毛穴トラブルとなる角栓は3種類あります


ふと鏡に写る自分のお肌を見て、がっかりしたことはありませんか? 小鼻の周りや鼻の頭に目立つ、ボツボツとした毛穴や黒ずんだ毛穴。手で触ってみるとザラザラとした感触に衝撃を受けてしまいます。

毎日しっかりと洗顔をして保湿ケアも行っているのに、いつの間にか汚れがいっぱい詰まっている毛穴。そのボツボツと目立つ汚れの正体は、角栓です。角栓は毛穴の中で余分な皮脂と古い角質が混ざり合ってできたものです。

角栓は、皮脂を分泌する皮脂腺が多く集まっているTゾーンに目立ちます。とくに鼻や小鼻の周りと、顔の中心部分に角栓ができやすいので、メイクをしてもなかなか隠し切れないのが大きな悩みです。

角栓は毛穴を詰まらせている物体ですが、同じ角栓でも種類があります。白い角栓、黒い角栓、微細コメドの3種類です。

角栓の改善策はクレンジング、洗顔、保湿ケアといった毎日の正しいスキンケアが基本ですが、角栓の種類ごとにピンポイントケアを合わせて行うことで、さらに角栓のないキレイなお肌が実感できるでしょう。

そこで今回は、角栓の種類と、それぞれの改善策を説明していきます。

3つの種類の角栓と、改善方法


毛穴を目立たせている角栓を除去しようと、自分の指やピンセットを使って、毛穴から無理やり押し出したり、はがすタイプの毛穴パックを頻繁に使ったりしている人も多いことでしょう。

そうした無理やり毛穴から引き抜くやり方は、目に見えて角栓が取れるのですっきりします。しかし角栓は、無理やり毛穴から取るものではありません。健康なお肌であれば角栓は自然にはがれ落ちるものなのです。

角栓の除去を間違った方法で繰り返していると、毛穴はもとに戻らないほど大きく開き、さらには、角栓が余計にたまりやすくなるといった毛穴トラブルを引き起こしてしまうのです。

角栓には3つの種類があります。それぞれに適した改善策を毎日のスキンケアと合わせて行うことで徐々に改善されていきます。自分のお肌を鏡でよく観察し、角栓の種類を確認してみましょう。

角栓の種類

毛穴に詰まる角栓にも種類があります。自分の毛穴に詰まっている角栓のタイプを知ることで、角栓を改善する近道となるでしょう。

1.白い角栓
白い角栓は、毛穴からひょこっと顔を出している白いかたまりのものです。皮脂腺の多いTゾーンの、額から鼻にかけて多く見られます。

毛穴の奥には皮脂腺があり、皮脂腺から分泌された皮脂は毛穴から排出されます。白い角栓は、本来であれば毛穴の外に排出されるはずの皮脂が、毛穴の中で固まり毛穴の出口をふさいでしまった状態です。

毛穴の中にどんどん詰まった皮脂が盛り上がり、空気に触れて酸化して硬くなりザラザラとした感触になってしまうのです。

白い角栓ができる原因は、お肌の汚れと乾燥です。

毎日のクレンジングで、ファンデーションや下地などがしっかりと落とし切れていないと、お肌に残ったメイク汚れと皮脂や古い角質が混ざり合い、角栓をつくってしまいます。

お肌の乾燥は、皮脂の過剰分泌を引き起こします。乾燥するとお肌のバリア機能が低下し、皮脂を過剰に分泌してお肌を守ろうとするためです。その結果、余分な皮脂は毛穴にたまり角栓ができやすくなります。

白い角栓をつくらない、除去するためには、毎日の正しいクレンジングと洗顔、保湿ケアがとても重要です。

2.黒い角栓
黒い角栓は、毛穴から顔を出している白い角栓が空気に触れて酸化し、黒くなった状態です。毛穴がブツブツと黒ずんでしまうので、とても目立ちます。

黒い角栓は皮脂腺が多く分布する小鼻まわりに多く見られます。いわゆる、いちご鼻といわれるのがこの状態です。

黒い角栓をそのまま放置しておくと、徐々に大きくなって毛穴が広がってしまいます。毛穴が黒ずんできたら要注意です。すぐにケアをして対処しましょう。

黒い角栓は毎日の正しいスキンケアを基本として、週1〜2回ほどのスペシャルケアを行うことでキレイな毛穴が取り戻せます。その方法は次の項で説明していきます。

3.微細コメド(角栓)
微細コメドは、目に見えない状態の角栓です。皮膚の内部で発生している直径1mm以下の小さな角栓で、表面には出てきていません。そのため、お肌の見た目では分からないのが微細コメドの特性です。

微細コメドがどんどん成長すると、白い角栓となりお肌に現れます。お肌をざらつかせ、ブツブツ毛穴を引き起こします。

微細コメドは白い角栓の改善策と同じように、毎日の正しいクレンジングと洗顔、保湿ケアをしっかり行うことが大切です。

正しいスキンケア


白い角栓、黒い角栓、微細コメドと、すべての角栓の対策と予防は、毎日の正しいスキンケアが基本です。普段行っている洗顔やクレンジングをこの機会に見直して、正しい方法を身に付けましょう。

間違ったスキンケアをし続けていると、角栓が改善しないばかりか、今以上に毛穴トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

1.クレンジング
メイクをしている人は、クレンジングでメイクをしっかりと落としていきましょう。メイク汚れが残っていると、毛穴の中で皮脂と混ざり合いすぐに角栓がつくられてしまいます。

