場合によっては夜だけでなく、朝も洗顔料を使いましょう。


朝、起きたら洗顔料で顔を洗っていますか?それともぬるま湯でサッとすすぐだけにして、洗顔料を使うのは夜だけにしていますか?

朝は時間がないし、メイクをしているわけではないからと、水、もしくはぬるま湯だけで済ませている人もいるでしょう。しかし皆が朝は洗顔料を使わなくてもよいのでしょうか。

そもそも洗顔の目的は、汗・皮脂・垢・ホコリなど、肌に付着した汚れを落とすことです。外出から帰ってきて疲れているからといって、顔を洗わずに汚れをそのままにしておくと肌荒れや毛穴トラブルの原因につながります。

朝はメイクしてはいないものの、就寝中に汚れが付着していたり、毛穴から皮脂が分泌していたりして、決してキレイな状態とはいえません。

水やぬるま湯だけだと汚れを落としきれない可能性もあるため、人によっては朝も洗顔料を使った方がよいでしょう。夜はメイク汚れや外のホコリやちりが肌に付着しているため、クレンジング剤や洗顔料を使います。

人によっては、洗顔料を使った洗顔は夜だけでなく、朝も行った方がベターです。汚れが気になるときなどは、朝と夜の1日2回は洗顔料を使って顔を洗うようにしましょう。

顔を洗うタイミングは朝と夜の1日2回

顔を洗うタイミングは、朝と夜の1日2回が適切だと考えられます。しかし万が一、朝、顔を洗い忘れてしまうことがあっても問題はないのでしょうか。

1日分の肌汚れを、夜の洗顔1回で落としきることは難しいと考えられています。落とし残した汚れをそのままにしておくと、肌トラブルを招く可能性が高くなります。

では付着する汚れの量が多いからと1日に何度も顔を洗ってよいのかというと、そういうわけでもありません。顔を洗い過ぎると肌に負担がかかるうえ、乾燥肌の原因にもつながります。

洗顔し過ぎると、必要な皮脂を取り除かれてしまい、肌を乾燥させてしまいます。すると毛穴は皮脂を過剰に分泌してしまい、角栓の材料となってしまいます。

つまり顔を洗い過ぎても、洗い足りなくてもよくありません。洗顔は朝と夜、1日2回がとどめておくのが最適です。

では朝と夜で、洗顔方法に違いはあるのでしょうか。

就寝中の汚れを落とす朝洗顔はマイルドに


朝の洗顔の目的は、就寝中に付着した肌の汚れ、汗、分泌した皮脂汚れなどを落とすことです。

朝洗顔に関しては、大きく分けて「ぬるま湯だけで済ませる」「夜と同様に洗顔料を使う」といった2つの意見があります。一般的に、夜の状態に比べると、顔についた汚れは少ないと考えられるため、軽く洗うだけでも問題ないようにも思えます。

しかし夏季に寝室が高温だったり、体調により体温が高かったりするときは、就寝中の汗や皮脂の分泌が多くなるときかあります。また体質的に、朝起きた時に皮脂が目立つ人もいるでしょう。

そういった朝の洗顔は、ぬるま湯だけでは十分に汚れを落としきれません。肌に残った汚れが悪影響を及ぼす可能性があります。

汚れや皮脂が気になったら、朝も洗顔料を使いましょう。夜ほど汚れが付着していないことから、朝に使う洗顔料はマイルドな洗浄力のものを選んでください。

朝は忙しくてどうしても洗顔料を使う時間を取れない人は、拭き取り化粧水がおすすめです。使い方は、コットンに化粧水をつけて肌を拭き取るだけです。手早く、古い角質や皮脂を取り除いてさっぱりできます。

ただし敏感肌や乾燥肌の人が朝洗顔をする時は、少し注意が必要です。肌が乾燥しやすいため、洗顔料を使って顔を洗うと予想以上に皮脂が落ちすぎてしまい、乾燥肌が悪化する可能性があります。

敏感肌や乾燥肌の人は、朝洗顔の際はできるだけ肌に負担がかからないように注意しましょう。たとえば皮脂量が多い小鼻周り、額、顎などは洗顔料、他の部分はぬるま湯と、部分ごとに洗い方を変えるのも手です。

メイクやホコリを落とす夜洗顔はしっかりと

夜はメイク、ホコリ、ちりなど、さまざまな汚れが顔についています。このため外出から戻ったら、速やかに洗顔をして顔の汚れを落とすようにしましょう。

急いで汚れを落とそうとして、雑な洗顔になってしまうのはNGです。
洗顔の方法をまとめました。

1.クレンジング
洗顔料でメイクを落とすことはできないため、洗顔の前にクレンジングを行います。クレンジング料をメイクになじませてから、ぬるま湯でしっかりすすぎます。

2.泡を作る
上手な洗顔のポイントは、キメ細かい濃密な泡で優しく洗うことです。泡に毛穴汚れやホコリを吸着させて洗い流すことで、汚れを落とします。

手のひらに洗顔料を載せ、もう片方の手の指先で泡立てます。角が立ち、手のひらを逆さにしても落ちないくらい固さが目安です。

上手く泡を作ることができない時は、洗顔ネットを使うとよいでしょう。

3.洗顔
泡をたっぷり作ったら、いよいよ洗顔です。まず顎に泡をのせ、皮脂量の多い鼻周りや額へ泡を転がすように広げます。次に指でクルクルと優しくなでながら、フェイスラインに沿って泡を転がします。

皮脂量の少ない頬の部分は、皮脂を取り過ぎないように軽く手のひらでなでる程度にします。生え際は指をジグザグ動かしながら、すみずみまで洗います。

4.すすぎ
洗顔を終えたら顔の泡をすすいで落とします。ぬるま湯で泡を溶かすようにしながら流すとよいでしょう。生え際やフェイスラインはすすぎ残してしまうことがあるため、泡が残らないように念入りにすすいでください。

「夜だけ肌断食」ってどういうもの?


