洗顔のし過ぎは、肌荒れの原因になります。


毎日、何回洗顔をしていますか?
一般的には、朝起きて1回、就寝までにメイク落としや入浴のタイミングで、というように1日に2~3回のパターンが多いのではないでしょうか。

そのほか、スポーツなどの後で洗顔をしている人もいるでしょう。

洗顔をすると、皮膚についた汚れを取り除き、過剰な皮脂を洗い流せるので、クリアな皮膚によみがえる感じがします。また、さっぱり感があり気持ちがよいものですね。

Tゾーンや鼻の周囲の化粧くずれが気になる人は、時間に余裕があれば何回も洗顔して、ベースメイクからやり直したくなる人もいるのではないでしょうか。

しかし、実は、1日に何度も洗顔を行うという、いわゆる洗顔のし過ぎはかえって肌を傷め、乾燥する結果につながることがわかっています。

洗顔で肌を清潔しながらも、ダメージを与えないように洗顔をするためには、何に気をつければよいのでしょうか
そもそも、洗顔はどのような役割を持つのでしょうか。

洗顔は、実は肌に大きな負担をかけています

洗顔をすると、顔だけでなく気持ちもすっきりします。市販されている洗顔料も、さまざまな成分は配合されていて、選ぶだけでも楽しいものですね。

それらを使って洗顔すれば、潤いたっぷりのもっちり肌や、余計な油分のないさっぱり肌になれると思う人は多くいるでしょう。

しかし、実際には、必要以上に洗顔の回数を過度に増やしてしまうと、肌は確実にダメージを受け、肌荒れの原因にもなってしまいます。

せっかくの洗顔が、かえって肌に悪影響を及ぼしてしまうというのですから、見過ごすわけにはいきません。とくに、30~40代の年齢肌は、加齢によって肌の状態が変化しやすくなっています。

ちょっとしたことが大きなダメージにつながりやすい年代にとって、洗顔と肌荒れの関係性を理解しておくことは重要です。そこで、私たちの肌にとって洗顔がどのような役割を果たしているのか、考えてみましょう。

30~40代の肌荒れ、20代と何が違うの?


「若い頃は気にならなかったのに、最近はちょっとした睡眠不足でも肌がくすんで見えてしまう」
「朝起きると鼻やTゾーン周辺が脂っぽい」

30代からよく聞こえてくるのは、加齢による肌のちょっとした変化です。くすみ、シミ、しわ、毛穴の開き、毛穴のたるみ、乾燥やその一方でテカリ、大人ニキビなど、トラブルの種類も多いのが特徴です。

20代のころと比べて、30~40代の肌ではどうしてそのような変化が起きるのでしょうか。

1.加齢による乾燥は思った以上の大敵

変化のひとつは加齢による乾燥です。顔全体の乾燥が気になる人が急増するのは、30代からです。この年齢になると、「肌がピリピリする」「カサカサしてかゆい」といった肌荒れが頻繁に起こるようになります。

加齢による乾燥のおもな原因は、皮膚のバリア機能や保湿機能の低下が原因とされています。

もともと皮膚は、毛穴から適量の皮脂や汗を分泌することで、皮膚をホコリやちりといった外的から自分の皮膚を守っています。
しかし、加齢とともに皮脂や汗の量が低下することで、バリア機能や保湿機能も低下します。

当然、しわが目立ちやすくなる、肌のキメが粗くなる、毛穴のたるみが広がるといった乾燥肌特有の肌荒れの原因となるのです。

2.ターンオーバーの乱れ

加齢は、ターンオーバーの乱れの原因にもなっています。
ターンオーバーとは、肌が再生する周期のことで、一般的には4~6週間で1サイクルするといわれています。

年齢を重ねるにつれ、ターンオーバーの周期がのびていき、20歳では4週間、30代では5週間程度となっていき、肌が生まれ変わり再生するのに日数を費やすようになっていきます。

ストレスや不規則な生活リズム、バランスの悪い食生活や寝不足などが重なれば、さらに肌の再生能力は低下傾向におちいります。

このように肌の再生能力が低下すれば、肌のくすみやシミが消えにくくなるといったトラブルの原因となってしまうのです。

3.過剰な皮脂分泌も起こり、毛穴の開きの原因に

乾燥とは逆に、加齢によるホルモンバランスの崩れから過剰な皮脂の分泌が起こることもあります。通常、私たちの健康な肌からは、適量の皮脂と汗が出ており、それが皮膚のバリア機能を果たしています。

しかし、加齢によってホルモンバランスが崩れがちになれば、皮脂分泌が過多になることがあります。大量の皮脂は、毛穴を詰まらせるだけでなく、メイク汚れや古い角質と混ざって角栓となり毛穴をふさぎます。

毛穴の皮脂汚れが酸化すると、活性酸素の発生によってメラニンの生成を増やしてしまいます。すると、色素沈着による黒色化、すなわち「メラニン毛穴」が発生します。

このように30代からは、さまざまな肌荒れが起きやすいのです。

肌トラブル解消のために洗顔するのは間違い?

