オロナインを使った毛穴ケアは3パターン


人と面と向かって会話をしている時、毛穴に詰まった汚れや黒ずみが気になって、相手の顔がまともに見られない、なんてことありませんか。

毎日の洗顔やクレンジング・毛穴パック・ピーリングなど、いろいろ試しているのに、なかなかキレイに落とせないと日々悩んでいる人は多いものです。

丁寧に手入れをするほど、乾燥肌になってしまい、さらに毛穴の黒ずみを悪化させてしまったなんてもこともあります。

毛穴汚れや角質が目に見えてごっそりと取れる、毛穴パックやピーリングはとっても気持ちがよいですよね。週1回程度なら心配はないのですが、落としすぎるとお肌への負担は倍増です。
パックやピーリングの後にきちんと手入れをしておかないと、毛穴も開きっぱなしで、ますます黒ずみが目立ってしまうことになりかねません。

そんな毛穴の汚れや黒ずみに悩む人たちの間で話題になっているのが、オロナインを使った毛穴ケアです。

スチームなどで毛穴を開いてからオロナインを塗る方法、オロナインと毛穴パックの方法、オロナインと綿棒の方法の3つがあります。自分に合ったケアをするだけで、毛穴の汚れは徐々に解消されていきます。

自分に合ったオロナインケアを見つける


昔から置き薬として身近にあるオロナインは、価格も手頃なので、オロナインケアは誰でも手軽にいつからでも始められます。

しかしケアのやり方を一つ間違うと、これまでと同様に、毛穴の汚れが落ちなくてガッカリなんていうことになりかねません。

オロナインを使ったケアの1つ目は、気になる毛穴の部分にオロナインを塗ってそのまま放置しておく方法です。一晩置いて翌日に洗い流す方法と、オロナインを塗ってから数分後に洗い流す方法があります。

2つ目は、オロナインを塗った数分後に、貼ってはがすタイプの毛穴パックをする方法です。

頑固な毛穴の汚れが取れない人は、オロナインを塗って数分放置した後に、綿棒で汚れを落とす、という方法があります。

いずれかの方法から、自分の毛穴の黒ずみや汚れの程度に合わせてケアを行うことで、毛穴の汚れの悩みから開放されるはずです。

ではオロナインを使ったケアの説明していきます。

オロナインとはどんな軟膏?

オロナインは、ひび・あかぎれ・しもやけ・きりきず・にきび・軽いやけど・水虫などの症状に塗る皮膚用抗菌軟膏剤です。

・有効成分
クロルヘキシジングルコン酸塩液

・添加物
ラウロマクロゴール・ポリソルベート80・硫酸Al/K・マクロゴール・グリセリン・オリブ油・ステアリルアルコール・サラシミツロウ・ワセリン・自己乳化型ステアリン酸グリセリル・香料・精製水

オロナインは、防腐剤やステロイド剤(副腎皮質ホルモン)が含有されていないので、大人から赤ちゃんまでが安心して使える軟膏といわれています。昔から家庭の常備薬として広く使われていますよね。

なぜオロナインで毛穴の黒ずみを落とせるのか?

なぜオロナインを毛穴に塗って、汚れや黒ずみが解消されるのでしょうか。

それは、オロナインに入っている「自己乳化型ステアリン酸グリセリル」が重要になってきます。自己乳化型ステアリン酸グリセリルは、天然由来の界面活性剤の役割を果たします。

この界面活性剤の役割は、混じり合わない物質を混じり合わせることです。
たとえば水と油は決して混じり合わないのですが、界面活性剤を投入することで、この2つは混じり合います。

このことから、毛穴にオロナインを塗ることで角栓が浮き出し、キレイに洗浄または毛穴パックをすることで、毛穴の汚れが落ちやすくなるというわけなのです。

またオロナインの主成分でもある「クロルヘキシジングルコン酸塩液」も注目したいポイントとなります。

「クロルヘキシジングルコン酸塩液」は、すり傷やきり傷、やけどやニキビなどを殺菌、抗菌する消毒液となります。ニキビは毛穴の黒ずみと同様に、毛穴に皮脂が詰まってできてしまう症状です。
毛穴に詰まった菌や、炎症によって起こる毛穴の腫れや赤みを「クロルヘキシジングルコン酸塩液」が抑えてくれるのです。

これらのことから、オロナインが毛穴の黒ずみや汚れを取り除いてくれる、という理由がなんとなく理解できますね。

オロナインを塗るケア方法


今日から簡単に誰でも始められるオロナインの毛穴ケア方法です。
はじめてトライする方は、まずこの方法からやってみるのがおすすめです。

1.クレンジングまたは洗顔をする前に、オロナインを気になる毛穴の部分にたっぷりと塗ります。

2.10〜15分程そのまま放置した後、スチーマーやお湯をはった洗面器の湯気、電子レンジで温めた蒸しタオルなどを使って毛穴を開いていきます。

(お風呂に入りながら行うと、湯船の蒸気で毛穴は開きやすくなっておすすめです。体が温まり血行が促進され、老廃物も排出しやすくなってさらにお肌がすべすべになります)

