顔を洗うタイミングは1日2回がおすすめです。それ以上の洗顔のしすぎは逆効果になります。


普段の生活において、いつ顔を洗っていますか?朝起きたときや外出から戻ってからなど、それぞれタイミングがあるかと思います。

とくに意識せず、洗いたいときに行っている、という人もいるでしょう。なかには皮脂のベタつきが気になる、毛穴の詰まりが気になるなどの理由で1日に数回、洗顔をしている人もいるかもしれません。

しかし洗顔のしすぎは逆効果です。顔を洗いすぎると、さまざまなトラブルを招きます。

具体的には肌に必要な分の皮脂まで取り除いて乾燥肌を引き起こす、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されるなどです。

「洗いすぎがダメなら、いつ洗えばよいの?」と疑問に思う人もいるでしょう。
原則、洗顔のタイミングは、朝と夜の1日2回がよいとされています。

それ以上だと、肌に負担をかけてしまう可能性が高まります。肌に負担をかけたくないからといって、洗顔を1日1回だけで済ませるのも避けた方がよいでしょう。

朝は就寝中に付着した汚れ、夜はメイク汚れや外出先で付いたホコリなどを洗顔で落とすためです。

1日の汚れを1回で落とすことは難しく、落としそこねた汚れが肌に残ったままだと肌トラブルの原因につながります。

適切なタイミングと正しいやり方で洗顔を

スキンケアに欠かせないステップが洗顔です。

化粧水や美容液の有効成分を浸透させるために、肌を清潔な状態にする目的があります。
メイクをしていなくても、肌にホコリや汚れは付着するので、そういったものを取り除くことが必要なのです。

肌に付着した汚れをそのままにしておくと、刺激やダメージを与えることになりトラブルの原因につながります。

しかし洗顔の頻度が多すぎたり、誤った方法で顔を洗っていたりすると、肌をキレイになるどころか肌の状態を悪くさせてしまう可能性があります。せっかく顔を洗っても、肌が荒れてしまったら元も子もありません。

正しい方法で顔を洗えば、肌に負担をかけることなくしっかりと汚れを落とせます。毛穴の詰まりも改善するため、化粧水や美容液の浸透性もよくなると考えられます。

顔を洗うタイミングは朝と夜


顔を洗う適切なタイミングは、朝と夜の1日2回がよいと言われています。

夜は、メイクをしている、外出中に付着した汚れを落とすなどの目的で必ず顔を洗っている人が大半でしょう。クレンジングと併用している人も多いかと思われます。

朝に洗顔する目的は、就寝中の汗や皮脂汚れ、顔についたホコリなどを洗い落とすことです。ただし夜に比べると顔に付着している汚れは少ないと考えられるため、軽めで洗うだけでも十分です。

朝の洗顔方法に関しては、「ぬるま湯で皮脂を落とす程度にする」「洗顔料を使う」など諸説あります。これは人によって、肌質や肌の状態が違うので、自分にあった方法を見つけましょう。

オイリー肌の人や汚れが気になるときは、ぬるま湯だけでは十分に汚れを落としきれないこともあります。そういった場合は、朝も洗顔料を使うとよいでしょう。

朝、洗顔料を使う場合は肌にマイルドな洗浄力のものを選ぶのがよさそうです。

敏感肌や乾燥肌の人は肌が乾燥しやすいため、皮脂量が多いTゾーンやUゾーンは洗顔料、そのほかの部分はぬるま湯と洗い分けます。できるだけ、肌にかかる負担を減らすのがポイントです。

朝、忙しくてあまり時間がないという人は、拭き取り化粧水を使うのもひとつの手です。コットンに化粧水をつけて肌を拭き取るだけで、古い角質・皮脂・汚れをオフしてくれます。

拭き取り化粧水を使う時は、コットンがヒタヒタになるまでたっぷり使いましょう。そして力を入れて擦らずに優しく拭き取ってください。

正しい洗顔方法をマスターしよう

正しい方法で顔を洗えていますか?「自分は大丈夫」と思っていても、実は意外とできていないものです。下記に正しい洗顔方法を紹介します。

普段のやり方と比べてみて、気になる点は見直してみてください。

1.顎に泡をのせ、皮脂量の多いTゾーン(小鼻や額)へ泡を転がすようにして広げます。そして指でクルクルしながらフェイスラインへ泡を転がします。

2. 次にUゾーンを洗います。皮脂量の少ない頬は軽く手のひらでなでる程度にし、洗いすぎないように注意します。生え際は指をジグザグ動かしながら、隅々まで洗います。

3.最後は、丁寧にすすぎます。ぬるま湯で溶かすイメージで、泡を流すのがポイントです。生え際やフェイスラインも念入りにすすぎ、泡が残らないように気をつけましょう。

次に上手に洗顔するためのポイントです。

・きめ細かで濃密な泡で洗う
洗顔時は泡を転がすようにして洗いますが、きめの粗い泡ではきちんと汚れを落とすことができません。しっかりと泡立てて、キメの細かい濃密な泡で洗いましょう。

・ぬるま湯ですすぐ
泡を落とす時は、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。熱めのお湯であれば汚れが落とせるような気にもなりますが、実際は必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

