角栓が原因の開き毛穴は早めのケアでもと通り


鏡を見ると分かる毛穴の開きや小鼻の黒ずみ。人と面と向かって話をしていると、相手にも見えているのではないかと、ついつい気になってしまいます。

ファンデーションでも隠せないほど、常にぱっくりと開いたままの毛穴。いつからこんなに毛穴が目立つようになってしまったのだろうと、イヤになってしまいます。

こうした毛穴の開きで悩んでいる人の多くは、日々の洗顔やクレンジングもしっかり行い、定期的な毛穴パックや、美容成分にもこだわった化粧品を使うなど、人一倍スキンケアに努めていると言います。

ではなぜ、改善しないのでしょうか。それは、毛穴が開いてしまう原因ごとに、改善策が違うからです。

毛穴の開く原因には、いろいろな種類があります。加齢や紫外線によるもの、皮脂の過剰分泌、ニキビが原因など、それぞれの原因ごとに対処しなければ、なかなかキレイな毛穴へと到達できません。

さまざまな開き毛穴のタイプがありますが、中でも年齢や性別を問わず、多くの人が悩まされているのが、角栓が原因で開いた毛穴トラブルといわれています。

今回は、角栓が原因で開いた毛穴トラブルの対処法を紹介していきます。開いた毛穴を引き締めて、美肌を目指しましょう。

角栓を除去して開いた毛穴を改善しよう


美肌を求める人からは、「ボツボツと目立つ毛穴はいらない」と嫌われがちです。
確かに、開きや詰まり、黒ずみやニキビなどのトラブルを発生し印象を悪くしているのは、顔中にある毛穴かもしれません。

毛穴は人体のほとんどの部位にあります。顔全体には約20万個あるとされており、その数は生まれた時から決まっており、そのまま変化せずに大人になっても同じ数の毛穴があるそうです。

赤ちゃんから大人まで同じ数だけあるということは、それほど毛穴は人が生きていく上で重要なものだということです。もちろん、健康で美しいお肌を維持するためにも、毛穴はとても大切な働きをしています。

毛穴の必要性と役割を知ることで、嫌っていた毛穴との付きあい方も変わってくるはずです。

毛穴の役割

赤ちゃんから大人まで、顔全体に約20万個あるといわれる毛穴の役割を見ていきましょう。

1.毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざり合って、皮脂膜をつくることで、空気中のホコリや化学物質などお肌の刺激となる物質から保護しています。

2.毛穴から出る皮脂と汗などの水分が混ざりあってできる皮脂膜によって、皮膚の潤いをキープし、乾燥からお肌を守ります。

3.毛穴から皮脂や汗とともに体内の老廃物を排出するデトックス作用があります。

4.毛穴から出る皮脂と汗などの水分が混ざり合ってできる皮脂膜が皮膚を弱酸性に保ち、細菌やカビなどが肌の上で増殖しないよう防いでいます。

こうした毛穴の働きがあってこそ、健康で美しいお肌をつくっているのです。しかし間違ったスキンケアや毛穴ケアを繰り返していると、お肌の調子は一気に下降していきます。

次では、毛穴が開いてしまう原因を見ていきましょう。

開き毛穴の原因

角栓が詰まって開いた毛穴は、見た目にもキレイではありません。皮脂を分泌する皮脂線が多く分布するTゾーンである額、鼻や小鼻周りなど顔の中心部にある毛穴がとくに目立つので、人の目もさらに気になります。

そもそも、どうして毛穴が開くのか、角栓が詰まるのかを理解していなければ、いくら開き毛穴によいと口コミで評判になっているものを試してみても、お肌の変化を感じられないでしょう。

開き毛穴の根本的な原因を見ていきましょう。

1.毛穴に詰まった角栓が原因で毛穴が開く

角栓は、余分な皮脂と古い角質が混ざりあったものです。角栓が毛穴に詰まると、毛穴が常に開いた状態になってしまいます。皮脂の分泌が多い小鼻や鼻筋、顎の先などがとくに目立ちます。

角栓を除去せず放置したままにしていると、毛穴から顔を出している部分の角栓が空気に触れ、酸化して黒ずみ毛穴へと悪化します。この状態がいわゆるイチゴ鼻です。

2.皮脂の過剰分泌が原因で毛穴が広がる

皮脂を分泌する皮脂腺は毛穴に開口しています。そのため、皮脂の量が必要以上に分泌されると、皮脂の出口となる毛穴が広がってしまいます。

余分な皮脂が酸化して毛穴まわりの皮膚にダメージを与え、メラニン色素が生成されることで、毛穴は黒ずんで見えることがあります。

3.加齢や紫外線によって顔がたるみ毛穴が伸びる

顔のお肌は、毛穴のある角質層の奥の真皮という部分を構成している、線維状のタンパク質のコラーゲンやエラスチンによって支えられています。

加齢や紫外線ダメージによって、コラーゲンやエラスチンが減少することで、お肌のハリが失われ全体的に顔がたるんできます。これによって毛穴が開いて、楕円状になってしまいます。

加齢や紫外線ダメージによるたるみ毛穴を、お手入れせずにそのまま放置しておくと、開いた毛穴どうしが連結してしまいます。そうなるとシワのように見えてしまい、一気に老け顔の印象になります。

