老廃物が原因の角栓を取り除くには、さまざまなケア方法があります


ふと鏡をのぞいてみたら小鼻周りの毛穴が黒ずんで「いちご鼻」の状態になっていた…なんてことはありませんか?見た目にもあまりキレイではないし、なんとなく気分も沈んでしまいますね。

毛穴が黒ずむ原因となるのは、「角栓」です。角栓は、古くなった角質、過剰に分泌された皮脂、体内から排出された老廃物などが材料となって生まれます。

本来は、角栓はターンオーバーにより自然に排出されるのですが、不調だと毛穴の中に残ってしまいます。時間が経つと、角栓に含まれている皮脂が酸化して黒ずんでしまいます。

いちご鼻の状態を防ぐには、黒くなる前に角栓を除去しなくてはなりませんが、それにはさまざまな方法があります。

まず、普段のスキンケアでは、クレンジング・洗顔で汚れを取り除き、化粧水や美容液でしっかりと保湿します。ときには、角栓パックやホットタオルなど特別なケアを取り入れてみるのもよいでしょう。

また、生活習慣や食生活を見直して、体内に老廃物をためない、もしくはきちんと老廃物を排出できる体づくりも重要です。

自分の肌に見合った対策を見つけて、毛穴の角栓をきちんとケアしていきましょう。

そもそも角栓とは?角栓ができる原因とは?


角栓とは、過剰に分泌された皮脂、古くなった角質が混ざって毛穴に詰まっているもののことです。ブツブツした白や黒の小さなかたまりが毛穴にあれば、それはきっと角栓です。

角栓の主な成分は、タンパク質です。皮脂や角質以外にも、顔に付着した汚れ、落とし残したメイク汚れなども角栓の材料となります。また、体内にたまった老廃物も角栓のもとになります。

通常であれば毛穴に角栓ができても、肌の新陳代謝であるターンオーバーにより体外に排出されます。古い角質は垢となってはがれ落ち、新たな角質が現れてくるのです。

しかし、生活習慣の乱れや加齢による老化など何かの理由でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、角栓は排出されずに毛穴の中にたまってしまいます。

角栓をケアするには、角栓の材料となる古い角質、老廃物、過剰に分泌された皮脂を取り除き、ターンオーバーを正常にすることが大切です。

角栓をケアする基本は毎日のスキンケアから

角栓ケアの基本は、毎日のスキンケアで汚れを落とし、しっかりと保湿することが大切です。基本的なスキンケア方法をご紹介します。

1.クレンジング
まず、クレンジングでメイクを落とします。角質、皮脂、ホコリだけでなくメイク汚れも角栓の材料となりますが、油分を含むため洗顔だけで落とすことはできません。

角栓を取り除く時は、オイルタイプのクレンジング剤がおすすめです。指の腹をクルクルと回しながらクレンジング剤をなじませて洗い流します。少し水を足して乳化させるとメイクをより落としやすくなります。

2.洗顔
クレンジングでメイクを落としたら、次は洗顔です。洗顔の際は、たっぷりの泡で顔を優しく包み込むように洗うのがポイントです。

泡立てる時は、手のひらをくぼませて洗顔料をのせ、指をクルクルと回しながら泡立てます。手のひらを下に向けても落ちないくらいの固さがベターです。

うまく泡立てることができない時は、ホイップタイプの洗顔料や専用の泡立てネットを使うのもよいでしょう。

3.保湿
洗顔を終えたら、化粧水や美容液で保湿をします。顔を洗い終わって何もしないままだと、水分が蒸発して肌が乾燥してしまうためです。

肌は乾燥すると皮膚を守るために、皮脂をたくさん分泌し始めます。過剰に分泌された皮脂は角栓の材料となってしまいます。皮脂の過剰分泌を防ぐためにも速やかに保湿しましょう。

化粧水、美容液、オイルもしくはクリームの順で肌につけていくのが基本です。自分の肌の状態に見合ったスキンケア用品を選んでください。

スペシャルケアを上手に取り入れよう

毎日行う基本的なスキンケア以外に、スペシャルケアを月に数回取り入れることで角栓ケアの効果をより高めることができます。おもなスペシャルケアをまとめました。

1.ピーリング
ピーリングとは、古い角質をはがして肌をキレイな状態にするケアのことです。即効性があるため、クレンジングや洗顔で角栓を落としきれない時に取り入れてみるとよいでしょう。

ただし、ピーリングを行った後は肌が乾燥しやすくなっているため、しっかりと保湿をしてください。また、肌に負担をかけるので、毎日行うのは避けた方が良いでしょう。

2.パック
肌は乾燥すると、皮膚を守るために毛穴から皮脂を余分に分泌します。余分な皮脂は角栓を生み出すもととなります。つまり、肌の乾燥を防ぐことが角栓予防にもつながるのです。

しっかりと保湿をするには、パックがおすすめです。
シートマスクや部分パックのように、さまざまな有効成分を含んでおり、そのまま顔に載せるだけいった便利なものもあります。

