いちご鼻の黒いぶつぶつの原因は角栓です


「毎日しっかりクレンジングと洗顔をしているのに、毛穴の黒いボツボツがこびりついたようになかなか取れません。手で触るとお肌はザラザラしているし、間近で顔を見られるのがとてもはずかしいです。」

「小鼻の毛穴の黒ずみがとくに目立ちます。
ファンデーションを厚塗りして黒い毛穴をしっかり隠しても、時間が経つとメイクが崩れて毛穴が目立ってしまいます。年齢を重ねるごとにひどくなっているように感じます。」

こうした毛穴の黒ずみは、世代を超えて多くの人が悩んでいる毛穴トラブルです。
なかでも小鼻の黒ずみは、毛穴の表面がいちごのようにぶつぶつになることから、いちご鼻とも呼ばれています。

いちご鼻は、顔の中心でとても目立つうえに、間違ったスキンケアをし続けていると黒ずみがますます悪化し、ニキビや毛穴の炎症など肌トラブルの原因にもつながります。

いちご鼻は正しい洗顔、クレンジング、保湿ケアを毎日しっかり行うことで、徐々に汚れが除去されていき、清潔でキレイな毛穴へと改善していきます。

今回は、いちご鼻の原因、改善方法をご紹介していきましょう。

いちご鼻の汚れの原因、角栓を取り除くスキンケア

いちご鼻は毛穴の黒ずみが原因ですが、その黒ずみの正体とは何なのでしょう。

それは毛穴に詰まった「角栓」です。

角栓は、余分な皮脂と古い角質が混ざり合ったものです。角栓は本来、白いクリームのような見た目をしていますが、毛穴から顔を出している部分が空気に触れると酸化して黒くなります。

角栓が酸化すると黒く変色し、さらには角栓が硬くなってザラザラとした手触りになって毛穴をボコボコと目立たせているのです。これがイチゴ鼻の黒ずみの正体です。

黒くなった角栓を毛穴からキレイに除去するためには、毎日の洗顔とクレンジング、保湿ケアを正しい方法で行うことが重要です。

毎日の基本のスキンケアを間違った手順で行っていると、改善どころかさらに悪化してしまいます。

基本のスキンケア(1) クレンジング


いちご鼻とサヨナラしたければ、毎日のスキンケアを正しい方法で行っていくことが大切です。
これまで行ってきたクレンジング、洗顔、保湿ケアを見直して正しいケアの方法を身につけていきましょう。

1.いちご鼻を改善するクレンジングの方法
メイクをしている人はクレンジングをして、メイク汚れをしっかりとオフしましょう。

毎日使うクレンジング剤はどのようにして選んでいますか?

価格、使いやすさ、パッケージのデザイン、広告のイメージなどさまざまな要素がありますが、毎日お肌に使うクレンジング剤だからこそ、慎重に選びましょう。

お店の人に勧められたから、友だちが良いと言っていたからなどの理由で選んだとしても、そのクレンジング剤が自分のお肌に合うかはわかりません。肌質、メイクの濃さなどは人それぞれです。

安易にクレンジング剤を選んでしまいそれが自分の肌質に合わない場合もあります。
メイク汚れだけでなくお肌に必要な皮脂や角質まで除去してしまい、お肌トラブル、毛穴トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

おもなクレンジング剤の特徴を説明していきます。
これを参考にして自分の肌質、メイクの濃さに合ったクレンジング剤を選び、いちご鼻を改善していきましょう。

・オイルタイプ
素早くすっきりと落とせるオイルタイプのクレンジング剤は、使いやすいため人気です。
短時間でメイクをしっかり落とせるのは、合成界面活性剤がたくさん配合されているからです。

合成界面活性剤はほとんどのクレンジング剤に配合されていますが、オイルタイプのクレンジング剤に最も多いといわれています。合成界面活性剤はお肌への負担が大きく、乾燥肌や敏感肌には向いていません。

オイリー肌やお肌がもともと強いといった肌質でも、オイルタイプのクレンジング剤は洗浄力が強くお肌への刺激も大きいので、毎日の使用には向いていません。濃いメイクをした日などに使う程度にしておきましょう。

・シートタイプ
シートでふき取るタイプのクレンジング剤も、手軽で場所を選ばずに素早くメイクを落とせるため人気です。しかしオイルタイプと同じように合成界面活性剤が大量に入っています。

さらに、シートとの摩擦でお肌に刺激を与え、肌荒れを引き起こす原因にもなりかねません。シートタイプの毎日使いはお肌のためにもオススメしません。

・クリームタイプ
クリームタイプのクレンジング剤は、お肌への刺激も低く敏感肌でも安心して使えるクレンジング剤です。合成界面活性剤の配合量も少なく、お肌の水分量と皮脂量のバランスを崩さずにメイクを落とせます。

濃いメイクの人は洗い上がりに物足りなさを感じることがあるでしょう。

その場合は、目元や口元などを専用のリムーバーでオフしてから、顔全体にクリームクレンジングを使うようにしましょう。お肌への負担が軽減されます。

・ローションタイプ
ローションタイプはコットンにローションを含ませて、メイクを拭き取るものです。シートタイプ同様に、お肌との摩擦で毛穴詰まりをさらに悪化させてしまうこともあります。

次に、クレンジングの正しい方法を説明します。

1.クレンジングをする前に、蒸しタオルやスチーマーなどで毛穴を開かせておきましょう。蒸しタオルの蒸気で毛穴に詰まった汚れを柔らかくして、洗顔時にすっきりと除去しやすくなります。

