間違った洗顔を続けると、肌トラブルを招きます


洗顔は誰もが毎日やっているスキンケアの基本です。
しかし洗顔のやり方にも正しいやり方、間違ったやり方があるのはご存知でしょうか。

しっかり洗顔しているのに、お肌が乾燥する、毛穴の黒ずみが改善されない、ニキビができやすい、などといった悩みを年中抱えている人は、もしかしたら洗顔のやり方が間違っているのかもしれません。

今までやってきた自己流の洗顔方法が間違ったやり方だったとすれば、それはお肌にとても大きなダメージを与えていることになります。

洗顔後に保湿ケアを行っていても、それは全く意味のないものになってしまいます。

洗顔の目的は、皮脂や汗、お肌についた空気中のホコリや細菌を除去して清潔なお肌にすることです。清潔なお肌だからこそ、保湿ケアで用いる美容成分もしっかりと浸透するのです。

健康で美しいお肌を維持する、または取り戻すためには、自分のお肌にあった洗顔料を使い、正しい洗顔方法でお手入れすることがとても重要です。

今回は洗顔の正しいやり方を紹介します。

正しい洗顔のやり方

洗顔後に、皮膚がひどくつっぱっている、赤くなっている、ヒリヒリして痛い、乾燥しているなどの違和感はありませんか?

これらのトラブルが一つでもある場合は、洗顔方法が間違っているのかもしれません。

メイク崩れを起こすお肌のテカリや、小鼻の黒ずみを何とかしようと、1日に何度も洗顔をしたり、汚れをしっかり落とそうと強い力でこすり洗いしたりするのは間違った洗顔方法です。

そうした洗顔方法は残念ながら、汚れを除去するどころか、毛穴やお肌トラブルをさらに悪化させているだけで、お肌に何ひとつメリットはありません。

ゴシゴシお肌をこすり洗いすると摩擦が生じます。摩擦はお肌にとって大きなストレスになり、ダメージを与えてしまっているのです。

これまで自己流で行ってきた洗顔方法を見直して、健康で美しいお肌を取り戻しましょう。

間違った洗顔方法をチェックしよう


洗顔のやり方にも正しい方法と、間違ったやり方があります。

間違ったやり方で洗顔をし続けていると、お肌はダメージを受け、ボツボツ肌やガサガサと荒れた肌、テカリなどさまざまなトラブルを招きます。

間違った洗顔方法を紹介していきます。これまで行ってきた自己流の洗顔方法をチェックしてみましょう。

1.冷水で洗っている
毛穴の開きが気になる人や、テカリの目立つオイリー肌の人などに愛用者が多い冷水洗顔です。

冷水で洗うとさっぱりとして気持ちがよい、毛穴が引き締まった感じがするという理由がほとんどですが、冷水洗顔はNGです。

冷水をお肌にかけると急激な冷えによって、ダメージを受けます。また毛穴が引き締まるのは、一時的なもので、またすぐに開いてしまいます。

食器の油汚れが水では落ちにくいように、お肌の皮脂汚れや角質汚れも同様に低温の冷水ではしっかりと落とし切れません。毛穴に詰まった皮脂汚れはなおさら除去できないでしょう。

洗顔はぬるま湯を使うのが正しいやり方です。

2.熱いお湯で洗っている
黒ずんだ毛穴汚れや、お肌のテカリがひどいなど、皮脂汚れが気になるという人の場合、熱いお湯を使って毛穴の奥に詰まった皮脂汚れをしっかりと除去したくなりますね。

しかし熱いお湯を使った洗顔は、お肌に必要な皮脂や角質までも洗い流してしまうためNGです。皮脂は美肌の大敵と思われがちですが、健康なお肌を維持するためには無くてはならないものなのです。

皮脂は汗と混ざり合って、お肌の水分の蒸発を防ぐ保湿の役割があります。またお肌を傷から守る保護機能や、お肌を弱酸性に保ち病原菌や細菌などの繁殖を防ぐなど、皮脂は大切な役割を担っているのです。

お肌を守ってくれる大切な皮脂を熱いお湯で流してしまわないようにしましょう。

3.熱いお湯のシャワーで流す
お風呂に入った際に洗顔をしている人がやりがちな間違った洗顔方法です。お風呂のシャワー温度は40℃以上に設定されていることが多いのですが、40℃というのは洗顔の際の温度としては高過ぎます。

また、シャワーの勢いある水流を顔にあてると、その水圧が顔にたるみを生じる原因となってしまいます。

洗顔後に高価な美容液を使ってシワやたるみ対策をしていても、熱いシャワーで洗顔をしていては元も子もありません。

4.しっかりと泡立てずに洗顔をしている
洗顔料を手に取って、そのまま顔にのばして洗顔をしていませんか?

その方法では皮脂汚れも顔についたホコリもしっかりと落とせないばかりか、お肌を手でこすってしまうので肌荒れやシミなどの原因にもつながります。

洗顔料にもさまざまなタイプがありますが、どのようなタイプの洗顔料であってもたっぷりと泡立ててから使うのが正しい洗顔の方法です。

泡立てがうまくできないという場合は、泡立て用のネットを使うとよいでしょう。時短で、もこもこのキメ細やかなたっぷりの泡をつくることができます。

5.ゴシゴシ力を入れて洗っている
毛穴の奥の汚れを根こそぎ落としたい、テカリの原因となる皮脂をすっきりさせたいからといって、ゴシゴシお肌をこすり洗いしても、そう簡単には落とせるものではありません。

力を入れてゴシゴシお肌をこすり洗いすると、毛穴がますます広がって開く、肌荒れや乾燥が進むなど、さまざまなトラブルを引き起こす原因となります。また色素沈着のもとになってしまうこともあります。

6.時間をかけて洗顔をしている
洗顔時間は1分までが目安です。それ以上の時間を使って洗顔をしていると、お肌に負担がかかります。また、必要な皮脂までも洗い落とし、乾燥など肌トラブルを招きます。

7.すすぎを手早く済ませている
お肌の乾燥を心配してすすぎを手早く雑に済ましてしまうのは、美肌づくりには逆効果です。

洗顔料がお肌に残ってしまうと、肌荒れや毛穴詰まりの原因となります。洗顔後の保湿ケアも浸透しにくくなります。

たっぷりの泡で洗顔をした後は、すすぎ残しがないように丁寧に流しましょう。

8.洗顔料を頬から載せている
洗顔料を最初に載せるパーツを意識して洗顔していますか?