3.ホットタオル
ホットタオルを取り入れるのもよいでしょう。

クレンジングや洗顔の前に使えば、毛穴が開いて角栓を落としやすくなります。
ホットタオルを使った後に保湿をすれば、化粧品の成分がよく浸透します。

また、タオルの熱で肌の血流もよくなるため、新陳代謝が高まり、老廃物のスムーズな排出も期待できます。

ホットタオルは濡らしたタオルをレンジで数十秒温めるだけで作ることができるので、手軽に取り入れることができます。

ただし、ホットタオルの熱で肌に負担をかける可能性もあるため、月に数回のスペシャルケアとして取り入れるのがおすすめです。

生活習慣と食生活を見直して老廃物をためない体に

生活習慣や食生活が乱れていると老廃物を排出しにくくなり、肌の状態も悪くなってしまいます。生活習慣を見直して、体の中から角栓ケアにアプローチしてみましょう。

・食事は偏っていませんか?
つきあいや日々の忙しさから栄養バランスの悪い食事が続いてしまった…という経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

脂肪分の多い食材を摂り過ぎると、体は体内から不要な脂肪分を排出しようとします。毛穴からも皮脂として余分な脂肪分が分泌され、皮脂の過剰分泌につながります。

普段から、肉、魚、野菜、果物とバランスの良い食事を心掛けるようにしてください。皮脂の過剰分泌が気になる人は、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなど皮脂をコントロールする役割がある栄養素を摂りましょう。

どうしても忙しくて栄養が偏りがちになってしまう人は、不足分をサプリメントで補うのもひとつの手です。

・よく眠れていますか?
眠る前、ついスマートフォンに夢中になってしまい、寝不足になってはいませんか?睡眠不足は肌の大敵です。

肌は寝ている間に生まれ変わっています。このため、睡眠不足だとターンオーバーが乱れてしまう可能性あります。肌をよい状態に保つには、十分に睡眠をとることが大切です。

・体を動かしていますか?

「最近、運動不足気味だな……」という人は、体を動かすことを意識してみましょう。適度な運動は、血流を良くします。血の巡りが良くなることで、肌にも必要な酸素や栄養が行き渡りやすくなります。

さらに、体を動かすことで筋肉量が増えて代謝も良くなり、ターンオーバーの促進も見込めます。歩く距離を増やす、階段を使うなど自分の生活の中で運動量が増えるように心掛けましょう。

これはNG!やってはいけない角栓ケア

目立ってきた角栓を見つけた時、ついやってしまいがちなNG行動があります。焦って無理に角栓を除去しようとせず、適切なケアをするようにしてください。

・ピンセットや指で無理に引き抜く
角栓を見つけてしまい、すぐに取り除こうとしてピンセットでつまみ取ったり、指で無理やり押し出したりしてはいませんか? もし、無理に引き抜いているのであればすぐにやめましょう。

無理に角栓を押し出そうとすると、ピンセットや爪で皮膚を傷つけてしまいます。万が一、傷ついた部分に菌が入り込んでしまうと、ニキビや炎症を引き起こす可能性があります。

角栓を無理やり取り除くのではなく、正しい方法で丁寧に除去していきましょう。

・クレンジングや洗顔で顔をゴシゴシする

クレンジングや洗顔時に、顔をゴシゴシとこするのもいけません。余計な力を加えることで、肌を傷つけてしまう可能性があります。傷ついた部分に菌が入ると、ニキビや炎症などのトラブルにつながることもあります。

肌に負担をかけないように、優しくクレンジングと洗顔をするようにしてください。

クレンジングや洗顔の回数が多かったり、洗浄力が強すぎたりするのもNGです。肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまい、肌を乾燥させる原因になります。

肌は乾燥すると、皮脂を多く分泌します。過剰な皮脂は角栓のもととなり、せっかく顔を洗っても意味がなくなってしまうのです。

老廃物や角栓を放置すると、さまざまな毛穴トラブルにつながります

体に必要のないものは、老廃物として体外に排出されます。その中には、古くなった角質も含まれます。本来であればターンオーバーにより体外に排出されますが、そうでないと肌に残ったままになります。

古い角質が上手に排出されないと、毛穴の中で皮脂やホコリと混ざって角栓になり、そのままにしてしまうと新たな毛穴トラブルにつながります。

まず、角栓がどんどん大きくなって余計に毛穴を開いてしまう「開き毛穴」になることがあります。毛穴が開いてしまうと、さらに汚れや角質がたまりやすくなります。

また、角栓内に含まれた皮脂が酸化して、黒くなることがあります。これを「黒ずみ毛穴」と言います。角栓はもちろん、老廃物もしっかり除去してキレイな肌を維持しましょう。

ターンオーバーに期待して、角栓をそのままにしていても排出されていないようであれば、放置せずにきちんとケアして毛穴をキレイな状態に戻してあげましょう。

(まとめ)老廃物をためないようなスキンケアを行っていきましょう

1.角栓の材料となるのは老廃物、皮脂、ホコリ、メイク汚れなど
2.クレンジング、洗顔、保湿の順で基本のスキンケアを行う
3.月に数回、スペシャルケアを取り入れてみる
4.生活習慣や食生活を見直して老廃物をためない体づくりをする
5.老廃物や角栓を放置すると毛穴トラブルにつながる

通常であれば老廃物はターンオーバーにより排出されますが、さまざまな理由でそのサイクルが乱れ、肌や毛穴に残ってしまうことがあります。

健康的な生活習慣と食生活でターンオーバーを促して老廃物をためないようにしましょう。
あわせて毎日のスキンケアと月に数回のスペシャルケアで、角栓を除去してずっとキレイな肌を維持しましょう。