肌トラブルの原因となる毛穴詰まりは、酵素洗顔でスッキリきれいにできます


普段、私たちが行っている洗顔は、洗顔料と水によって顔の皮脂や汚れを洗い流すものです。

一方、酵素洗顔では、酵素の力で皮脂や角質を分解して、いつもの洗顔では落としきれない汚れや角質をキレイにすることを目指します。

皮脂とタンパク質が混ざり合い、頑固に固まって毛穴を塞いでいる「角栓」をスッキリ落とすことができます。

酵素洗顔を続けることによって、ザラザラした肌触りが消え、黒く目立つ角栓がなくなり、肌の感触が柔らかいものになり、毛穴の詰まりが気にならなくなります。

酵素洗顔を継続していけば、徐々に肌が改善されてくるのが実感できるので、根気強く続けることが大切です。

さらに酵素の力で古い角質を分解することにより、加齢などが原因で乱れたターンオーバーを改善することもできます。

新しい細胞が生まれて、キメの整ったキレイな肌が蘇ってくるのです。

古くなった角質がはがれ落ちずに蓄積してしまうと肌のくすみが気になりますが、こうした角質を分解することにより肌がワントーン明るく変化します。

酵素洗顔を行えば、古く硬くなった角質をオフできるので、化粧品の美容成分の浸透もよくなります。

ぜひ、実践してみて下さい。

酵素で毛穴の詰まりがキレイになる理由とは


「酵素」といえば、胃腸薬・サプリメントや洗剤などに含まれるものとして聞き覚えがあるかと思います。

酵素はタンパク質の一種で、人の体の中にも存在し、必要不可欠なものです。
タンパク質や脂肪を分解する働きを持っています。

毛穴汚れの原因となる古い角質や角栓は、その約7割がケラチンと呼ばれるタンパク質でできています。

酵素洗顔を行えば、これらが分解され、キレイに洗い流すことができるのです。

石けんや一般的な洗顔料に含まれている界面活性剤では、油分を落とすことはできても、タンパク質を落とすことは難しいものです。

酵素洗顔料には、酵素だけでなくこの界面活性剤も配合されているので、汚れを分解して洗い流せるのです。

酵素は水と合わせると活性化する性質があるので、使用するにはパウダー状ものがおすすめです。

酵素洗顔で古い角質をきれいに取り去ることで新陳代謝を高め、乱れたターンオーバーの改善も期待できます。

洗顔料に使われる4つの酵素とは

1.パパイン酵素
青いパパイヤから抽出される食物酵素です。

パパイン酵素は生きた細胞には作用しないのが特徴で、肌に残った不要な古い角質だけを分解してくれる優れものです。

これはパパイン酵素だけの特徴で、多くの酵素洗顔料に含まれています。

2.プロテアーゼ
主にタンパク質を分解する働きがあり、人間の体にも備わっている酵素です。

プロテアーゼは、たんぱく質中のペプチドという成分を、より低分子のペプチドに分解することでそのパワーを発揮します。

プロテイナーゼやペプチダーゼなどの成分を総称してプロテアーゼと呼ばれています。

3.ブロメライン
パイナップルに含まれている酵素成分で、たんぱく質の分解力がとても強い酵素です。

パイナップルをたくさん食べると舌がしびれるように感じるのは、このブロメラインの働きによるものです。

洗顔料にも効果が期待できますが、配合する割合が多いと刺激も強くなるので注意が必要です。

4.リパーゼ
主に脂肪を分解する働きがある酵素です。

こちらも、消化のために人間の体の中にもある酵素です。
脂質に含まれるエステルを加水分解することで効果を発揮します。

ピーリングと酵素による洗顔との違い

毎日の洗顔より一歩踏み込んだケアとして、酵素洗顔と並んで挙げられるものに「ピーリング」があります。

ピーリングは酵素洗顔と同様に古い角質を除去できます。
どちらも、余分な角質を取り除くスキンケアの方法ですが、両者はどう違うのでしょうか?

まず酵素洗顔は酵素のパワーで皮脂や古くなった角質を分解して落とすのに対して、ピーリングはフルーツ酸といった弱い酸の作用により古い角質をはがすようにしてケアする方法です。

基本的には、酵素洗顔の方が、ピーリングよりも使用感が肌に優しくなっています。

ですから肌荒れしやすいとか、乾燥しやすいといった人には酵素洗顔が向いています。
自分の肌質を考慮して酵素洗顔とピーリング、どちらかを選んで使うようにしましょう。

角栓が目立つタイプで肌が比較的強い人は、しっかりと汚れを落とすことができるピーリングの方がおすすめです。

古い角質が残っており肌がごわつくという悩みも、数回の使用で解消することができるでしょう。

酵素洗顔やピーリング、やはりどちらも普通の洗顔料よりは、洗浄力は優れているのですが、肌への刺激も強めになっています。

使用している中で、刺激を感じたり肌トラブルが起きたりするのであれば、すぐに中止しましょう。

正しい酵素洗顔の方法


まずヘアバンドなどで髪をまとめ、生え際まできちんと洗えるようにします。

さらに手を洗って清潔にしたら、ぬるま湯でさっと顔の表面の汚れを落とします。
蒸しタオルで毛穴を開かせておくのもおすすめです。

次に泡立てネットを使うなどしてしっかり泡立て、たっぷりの泡を顔に載せて広げていくように優しく洗います。

ゴシゴシと力を入れて洗うのは避けましょう。
酵素洗顔料は洗浄力が大変高いので、あまり長時間、肌に載せておくのはNGです。

酵素はぬるま湯の温度の時に活性化するので、冷たい水ではなく、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

