スクラブの素材選びで毛穴美人に


スクラブの素材には、天然素材のものや合成素材のものなど、実にさまざまな種類があります。

スクラブ洗顔で毛穴をキレイにするとき、不用意にスクラブをセレクトするのは失敗のもと。
合わないものを使うと、逆に悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

毛穴の汚れを奥までキレイにしたいなら重曹のスクラブがおすすめです。
重曹は毛穴の角栓や黒ずみを落とし、古い角質を除去することで、お肌がツルツルになる効果が期待できます。

食用・薬用の重曹を用意しましょう。
方法は、ぬるま湯に重曹を小さじ1杯程度加えて溶かし、優しく洗顔します。
終わったらぬるま湯で、優しい手ざわりですすぎます。

ただし、刺激が強いので肌が敏感な人は控えましょう。

刺激が少ないスクラブで毛穴をキレイにするなら、クレイを使ってみましょう。
クレイの持つ吸着力が汚れを取ってくれます。
これならお肌への負担が少ないので、敏感肌の人でも安心でしょう。

また、こんにゃくのスクラブも敏感肌の人におすすめです。
主成分のグルコマンナンが皮脂を吸着して古い角質を落としてくれ、柔らかく丸いこんにゃくの粒子が肌を傷つけることなくケアすることができるのです。

スクラブ洗顔の3つの効果


お肌は表面の角質層により紫外線などの刺激から守られているのですが、強い刺激が続くと角質が硬くなり、厚みも出てきてしまいます。
これが老化するとくすみの原因になるのです。

老化した角質は化粧水が浸透しにくくなってしまうので、保湿効果もダウンします。
スクラブ洗顔は、小さい粒子が研磨剤になるため、厚くなってしまった余分な古い角質を除去する効果があります。

古い角質を落とすことで肌の新陳代謝を促し、加齢や生活習慣、ストレスなどにより乱れたターンオーバーの周期を整え、アンチエイジングにつながるでしょう。

さらに、角質の詰まりが引き起こす角栓を除去する効果も期待できます。
他にもうれしい効果がたくさんあり、年齢を感じるようになった肌にはとくにおすすめのケア方法です。

スクラブ洗顔の効果と正しい方法を見ていきましょう。

ピーリング効果で古い角質をオフする

角質は肌の表面をおおい、外からの刺激から守ってくれている、本来は大切な存在です。
しかし、古くなってくると、手ざわりは厚くかたくなり、汚れもたまってくすみの原因ともなります。

そこで古い角質を除去する方法に、まず挙げられるのは薬剤を使ったピーリングがあります。しかしこれは肌への刺激がかなり強いのです。
一方で、粒子で肌の表面を磨くスクラブ洗顔の方が穏やかなケアになります。

鼻やおでこ、Tゾーン、あごまわりなどを触ったときにザラザラするようなら、角質がたまっている証拠です。
スクラブで古い角質を除去すれば、肌のザラザラが改善できるでしょう。
なめらかな肌触りになり、メイクのノリも変わります。

肌の色もワントーン明るく、ファンデーションの発色も格段に良くなるでしょう。
くすみが気になる肌にはとくに効果がわかります。

ターンオーバーを正常化する

スクラブ洗顔により古い角質を除去することで、肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを正常化する効果も期待できるのです。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝、つまり肌の生まれ変わりのことをいいます。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層に分かれていて、この表皮がさらに4層に分かれているのです。

表皮の一番内側にある基底層の細胞は、新しい細胞に押されて表面に上がってきて、やがて垢となってはがれ落ちます。このサイクルがターンオーバーなのです。

ターンオーバーの周期は20代で約28日といわれていますが、加齢により新陳代謝が低下して、30~40代くらいになると45日ほどかかるといわれます。

肌のくすみや、シミが増えたり濃くなったりするのは、ターンオーバーが遅くなっているからなのです。

このためターンオーバーを正常化するためにも、古い角質をそのままにせず、適度な頻度のスクラブ洗顔で落とす必要があるのです。

角栓を取って黒ずみを防ぐ


小鼻は、顔の真ん中にあり、とくに黒ずみが目立ってしまいます。
皮脂が多く分泌され、毛穴に古い角質やメイク汚れなどが詰まりやすく、角栓ができてしまいやすいためです。

角栓は一度できてしまうと取れにくくなるので、できないようにするのが鉄則ですが、もしできてしまったら黒くなる前にスクラブ洗顔で取り除くようにしましょう。

角栓は放っておくと酸化して黒ずみになってしまったり、炎症を起こしてニキビの原因になったりします。

ニキビの予防のためにもスクラブ洗顔はおすすめです。
ただし、すでにニキビができている場合には、かえって刺激を与えてしまうので避けましょう。

正しいスクラブ洗顔の方法

スクラブ洗顔をしても毛穴がキレイにならないのは、誤ったやり方をしているから。基本をしっかり守って行えば、毛穴がスッキリしてツルツルの美肌が手に入ります。

1.メイクを落としてキレイにする
先にメイク汚れを落としておかないと、スクラブの効果が十分発揮することができません。クレンジングの油分でも効果は半減。必ず事前に落としておくようにしましょう。

