乾燥肌は正しいスキンケアで改善します


肌トラブルのうちでも、一年を通して多くの人が悩んでいるのが、お肌の乾燥です。

乾燥というと、大気が乾燥している寒い時期を連想しますが、夏はエアコンの冷風、春は季節の変わり目などが原因でお肌が乾燥してしまいます。

お肌が乾燥すると、皮膚が突っ張る、ゴワゴワする、粉を吹く、ひどくなるとかゆみが出ることもあります。さらに、乾燥肌が原因の肌トラブルはこれだけでありません。

シミ、シワ、たるみ、ほうれい線、くすみなどのお肌の老化現象は、乾燥肌が引き金となって生じるといわれています。また毛穴詰まり、毛穴の開きなどの毛穴トラブルもお肌の乾燥が関わっているのです。

乾燥肌になる原因は、加齢、間違ったスキンケア、室内環境、紫外線、生活習慣の悪化、食生活の乱れなどがあります。

また加齢によるホルモンバランスの変化、またヒアルロン酸やコラーゲンの減少も影響しています。

「もうトシだから…」とあきらめるのはまだ早いです。加齢が原因で不足しがちな成分を補う保湿ケア、乾燥肌を予防する洗顔などを行うことで年齢に負けない美肌は取り戻すことができます。

今回は乾燥肌のケアを紹介します。

乾燥肌を改善する正しいスキンケア

お肌がカサカサと乾燥している時の皮膚は、角質層が壊れている状態です。皮膚の一番上にある角質層は、外部の刺激から守るバリア機能と、水分を保持して潤いや柔軟性をキープする保湿機能を持っています。

加齢や間違ったスキンケア、空気の乾燥などで、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーのサイクルが乱れると、急速につくられた未熟な角質層が表面に出てきてしまいます。

ターンオーバーのサイクルが乱れて生まれた未熟な角質層は、角質層内にあるセラミドや遊離脂肪酸、コレステロールなどの角質細胞間脂質の量も質も低く、アミノ酸含有量も少ないといわれています。

そのため未熟な角質層は、いくら化粧水や美容液をたっぷりとつけて保湿ケアを念入りに行ったとしても、水分や美容成分を吸収することができない硬い皮膚になってしまうのです。

乾燥肌対策(1) クレンジング・洗顔


メイクをしている人は、毎日のクレンジングは必須ですね。クレンジングの正しい方法とは、メイク汚れをしっかりオフして、お肌に必要な皮脂や角質までも洗い流さないことです。

そのためには、毎日使うクレンジング剤の選び方が重要になってきます。これまで何となく使っていた人も、乾燥肌を意識してクレンジング剤を選びましょう。

クレンジング剤はさまざまなタイプがあります。しかしどのクレンジング剤にも、日焼け止めやメイクの油分を落とす合成界面活性剤が、多かれ少なかれ必ず配合されています。

合成界面活性剤はお肌に必要は皮脂や角質も落としてしまいます。さらに、角質層のセラミドなどを溶出してしまうことが分かっています。そのためお肌のバリア機能が壊れて乾燥肌を招くことになるのです。

乾燥肌対策だけではなく、健康で美しいお肌を目指すならば、この合成界面活性剤を少量に抑えたクレンジング剤を使うことが大切です。

さまざまなクレンジング剤がある中で、乾燥肌でも毎日使えるオススメはクリームタイプです。合成界面活性剤の配合量が少なく、敏感肌でも潤いを守りながらメイクをオフすることができます。

また使用を控えたいクレンジング剤は、オイルタイプと拭き取るシートタイプです。
オイルタイプは手軽に素早くメイクをオフできるので人気ですが、合成界面活性剤の配合量がとても多くお肌への刺激も大きいでしょう。

シートタイプも場所を選ばずに使えるので好評ですが、合成界面活性剤の配合量が多く、また拭き取る際のシートとの摩擦でお肌を傷つけてしまうこともあります。

次に、洗顔料の選び方のポイントです。
洗顔料もクレンジング剤と同じように、合成界面活性剤の配合量が少ないものを選びましょう。合成界面活性剤が入っている洗顔料は、泡立ちがよいのが特徴です。

合成界面活性剤がおもな成分になっている洗顔料は、「弱酸性」の製品が多くなっています。

弱酸性のボディソープもたくさんありますが、もともと健康なお肌は弱酸性なので、お肌に近いpH(ペーハー)の洗顔料やボディソープは負担をかけずに優しく洗い上げる、というイメージがあるようです。

しかし、弱酸性の洗顔料はメイク汚れや皮脂などを洗い流すのには適していますが、古い角質や顔に付着した外気の汚れを落とすことは難しいのです。

そこで、乾燥肌対策としてオススメしたいのが、天然成分でつくられた固形の石けんです。固形の石けんは弱アルカリ性ですが、洗顔後はアルカリ性に傾いてしまってもすぐに弱酸性に戻るので心配することはありません。

その他、選ぶ際に注意したいのが、余計な成分が入っていないことです。防腐剤、香料、合成着色料などは、乾燥肌や敏感肌には刺激物となる場合があります。シンプルな物を選びましょう。

