洗顔後に肌がつっぱるのは、汚れが取り除かれた証拠でもあります。


洗顔後に肌がつっぱる感じがする…誰でもそんな経験しているのではないでしょうか?洗顔後にパリパリと肌のつっぱりを感じて、急いで化粧水をつけるなんてこともあるでしょう。

また「つっぱるのが嫌だから」と洗顔後にすすぎを簡単に済ませる、などはありませんか?

洗顔料が原因と考えている人も多いかもしれません。たくさんの種類の洗顔料を試してみたけれど、とくに洗い上がりの感覚に違いがない…とがっかりすることもあるのではないでしょうか。

さて洗顔後のつっぱり感はそんなに悪いことなのでしょうか。どうして多くの人が洗顔後につっぱることが悪いと感じてしまうのでしょうか?

それは、つっぱり感→肌の乾燥→シワやたるみの原因→肌の老化

こんなイメージを連想するからかもしれません。

このようなイメージから「洗顔の方法が間違っているのかな?」「乾燥肌なのかな?」
などとさまざまなことを考えて、不安になってしまうのです。

洗顔後につっぱるのは乾燥が原因と考えがちですが、実は汚れが落ちている証拠でもあります。そして「つっぱり感」自体は悪いことではないのです。

ここでは肌がつっぱってしまう理由と原因、正しい洗顔のポイントなどを詳しくお話したいと思います。

洗顔後に肌がつっぱる理由とは

悪いことではないとしても、やはり洗顔後に肌がつっぱるのは気になります。このまま放っておいて大丈夫なのかと不安になってしまいますよね。

では洗顔後につっぱってしまう、その理由は何なのでしょうか?

それは、洗顔でメイクの汚れや皮脂、肌が持つ保湿成分、肌表面の水分を保っていたものが取り除かれたためです。

一見、本来必要であろうものも取り除かれてしまっていますが安心してください。健康な肌であれば、自然に再生するのです。

ですからこのつっぱり感は、洗顔がしっかりと行われている証拠ということになります。洗顔後はつっぱっていますが、このときは肌のバリア機能が失われ、無防備な状態になっています。

肌の角質層が健康な状態なら、肌内部から水分の蒸発がゆっくりと行われ、バリア機能が戻ってきます。そうするとつっぱり感は薄れていくはずです。

一方でつっぱり感とともに、肌表面がゴワゴワと硬く感じるときには、角質層が乾燥している状態なので別の対策を考えなければなりません。

洗顔料はしっかりと洗い流しましょう


クレンジングや洗顔後の肌のツッパリを避けようとして、洗顔料を使った後のすすぎを簡単にしていませんか?流し過ぎないと、しっとりするような気になりますが、しかしこれは間違った考え方です。

潤いでしっとりしているのではなく、どちらかとういうとヌルヌルした感じではありませんか?このヌルヌル感の正体は、実はすすぎ残しの肌の汚れと洗顔料である可能性があります。

汚れと洗顔料が、キレイに落ちておらず、肌についたままになっているということなのです。

肌に残った汚れは、皮脂や古い角質と混ざって、毛穴詰まりやくすみの原因にもなります。刺激や雑菌の繁殖により、肌荒れや大人ニキビを招くこともあります。

また洗顔料には「合成界面活性剤」が含まれています。メイクや肌の汚れ、肌表面の皮脂などを浮かせて取り除く目的で配合されています。

洗浄力を高めるために、天然成分ではなく合成されたものによって作られています。肌には刺激が強くなっており、すすぎ残してしまうと肌の内部に浸透し、肌細胞のタンパク質を傷つけてしまうことがあります。

合成界面活性剤は市販の洗顔料の多くに含まれているため、注意が必要です。そういった洗顔料を使用している場合には、しっかり洗い流すようにしてください。

そしてなるべく合成界面活性剤の入っていない洗顔料を選ぶようにしましょう。

正しい洗顔の方法

1.清潔な手で洗う
まずは手についている雑菌などで肌を刺激しないように、手を洗います。

2.ぬるま湯で最初に顔を流す
洗顔料を直接肌につけないでください。まず顔全体を水で流してぬらしましょう。こうすることであらかじめ毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。

3.洗顔料をよく泡立てる
手のひらいっぱいに弾力のある泡を作りましょう。泡立てるのが面倒……という人は洗顔ネットを使うと簡単に濃密な泡を作ることができます。

泡で出てくる洗顔料もおすすめです。

4.泡で顔を洗う
洗顔料は手で顔を洗うのではなく、「泡」で顔を洗うようにしましょう。洗うときに、手と肌が触れると摩擦が起きてそれが刺激になってしまいます。

肌の上で泡を転がすように常に肌と手の間に泡があるようにして、顔全体を洗います。
泡で汚れを浮かせて肌に負担をかけず洗うようにしましょう。

5.しっかりとすすぐ
すすぎの温度は冷たすぎず、熱すぎない温度にします。とくに髪の毛の生え際や顎の下など洗顔料が残りやすい場所は念入りにぬるま湯でしっかりと洗い流します。

すすぎ残しの洗顔料が残っていると肌トラブルの原因になります。注意しましょう。

5.清潔なタオルで水気を拭き取る
洗顔後の肌はとてもデリケートな状態です。しっかり水分を拭きとらなければと、ゴシゴシタオルでこすってしまいそうですが、それはNGです。