蒸しタオルの作り方は簡単です。タオルを水でぬらして、電子レンジで加熱すれば出来上りです。タオルの温度を確認しながら30秒から1分ほど加熱しましょう。

蒸しタオルを顔に載せる時は、タオルが熱過ぎないか確認します。ヤケドにはくれぐれも気をつけましょう。

2.クレンジングクリームを顔に載せて、指でクルクルと円を描きながらメイクをなじませます。力を入れずに優しく行うのがポイントです。

3.メイクとしっかりなじんだら、ぬるま湯で流しましょう。小鼻の周りはすすぎ残しが多い部分なので、意識してすすぎます。

基本のスキンケア(2) 洗顔

洗顔は皮脂汚れ、古い角質、ホコリや雑菌などの外部からの汚れを落とすためにとても重要なスキンケアです。洗顔で清潔なお肌にしなければ、その後の化粧水や美容液なども毛穴まで浸透しません。

洗顔で使う洗顔料はさまざまなタイプがあります。いちご鼻の改善にオススメする洗顔料は、酵素が含まれたものや弱アルカリ性のものです。

いちご鼻の原因となる角栓は、古い角質が主成分です。角質はタンパク質なので、タンパク質汚れをうまく除去するピーリング石けんや酵素洗顔料などを使うことで、いちご鼻が徐々に改善されるでしょう。

しかしピーリング石けんや酵素洗顔料は毎日使いにはお肌への負担があるので、週1〜2回程度のスペシャルケアとして取り入れるのがオススメです。

普段使いの洗顔料は、固形石けんで十分、毎日のお肌の汚れを取り除くことができます。洗顔フォームはお肌への刺激となる合成界面活性剤が配合されているものもあります。

合成着色料、香料、防腐剤、パラベンなど余計な成分が入ってないシンプルな洗顔料がオススメです。配合されているものをしっかりと確認してから洗顔料を選びましょう。

次に、洗顔の正しい方法を説明します。
1.手を清潔に洗います。洗顔料を手に取り、たっぷりの泡をつくります。泡立てネットを使うと短時間でもこもこの泡を作ることができるのでオススメです。

2.たっぷりの泡を皮脂の多い額、鼻、小鼻の周りなどTゾーンから載せていきます。洗い方のコツは、お肌の上で泡を転がすようにしながら洗顔料を広げていくことです。

お肌をこすらずに、たっぷりの泡に汚れを吸着させるようなイメージです。皮膚の薄い口元や目元は最後に洗います。肌に泡を載せるだけでも汚れを取り除くことができます。

3.すすぎはぬるま湯で洗い流しましょう。小鼻の入り組んだ部分はすすぎ残しが多い部分です。洗顔料が残ると肌荒れの原因にもなるので、しっかりとすすぎましょう。

基本のスキンケア(3) 保湿ケア


洗顔後は時間を置かず、すぐに保湿ケアをしてお肌を整えます。角栓の主成分、古い角質を洗顔で取り除いた後は、化粧水で角質の潤いを保つことがいちご鼻改善の重要なポイントです。

いちご鼻の改善にオススメの化粧品成分を紹介します。
・ビタミンC誘導体
・コラーゲン
・セラミド
・ヒアルロン酸

などの美容成分、保湿成分が配合された化粧品を毎日使うことで、黒ずみ毛穴の改善、さらには潤いあるキメ細やかな美肌が期待されます。

保湿ケアの手順は、化粧水、美容液、乳液、クリームが一般的です。化粧品メーカーによっては異なる場合があるので確認してからケアを行ってください。

いちご鼻を悪化させるNG行為

いちご鼻は毛穴に角栓が詰まった状態です。正しい洗顔、クレンジング、保湿ケアを積み重ねていくことで徐々に改善されていきます。

しかし、これまで何気なくやっていたクセや習慣により、角栓ができやすく、毛穴詰まりを悪化させてしまうこともあります。予防するために、いちご鼻を悪化させるNG行為を説明します。

1.ピンセットや自分の指で毛穴から無理やり角栓を押し出す行為
毛穴から顔を出している汚れはついつい取ってしまいたくなります。しかし無理やり汚れを押し出す行為は、毛穴にダメージを与えてしまうことです。

いちご鼻はますます悪化し、また毛穴に細菌などが入り炎症を引き起こす可能性もあります。

2.洗顔は1日2回まで
毛穴の汚れが気になるからといって、何度も洗顔をするのは良くありません。お肌に必要な皮脂や角質までも洗い流してしまい、肌トラブルを招きます。

洗顔料を使うのは夜のみにしましょう。朝はぬるま湯で流すだけでも汚れは落とすことができます。

3.クレンジング、洗顔に時間をかけ過ぎない
クレンジング、洗顔はいずれも30~45秒程度で終わらせるのがベストです。

時間をかけ過ぎると角質層にある細胞間脂質(セラミド)、天然保湿因子などまで流れ出ていってしまいます。

(まとめ)いちご鼻の汚れを除去するには正しいスキンケアが重要です

1.基本のスキンケア(1) クレンジング
2.基本のスキンケア(2) 洗顔
3.基本のスキンケア(3) 保湿ケア

いちご鼻は、毛穴に詰まった角栓を除去することで改善されます。
毎日のクレンジング、洗顔、保湿ケアを正しい方法で継続していくことで、毛穴の汚れもキレイに除去され美肌を取り戻すことができるでしょう。