角栓ができやすい、小鼻周り、頬と小鼻の間など、入り組んだ部分を意識しながらクレンジングすることがポイントです。とはいえ、ゴシゴシこすり洗いするのはNGです。毛穴にダメージを与えてしまいます。

汚れを落とすために、長時間かけてクレンジングするのも良くありません。その理由として、クレンジング剤に配合されている合成界面活性剤という物質を長くお肌に載せていることがよくないからです。

クレンジング剤のほとんどには、合成界面活性剤という物質が配合されています。メイクの油汚れを除去するだけでなく、お肌に必要な皮脂、角質や潤い成分まで溶かしてしまうといわれています。

クレンジングにより皮脂や角質まで奪われてしまうと、お肌のバリア機能が低下し、乾燥などお肌トラブルを引き起こす原因になるのです。

メイクを落とすクレンジング剤を選ぶ際は、合成界面活性剤の配合量が少ないものがオススメです。洗浄力は弱まりますが、クリームタイプのクレンジング剤は毎日使いのクレンジング剤としてオススメです。

素早くメイクを落とせるオイルタイプや、どこでも使えて手軽な拭き取るシートタイプは最も合成界面活性剤が入っているといわれています。普段使いではなくしっかりメイクをした時にだけ使うのがよいでしょう。

また温感作用のあるホットクレンジングも角栓が目立つお肌にオススメです。お肌を温めながら、角質を柔らかくして毛穴に詰まった汚れを落としやすくします。ぜひ試してみてください。

正しいクレンジング方法を説明していきましょう。

適量のクレンジング剤を手に取り、角栓の多いTゾーンからメイクになじませていきます。クレンジングのポイントは、指をクルクルと滑らせてメイクとなじませることです。ゴシゴシこすらないように注意しましょう。

皮膚の薄い口元、目元は最後にクレンジングします。

クレンジングを流す時はぬるま湯で、しっかりと落としていきます。熱過ぎるとお肌が乾燥し、冷たいと皮脂をしっかりと落とすことができません。

2.正しい洗顔
角栓を除去するためには、正しい方法でしっかりと洗顔し皮脂や角質を落とすことが大切です。

毎日使う洗顔料選びも重要なポイントです。クレンジング剤と同じように、合成界面活性剤が少ない、もしくは入っていない洗顔料を選びましょう。

合成界面活性剤のほか、合成着色料、香料、防腐剤、パラペンなどの添加物が入っていないシンプルなタイプがお肌を優しく洗い上げます。

正しい洗顔方法を説明します。
洗顔前に手をよく洗い清潔にします。
ぬるま湯で顔をぬらし、洗顔料をしっかりと泡立てたきめ細かいたっぷりの泡で角栓が目立つTゾーンから洗っていきます。

毛穴の奥まで洗浄しようと、ゴシゴシ力を入れてお肌をこすり洗いするのは良くありません。毛穴が痛めつけられて、お肌トラブルを引き起こす原因になります。

たっぷりのモコモコの泡をお肌の上で転がすように、優しく丁寧に洗っていきます。皮膚の薄い目元、口元には、泡を載せるだけでも良いでしょう。

すすぎはぬるま湯でしっかりと流しましょう。

3.正しい保湿ケア
洗顔後はすぐに保湿ケアを行い、お肌を乾燥から守りましょう。
正しい保湿ケアの手順は、化粧水、美容液、乳液、クリームが一般的です。化粧品メーカーによっては異なる場合があるので確認してから行ってください。

保湿ケアで使う化粧品は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたものがオススメです。またビタミンC誘導体が配合された化粧品は、角栓の原因となる皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。

正しいクレンジング、洗顔、保湿ケアを基本のスキンケアをとして、毎日しっかりとお手入れを続けていくことで、徐々に角栓は取り除かれ、美しいお肌を取り戻せます。今日から実践してみましょう。

黒い角栓を除去するスペシャルケア

黒い角栓は、白い角栓が空気に触れ酸化した状態です。顔が全体的に黒ずんでしまい、見た目にも良くありません。黒い角栓はお手入れせずに放置しておくと毛穴の状態がさらに悪化してしまいます。

黒い角栓が出てしまったら、普段のスキンケアに、スペシャルケアをプラスして上手に除去していきましょう。

黒い角栓を除去するスペシャルケアの手順を説明していきます。

1.蒸しタオルを角栓の気になる部分に載せて、毛穴を開かせます。

2.エクストラバージンオリーブオイルを蒸しタオルで開いた毛穴の上に載せて1分ほどなじませます。毛穴の汚れが浮いてきたら、優しく指でマッサージしていきます。

3.たっぷりの泡を使って、いつも通りの洗顔をします。

4.洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。

蒸しタオルで開いた毛穴を開かせたままにしないことが大切です。スペシャルケアの後は、コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませたコットンパックや、シートマスクなどで保湿ケアするのもオススメです。

(まとめ)正しいスキンケアで角栓は改善できる

1 角栓の種類
2 正しいスキンケア
3 黒い角栓を除去するスペシャルケア

毛穴トラブルといえば、詰まりや開き、黒ずみとさまざまなタイプがあります。毛穴に詰まる角栓は、そのほとんどの原因に関わっているといえるでしょう。角栓の予防、改善するためには正しいスキンケアが基本です。

これまでの自己流スキンケアを見直して、美しいお肌を取り戻しましょう。