夜の洗顔は寝る前のバスタイムがおすすめ


洗顔は朝起きた時と、夜の帰宅後にするのが一般的です。
夜の洗顔は帰宅後すぐにメイクを落とす人もいれば、寝る直前までそのままの人もいます。

帰宅後すぐに洗顔をして、夕飯後のバスタイムにもう一度洗顔をする人もいます。就寝前にも必ず洗顔をすると言う人もいます。

洗顔をしてから就寝までの間に汗や皮脂でお肌が汚れしまうのはイヤですよね。

しかし正しい洗顔方法としては、洗顔は1日2回までが理想といわれています。洗顔のやり過ぎは、お肌に必要な皮脂や角質までも洗い流してしまい、乾燥や肌荒れなど肌トラブルを引き起こす原因になるからです。

人によって洗顔のタイミングはさまざまです。夜の洗顔のベストなタイミングはあるのでしょうか?

夜の洗顔のベストなタイミングは、バスタイムに行うのがよいといわれています。シャンプーや身体を洗った後、お風呂から上がる直前に洗顔するのがよいタイミングなのです。

今回は、夜の洗顔のタイミングを説明していきます。これまで洗顔のタイミングを気にしていなかった人もぜひ参考にしてみてください。

お肌の変化が実感できるはずです。

バスタイムの正しい洗顔方法

洗顔は健康で美しい肌をつくるもっとも基本的なスキンケアです。

起床後の洗顔は、就寝中にかいた汗や皮脂を除去するために行うものです。洗顔後の保湿ケアでは、日中の乾燥やメイク崩れを防ぐことを意識してお手入れします。

夜の洗顔は、日中に受けた空気中のホコリや雑菌、汗や皮脂などを取り除きお肌を清潔にするために行います。洋服を着ている体とは違って、顔は外部にさらけ出したままです。

1日中、外部の刺激を受けたお肌をいたわりながら、栄養をたっぷりと与えて回復を促すお手入れは、夜のスキンケアではとても大切です。

またお肌の回復は夜の睡眠中に活発に行われます。お肌のゴールデンタイムといわれる夜10時から深夜2時までの間に良質な睡眠をとるためにも、1日の疲れをいやしてくれるバスタイムは欠かせません。

夜の洗顔のベストなタイミングは?


帰宅してから寝るまでの間で、洗顔を行うのにベストなタイミングは、夜のバスタイムです。お風呂に入ると身体がポカポカと温まり、毛穴が大きく開きやすくなります。

毛穴が開くと、毛穴の奥に詰まった余分な皮脂や古い角質が取れやすくなるので、クレンジングや洗顔も効率よく行うことができます。

もっとも理想的なバスタイムは帰宅してすぐです。丸一日お肌に載せていたメイク、皮脂や汗で汚れたお肌は時間が経てば経つほどに、どんどん酸化が進行していきます。

お肌の酸化は、シミやたるみの原因となりお肌の老化を早めます。お肌の酸化を進行させないためにも、正しい方法で洗顔を行い皮脂やメイク汚れをしっかりと落とすことが大切です。

しかし帰宅後すぐの入浴は難しい人が多いでしょう。その場合は、夜のバスタイムにクレンジング、洗顔を行いましょう。

バスタイムではすぐにクレンジング、洗顔を行ってすっきりしたところでゆっくりと湯船につかりたいところですが、まずはシャンプーをして体を洗います。その後に湯船につかり体を温めて毛穴を開かせます。

お風呂からあがる直前に、クレンジングと洗顔を行いましょう。先に洗顔をしてしまうと、お風呂からあがるまでにお肌が乾燥してしまう可能性もあります。

またシャンプーが顔についてしまい、ニキビなどの肌トラブルの原因となることもあります。そのため、洗顔はバスタイムの最後に行うのがおすすめです。

夜の正しいスキンケアの方法

夜の洗顔はバスタイムに行うのがよい、というのを説明してきました。では次に、夜の正しいスキンケアの手順を紹介していきます。

1.クレンジング
メイクをしている人は必ずクレンジングを行います。
油分が配合されているメイクアイテムは、クレンジング剤を使わなければメイクは落としきれません。

お肌にメイク汚れが残ってしまうと、メイクの油分が空気に触れて酸化し、シミやくすみの原因となります。お肌の老化をどんどん進行させてしまいます。

油分を落とすクレンジングは、スキンケアの中でもお肌への負担がとても大きい工程となります。少しでもお肌への負担を軽減させるためには、クレンジング剤選びがとても重要です。

クレンジング剤には、さまざまなタイプがあります。クレンジング剤を選ぶ際のポイントは、お肌に大きなダメージを与える合成界面活性剤の配合量が少ない物を選ぶことです。

合成界面活性剤が多量に配合されているクレンジング剤は洗浄力が高いため、素早くメイクが落とせて洗い上がりもスッキリします。しかしお肌の角質層にある角質細胞やセラミドなどの保湿成分も洗い流してしまいます。

クレンジング剤の中でも合成界面活性剤の配合量が比較的少ないのは、クリームタイプのクレンジング剤です。適度な油分を含んでいるため、オフする際、摩擦が起きにくくお肌への負担も抑えられます。

