老化からくる毛穴のたるみ、それがニキビの原因になることもあります


「毎日のスキンケアで保湿には気をつけていたのに、ファンデーションを塗るときに毛穴のたるみや開きが目立ってきた。そのうち、たるんだ毛穴にポツポツとニキビができてきた。この年齢でニキビに悩まされるなんてツライ…」

「若いころは脂性の肌にニキビができて大変だった。30代になって肌質も乾燥肌に変わったので、ニキビとさよならできると思っていた。でも最近、たるんだ毛穴にニキビが目立つようになり、どうしたらいいのかな…」

30代半ばからこのようなことで悩んでいませんか?

20代までの若い肌にニキビトラブルはつきものです。この頃のニキビの原因は、毛穴に過剰分泌された皮脂が詰まってしまうことです。

このようなニキビは、洗顔などである程度は改善できます。

しかし30代後半からのニキビは大人ニキビと呼ばれており、20代までのニキビとは別物です。

加齢により肌の新陳代謝が落ちることに加え、毛穴詰まりにアクネ菌が繁殖することでニキビができやすくなるのです。

毛穴のたるみや大人ニキビを改善・予防するには、まず原因を理解し、毎日の正しいスキンケと生活習慣の改善を実践することが大切です。

縦長に伸びた毛穴と大人ニキビの正体は何?


たるんだ毛穴を隠すため、ファンデーションを重ね塗りしてもなかなかカバーできません。

隠せないばかりか、毛穴にファンデーションがたまってしまい、かえって大きく目立ってしまったり、ニキビの原因になってしまったりと、縦長に伸びてたるんだ毛穴は悩みの種です。

30代を過ぎて毛穴が開いてきた、たるんできたと思ったら、それは老化によるたるみ毛穴のサインです。20代の毛穴は丸い形ですが、老化でたるんだ毛穴は縦長で、加齢とともに開きが目立ってきます。

縦長の毛穴をそのまま放置すれば、毛穴同士がくっついてつながった帯状毛穴になります。進行すれば、やがてシワやほうれい線を招き、老け顔になってしまいます。

さらにその広がった毛穴に皮脂、ホコリやメイク汚れが詰まってしまい、菌が増えることで大人ニキビができてしまいます。

こんなたるみ毛穴、何とかしたいものです。
たるみ毛穴ができる原因を知り、対策をしていくことが重要です。

もっと知りたい!毛穴のたるむ原因。

まず毛穴のたるみについて考えてみましょう。一般的に、毛穴のたるみは加齢が原因といわれています。でもたるみの原因はそれだけでしょうか?

1.そもそも毛穴の役目ってどんなこと?
毛穴には、奥の皮脂腺から肌を保護する皮脂を分泌する重要な役目があります。皮脂腺から分泌された皮脂は、肌を細菌やホコリや乾燥といった外敵から守ってくれます。

また毛穴は、汗や皮脂と一緒に、体内の老廃物を排出する出口にもなっています。
暑いときには毛穴から汗を出し、寒いときには毛穴を締めることで血管を収縮させるなど、体温調節の役わりも果たしているのです。

2.毛穴がたるむ第一の原因は?
毛穴がたるむ原因には、どのようなことが考えられるのでしょう。

第一は加齢です。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層になっています。

その中でも皮膚を支えている「真皮」は、コラーゲン、繊維状のタンパク質であるエラスチン、保水性の高いヒアルロン酸などで構成されています。

それぞれは肌のハリや弾力のもとになっていまが、残念なことに、年齢を重ねるとこれらの成分が減少し、質が低下してしまいます。

また加齢は顔にある筋肉の働きも低下させます。顔の皮下脂肪や皮膚そのものを支える力が弱まり、毛穴をより縦長に開かせてしまうのです。

3.そのほか、毛穴がたるむさまざまな原因
毛穴がたるむ原因は、加齢だけではありません。毎日、知らないうちに浴びている紫外線も、真皮層に入り込み、お肌の潤いに欠かせないコラーゲンやエラスチンを次々と破壊していきます。

また喫煙も毛穴に大きなダメージを与えます。タバコは、体内で大量のビタミンCを消費します。

もともとビタミンCは、肌のハリや弾力を保つのに欠かせない真皮層にあるコラーゲンの生成を助けているのですが、喫煙によってそれが妨げられることになります。

スモーカーズフェイスという言葉があるように、ビタミンCが不足した肌は毛穴だけでなく、シミ・シワといった肌全体の老化を招いてしまうのです。

そのほか、ストレス・運動・睡眠不足・偏った食生活などの生活環境や生活様式も毛穴トラブルの原因となります。

血行不良であることも、末端まで血液と栄養が行き渡らないため、肌を枯渇状態にさせる原因のひとつです。

毛穴にニキビができてしまったら、どうすればいいの?