水温が適度に温かいと、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなるというメリットもあります。

洗顔後はスキンケアとして、化粧水できちんと保湿し、乳液やクリームを塗ってカバーして乾燥を防ぐようにしましょう。

基本的な洗顔方法は、通常の洗顔と大きな違いはありませんが、一つずつを丁寧に行うことで、より効果が期待できます。

酵素洗顔後は、肌がとてもデリケートになっています。
いつも以上に紫外線対策をすることも忘れないようにしましょう。

紫外線が強い春や夏だけでなく、冬も含めて一年中紫外線対策をしっかりするようにしましょう。

紫外線対策は、肌の老化防止に大切なエイジングケアなので、酵素洗顔後に限らず、日頃から怠らないことが基本です。

酵素洗顔は、一般的に週1~2回がおすすめですが、はじめて酵素洗顔をする人や肌が弱い人は、できるだけ頻度を少なくした方が安心です。

肌の状態や肌質によっては週1回でも多いという場合もあります。

最初のうちは、2週間に1回くらいにして様子をみて、肌の状態がよいのであれば、1週間に1回くらいのペースにしていきましょう。

完全にキレイにならないからといって、続けて行うのは避けてください。

すぐに全部の黒ずみを落とそうとするのではなく、間隔を空けて何度に分けて取り除くことを目指します。

また酵素洗顔は必ず夜に行って下さい。
酵素洗顔の後は不要な角質が取れて肌のバリア機能が弱い状態になっています。

朝起きてから酵素洗顔をして外出してすると、紫外線や乾燥を弱くなった状態の肌が受けることになります。

ですから朝ではなく夜の洗顔で行うことが大切です。

酵素洗顔料の選び方

毛穴の黒ずみが悩みという方の中でも、肌質は人によってそれぞれです。

自分にあった洗顔料を見極めるチェックポイントを4つご紹介しますので、参考にして自分に合った酵素洗顔料を見つけてください。

まず1つめは適度な洗浄力があること。

洗浄力があり過ぎるのも問題がありますので、自分の肌に合った範囲できれいにできる酵素洗顔料がよい洗顔料といえます。

そして2つめは、汚れが吸着できる泡質の洗顔料であることです。

泡で洗うことが酵素洗顔にはとても大切なので、泡立ちや泡質のよいものを選ぶことが大切です。

3つめは、酵素の濃度が、肌に強い刺激を与えずに済むかどうかがポイントです。

濃いと洗浄力は増しますが、肌にダメージを与えることにもつながります。

4つめは、肌に刺激を与えるような、不必要な成分が含まれていないものであることです。

これらを考慮して、まず実際に使ってみて自分の肌で判断しながら、最適な酵素洗顔料を見極めてください。

酵素洗顔で気をつけたいポイント

酵素洗顔は、天然成分である酵素を使うから安心と思われがちですが、肌が弱い人やアレルギーがある人にとっては、肌トラブルを起こすことも考えられます。

酵素以外にもさまざまな成分が含まれているので、アレルギーを発症したり、肌荒れを引き起こしたりすることもあることも考慮しておきましょう。

洗顔料を溶かす水分が少なく濃度が高かったり、あるいは使用量が多かったりする場合、皮脂や角質がより多く取り除けると考えられます。

しかし肌に必要なものまで落とし過ぎてしまうのはよくありません。

古い角質や皮脂が取り除かれた分、新しい角質を作る働きが行われますが、新陳代謝が追いつかず、肌荒れを招いてしまうことも考えられます。

間違った方法で酵素洗顔をすると、バリア機能が低下してしまうというデメリットがあります。

また乾燥することで余分な皮脂を分泌しやすくもなることも心配です。

人の肌には刺激や紫外線、細菌から常に肌を守ってくれる角質が存在しますが、必要な角質まで洗い流してしまうとさまざまな肌トラブルの温床になることも心配されます。

自分を肌の状態をよく見ながら、適切に酵素洗顔を行うようにしましょう。

(まとめ)いつもの洗顔で取れなかった毛穴の詰まりは酵素洗顔でキレイになる

1.酵素洗顔料は、タンパク質を主成分とする角質や角栓を分解して肌をきれいにしてくれる
2.酵素洗顔の頻度は肌質によって様子を見ながら行うと、より効果が期待できる
3.酵素洗顔料にはさまざまな種類があるので、自分に合ったものを探すこと

毛穴の詰まりに悩んでいる人にとって、酵素洗顔は最適なスキンケアアイテムです。

使い方をしっかり守り、自分の肌に合った酵素洗顔料を使えば、きっときれいな肌を取り戻せるはずです。

ただし敏感肌やアレルギーの人などには刺激が強い場合があるので、通常の洗顔とは違うことを認識しながら少しずつ様子を見ながら使うことが大切です。