシミに対しては、新陳代謝を活発にすることでメラニン色素を排出する薬、凸凹に対しては細胞を活性化し組織を修復するような薬が用いられるでしょう。

レーザーを使った治療もあります。
レーザーで極微細な穴を空けて、そこから成長因子の入った薬剤を浸透させることで細胞を活性化させるのです。

また、レーザーで空けた穴が修復する過程で、肌の中のコラーゲンを再生させるという方法もあります。

薬剤で古い角質や皮脂をはがしやすくして、ターンオーバーを正常化するケミカルピーリングという治療方法もあります。

皮膚から吸収しにくい成分を、電流でイオン化して浸透しやすくするイオン導入という治療もひとつの治療法です。
長時間、高濃度のまま効果が持続するでしょう。

また、注射で直接、有効成分を肌に注入する方法があります。注射の穴をなおすために、細胞が活発に働きます。
これにより細胞組織が再生されて、凸凹の改善が期待できるでしょう。

やってはいけない間違った毛穴ケア

毛穴の汚れをスッキリキレイにするために、洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていると、肌に大きな刺激を与えています。

クレンジングに1分以上の時間をかけていたり、ゴシゴシマッサージをしていたりするのはやめましょう。
べたつきを気にして乳液やクリームを使わない、というのもNGです。

毎日行うスキンケアが間違っていると肌環境が悪化してしまいます。
良かれとおもって行っているスキンケアが間違っていると、凸凹毛穴に悪影響を与えています。

間違いを積み重ねることで大きな肌トラブルになることもあるので、もう一度スキンケアの方法を見直してみましょう。

毛穴パックや自己流の毛穴ケアを行っていると、思いがけない強い刺激を与えてしまっています。
これは、皮脂の分泌を促進するだけでなく、毛穴が開きやすくなってしまうので注意が必要です。

そして忘れがちなのが、美肌に必要な栄養素はサプリメントで補っているからと油断してしまうことです。

メニューに脂質が多かったり、偏食だったりするのも皮脂の過剰分泌を招き、凸凹毛穴になってしまうということ。生活習慣を改めることは基本中の基本です。

(まとめ)凸凹毛穴を解消してなめらか美肌になろう

1.基本のスキンケアを怠らない
2.食生活や生活習慣を整える
3.メイクで自然にカバーをする

以上のポイントを守れば、毛穴の凸凹が解消できます。

凸凹毛穴は、さまざまな原因で知らず知らずのうちに進行してしまうものだということがわかりました。
肌質や体質には個人差があるので、自分の凸凹毛穴の原因を理解して、正しく対処することが大切です。

また、自分でできるケアはしっかり行った上で、メイクによってカバーしたり専門家の技術に頼ったり、なめらかツルツル肌になるための方法を試してみましょう。

もっとも良くないのは、間違ったケアを続けてしまうことです。しっかり理解をして、自信が持てるなめらか肌を手に入れましょう。