ケア方法に違いあり!毛穴の開きや詰まりの原因を知ろう


毛穴の開きが目立ってしまったり、詰まって黒ずんでいたりすると、お肌が汚く見えてしまいます。気になる毛穴のトラブルを見つけたら、どうにかして改善したいものですよね。

しかし「毛穴ケアによい!」と聞いた方法をやみくもに試しても、なかなか毛穴トラブルが改善されないこともあります。懸命にケアをしているのに、毛穴トラブルが解消されないと落ち込むばかりです。

実は、毛穴の開きにはいくつかタイプがあります。
毛穴の開きには「角栓詰まり毛穴」「たるみ毛穴」「メラニン毛穴」などがあり、ケアの方法もそれぞれ変わってくるのです。

毛穴が詰まる原因も、さまざまです。角栓が詰まる「白毛穴」、雑菌が繁殖する「ニキビ毛穴」などが挙げられ、それぞれにあったケアをする必要があります。

毛穴対策をしているにもかかわらず改善が見られないようであれば、一度、自分の毛穴タイプを確認してみるとよいでしょう。タイプが分かれば、それにぴったりのケア方法を見つけられるはずです。

ケア方法に違いあり!毛穴の開きや詰まりの原因を知ろう


毛穴の開きが目立ってしまったり、詰まって黒ずんでいたりすると、お肌が汚く見えてしまいます。気になる毛穴のトラブルを見つけたら、どうにかして改善したいものですよね。

しかし「毛穴ケアによい!」と聞いた方法をやみくもに試しても、なかなか毛穴トラブルが改善されないこともあります。懸命にケアをしているのに、毛穴トラブルが解消されないと落ち込むばかりです。

実は、毛穴の開きにはいくつかタイプがあります。
毛穴の開きには「角栓詰まり毛穴」「たるみ毛穴」「メラニン毛穴」などがあり、ケアの方法もそれぞれ変わってくるのです。

毛穴が詰まる原因も、さまざまです。角栓が詰まる「白毛穴」、雑菌が繁殖する「ニキビ毛穴」などが挙げられ、それぞれにあったケアをする必要があります。

毛穴対策をしているにもかかわらず改善が見られないようであれば、一度、自分の毛穴タイプを確認してみるとよいでしょう。タイプが分かれば、それにぴったりのケア方法を見つけられるはずです。

毛穴の開きや詰まり方の違いや対策法とは

毛穴の開きや詰まりにはいくつかのタイプがありますが、対策まで違うのはなぜなのでしょうか。

たとえば「角栓詰まり毛穴」の原因は、詰まった角栓が毛穴を広げてしまうことにあります。角栓は、古くなった角質、メイク汚れ、過剰に分泌された皮脂などが混ざって生まれます。

詰まった角栓を放置してしまうと、角栓に含まれている皮脂が毛穴の中で酸化して黒ずんでしまいます。毛穴の黒ずみを防ぐには、角栓を取り除くといったケアが必要です。

「じゃあ、こまめに洗顔して角栓を取り除けばよいのでは?」と考えることもできますが、毛穴が黒ずむ原因は角栓だけではありません。メラニン色素の沈着が原因である可能性もあり、対策も異なります。

ケア方法を間違えてしまうと、逆に毛穴トラブルを悪化させることもあるので、正しいケアをしなくてはなりません。

自分はどれ?毛穴開きタイプをご紹介

毛穴の開きを見つけたら、自分のどのタイプかを調べてみましょう。以下に、毛穴開きタイプをご紹介します。

1.角栓詰まり毛穴
毛穴が開いている部分に触れてザラつきを感じたら、「角栓詰まり毛穴」である可能性が高いです。
過剰に分泌された皮脂と古くなった角質でできた角栓が毛穴に詰まって起こります。

毛穴に詰まった角栓を放置してしまうと、皮脂が酸化して黒くなることもあります。

2.たるみ毛穴
加齢や不規則な生活習慣により、肌の弾力が失われ、顔の皮膚がたるんで下がってきてしまいます。それにつられるようにして、毛穴が下方へ開いた状態を「たるみ毛穴」といいます。毛穴の形が楕円形や涙型をしているのが特徴です。

