洗顔の際の注意点を知って、健康的な美肌を目指しましょう


洗顔後の保湿ケアをしっかり行っていても、お肌が乾燥する・毛穴のボツボツが目立つ・ニキビができやすいなどのお悩みを抱えている人は、毎日の洗顔を見直してみませんか?

自分流の洗顔が、もし間違った方法だったとすれば、それはお肌に大きな負担を掛けてしまっていることになります。洗顔後の自分のお肌をじっくり観察してみましょう。

スキンケアの中でも、お肌にもっとも影響が大きいのは洗顔とクレンジングといわれています。

クレンジングはメイクを落とし、洗顔は汗や皮脂汚れなどを落とすために必要なスキンケアです。

しかし毛穴に詰まった汚れやお肌にメイク汚れが残らないようにと、念入りに時間を掛けて洗顔、クレンジングをしている人も多いと思いますが、こうした過剰な洗浄はお肌にとって何のメリットもありません。

健康で美しいお肌を維持する洗顔方法とは、自分のお肌に合った洗顔料をよく泡立てて、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗い上げることなのです。

洗顔後に、ひどくつっぱる・赤みを帯びる・ヒリヒリする・乾燥が続くなど、思い当たることが一つでもある人は、洗顔方法をこの機会に見直してみましょう。

美しい肌をつくる正しい洗顔方法と注意点


洗顔は1日2回が基本といいます。それ以上の洗顔はお肌にダメージを与えてしまうからです。お肌の潤いを保つ皮脂、セラミドや天然保湿因子などは、過剰な洗顔によって流れ出してしまいます。

皮脂は洗顔によって流出しても、数分も経てばもとの状態へと戻るといわれています。しかし角質層にあるセラミドや天然保湿因子は、もとのレベルまでに戻るのに数日かかるとされます。

間違った洗顔を毎日していては、セラミドや天然保湿因子は減り続け、もとのレベルまで回復することは不可能です。

こうした状態が角質層のバリア機能の低下といい、乾燥肌や敏感肌の原因となるのです。

健康で美しいお肌を維持するためには、汚れを落とすだけではなくて、お肌にもともとある潤い成分を守ることを考えながら洗顔する必要があります。

洗顔料の選び方

洗顔の役割は、お肌の皮脂や汚れ、クレンジング剤の油分などを洗い流すことです。しかし洗顔料はメーカーによって多種多様で、保湿成分や潤い成分などを配合したものなどがあります。

洗顔料のタイプ別と特徴を説明します。

・クリームタイプ…油分が多く、合成界面活性剤が多量に配合されているものが多いです。

・リキッドタイプ…水分を多く含み、やはり合成界面活性剤が多量に配合されているものが多いです。

・泡タイプ…合成界面活性剤、泡立ちを良くするための発泡剤などさまざまな物質が配合されています。

・固形石けん…天然油脂や脂肪酸など天然由来の成分で作られており、余計な成分を含んでいない商品が多いです。適度な洗浄力で、さっぱりとした洗い上がりです。

固形石けん以外のほとんどの洗顔料には、合成界面活性剤が配合されています。脂汚れを落とす物質ですが、お肌のバリア機能の役割をするセラミドを洗い流すといわれています。

そのため合成界面活性剤が多量に配合されている洗顔料ほどお肌へのダメージは大きくなります。

しっとり感や洗い上がりの保湿などをうたっている洗顔料には、油分が多く含まれています。しかし洗顔料に含まれる保湿成分や油分は、すすぎの際に流れてしまうともいわれています。

また洗顔料の油分がお肌に残っていると、洗顔後の保湿ケアで使用する化粧品の浸透力も弱まります。

合成界面活性剤や油分をはじめ、香料、防腐剤など余計なものが入っていないシンプルな洗顔料がお肌にとって刺激が少なく安全で優しく洗い上げます。そのことからも固形石けんがもっともおすすめです。

正しい洗顔方法

洗顔の役割は皮脂、顔に付着した空気中の汚れなどを落とすことです。しかし間違った洗顔方法をし続けると、乾燥肌や敏感肌を招く原因になります。

正しい洗顔方法が健康で美しいお肌を取り戻す第一歩です。

正しい洗顔方法です
1.洗顔前に、手をキレイに洗浄します。手に付着している雑菌などが顔にうつらないようにしましょう。

2.ぬるま湯で顔を流します。水は毛穴が引き締まり、毛穴に汚れが残ってしまいます。熱いお湯はお肌に必要な皮脂を流してしまうので乾燥の原因になります。

3.洗顔料をよく泡立てます。泡立て用のネットを使うと時短でたっぷりの泡がつくれます。

4.たっぷりの泡を皮脂の多いTゾーンから載せていきます。泡に汚れを吸着させるようなイメージで、お肌の上で泡をクルクルとなでるようにして洗います。決してゴシゴシとこすらないようにしましょう。

Tゾーンの次は、フェイスラインのUゾーン、次に皮膚の薄い目元、口元を洗っていきましょう。

泡で洗うのは1分程度です。それ以上時間をかけるとお肌の負担になります。

5.ぬるま湯でしっかりとすすぎます。生え際・小鼻・フェイスラインはとくにすすぎ残しが多い部分です。洗顔料が残っていると肌荒れの原因にもなるので、意識しながらすすぎましょう。

