いちご鼻のザラザラの原因は、毛穴に詰まった角栓です


毛穴が黒ずんだいちご鼻は、肌荒れでもないのにザラついているので、自分でも不快です。また、周囲にも不潔な印象を与えているのでは…と不安になるものです。

こうした毛穴のトラブルは、「毎日しっかり洗顔とクレンジングをしているのに解消されない」と悩んでいる人が多いようです。
いちご鼻の毛穴の黒ずみ、毛穴のザラザラ感は、毛穴に詰まった角栓が原因なのです。

角栓は、毛穴の中で余分な皮脂と古い角質が混ざり合ってできたものです。毛穴から出ている部分が空気に触れて酸化すると硬くなります。これが毛穴のザラザラ感となるのです。

もともとは白い角栓が空気に触れて酸化すると、黒く変色します。これが、毛穴を黒くして目立たせ、いちご鼻に見せている原因です。

角栓は健康なお肌であれば、必ずできるものです。そしてお肌の新陳代謝といわれるターンオーバーと一緒に自然とはがれ落ちていきます。

しかしお肌の乾燥、皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの乱れなどによって、角栓が正しく排出されなくなります。すると次第にお肌の上に蓄積して、黒ずみやいちご鼻を引き起こしてしまうのです。

今回はいちご鼻と毛穴のザラザラ感を改善する方法を紹介します。

いちご鼻と毛穴のザラザラ感を改善する方法

毛穴のザラザラ感や、毛穴の黒ずみの原因となる毛穴に詰まった角栓は、お肌に悪いイメージという印象がありますが、実はお肌を健康に保つために重要な働きをしているのです。

お肌は常に、空気中の細菌やホコリにさらされていますが、角栓はそれら外部からの刺激物を毛穴に入り込まないように防御する役目を果たしているのです。

ですから、どんな肌質であっても、人のお肌には角栓ができるようになっているというわけなのです。

角栓はお肌の新陳代謝といわれるターンオーバーとともに自然とはがれ落ちていくものですが、過剰な皮脂分泌や間違ったスキンケアによるお肌の不調で、そのまま毛穴に残ってしまいます。

長期間、毛穴の中に蓄積された角栓はなかなか取れにくいものです。しつこく毛穴にこびりついた角栓を取り除く方法を紹介していきましょう。

ピーリング洗顔で毛穴のザラザラを解消


毛穴の黒ずみや、ザラザラしたお肌の改善にはピーリング洗顔が良い、とよく耳にします。ピーリング洗顔とはいったい、どんなものなのでしょうか。

ピーリングとは、フルーツ酸(AHA)やサリチル酸(BHA)などの酸の力を使って、お肌や毛穴に詰まった角質を溶かして除去するスキンケアのことです。

お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーは、28日前後が美しいお肌をつくる理想のサイクルといわれています。しかし年齢を重ねるごとに、ターンオーバーのサイクルは遅くなります。

ターンオーバーのサイクルが遅くなると、古い角質がお肌の上に残ります。そうすると、ますます角栓がつくられやすい環境となり、毛穴は黒ずみ、ザラザラとした不快なお肌へとなるのです。

毛穴の黒ずみの原因となる角栓は、主成分が古い角質と皮脂です。ピーリング洗顔をすることで、酸の力により徐々に角栓は除去され、ツルツルのお肌がよみがえります。

では、具体的なピーリング洗顔がお肌にもたらすメリットを見ていきましょう。

1.ターンオーバーの正常化

2.保湿ケアの美容成分がお肌に浸透しやすくなります

3.くすみの改善

4.シミの改善

5.ニキビや吹き出物の予防、改善

長い間お肌にたまっていた古い角質、角栓を除去することで、毛穴の奥まで保湿ケアで使用する化粧品が浸透しやすくなり、美容成分の作用が実感できるようになります。

しかし、ピーリング洗顔はやり方を間違えると、逆に肌荒れを起こしてしまいます。また刺激の強いピーリング剤もあるので、使用する前にパッチテストを行うと安心です。

ピーリング洗顔は毎日行うものではありません。製品のメーカーが指定する使用頻度を守り、お肌の調子をみながら行うことが大切です。

ピーリング洗顔の正しいやり方を説明します。

1.ピーリング洗顔をする前にホットタオルやスチーマーなどでお肌を温めておきましょう。角質も柔らかくなり除去しやすくなります。毛穴も開いて毛穴の奥にこびりついている角栓が取れやすくなります。

2.ピーリング洗顔料をしっかりと泡立てます。泡立て用のネットを使い、キメ細やかなもこもこの泡で洗顔することで、お肌への摩擦を軽減し優しく洗い上げます。

3.たっぷりの泡をお肌に載せて、そのままの状態でしばらく置きます。酸の力を古い角質になじませるためです。置いておく時間はメーカーによって異なるので確認しましょう。

4.泡をぬるま湯でしっかりと落とします。洗顔後は古い角質が取れた状態なので、いつもよりしっかりと保湿ケアを行います。

ピーリング洗顔でお肌をケアした後は、バリア機能が低下している状態なので、紫外線による刺激を受けやすくなっています。日焼け止めを使用するなど、紫外線対策を意識して行いましょう。

蒸しタオルを使っていちご鼻を改善

蒸しタオルを使ったケアは、角栓除去にオススメの方法です。

蒸しタオルを顔に載せて温めることで、適度な熱と蒸気によって毛穴が大きく開きます。毛穴に詰まった古い角質がふやけて、角栓を浮き上がらせることで、毛穴の汚れをすっきりと除去することができるでしょう。