また、手を洗って細菌をキレイに落としておくことも忘れずに。

2.予洗いしておく
スクラブ洗顔料を顔にのせる前に、ぬるま湯で優しく予洗いをしておくのもポイントです。毛穴がゆるんでスクラブの粒子が入りやすくなります。ただし、熱いお湯での予洗いは避けましょう。

3.スクラブ洗顔料を泡立てる
肌への刺激が強いので、通常の洗顔料を泡立てるときと同様にネットなどを使ってきめ細かい泡をしっかりと立て顔を包み込むように洗います。
手のひらが濡れている状態で洗顔料を適量取り、水かぬるま湯を数回に分けて加えていくと、きめ細かい泡がしっかりと立ちます。

泡の量はレモン1個分くらいが目安です。指と肌の間で泡がクッションになって、指が肌に直接触れないように洗うことができるのです。

4.ゴシゴシこすらず優しく洗う
スクラブは、たっぷりの泡を肌の上で転がすようにするだけで汚れが落ちるので、力を入れずになでるように洗いましょう。

洗う順番としては、頬からではなくTゾーンからはじめるのがおすすめです。その後、顎まわりのUゾーンを洗い、最後に目元や口元を洗います。

洗うといっても泡を動かすくらいでゴシゴシこすることは絶対にしないようにしましょう。

5.しっかりと洗い流す
フェイスラインなどは洗い残しがち。スクラブ洗顔料が肌に残ってしまうとトラブルのもとなので、ゴシゴシこすらないように水かぬるま湯で念入りに流しましょう。

6.最後に冷水で毛穴を引き締める
スクラブ洗顔後の肌はとにかく乾燥が早いので、ぬるま湯で洗い流した後、すぐに冷水でキュッと毛穴を締めておくとよいでしょう。

7.清潔なタオルで優しく拭き取る
しっかり洗い終わったら、ポンポンとたたくイメージでしっかりと水気を拭き取ります。ここでもゴシゴシこするのは厳禁です。

8.丁寧に保湿をしたら完了
スクラブ洗顔の後は、いつも以上に乾燥しやすので、タオルで水気を拭き取ったら、すばやくたっぷりの化粧水で保湿をしましょう。乳液やクリームも忘れずに。

スクラブ洗顔の前に蒸しタオルを使うのも効果的

スクラブの粒子は、毛穴の奥に入り込んで汚れをかき出してくれる効果がありますが、毛穴が閉じてしまっていては粒子が入っていきません。

レンジで30秒くらい温めた蒸しタオルを3分くらい顔にのせれば、毛穴がしっかり開きます。
いきなりかたい粒が当たるよりも、肌が温まり、毛穴が少しゆるんでいたほうが効果的ですね。

スクラブ洗顔を避けた方がいいとき

スクラブ洗顔は、思い立ったときにいつでも行えばよいというものではありません。適していないときにムリして行うと、トラブルを招きかねません。

日焼けをしたときなど、肌が通常より敏感な状態になっているときは避けた方がいいでしょう。もともと肌が敏感な人や乾燥肌の人にも向いていません。

また、肌がかさついていたり乾燥している、と感じたりするときもやめておきましょう。
スクラブ洗顔は、肌の油分を流してしまうので、肌の乾燥を進めてしまいます。

スクラブ洗顔でトラブルが起きてしまう理由

スクラブ洗顔をすれば、必ず毛穴がスッキリしてツルツルの美肌になるというわけではありません。
気づかないうちに、間違ったやり方をしてしまっていると、逆に肌トラブルが起こるということもよくあります。

まず、覚えておきたいのが、スクラブ洗顔をする頻度は週に1~2回にとどめておくということ。
スクラブ洗顔は毛穴がスッキリする分、肌に刺激を与えやすいのでやり過ぎは禁物です。

ニキビができはじめていたり、吹き出物ができて炎症を起こしていたりするときも控えるようにしましょう。日焼けのときも避けてください。

また、通常の洗顔と違ってスクラブ洗顔は顔全体を洗う必要はありません。
もちろん肌に問題がない人は全体を洗ってもよいのですが、Tゾーンはべたつくけど頬は乾燥しがち、といった混合肌の人は、気になる部分だけに泡を載せて洗うようにしましょう。

また、正しいスクラブ洗顔の方法でも紹介したように、毛穴をキレイにしたいからといってゴシゴシと強くこするのは逆効果。

スクラブの粒子が肌を刺激して傷がつき、肌トラブルの原因になってしまいます。スクラブ自体に磨く効果があるので、こする必要はありません。

(まとめ)スクラブ洗顔のポイントを押さえて、毛穴キレイに!

1.スクラブ洗顔料をしっかりと泡立てる
2.強くこすらずなでるように優しく洗う
3.念入りに保湿をする

この3つのポイントを押さえれば、毛穴の黒ずみもスッキリ解消し、くすみやシミもないツルツルの美肌に生まれ変れるはずです。

スクラブ洗顔後はスッキリ爽快で気持ちがよいので、毎日洗いたくなるかもしれませんが、くれぐれもやり過ぎず、週に1~2回にしておくことも絶対条件です。

また、自分に合ったスクラブ洗顔料を選ぶのも大事なこと。
友だちが試してみてキレイになった洗顔料が自分にも合っているとは限りません。

自分の肌質をよく理解した上で最適なスクラブ洗顔料をセレクトするようにしましょう。