4.ニキビ跡が原因の開き毛穴
ニキビをつぶすと、皮膚が傷つき毛穴が開いたままの状態になってしまいます。

角栓が原因の開いた毛穴の対処法(1) スキンケア

角栓が詰まった毛穴は、黒ずみが目立ち、触るとザラザラとした感触があります。角栓ができる原因は、毎日のメイクが落とし切れていない、洗顔が不十分で余分が皮脂や角質がお肌に残っているなどが挙げられます。

また毛穴汚れが気になるからと洗顔を日に何度も行う、洗顔後の保湿ケアで水分補給が十分にできていないなどの原因から、お肌が乾燥し必要以上に皮脂が分泌していることがあります。

こうした角栓による毛穴の開きは、正しい洗顔と保湿ケアを日々繰り返すことで徐々に改善されていきます。

正しい洗顔の手順を説明していきます。

1.洗顔する前に、手を洗い清潔にしておきましょう。

2.洗顔料をよく泡立てます。泡立て用のネットを使うと、たっぷりの泡を簡単に短時間で作ることができるのでオススメです。

3.皮脂の分泌量が多いTゾーンのひたい、鼻筋、小鼻まわり、顎先にたっぷりの泡を載せて、泡を滑らせるように優しく洗っていきます。ゴシゴシとこすり洗いしないようにしましょう。

4.皮膚の薄い目元、口元はたっぷりの泡を載せるだけでも汚れが除去できます。

5.すすぎは、ぬるま湯で丁寧に流します。

洗顔は1分以内で終わらせるのがよいでしょう。長時間の洗顔は乾燥肌や敏感肌を招く原因となります。

洗顔後はすぐに保湿ケアを行いましょう。
化粧水、美容液、乳液、クリームの順でお手入れしていきます。ただ化粧品メーカーによっては異なる場合があります。確認してから行いましょう。

保湿ケアで使用する化粧品は、開き毛穴によい美容成分が配合されたものを選びましょう。
オススメの美容成分を紹介します。

・ビタミンC誘導体
・コラーゲン
・セラミド
・ヒアルロン酸
などの成分が配合された化粧品でケアすることで、開き毛穴を効率良く目立たなくしてくれるでしょう。

また、化粧水のつけ方は、コットンを使うのでも、手でつけても、どちらでもOKです。
コットンを使用する時のコツは、たっぷりと化粧水を含ませて、お肌をこすらずに優しくつけることです。

角栓の詰まり、毛穴の黒ずみが気になる小鼻などくぼみがある部分は、コットンを使うのがオススメです。ムラなく細部にまで化粧水をつけることができます。

手でつける時は、両手で顔を包み込むようにして、ハンドプレスしてじっくりとなじませるとよいでしょう。パチパチとたたきながら化粧水をつける人もいますが、シミや赤ら顔の原因になるのでNGです。

角栓が原因の開いた毛穴の対処法(2) スペシャルケア


角栓が原因の開き毛穴は、毎日の正しい洗顔と保湿ケアをしっかりと行うことで徐々に改善されていきます。その基本のケアに週1〜2回のスペシャルケアをプラスすることで、さらにお肌の変化を実感できるでしょう。

スペシャルケアとしてオススメするのは、AHA(フルーツ酸)配合の洗顔料を使ったピーリングと酵素洗顔です。

ピーリングは、古くなった角質を酸で除去する方法で、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーを正常にして角栓ができにくくする作用が期待できます。

酵素洗顔は、タンパク質や皮脂を分解して、普段の洗顔料では取り除けない角質を除去することができます。

いずれも強い洗浄力で汚れがしっかり落ちる分、頻繁に使用するとお肌が乾燥する場合もあります。使用頻度を守ってお肌の様子をチェックしながら試してみましょう。

開き毛穴のケアで注意すること

開いた毛穴を改善するための、日頃から気をつけたいポイントを紹介します。これまでの習慣やスキンケアを見直してみましょう。

1.クレンジング剤はその日のメイクの濃さで選ぼう

クレンジング剤には、お肌への負担となる合成界面活性剤がほぼ入っています。配合量が多いほどメイクはサッと簡単に取れるのですが、その分、お肌へのダメージはとても大きくなります。

普段のメイクであれば、合成界面活性剤の配合量が少ないクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤を使いましょう。オイルタイプやシートタイプは、濃いメイクの時にのみ使うようにしましょう。

2.毛穴パックの使い過ぎはNG

貼ってはがすタイプの毛穴パックは角栓が目に見えて取れるのでスッキリします。しかし頻繁な使用は毛穴を傷つけ、さらに毛穴を大きく開く原因につながります。

また、パックの後は角栓が取れてぱっくりと毛穴が空いた状態です。普段よりも念入りに保湿ケアを行いましょう。

3.ファンデーションの厚塗りは毛穴に悪影響

開いた毛穴を隠したいがために、ファンデーションを厚塗りするのはよくありません。毛穴にファンデーションが入り込み、逆に目立ってしまうこともあります。

(まとめ)角栓で開いた毛穴は改善できる

1.毛穴の役割
2.開き毛穴の原因
3.角栓が原因の開いた毛穴の対処法(1) スキンケア
4.角栓が原因の開いた毛穴の対処法(2) スペシャルケア

角栓が原因で開いた毛穴は、正しい洗顔と保湿ケアを日々続けることで徐々に改善していきます。これまでの間違ったスキンケアを見直して、美しいお肌を取り戻しましょう。