蒸しタオルでしっかりと毛穴が開くことで、洗顔後の保湿ケアで使用する化粧水や美容液などが毛穴の奥まで浸透しやすくなります。

化粧品の保湿成分がしっかりと届いたお肌は、乾燥知らずの潤った肌質となります。メイクの載りもよくなり、皮脂の浮きもなく、メイク崩れの心配が少なくなります。

蒸しタオルのほどよい温かさが皮下組織の血行を促して、お肌の新陳代謝を活発にします。体内の老廃物が排出しやすくなり、くすみの改善などエイジングケアとしても期待できます。

毛穴トラブルだけではなく美肌づくりに多くのメリットがある蒸しタオルケアは、とても手軽で簡単です。
蒸しタオルを使ったケアの手順を紹介します。今日から取り入れてみましょう。

1.蒸しタオルの作り方
清潔なタオルを水で濡らします。使用する水は塩素の入っていない真水、軟水のミネラルウォーターがオススメです。また洗浄力の強い洗剤で洗濯したタオルは、お肌への刺激になるので気をつけましょう。

タオルを軽く絞りクルクルと巻きます。電子レンジで温めます。機種やワット数の違いもありますが、加熱時間の目安は30秒から1分程度、最初は短い時間で確認しながら温めてみましょう。

タオルを広げて、顔に載せてもヤケドしない適温かを必ず確かめてください。

2.基本的な蒸しタオルケア
普段のスキンケアにプラスして、週1〜2回のスペシャルケアとして取り入れてみましょう。毛穴の黒ずみの原因となる角栓を除去しながら、お肌の皮脂量と水分量のバランスを整える作用があります。

基本的な蒸しタオルケアの手順を説明します。
いつも通りに洗顔をしたお肌に行います。蒸しタオルを両方の手のひらで軽く押さえるようにして顔全体に載せます。そのまま3分ほど待ちます。

蒸しタオルをはずして、すぐに保湿ケアを行います。蒸しタオルケア後の毛穴は大きく開いているため、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水や美容液を使うと、毛穴を引き締める作用が期待できます。

3.蒸しタオルを使ったクレンジング方法
蒸しタオルを使ったクレンジングでは、お肌の潤いを失うことなく、しつこい毛穴の汚れや黒ずみの原因となる角栓をしっかりと落としていきます。

蒸しタオルを使ったクレンジングの手順です。

蒸しタオルを作ります。その間に、クリームタイプのクレンジング剤を顔全体に塗ってメイクとなじませます。

クレンジング剤がなじんだお肌の上に、蒸しタオルを両手で軽く押さえるようにゆっくりと載せていきます。3分ほどそのまま放置します。

蒸しタオルを顔から外して、そのまま蒸しタオルでクレンジング剤を軽く拭き取ります。ぬるま湯でクレンジング剤をしっかりとすすぎ、いつも通りの洗顔、保湿ケアを行います。

角栓が取れやすくなる毛穴の体操


いちご鼻の原因となる角栓は、毛穴や毛穴周りのお肌が固くなってしまうと、ますます取れにくくなってしまいます。洗顔や毛穴ケアで角栓が取れやすくするためには、毛穴とお肌を柔らかくすることが大切です。

化粧品を使ったお手入れとあわせて、週2〜3回の毛穴を柔らかくする体操を取り入れることで、毛穴の汚れがすっきり取れやすくなります。

毛穴の体操はとても簡単です。しかし、洗顔やクレンジング同様に、強い力を入れてお肌をこすると逆に肌トラブルを招く原因につながります。優しく丁寧にお肌をいたわりながら行いましょう。

角栓が取れやすくなる毛穴体操のやり方を説明します。

1.小鼻に両手の中指と薬指をあて、鼻をはさむようにします。

2.指を添えたまま、鼻を左右にやさしく動かします。

3.続けて鼻を上下にやさしく動かします。

4.鼻を回すように動かします。

5.小鼻をつまみ、軽く押します。

いちご鼻にならない10のポイント

毛穴の黒ずみや、不快な毛穴のザラザラ感は、毛穴に詰まった角栓が原因です。角栓を作らない、改善するためには毎日の丁寧なスキンケアと規則正しい日常生活を送ることが大切です。

いちご鼻にならないために普段から気をつけたい10のポイントを紹介します。

1.熱いお湯で洗顔しない。

2.洗浄力の高い洗顔剤、クレンジング剤を使わない。

3.ゴシゴシと力を入れてこすり洗いをしない。

4.洗顔後はすぐに保湿ケアをして乾燥からお肌を守る。乾燥は過剰な皮脂分泌を招く原因です。

5.ピンセットや自分の指で毛穴を押し広げて角栓を取り出さない。

6.毛穴パック、ピーリング洗顔、クレイパックなどは使用頻度を守って行う。
やり過ぎはお肌を傷める原因になります。

7.良質なタンパク質、ビタミン豊富な野菜を中心とした栄養バランスの良い食事を摂る。
脂質の多いファストフードやインスタント食品、スナック菓子の食べ過ぎは過剰な皮脂分泌を引き起こします。

8.睡眠不足や過度のストレスをためない。
これらはターンオーバーのサイクルを乱す原因です。規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

9.アルコールを控える。

10。たばこは吸わない。

(まとめ)角栓をつくらない美肌を目指そう

1.ピーリング洗顔で毛穴のザラザラを解消
2.蒸しタオルを使っていちご鼻を改善
3.角栓が取れやすくなる毛穴の体操
4.いちご鼻にならない10のポイント

いちご鼻、毛穴のザラザラ感は、毛穴に詰まった角栓を除去することで徐々に改善されていきます。そのためには普段のスキンケアとあわせて、スペシャルケアを行うことが大切です。

毛穴をすっきりさせて美しいお肌を目指しましょう。