洗顔にも順番があります。洗顔料は皮脂の多い額や鼻まわりのTゾーンから載せていくのが正しい洗顔のやり方です。

Tゾーン、次に頬や顎などのフェイスライン、最後に皮膚の薄い目元、口元です。

9.1日3回以上洗顔をしている
オイリー肌、テカリや皮脂浮きがひどいという人は、1日に何度も洗顔していることがあります。洗顔のやり過ぎはお肌に必要な皮脂までを洗い流してしまい乾燥肌を招きます。

お肌が乾燥すると、それ以上ひどくならないように肌は皮脂をさらに分泌させてしまいます。洗顔で皮脂を抑えようとしているのに、これでは逆効果です。
洗顔は1日2回までにしておきましょう。

間違った洗顔を続けたお肌はどうなるの?


これまでの自己流の洗顔方法をチェックしてみていかがでしたか?

間違った方法で洗顔をし続けていると、メイク汚れや皮脂汚れがしっかりと落とし切れずに乾燥肌や荒れ肌、ニキビなどを引き起こす原因になります。

洗顔後の保湿ケアで高価な化粧品を使っていても、お肌の汚れがしっかりとオフできていなければ、せっかくの美容成分も浸透しにくくなります。ますます老化を招くことになります。

年齢を重ねるごとにお肌の新陳代謝といわれるターンオーバーの周期は長くなります。20代では28日サイクルだったのが、30~40代になると40日以上もかかるとされています。

間違った洗顔方法を長年続けていると、ダメージを受けた角層は敏感になってしまいます。すると外の刺激からお肌を守れず、水分が蒸発するのを防ぎきれなくなります。

水分蒸発を防げない状態のお肌になってしまうと、シミ、くすみ、乾燥などの肌トラブルに年中悩まされ続けることになるのです。

さらには、そのような弱ったお肌では、高級な美容液や化粧水などを毎日使って保湿ケアを念入りに施しても美容成分は浸透しにくく、美容成分の効果が得られません。

美しいお肌を取り戻すためには、正しい方法で洗顔をしっかりと行い、お肌の土台そのものを整えることが大切です。そうすれば美容成分もお肌の奥まで浸透し、よい作用が実感できるでしょう。

正しい洗顔のやり方

洗顔の役割は皮脂、顔に付着した空気中の汚れなどを落とすことです。その日の汚れはその日のうちに、しっかりと落とすことが大事です。そのためにも正しい洗顔のやり方を身につけましょう。

正しい洗顔のやり方です。
1.洗顔前に、手をキレイに洗浄します。ぬるま湯で顔を流します。

2.洗顔料をしっかりと泡立てます。手を逆さにしても落ちないくらいの濃密な泡が目安です。

3.たっぷりの泡を皮脂の多い鼻の周り、額などのTゾーンから載せていきます。お肌の上でもこもこの泡を転がして、汚れを泡に吸着させていきます。お肌をゴシゴシとこすらないようにしましょう。

4.次に、フェイスラインを洗います。皮脂の分泌量が少ないパーツは泡をサッと肌に載せる程度で十分です。最後に皮膚の薄い目元、口元を洗っていきましょう。

5.ぬるま湯でしっかりとすすぎます。髪の生え際や入り組んだ小鼻は、すすぎ残しが多い部分なので意識してすすぎます。

6.清潔なタオルで水分をふき取ります。お肌をゴシゴシとこすらずに、軽く押さえるように水分を取りましょう。

正しい洗顔料の選び方

洗顔料にはクリームタイプ、リキッドタイプ、泡タイプなどさまざまなタイプがあります。それぞれに美容成分が配合され、洗い上がり感にも特徴があります。

しかしそういった洗顔料のほとんどに、お肌を刺激する合成界面活性剤が配合されています。合成界面活性剤は脂汚れを落とすものですが、お肌のバリア機能の役割をするセラミドをも洗い流すといわれています。

また洗い上がりの保湿などを特徴としている洗顔料には、油分が配合されています。

こうした油分がすすぎで落とし切れずお肌に残ってしまうと、洗顔後の保湿ケアで使用する美容液の浸透力も弱まってしまうでしょう。

毎日使う洗顔料は、合成界面活性剤、合成着色料、香料、防腐剤、パラベンなど余計なものが入っていない、シンプルな洗顔料がお肌に刺激を与えず優しく洗い上げます。

こうしたことから、昔ながらの固形石けんがオススメです。天然由来の成分のみで作られたどのような肌質でも安心して毎日使うことができます。皮脂汚れをしっかりと除去し、さっぱりとした洗い上がりです。

(まとめ)正しい洗顔のやり方を身につけて美肌を目指そう

1.間違った洗顔方法をチェックしよう
2.間違った洗顔を続けたお肌はどうなるの?
3.正しい洗顔のやり方
4.正しい洗顔料の選び方

洗顔は美肌をつくる基本のスキンケアです。これまで自己流で行ってきた洗顔方法を見直して、正しいやり方でお肌を清潔に美しく維持していきましょう。