顔を拭くというよりは、タオルで押さえるというイメージです。やさしく拭き取りましょう。

正しい手順で洗顔をすることで必要以上に皮脂が取り除かれることを防ぐことができます。それによって必要な潤いが残り、皮脂膜が肌を守ってくれるので健康的な肌になります。

洗いすぎは禁物ですので、1日に何度も洗顔をするのはやめましょう。

洗顔後はすぐに保湿をすることが大切


皮脂が分泌されることで、皮脂膜によって水分の蒸発による肌の乾燥を防いでいます。洗顔で皮脂膜が取り除かれると、また皮脂が分泌されて皮脂膜が出来上がります。

しかし乾燥した時期や気温が低いとき、また年齢を重ねていくにつれ、この皮脂の分泌のタイミングが間に合わなくなります。すると水分の蒸発が進んで、肌の乾燥がひどくなってしまいます。

こういったことを防ぐため、洗顔後はすぐに保湿することが大切です。保湿成分のたっぷり入った化粧水を使いましょう。

化粧水をつけるときに、手のひら全体で軽く押しあてるようにすると浸透しやすくなります。コットンを使ってもよいでしょう。

こすり込むと摩擦で肌に負担がかかります。優しいタッチで行うようにしましょう。

乾燥を招くNGケア

乾燥肌の多くは間違ったスキンケアが原因です。ではどんな点に注意していったらよいのでしょうか?

NGなスキンケアを挙げていきます。

1.洗顔後に保湿をせず放置している
洗顔後は肌内部の水分が奪われていくので、できるだけ早く保湿しましょう。

2.肌質にあわないスキンケアアイテムの使用
口コミサイトの評価の高いアイテムでも自分の肌にあわなければ、肌トラブルの原因になります。

まずはサンプルの使用や少量ずつの購入で様子を見て、自分の肌にあっているかよく見極めてから常用するようにしましょう。

3.高価な化粧品を少しずつしか肌に使わない

「高価な化粧品はもったいない」という気持ちから、少量ずつしか使わない、ということはありませんか?化粧品の効果を最大限に引き出すためにも使用説明書にある適量を使用することが大切です。

4.脂性肌だからといって、保湿は化粧水のみにしている

肌が脂っぽいからといって、化粧水だけで済ませていませんか。化粧水の後には、油分の含まれた乳液やクリームなどで保湿することが必要です。

しっかりと保湿をしないと、肌の乾燥により皮脂の分泌が過剰に行われてしまいます。

5.スキンケアアイテムを使用する順序が間違っている

それぞれの化粧品の果たす役割を理解して、順序を組みましょう。
一般的に化粧水→美容液→乳液→オイルやクリームの順で使用しますが、メーカーや配合成分、目的によって異なります。

仕様説明書をよく読んで、個々の製品と総合的な効果がしっかり発揮されるように使っていきましょう。

一般的なスキンケア化粧品の役割を挙げていきます。

・化粧水の役割は角質まで保湿成分と、その後に使用するアイテムを浸透させる役割があります。

・美容液は悩みの目的に特化しています。

・乳液は水分と油分がバランスよく配合されていて、水分と油分の両方で肌に潤いを与えます。

・クリームやオイルは乳液よりも油分量が高いので最後に使用します。それまでにつけたアイテムの成分を肌に閉じ込める、ふたの役割もあります。

洗顔時の注意点

洗顔後につっぱり感だけではなく、ヒリヒリした感覚がある場合は注意が必要です。それは洗顔時に肌に強い刺激を与えてしまっていることが考えられます。

まずもともと肌トラブルがあったり、洗顔料の成分が肌に合っていなかったりすることが考えられます。

肌に異状があるときは、ぬるま湯のみで優しく洗うようにしましょう。洗浄効果が高すぎるものやスクラブなどが含まれていると強いダメージを与えてしまいます。

洗顔時の水温も大切です。冷たい水や、熱いお湯で洗っていませんか?

急に冷やすと肌の毛細血管が収縮して、赤みがでることがあります。冷たい水ですすぐと毛穴が引き締まる気がしますが、これは一時的に毛穴が縮んだだけであって、毛穴自体が小さくなったわけではありません。

高い温度のお湯は、皮脂や汚れなどは落ちやすいのですが、本来必要な油分や潤いも洗い流されてしまい、乾燥の悪化につながることがあります。

また洗顔にどのくらい時間をかけていますか?洗顔料を肌に載せている時間が長過ぎると、潤いを必要以上に落としてしまいます。

手や洗顔ブラシなどで強くこすることも肌に刺激となりますので注意しましょう。

(まとめ)正しいスキンケアを続けて、乾燥を防ぎましょう

1.洗顔料はしっかりと洗い流しましょう
2.正しい洗顔の方法
3.洗顔後はすぐに保湿をすることが大切
4.乾燥を防ぐNGケアに気をつける

洗顔後に肌につっぱり感が残ると、ついつい乾燥が進んでいるのかなと心配になりますが、必ずしもそうではありません。きちんと汚れが取り除かれた証拠でもあります。

洗顔はしっかりと汚れを落とすことが必要です。また洗顔後は肌が無防備な状態のため、水分をすぐに補ってあげることが必要です。

今までの洗顔方法を見直し、化粧品の使用方法をあらためて確認することで、肌トラブルのない健康な肌になっていきます。