小鼻よりは、頬やほうれい線の周辺に多く見られるタイプです。

3.メラニン毛穴
毛穴の黒ずみが気になって触ってみても、ザラザラしていなければ「メラニン毛穴」かもしれません。

「角栓詰まり毛穴」が黒ずむ原因が角栓に含まれる皮脂の酸化であるのに対して、「メラニン毛穴」はメラニン色素の沈着が原因で起こります。

皮膚は、肌を紫外線のダメージから守るためにメラニン色素を生成します。通常はそのまま排出されるのですが、肌のターンオーバーが乱れると上手く排出されずに沈着してしまうことがあるのです。

4.クレーター毛穴
ニキビを潰してしまい、ニキビ跡が悪化すると毛穴がクレーター状になってしまうことがあります。毛穴がクレーター状になってしまった状態を「クレーター毛穴」と言います。

以前、ニキビができていた場所の肌の表面が凸凹していたら、クレーター毛穴の可能性を疑ってみましょう。

毛穴の色や状態によって詰まって見える原因がわかる

毛穴の開きだけでなく、詰まり方にも違いがあります。判別するには、毛穴の「色」を参考にするとよいでしょう。

1.「白」毛穴
毛穴の色が白かったら、皮脂と古い角質が混ざってできた角栓が詰まった「角栓詰まり」が原因であると考えられます。顔の中でも皮脂の分泌量が多いTゾーンや小鼻に見られることが多いです。

こまめに角栓を取り除くことも大切ですが、角栓のもととなる皮脂の過剰分泌を抑える、肌の代謝を上げて古い角質の排出を促すなどの対策も有効です。

2.「黒」毛穴
毛穴が黒くなる原因は、大きく2つあります。ひとつは、毛穴に詰まった角栓内の皮脂が酸化して黒くなってしまうことです。「白」毛穴が進化した状態であるともいえます。

もうひとつは、メラニン色素が沈着した「メラニン毛穴」です。メラニン毛穴の場合は、メラニン色素の排出を促す、美白効果を見込める化粧品を使うなどの対策をするとよいでしょう。

3.「ニキビ」毛穴
毛穴に詰まった皮脂が上手く排出されずに化膿して膨らんでしまうと、ニキビになります。見つけたらつぶしたり、刺激したりせずに、専門機関を受診する、専用の化粧品を使うなどしてケアしましょう。

ニキビ毛穴に雑菌が入ると、炎症を起こしてしまうこともあります。ニキビが炎症を起こしてしまった状態を「赤」ニキビといいます。適切な処置をしないと跡が残り、クレーター毛穴の原因になることもあります。

毛穴の開きは気になるけれども詰まっていない、色や状態に変化が見られない場合は「たるみ毛穴」の可能性があります。毛穴の形を見て、自分のタイプを判別してみてください。

正しいスキンケアで毛穴スッキリ


毛穴の開き方や詰まり方にはさまざまなタイプがあり、スキンケアの方法も見合ったものを選択しなくてはなりません。どのようなケアをするとよいのでしょうか。

1.角栓詰まり毛穴
角栓詰まり毛穴の場合は、角栓除去が必須です。顔を洗う時は、指の腹で優しくマッサージをするようにしながらクレンジングや洗顔をするようにしてください。

月に数回、角栓を除去する効果が高いと言われる「酵素洗顔」や、貼ってはがすタイプの「角栓除去シート」を使うのも手です。ただしやり過ぎると肌を傷つけてしまうので注意しましょう。

2.メラニン毛穴
化粧品を選ぶ際、美白効果があるとされる「ビタミンC誘導体」を含むものを選ぶとよいでしょう。ビタミンC誘導体には引き締め効果も期待できるので、開いた毛穴のケアにもおすすめです。

肌のターンオーバーを良くして、メラニン色素の排出を促すのも有効です。またメラニン色素を生成しないように紫外線や外部の刺激から肌を守ることも大切です。

3.たるみ毛穴
たるみ毛穴の原因は肌の弾力がなくなり、重力に負けて皮膚がたるんでしまうことにあります。

毛穴のたるみは、加齢によって進むことが多いとされています。これは、年齢を重ねるにつれて肌の弾力を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が失われてしまうためです。