「夜だけ肌断食」という言葉を聞いたことはありますか?
これは、朝はいつも通りに洗顔とスキンケアを行い、夜は洗顔のみのケアにとどめる美容法のことです。

洗顔をした後はあえて化粧水や美容液などをつけずに過ごす、いたってシンプルな美容法です。

「洗顔後はすぐに保湿をしなくてはいけないのでは?」「美容成分の補給をしなくて大丈夫なの?」と不安に思う人も多いかと思います。

日中、メイクや紫外線の刺激にさらされた肌は、とても疲れています。だからこそクレンジングや洗顔で汚れをしっかりと落とし、化粧水や美容液で丁寧にお手入れすることで肌をケアするのが通常のスキンケアです。

夜だけ肌断食は通常のスキンケアとは逆の考え方をします。「たくさん化粧品を使うスキンケアは、疲れて荒れた肌に化粧水や乳液などを加えることで、老廃物の排出を妨げている」と考えます。

肌断食の目的は、肌本来の力を引き出すことです。あえて必要最低限のケアにとどめて肌への負担を軽くします。

ターンオーバーを回復させ、不足する潤い成分は自然に再生されてくるのを待つ、というように肌そのもののチカラを取り戻そうというものです。肌断食を行う時は、基本的にぬるま湯のみ、もしくは石けんで洗顔します。

基本的にはメイクも石けんで落とすのがルールですが、落としきれないのでは…と不安に思う人も多いでしょう。

「夜だけ肌断食」を行っている間は軽めのメイクにするか、目元や口元のポイントメイクには専用リムーバーを使うなど、ポイントメイクのみクレンジングを行ってもよいでしょう。

どうしても顔全体をクレンジングする時は、ホホバオイルやオリーブオイルを使う方法があります。ただし効果については個人差があると考えられるので、夜だけの肌断食を取り入れる時は、自分の肌と相談しながら行うようにしましょう。

やってはいけないNG洗顔まとめ

朝でも夜でも、洗顔の際に避けたい行動があります。下記にやってはいけない行為をまとめました。

・高温のお湯はNG
洗顔時、水温が高すぎるのはNGです。

熱めのお湯だと汚れをしっかりと落とせそうな気もしますが、本来必要な皮脂や潤いまで取り除いてしまう、肌に刺激を与えるなどの影響があります。

皮脂を落としすぎると肌の乾燥にもつながり、過剰な皮脂分泌を招くことになります。洗顔はぬるま湯で行うのがベターです。

・力を入れた洗顔はNG
汚れをしっかりと落としたいあまり、指でゴシゴシとこするように洗ってはいけません。肌を傷つけることもあるうえ、傷ついた部分に菌が入ってしまうと炎症やニキビを引き起こします。

顔を洗うときは優しく丁寧に洗うことが重要です。
たっぷりの泡をクッションにして、肌を動かさない程度の力で洗うようにしましょう。

夜だけ洗顔して、朝洗顔をしないとこんなトラブルが!

忙しいからといって、朝の洗顔を怠ると、どのようなトラブルが起きるのでしょうか。

就寝中は肌のターンオーバーにより、毛穴から老廃物が皮脂とともに排出されています。メイクをしてないからといって、肌がキレイなわけではありません。

老廃物や皮脂をしっかりと落とさないと、角栓となって毛穴に詰まってしまいます。毛穴に角栓が詰まったまま放置すると、やがて酸化して黒ずんでしまい、汚れて目立つ「黒ずみ毛穴」となります。

また肌に残ったままの汚れが肌を刺激することで、肌荒れ、炎症、ニキビなどを引き起こす可能性があります。

とくに皮脂や汚れが気になる人は、洗顔料や拭き取り化粧水を使い、顔をキレイにしておきましょう。朝、少し時間と手間が必要ですが、やっておけば肌の状態が格段によくなります。

洗顔後は肌が乾燥しやすくなっているため、速やかにスキンケアをすることも大切です。顔をキレイにしてから保湿をすれば、メイクの載りもよくなるはずです。

朝だからこそ、きちんとケアをして、気持ちよく1日を過ごせるように準備をしましょう。

(まとめ)朝と夜、1日2回は洗顔してキレイな肌を維持しよう

1.顔を洗うタイミングは、朝と夜の1日2回がよい
2.汚れが気になれば、朝の洗顔でも洗顔料を使う
3.夜の洗顔は、クレンジングでメイクを落としてから行う
4.夜だけ肌断食をして、肌本来の力を取り戻す方法もある

朝洗顔を水かぬるま湯だけで済ませていて、なんとなく肌の不調を感じていませんか?
もしかすると汚れを落とし切れていなかったかもしれません。

朝も洗顔料を使うことで、肌の調子がよくなる可能性があります。洗顔には朝と夜、それぞれ目的があり、洗顔方法も異なります。

上手に使い分けて、キレイな肌を維持しましょう。