皮脂を落としすぎると肌の乾燥や過剰な皮脂分泌につながります。

・力を入れずに優しく洗う
汚れを落とそうとして指でゴシゴシと洗うのはNGです。肌へ負担をかけてしまい、最悪の場合、傷つけてしまうこともあります。

顔を洗う時は、力を入れないで優しく洗うことが重要です。泡をクッションにして、肌が動かない程度の力で洗いましょう。

上手な洗顔のコツは「泡」です


上手に顔を洗うためには、泡が重要な役割を果たしています。これは、泡に古い角質や毛穴汚れが吸着することで肌の汚れを落とすためです。

ただしキメが粗いと汚れを吸着できず、落としきることができません。できるだけキメ細かい濃密な泡を作ることを意識してみましょう。目安としては、ツノが立ち、手を逆さにしても落ちない程度の柔らかさです。

ではどのようにして濃密な泡を作ればよいのでしょうか。泡立て方のポイントをまとめてみました。

1.手を洗う
手に油分が付着したままだと、上手く泡を立てることができません。洗顔を始める前には、手を洗いましょう。手を清潔な状態にするのと同時に、油分を落とす役目があります。

2.差し水はたっぷりと
泡立てる時は、差し水をするようにしましょう。泡に水分を含ませることでキメ細かな泡を作ることができます。

3.空気を含ませる
泡立てる時は、手のひらを器のようにして洗顔料をのせます。そしてもう片方の手の指先で泡立てます。

泡立て器のように空気を含ませるようにしながら指先を動かすとよいでしょう。

上記の方法でも、「上手く泡立てることができない」「泡立てる時間がない」などの悩みがある人は、洗顔グッズを使うのもひとつの手です。生活雑貨店、コスメショップ、100円などで手に入れることができます。

洗顔の前にひと手間加えて、しっかりと泡立てることで、上手に洗顔することができるようになるはずです。

洗顔グッズを取り入れて肌スッキリ!

手だけでも十分に泡立てて洗顔することができますが、洗顔グッズを使うことでより上手に泡を作ることができます。

1.泡立てネット
洗顔グッズの定番といえば泡立てネットです。ネットは細かいメッシュ状のものが多く、ぬらして洗顔料をつけてネットを手の中でもむだけで、キメ細かい泡を作ることができます。

手で作るよりも簡単に濃密な泡を作ることができるうえ、100円ショップでも手に入るので、手軽に取り入れることができそうです。

2.洗顔用泡立て器
「泡立て器」と聞くと、「お菓子作りで使うもの」を想像する人が多いと思います。実は、洗顔用の泡立て器も存在します。

使い方は、専用の容器の中に、ぬるま湯と洗顔料を入れてフタをします。フタの部分にはスティックがついており、上下に動かすことでモチモチの泡を作ることができる優れものです。

3.洗顔ブラシ
洗顔ブラシで顔を洗う方法もあります。手で洗うよりも洗浄効果が高いとされていますが、「肌を傷つけてしまいそう…」と使用を躊躇してしまう人もいるでしょう。

使い方は、まず顔に泡を載せます。
水でぬらした洗顔ブラシで泡を広げるようにして洗っていきます。ブラシの毛を顔に垂直に置くようにして洗うのがポイントです。

洗顔ブラシを使う時は、多めの泡で洗うようにすると肌が傷つきにくくなります。ただしいきなり頻繁に行うと肌に負担をかけてしまうので、週1回程度から取り入れてみるのがおすすめです。

洗顔の際のNG行動とは

正しい洗顔方法をマスターしても頻度が多すぎると、かえって肌トラブルを招きます。具体的にどのようなトラブルがあるのでしょうか。

洗顔しすぎると、汚れを落とすことはできますが、本来必要な皮脂、肌内部の潤い成分も奪ってしまいます。すると肌は乾燥状態になります。

これ以上の乾燥を防ぐため、水分の蒸発から守ろうと応急処置として皮脂が分泌されます。こうして過剰に分泌された皮脂は角栓の材料となり、毛穴トラブルの原因につながります。

角栓の材料となる余分な皮脂を落とそうとした結果、さらに皮脂を分泌することになってしまうのです。

また過度な洗顔は肌表面の角質を傷つけます。肌の薄いところが刺激を受けたり、雑菌が入り込んだりして、肌荒れやニキビなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

洗顔は朝と夜の1日2回行うだけで、十分に顔の汚れを落とすことができます。洗いすぎに注意し、適切なタイミングで顔を洗うように心掛けましょう。

(まとめ)洗顔のしすぎは逆効果、適切なタイミングと方法で

1.洗顔のタイミングは、朝と夜の1日2回がおすすめ
2.正しい洗顔方法をマスターしよう
3.上手な洗顔のポイントは、「きめ細かな泡」「ぬるま湯ですすぐ」「優しく洗う」
4.洗顔前にキメの細かい濃密な泡を立てよう
5.手で泡立てる時間がなければ、泡立てネットのような洗顔グッズを使おう。

キメ細かい泡をたっぷり使って優しく洗うことで、毛穴や肌の汚れをしっかりと落とすことができます。また洗顔グッズを取り入れることで、手軽に泡立てることも可能です。

キレイな肌を保つためには、洗顔のしすぎは禁物です。適切なタイミングと正しい洗顔で、汚れをスッキリ落としましょう。