たるんだ毛穴に、追い討ちをかけるように大人ニキビができたら、鏡に向かうのも嫌ですね。でも大人ニキビの正体を知って、適切な対処をすることで、毛穴もニキビも一緒に改善できるのです。

1.30代からの大人ニキビは毛穴の皮脂に溜まったアクネ菌が原因
若い頃のニキビは、余分な皮脂が原因です。しかし30代からの大人ニキビは、オイリー肌と呼ばれる肌質以外でもできます。むしろ皮脂分泌の多い額よりも、乾燥している顎などにできやすくなります。

30代・40代になると、仕事や家庭で多くのストレスを抱えたり、ホルモンバランスが乱れやすくなったりします。悪い生活習慣のつけが免疫力の低下を招くなど、毛穴に悪影響を与える要素が増えていきます。

ただでさえ、肌トラブルの注意報が発令される世代なのに、スキンケアを怠れば当然、毛穴に皮脂が詰まります。そしてそこに繁殖するのがニキビの原因菌であるアクネ菌なのです。

2.アクネ菌が増殖してニキビができるまで
アクネ菌が異常繁殖してニキビができるまでには、どのような過程をたどるのかをみてみましょう。

まずニキビができる最初の段階では、毛穴の角質が通常の皮膚より厚みを増す角化異常を起こします。

角化異常を起こした毛穴は出入り口をふさがれるため、「コメド」と呼ばれる皮質詰まりを起こします。このコメドを栄養にして、アクネ菌が異常繁殖し、炎症を起こすのがニキビの原因です。

ニキビが悪化してしまうと化膿したり、毛穴の周辺一帯に炎症を起こしたりします。
ムリにつぶすと、皮膚の中で膿が破裂してしまい、さらに炎症を大きくしてしまうこともあるので注意しましょう。

3.できてしまったニキビ、どうすればいいの?

30代からのニキビの原因はアクネ菌です。毛穴にアクネ菌の餌になる皮脂をためないようにするには、どうしたらよいのでしょう。ニキビができてしまったときのスキンケアはどのようなものがあるのでしょう。

スキンケアでもっとも気を配りたいのは、やはり洗顔です。
ただし皮脂をすべて洗い流すようなゴシゴシと音をたてるような洗顔や、一日に何度も何度も繰り返し行う洗顔は、かえって肌を痛めることになります。

過度な洗顔で、肌を守ろうとする肌のバリア機能が働きます。結果として、肌の角質が厚みを増してしまい、毛穴の出入り口がふさがれることで、さらにニキビが悪化してしまうという悪循環におちいってしまうからです。

毎日、洗顔は欠かせません。繰り返し行わなければならないからこそ、肌への刺激を少しでも少なくしつつ、ニキビの原因となるアクネ菌の餌となる皮脂汚れを丁寧に落とせるような洗顔方法をマスターしましょう。

メイクをしている場合には、洗い流せるクリームタイプのクレンジング剤を使い、肌を包み込むようにメイクを落とします。

肌の潤い成分は残しながら、メイクだけを落とすようなイメージで優しく洗い流しましょう。

洗顔についても同様です。皮脂汚れをさっぱりと洗い落とせる低刺激性の固形石けんを使うことをおすすめします。

固形石けんを使う場合には、手のひらで丁寧に泡立てます。ポイントは、キメの細かい泡を作れるかどうかにあります。

細かい泡が一つひとつの毛穴に入り込んで、余分な皮脂を包み込んでくれるので、できるだけふわふわとしたやわらかい泡を作りましょう。

洗顔の泡が完成したら、ぬるま湯で顔を少しぬらします。湿った顔に泡をやさしく広げます。そして時間を置かずに、すばやくぬるま湯で洗い流します。顎や額に泡が残っていないかもしっかりチェックしましょう。

洗顔後は、清潔で柔らかめのタオルでそっと顔についている水分を吸い取ります。こすったり、必要以上におさえつけたりせず、タオルで軽く押さえる程度で大丈夫です。

ニキビケアの基本は洗顔です。肌への負担を最小限にした洗顔によって皮脂だけを丁寧に洗い流せれば、ニキビは少しずつ改善します。

たるんだ毛穴もスキンケアで改善しましょう

ニキビケアの基本は洗顔であると述べましたが、では、たるんだ毛穴にはどのようなスキンケアがよいのでしょうか。

実は、たるんだ毛穴の改善も洗顔がポイントになります。洗顔料やクレンジング剤を選ぶとき、「ずっと使っているから」「使い心地が分かっていて安心だから」と、若い頃と同じものを使っていませんか?

30代になると洗浄力の強い洗顔料では、肌へ過度な負担がかかってしまいます。たるみ毛穴が気になりだしたら、洗浄力の弱いもの、合成界面活性剤・香料・防腐剤といった添加物が入っていないものを選んでください。

また洗顔後の保湿ケアにも気をつける点があります。加齢により保水力が低下した肌には、保湿に関する美容成分が多く含有している化粧品を選ぶことが重要です。

たとえば水分を吸着するアミノ酸やグリセリン、水分を抱え込むヒアルロン酸やコラーゲン、水分をサンドイッチして保有するスフィンゴ脂質やセラミドといった成分は、保湿力をアップさせお肌の乾燥を改善します。

また一旦傷ついた細胞を修復する作用があるレチノールや、皮脂を抑える働きのあるビタミンC誘導体などが配合された化粧品もおすすめです。

(まとめ)大人ニキビの原因になる「たるみ毛穴」は、スキンケアで改善しましょう

1.30代になると肌のハリや弾力が衰えるため、たるみ毛穴が目立ち始める
2.たるみ毛穴は大人ニキビの原因になる
3.スキンケアでニキビを予防し、たるみ毛穴の改善を目指す

「加齢によるものだから…」とあきらめていた毛穴のたるみや、若いころと同じように対処していた大人ニキビは、日ごろのちょっとしたスキンケアで改善できる可能性があるのです。

30~40代は仕事や家事に追われ、スキンケアの時間を十分に持てないかもしれません。でも一日の終わりに入るお風呂のときなどに時間を見つけてみてください。

日々のスキンケアの積み重ねを大事にして、たるんだ毛穴を目立たなくしてニキビトラブルとも、さよならしましょう!