肌トラブルを洗顔で解消したいと考える人は、意外と多くいます。
しかし、洗顔料は医薬品ではありません。基本的に洗顔は顔の表面についた汚れを洗うためのものです。

洗顔だけでは、毛穴詰まりの解消、ターンオーバーの正常化、乾燥の改善に対する直接的な働きかけなどができるものではないのです。

例えば、毛穴の詰まりについて説明しましょう。毛穴には、角栓と呼ばれる過剰な皮脂や汚れなどのタンパク質が詰まっています。角栓は、洗顔で簡単に洗い流せるものではありません。

また、ターンオーバーも細胞の再生にかかわることであり、洗顔の力の及ぶ範囲でないことは明らかです。乾燥についても、洗顔によってかえって乾燥を助長してしまうこともあり、乾燥の特効薬にはなりえません。

では、洗顔には、どのような役割が期待できるのでしょうか。

1.洗顔の役割は、汚れを落とすこと

洗顔の役割は、皮膚の表面についた汚れを落とすことにあります。私たちの肌は、常に外気にさらされています。
大気の中には、ホコリやちりなどのゴミ、排気ガスやタバコの煙などの有害物質が含まれています。

気がつかないうちに、それらの汚れが肌に付着しています。
さらに、皮膚から分泌される汗や皮脂と大気中の汚れがまざった結果、肌に貼りついてしまうのです。

そのまま放置しておけば、雑菌の繁殖、皮脂の酸化による肌荒れやニキビ、毛穴詰まりの原因になります。

洗顔では、ニキビや毛穴詰まりといった肌荒れを直接治すことはできません。
しかし、肌荒れを起こしにくくなるように、肌の清潔を保つための重要なケアであることがわかります。

2.朝の洗顔も重要なスキンケアのひとつ

睡眠中は外出するわけではないので、外気に触れていないと考える人もいるかもしれません。

しかし、寝ている間にも私たちの肌は皮脂や汗の分泌が盛んに行われています。布団のホコリなども皮脂や汗と混ざりあうため、起床時の皮膚は予想外に衛生状態が悪くなっています。

朝の洗顔で汚れを落とすことで、肌を清潔に保つことができます。同時に、洗顔後は化粧水の美容成分が浸透しやすく、メイクの載りがよくなることも期待できます。

ただし、洗顔のし過ぎはかえって肌にストレスを与えます。洗顔後は水分の蒸発によって乾燥リスクにさらされるなどデリケートな状態になっています。洗顔は朝と晩の2回程度でとどめておくことが無難です。

毎日、適度な回数で行う洗顔は、汚れのついた肌をリセットすることができます。肌荒れしにくい清潔な肌を取り戻すことは、洗顔の重要な役割であり、スキンケアの基本であるといえます。

3.洗顔料はどうやって選ぶ?

洗顔の役割がわかったら、自分に合った洗顔料の選び方を知っておく必要があります。洗顔料といっても、フォームタイプ、固形石けん、パウダータイプ、ジェルタイプなどさまざまなタイプがあります。

しっかりと洗浄したい場合には、天然の界面活性剤が主成分となっている固形石けんがオススメです。丁寧に泡立てれば、油分をしっかりと落としてくれます。

逆に、乾燥肌などで肌が弱い人は洗浄力の弱いミルクタイプでしっとりと洗い上げます。ジェルタイプも肌に優しく洗浄力が弱めのものが多いようです。

濃密な泡が出てくる泡タイプやフォームタイプは、商品によって洗浄力がまちまちです。まずは洗顔料の裏面にある使用説明書をよく読んでみましょう。

洗顔料を選ぶ目安は、洗顔後に肌がつっぱる感じにならないものを選ぶことです。あまり洗浄力が強いものを選んでしまうと、かえって乾燥肌の原因を作ってしまうからです。

とくに30~40代は「肌の乾燥に悩んでいる」といった声を多く聞きます。
その場合、朝の洗顔では洗顔料を使用せずにぬるま湯洗顔で済ませる、テカリが気になる部分だけ洗顔料で洗う、などもおすすめです。

肌荒れしない洗顔、気をつける点は?


肌荒れしない清潔な肌になるための洗顔方法にはいくつかポイントがあります。

まずは、たっぷりの濃密な泡で洗うことです。

手のひらに適量の洗顔料をのせたら、ぬるま湯で丁寧に泡立てます。コシが強く、泡の量が多いほどよいでしょう。指や手の圧力が泡のクッションで緩和できるからです。

また、泡を顔の上に載せている時間は30~40秒程度におさめ、できるだけ短くします。肌に必要な水分や油分を奪いすぎないようにすることが重要だからです。

皮脂が分泌されやすいTゾーン、小鼻の周囲、目元の順に泡をのせて、最後は顔全体に軽く泡をなじませます。すすぎはぬるま湯で丁寧に行います。顎の周りや髪の生え際の洗い残しに気をつけてください。

最後に清潔なタオルで軽く顔の水分を吸い取ります。顔に少し水分が残るくらいでもよいので、肌をこすらないように優しく水分を吸い取りましょう。
時間を置かずにしっかりと保湿をしてください。

以上のポイントをおさえて、「洗顔上手の肌荒れ知らず」を目指していきましょう。

(まとめ)まずは、洗顔上手になりましょう!

1.30~40代の肌はデリケートでさまざまな肌荒れを起こしやすい
2.洗顔で肌荒れが治るわけではないが、清潔で肌荒れしにくい状態を作ることができる
3.肌質にあった洗顔料を使い、正しい洗顔方法を実践して洗顔上手を目指す

適正な回数で行う洗顔は、肌についた汚れを落として清潔な肌へと導いてくれます。清潔な肌はスキンケアの基本です。汚れのないキレイな肌に、保湿成分や美白成分を浸透させて、肌荒れ知らずになりましょう。