たるみ毛穴の対策には、コラーゲンやヒアルロン酸など肌に弾力や潤いを与える成分を配合した化粧品を使うとよいでしょう。

4.クレーター毛穴
ニキビ跡が悪化したクレーター毛穴の場合、セルフケアで完治させるのは難しいと言われています。専用の医療機関を受診し、適切な治療を受けることをおすすめします。

どのタイプの毛穴トラブルでもできる対策

タイプ別に対策を取ることは大事ですが、どの毛穴でも共通してできる対策もあります。

1.正しいスキンケアをしよう
毛穴トラブルを防ぐには、何よりも日々のスキンケアが重要です。帰宅後はメイクや汚れをしっかり落とし、角栓のもとを肌に残さないようにしましょう。

また皮膚は乾燥すると、皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとします。余分な皮脂が角栓のもととなるのは何度も述べた通りです。洗顔後は、しっかり保湿することが大切です。

2.良質な睡眠をとりましょう
睡眠不足は毛穴の大敵です。しっかり睡眠をとることで肌のターンオーバーを促し、毛穴ケアにつながります。

肌は、睡眠中に新しい細胞へ生まれ変わります。早めに寝床へ入る、夜ふかしをしないなどして適切な睡眠時間を確保することを心がけてください。

またターンオーバーが行われるとされる午後10時から午前2時の間はお肌の「ゴールデンタイム」と言われています。できれば、ゴールデンタイムの間に寝るようにしましょう。

3.食生活を改善しましょう
毛穴ケアには、食生活の改善も大切です。皮脂を抑えるはたらきを持つビタミンB1や、美白効果があるとされるビタミンCなどは積極的に摂取したい栄養素です。

ただしどの栄養素も、摂る量が多すぎたり少なすぎたりすると、体の不調を招きます。肉・魚・野菜・炭水化物など、バランス良く食べることを心がけましょう。

間違った毛穴ケアはトラブルの原因に

毛穴の開き方や詰まり方にはさまざまなタイプがありますが、ケアの仕方を間違えると悪化させてしまうことがあります。

たとえば自分は「角栓詰まり毛穴」だと思い込んで、念入りに洗顔をしすぎて肌を乾燥させてしまった場合、皮脂の過剰分泌が起こり角栓詰まりを引き起こす可能性があります。

もしこの人が「角栓詰まり毛穴」ではなく「たるみ毛穴」であった場合、事態はさらに深刻になります。

たるみ毛穴は加齢により肌の弾力を失うことが主な原因ですが、実は肌の乾燥も毛穴がたるむ原因のひとつなのです。肌が乾燥して毛穴周りのキメが粗くなると、毛穴が目立つようになります。

「角栓詰まり毛穴」をケアするためにしたことが、「たるみ毛穴」を進行させてしまうケースもあるといえるのです。よかれと思ってしたことが実はNG行動だったとしたら、せっかくの努力がムダになってしまいますよね。

間違った毛穴ケアをして努力を水の泡にしないためにも、自分の毛穴タイプがどれかをきちんと把握するようにしましょう。

(まとめ)自分の毛穴トラブルのタイプを知って、適切なケアをしましょう


毛穴の開き方や詰まり方と対策の違いについてご紹介しました。

1.毛穴の開き方と詰まり方にはいくつかタイプがある
2.毛穴開きタイプは、「角栓詰まり」「たるみ」「メラニン」「クレーター」の4つ
3.毛穴の色や状態で詰まり方がわかる
4.毛穴のタイプ別にスキンケアの方法が違う
5.どのタイプでもできる対策がある

毛穴トラブルには開き方や詰まり方によってさまざまなタイプがあるので、必ずあった対策を行うようにしましょう。

自分の毛穴タイプを知ることで、スッキリ毛穴を手に入れることができます。適切なケアと、規則正しい生活を送ってキレイなお肌をキープしてください。