3.いつも通りに洗顔をします。オロナインをキレイに洗い流しましょう。

4.洗顔後は、冷水や冷えたタオルなどを使って毛穴をしっかりと引き締めましょう。

5.化粧水、乳液などで保湿します。

この方法の他に、寝る前にオロナインをたっぷりと塗って、翌朝洗い流すという方法があります。

いずれも、1回のケアでお肌がツルツルになるようです。オロナインが毛穴の汚れを乳化して、浮き出させ、洗顔後はすっきりさっぱりするでしょう。

オロナインを塗るケアの注意点は、オロナインの成分「クロルヘキシジングルコン酸塩液」によるお肌への刺激です。
クロルヘキシジングルコン酸塩液は、殺菌や抗菌の役割がある成分です。オロナイン本来の、切り傷、すり傷には必要なのですが、スキンケアとなると話は違います。

お肌には「善玉菌」と「悪玉菌」というもともと存在する菌があります。クロルヘキシジングルコン酸塩液が入っているオロナインをお肌に塗布することで、善玉菌までも殺菌してしまうのです。

善玉菌が減少すると、悪玉菌が増殖してくるといいます。すると逆に、お肌にはニキビができやすくなったり、炎症が発生しやすくなったりするといわれています。

塗布するだけの簡単ケアなのですが、毎日することで、かえってお肌にダメージを与えてしまうことになるようです。

オロナインを塗ってパックするケア方法

1週間に1〜2回のスペシャルケアにオススメです。

1.クレンジングでメイク汚れを落とします。

2.水分をきれいに拭き取り、黒ずみが気になる毛穴の部分にオロナインをたっぷりと塗ります。毛穴が隠れるくらいがポイントです。このまま10〜15分程放置します。

3.オロナインをお湯でしっかりと洗い流したら、いつもの通りに洗顔をしてください。

4.水分をきれいに拭き取ったら、貼ってはがすタイプの毛穴パックをします。

5.毛穴パックを剥がしたら、冷水で毛穴を引き締めます。

6.化粧水や乳液などでしっかりと保湿しましょう。

オロナインを塗るだけのケア方法よりも、毛穴の汚れがごっそりと取れるようです。そのため毛穴の黒ずみを全部すっきりと落としたいからといって、連日行う人がいます。

しかし貼ってはがすタイプの毛穴パックは、シートをはがす時に強い粘着力で、お肌の薄皮や、表面の角質までも一気に剥がしてしまうのです。

表面にダメージを与えてしまうと、お肌が乾燥してしまいますね。

乾燥肌になると、皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴には皮脂がたまります。古い角質が一緒になり混ざり合って、再び角栓が生じてしまいます。すると毛穴はまた黒ずんで見えてしまうのです。

オロナインを塗って毛穴パックでケアする時は、お肌の調子を見ながら日を空けて行うようにしましょう。

綿棒を使う方法

毛穴パックでも落とし切れない頑固な汚れや、ピンポイントで確実に毛穴の汚れを落としたい人には綿棒を使う方法があります。

1.洗顔後にオロナインをたっぷりと塗りましょう。

2.10〜15分ほど放置したら、綿棒で毛穴の汚れを一穴ずつ押し出していきます。この時、綿棒の先を使わずに、横の部分で優しく汚れを拭き取るような気持ちで押し出します。

3.汚れを落としたら、ぬるま湯でオロナインを洗い流し、いつも通りの洗顔を行ってください。

4.洗顔後は化粧水、乳液などで保湿をします。

綿棒を使うケアの際は、汚れを取り出そうと力が入ってお肌を傷つけてしまった、なんてことにならないように注意してください。

お肌はとても繊細です。蒸気で毛穴が開いたところに、強い力を加えてしまっては、毛穴も皮膚も傷つき、そして汚れが取れた毛穴に古い角質や皮脂がたまってしまうと、ニキビや肌荒れを起こしてしまいます。

オロナインを使ってもキレイにならない原因

1回だけで「お肌がとってもキレイになった」という人もいれば、「まったく汚れが落ちない」という人もいますね。

ではなぜオロナインを使っても毛穴がキレイにならないのでしょうか。

お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるはずの角質や皮脂がそのまま残ってしまいます。それによって、毛穴は開いたままになり、汚れがたまり、さらには黒ずんでしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因は、たとえば間違ったスキンケアなどでお肌の水分が失われて乾燥肌になってしまうことから始まります。するとお肌は、皮脂を過剰に分泌して守ろうとするのです。

皮脂が多くなったために、必要以上の洗顔やスキンケアを行うと、それが肌細胞を傷つけることになり、お肌は正常に生まれ変われなくなります。

オロナインを使っても毛穴がキレイにならない理由には、オロナインは毛穴の汚れをごっそり落とすとともに、お肌の潤いまでも奪ってしまう恐れがあるからです。そのため肌は乾燥し、毛穴は開いたままになり、汚れがたまって黒ずんでしまうということです。オロナインを使って毛穴ケアをする際には、必ず保湿をしましょう。そして頻繁に行わないことが重要です。

(まとめ)オロナインで毛穴の汚れは解消できる

1.もっとも簡単に誰でもできる「オロナインを塗るケア方法」
2.スペシャルケア「オロナインを塗ってパックするケア方法」
3.頑固な汚れをピンポイントで確実に落とす「綿棒を使う方法」

オロナインを使った3つのケア方法を、毛穴の汚れの状態や好みに合わせて行うことで、毛穴の汚れも黒ずみもキレイにすっきりできるでしょう。

ケア後は化粧水や乳液、美容液などを使って保湿を丁寧に施すことがとても大切です。

過剰なスキンケアがターンオーバーの乱れとなり、毛穴の汚れ、黒ずみの原因を作ります。何事もほどほどが肝心ですね。