洗う時と同じように、決してお肌をこすらないように注意して行いましょう。またシャワーを顔にかけてすすぐのはNGです。シャワーの強い水流はお肌への刺激となります。

6.水分の拭き取りは清潔なタオルで、優しくお肌に押し当てるように行います。ゴシゴシこすらずに、軽くおさえるように水分を取りましょう。

洗顔後の保湿ケア


洗顔後は、すぐに保湿ケアを行いましょう。普通肌・乾燥肌・敏感肌・オイリー肌どのような肌質であっても洗顔後の保湿ケアは必須です。

メイクをしている人は毎日クレンジングでメイク汚れを除去しますが、クレンジング剤に入っている合成界面活性剤がセラミドや天然保湿因子を洗い流してしまいます。

洗顔ではお肌の表面の皮脂が洗い流されています。そのため毎日のクレンジング、洗顔後の保湿ケアで、お肌に水分や保湿成分を補わなければ、どんどんお肌は乾燥してしまうのです。

セラミド・天然保湿因子・皮脂、この3つはお肌の潤いを保つためにとても大切な物質です。

皮脂腺から分泌される皮脂は汗などと混ざり合って皮脂膜となり、皮膚の表面を覆い水分蒸発を防ぐ働きがあります。

角質層にある天然保湿因子は皮膚内の水分を保持し、細胞間脂質にあるセラミドは、お肌の潤いを保つ重要な役割を果たします。

中でももっとも保湿力があるのはセラミドです。セラミドを積極的に補うスキンケアを行うことで、お肌は潤いを維持することができます。

そのためにも保湿ケアで使用する化粧品は、セラミドが配合されたものを選びましょう。

セラミドにはさまざまな種類があります。化粧品に配合されるのは、ヒト型セラミド・合成セラミド・天然セラミド・植物性セラミドの4つに大別されます。

ヒトの肌の組成に近い構造になるように製造されたヒト型セラミドは、お肌へのなじみもよく、高い保湿力が期待できます。

化粧品を選ぶ際には、このヒト型セラミドが配合されたものを選びましょう。

その際、成分表にセラミド1、セラミド2といった数字で表示されています。

主な特性を説明します。

・セラミド1…水分保持・外部の刺激からお肌を守る働きがある
・セラミド2…水分保持力が強い
・セラミド3…水分保持・しわを浅くする働きがある
・セラミド4…バリア機能に関係する働きがある
・セラミド5・セラミド6…水分保持・ターンオーバーの促進・しわを浅くする働きがある

この中でお肌にもっとも多いのがセラミド2です。お肌への影響ももっとも大きいとされています。

保湿ケアの手順は、化粧水→美容液→乳液→クリームの順が一般的な流れです。

ただ化粧品メーカーによって異なる場合があるので、確認をしてから行ってください。

朝は水洗顔でOK

洗顔は1日2回が基本です。夜はクレンジング剤と洗顔料で汚れを除去します。夜の洗顔がしっかりできていれば、朝は水(ぬるま湯)で顔を流すだけでも汚れは取れます。

ですからお肌のコンディションがよければ朝は水洗顔がおすすめです。洗顔料を必要以上に使用しないことでお肌への負担も軽減され、乾燥肌や皮脂量の分泌が改善されたりするケースもあるようです。

水洗顔の場合も、お肌をこすらないように優しく洗顔することが大切です。洗顔料を使っていない分、直接お肌に手が触れることになるので、とくに気を配りましょう。

もともとオイリー肌や、皮脂量が多いと感じる時は、朝洗顔では洗顔料を使用した方がお肌によい場合もあります。お肌の調子を見ながら、水洗顔にトライしてみましょう。

洗顔でやってはいけないNG行為

間違った洗顔方法をし続けていると、皮膚のバリア機能が低下して外部の刺激からお肌を守れず、乾燥肌・敏感肌・シミ・くすみなどの肌トラブルを招く原因となります。

美肌を目指すためには正しい洗顔方法を身につけることが基本です。洗顔する際の注意点を挙げていきましょう。

1.ゴシゴシこすり洗いをしている

2.少ない泡で洗っている

3.洗顔に2分以上掛けている

4.お肌に合わない洗顔料を使っている。洗浄力の強い洗顔料を使っている

5.タオルでふく際に、ゴシゴシとふいている

6.1日2日以上洗顔している

7.冷たい水、または熱いお湯で洗っている

洗顔は毎日のことです。少しの行為が積み重なることで、お肌に負担が蓄積し大きなトラブルへとつながってしまいます。

お肌を傷めるこれらの行為は、絶対に行わないように注意しましょう。

またお肌のテカリが気になる人や、ニキビができやすい人は、長い時間をかけて念入りに洗顔をするケースが多々あります。

しかし洗顔料を使った洗顔のし過ぎは必要な皮脂までを奪ってしまいます。

どのような肌質であっても、洗顔のやり過ぎはお肌へのダメージが大きくなります。

(まとめ)正しい洗顔方法で、美肌は取り戻せます

1.洗顔料の選び方
2.正しい洗顔方法
3.洗顔後の保湿ケア
4.朝は水洗顔でOK

お肌トラブルは、間違った洗顔が原因によるものが多いといわれています。これまでの洗顔方法を見直して、美しいお肌を取り戻しましょう。

洗顔後の、肌に必要な成分を意識した保湿ケアも重要です。

正しい方法をしばらく続けていくことで、徐々に健康的な美肌になっていくでしょう。