ナチュラルメイクであれば十分にクレンジングできますが、濃いメイクの人は物足りなさを感じるかもしれません。その場合は、目元や口元専用のリムーバーで先にオフしてから顔全体をクレンジングするとよいでしょう。

クレンジングの正しい方法は、皮脂の多い額や小鼻、フェイスラインを先にクレンジングしていきます。次に頬、最後に皮膚の薄い目元や口元にはさっと載せるようにして行っていきます。

クレンジング剤は、メイクとなじませるように指の腹を使ってクルクルとマッサージするようにのばしていきます。すすぎはぬるま湯でしっかりと流しましょう。

2.洗顔
クレンジングの後は、洗顔料を使って一日の汗と皮脂、空気中のホコリや雑菌をしっかりと洗い流しましょう。

汚れがお肌に残ってしまうと、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが正常に行われなくなり、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

また洗顔後の保湿ケアで使用する化粧品が毛穴の奥までしっかりと浸透せず、美容成分の作用がまったく実感できなくなります。そのために正しい洗顔方法でしっかりと汚れを除去しましょう。

洗顔料もさまざまなタイプがあります。クレンジング剤と同じく洗顔料を選ぶ際には、合成界面活性剤の配合量が少ない、もしくは配合されていないものがおすすめです。

中でも固形の石けんは、天然由来の成分で作られたものがほとんどです。合成界面活性剤をはじめ合成着色料、防腐剤、パラベン、香料など余計な添加物が入っていないものがよいでしょう。

固形の石けんは皮脂汚れもしっかりと落として、洗い上がりもさっぱりとしています。固形石けんで洗った後は、お肌が突っ張った感じがすることがあります。

これは一時的に皮脂膜が流れ去ったからです。

皮脂膜は汗と皮脂などが混ざり合ったもので、お肌の保湿成分です。皮脂や汗は常に分泌されているので、洗顔後30分もすればすぐに回復するので心配ありません。

正しい洗顔方法を説明します。洗顔料をしっかりと泡立てから洗顔します。

泡立て用のネットを使うと短時間でモコモコの泡を作ることができるのでおすすめです。

たっぷりの泡を手でなでるように洗います。泡が汚れを吸着してくれるので、ゴシゴシとこする必要はありません。

優しく丁寧に洗いましょう。すすぎはぬるま湯でしっかりと流します。

洗顔後は、清潔なタオルで、お肌を優しく押さえるようにして水分を拭き取ります。

3.保湿ケア
洗顔後はすぐに保湿ケアを行いましょう。手順は化粧水、美容液、乳液、クリームの順が一般的です。

ただ化粧品メーカーによっては順番が異なるので確認してから行いましょう。

化粧水は洗顔後の保湿成分を失った角質層に水分を補い、潤いを与えます。お肌の乾燥が気になる場合は、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、パックをするのもよいでしょう。

美容液は、シワ・シミ・美白など、お肌の悩みに合った美容成分が配合されたものを選ぶのがおすすめです。

乳液とクリームは、化粧水で与えた水分をお肌の中に閉じ込めるために使います。乳液は水分と油分をお肌に与える役割があり、クリームは外部の刺激からお肌を守る働きをしています。

寝る前の洗顔、注意するポイント


夜のスキンケアでやってはいけないNG行為を説明します。思い当たることがある人は今日から改善しましょう。

1.力を入れない、ゴシゴシこすらない
毛穴に詰まった汚れや、ベタベタの皮脂汚れをすっきりと落としたいがために、ゴシゴシと必死にこすり洗いをしていませんか。

また化粧水をお肌の奥まで浸透させるために、パチパチと顔をたたいてパッティングをしたり、乳液やクリームをゴシゴシと手のひらですり込んだりしていませんか。

このようなお手入れは、すべてお肌の刺激になっている行為です。美肌どころか逆に肌荒れを引き起こす原因にもなりかねません。

お肌はこすらず、優しく丁寧にお手入れしましょう。

2.シートパックは使い方を守る
翌朝のしっとり感を期待して、就寝前のお肌のパックは気合いが入りやすいものです。美容液が含まれたシートパックを長時間、お肌に載せたままにしている人も多いのではないでしょうか。

しかしこれは、逆にお肌の水分を奪い、乾燥肌を招く原因につながります。シートパックは商品パッケージに記載された使用時間をしっかりと守って、正しい使い方をするようにしましょう。

(まとめ)バスタイムの洗顔は、汚れがすっきり取れます

1.夜の洗顔のベストなタイミングは?
2.夜の正しいスキンケアの方法
3.寝る前の洗顔で気をつけること

夜の洗顔のタイミングは、入浴してあがる直前です。シャンプーや身体を洗う前に洗顔をしてしまうとあがるまでにお肌が乾燥してしまいます。

また毛穴も開いて汚れが落としやすくなっているので一番最後がおすすめなのです。

バスタイムから就寝まで時間があって、その間の汗や皮脂が気になる場合があります。その時は就寝前に、洗顔料を使わずにぬるま湯で流すだけの洗顔をしましょう。

洗顔料を何度も使うのはお肌の負担になります。正しいタイミングと正しい洗顔方法で、美しいお肌を目指しましょう。