ぜひこれらを参考にして、今使っているクレンジング剤と洗顔料を見直してみましょう。

では正しいクレンジングの方法を紹介していきます。

1.最初に、石けんやハンドソープで手をしっかりと洗い清潔にします。クリームクレンジングを適量手に取り、体温で温めます。

2.乾いた顔にクレンジング剤を載せて、指をクルクルと回しながらメイクとなじませていきます。ゴシゴシこすらずに、優しく丁寧になじませます。

3.クルクルと回している指がフッと軽くなります。それを合図に、ぬるま湯でしっかりとクレンジング剤を流します。お肌をこすらずにお湯を当てるように優しくすすぎます。

次に正しい洗顔方法です。

1.手を石けんでしっかり洗い清潔にします。手に雑菌がついていると、泡立ちがよくありません。

2.洗顔料を泡立てます。手を逆さにしても落ちないくらいの濃密なたっぷりの泡が目標です。固形の石けんは泡立てにくいので、泡立て用のネットを使うとよいでしょう。

3.お肌の上にたっぷりの泡を載せます。手で肌をこすらずに、たっぷりの泡をクッションにして汚れを吸着させるように転がしながら洗っていきます。皮脂の多いTゾーンは丁寧に汚れを落としていきましょう。

4.ぬるま湯を使ってですすぎ残しがないようにしっかりと流します。熱いお湯ですすぐと、お肌をより乾燥させてしまいます。

5.清潔な柔らかいタオルで水分を優しくふき取ります。

乾燥肌対策(2)保湿ケア


固形石けんで洗顔した直後は、お肌が弱アルカリ性に傾いています。すぐに保湿ケアを行うことで、もとの弱酸性に戻ります。化粧水に弱酸性が多い理由は、そのためでもあるのです。

保湿ケアで使用する化粧水や美容液は、乾燥肌をカバーする成分が入ったものを使うと、より健康的で美しいお肌を実感することができるでしょう。

保湿ケアで使用する化粧品は、保湿成分のセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが配合された物がオススメです。

セラミドは、もともと角質層にある成分ですが、加齢とともに減少していきます。積極的に補うことで乾燥肌を予防、改善することができます。

セラミドにはさまざまな種類があります。
オススメは、
・セラミド1
・セラミド2
・セラミドAP
・セラミドNP

などです。商品パッケージの品質表示を確認して選んでみてください。

コラーゲンももともと人の肌にある物質です。お肌のハリや弾力を維持する成分ですが、加齢とともに減少していきます。ハリや弾力を保つためにもコラーゲン入りの化粧品を選びましょう。

ヒアルロン酸もセラミドと同じく角質層にある物質です。お肌の潤いを保つ機能があるので、美肌づくりには必ず取り入れたい保湿成分です。

さらに化粧品選びのポイントとしては、アルコール、パラベン、合成着色料、香料などが配合されていないシンプルなものがよいでしょう。お肌への刺激も少なく、乾燥肌、敏感肌でも安心して使うことができます。

保湿ケアの手順は、化粧水、美容液、乳液、クリームが一般的です。皮脂や汗でベタつくからといって、乳液やクリームを使わなかったり、少量で済ませたりするのは乾燥肌になる原因になります。

上手な保湿ケアは、化粧水からクリームまでをムラなくお肌全体につけることです。手でもコットンでもどちらでもOKです。つける際には、お肌をいたわるようにして優しく浸透させましょう。

乾燥肌の上手なメイク方法

カサカサの乾燥肌になってしまっても、メイクを欠かせないという人も多いでしょう。また外出する際は、ノーメイクよりもファンデーションをつけた方が、紫外線からお肌を守ることができるというメリットもあります。

しかし粉を吹いたカサカサの乾燥肌では、ファンデーションのノリもよくありません。そんなときは、ヒアルロン酸、セラミド、スクワランなど保湿成分の入ったしっとりタイプのファンデーションを選ぶとよいでしょう。

またファンデーションにもさまざまなタイプがありますが、乾燥肌にはリキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションがオススメです。さらに美容液を混ぜるとなじみやすくなるので試してみてください。

乾燥肌の時は、保湿成分の入った美容液やクリームで十分に保湿ケアをしてからファンデーションを塗ると、メイクが崩れにくくなります。

またファンデーションを塗る時は、いつも以上に優しく押さえるようにして丁寧に塗ります。スポンジや指で強くこすりながら塗ると、お肌の負担になり、ますます肌荒れを招くことになります。

メイクで使うスポンジやブラシなども、こまめにお手入れをして清潔に保ちましょう。

(まとめ)老化を早める乾燥肌はしっかり対策

1.乾燥肌対策のクレンジング・洗顔
2.乾燥肌対策の保湿ケア
3.乾燥肌の上手なメイク方法

乾燥肌は、シワ、たるみ、ほうれい線など老化の原因にもつながります。正しいスキンケア方法で、荒れた角質層をしっかりと修復することで乾燥肌は徐々に改善し、また乾燥肌にならない健康的なお肌をキープできます。

これまでの自己流クレンジング、洗顔、保湿ケアを見直して、健康で美しいお肌を目指しましょう。