毛穴汚れを解消する、洗顔ブラシの選び方と使い方にはコツがあります


外出から帰った後の肌は、ほこりや落ちかけのメイク、皮脂などで見た目以上に汚れてしまっています。
自宅に戻ったら、真っ先に洗面所へ駆け込んで顔を洗うという人もいるのではないでしょうか。

顔の汚れをそのままにすると、毛穴に詰まって角栓を作ります。
さらに皮脂は酸化すると黒ずみの原因にもなるため、しっかり落とす必要があります。

しかし誤った方法で洗顔すると肌を傷つけてしまうのです。

肌が傷つくと皮膚を守ろうとしてメラニンが生成され、メラニン色素の蓄積による黒ずみが発生する可能性があります。

また「顔の洗いすぎはかえって良くない」という話を聞いたことはありませんか。
顔を洗いすぎると、必要以上に皮脂を落としてしまい、乾燥肌の原因となります。

肌は乾燥すると水分を補給するために皮脂を分泌します。
皮脂の酸化が毛穴の黒ずみにつながるのは、先にも述べた通りです。

以上から、洗顔が毛穴ケアのカギであると考えることができます。
今回は、正しい洗顔方法や洗顔時のポイント、便利アイテムなどをご紹介します。

毛穴をスッキリさせる洗顔方法とは?


理想の洗顔は、肌に必要な皮脂や潤いを保つセラミドなどを残しつつ、酸化した皮脂やメイク汚れ・汗・ほこりのみが落ちている状態です。

汗やほこりだけなら、ぬるま湯で十分落とすことが可能です。

しかしすでに酸化してしまった皮脂やメイクなどの油分はクレンジング料や洗顔料を使わないと落ちません。

さらに目元や口元にしっかりメイクをした日は、専用のリムーバーを使ってきちんと落とす必要があります。

もっとも良くないのは、面倒だからと放置してしまうことです。
顔の汚れをそのままにしておくと、皮脂の酸化が進んで毛穴トラブルに繋がります。

仕事で疲れている時でも、洗顔は心がけましょう。

洗顔の基本的な流れは下記の通りです。

1.洗顔料を泡立てる。
2.泡で優しく顔を洗う。
3.ぬるま湯で洗い残しがないようにすすぐ。
4.タオルで顔を拭き、通常のスキンケアで保湿する。

基本の流れを頭に入れたら、次は洗顔時におけるポイントを押さえましょう。

きれいな毛穴を保つための洗顔時のポイント

洗顔時、肌を傷つけることなく汚れを落とすためにも、下記に紹介するポイントを意識してみてください。

1.洗顔は泡が命!
洗顔時は、洗顔料をたっぷり泡立てるようにしましょう。
キメの細かい泡に汚れを付着させることで、顔の汚れをしっかりと落とすことができます。

手のひらに洗顔料を乗せて、反対の手でクルクルと回すように泡立てるのがコツです。
手で泡立てるのが大変という人は、泡立てネットを使うのもひとつの方法です。

2.洗う時は顔で円を描くように
たっぷりと泡を立てたら、泡で顔に小さな円を描くようにしながら洗います。

その際、肌に手を直接触れて擦るのではなく、泡だけで洗うようにするのがベストです。

円の大きさは、顔の部位によって変えるといいでしょう。

顔の中でも面積が広い頬やおでこは大きく、小鼻や目元・口元など凸凹している部分は小さく円を描くようにすると上手に洗うことができます。

3.すすぎはぬるま湯で十分に
泡をすすぐ時の水温は、人肌よりやや冷たい32度くらいがちょうどよいとされています。

顔の皮脂は30度程度で溶け始めるといわれているため、それよりやや高めのぬるま湯であれば、きれいに皮脂を浮かせて落とすことができると考えられるのです。

これはNG!間違った洗顔の方法

せっかく正しい洗顔方法をマスターしても、うっかり誤った方法で顔を洗ってしまうと台無しになってしまいます。

以下に紹介するような方法で顔を洗っていたら、やり方を見直してみてください。

1.洗顔料を泡立てていない
時間がない、面倒くさいなどの理由で洗顔料を泡立てずにそのまま顔に付けてしまっていませんか?
手で直接洗顔料を擦りつけると、肌に負担をかけてしまう危険性があります。

泡は手や指による刺激から肌を守る役割を果たしてくれるため、肌への負担も軽減されます。

泡立てネットなどを使って、時間がなくても泡で洗顔できるように工夫してみましょう。

2.1日に何度も洗う
夏場やスポーツの後に汗をかいた時や顔の脂が気になった時、顔を洗ってスッキリしたくなりますよね。

だからといって、1日に何度も顔を洗うことはおすすめできません。

先にも述べましたが、顔を洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまい、肌を乾燥させてしまいます。

洗顔は1日2回までにとどめ、朝はぬるま湯で、夜は洗顔料を使うなど皮脂を落としすぎないようにしましょう。

毛穴ケアに洗顔ブラシを使ってみよう


手で丁寧に洗顔しても毛穴の汚れが気になるという人は、洗顔ブラシを使ってみましょう。

上手に使うことで、手で洗うよりも汚れを落とすことができます。洗顔ブラシを使うメリットは下記の通りです。

1.顔の隅々まで洗うことができる
髪の生え際や小鼻の脇など手洗顔では洗い残しがちになる部分も、洗顔ブラシを使えばきれいに洗うことができます。

泡で落としきれない毛穴奥の汚れも、洗顔ブラシの細い毛ならかき出すことが可能です。

2.化粧水や美容液の浸透率が良くなることも
いつも習慣で、洗顔後はスキンケアをして、肌を保湿するでしょう。

手洗顔で落としきれなかった毛穴汚れを、その後洗顔ブラシできれいに落とすことで、化粧水や美容液の浸透率が上がると考えられます。

3.ターンオーバーの促進につながる
毛穴ブラシを使うと、古くなった角質を落とすことができます。

角栓のもととなる角質をしっかり落とせば、毛穴の黒ずみを予防することが可能です。
肌のごわつきも減るため、ターンオーバーの促進も見込めます。

洗顔ブラシの使い方とポイント

洗顔ブラシを使うことで、より効果的な毛穴ケアが期待できそうです。以下に、洗顔ブラシの使い方とポイントをまとめました。

1.クレンジングをしっかりと行う
マスカラや口紅などのメイク汚れが残ったまま洗顔ブラシを使うと、ブラシ自体が汚れてしまいます。
洗顔ブラシを使う前に、メイクをしっかり落としましょう。

2.洗顔ブラシと肌を濡らす
肌が乾いた状態で洗顔ブラシを使うと、肌を傷つけてしまいます。
洗顔ブラシと肌を濡らすことで滑りやすくなり、肌への負担を軽減することにつながるため、洗顔前に必ず濡らしましょう。

3.洗顔料を泡立てる
洗顔ブラシを使う時も、必ず洗顔料を泡立てましょう。
泡の量が少ないと洗顔ブラシによる肌への刺激が大きくなるため、手洗顔よりも多めに泡を作ることがポイントです。

4.洗顔する
泡を額と頬・鼻・顎に乗せ、洗顔ブラシを滑らすようにしながら顔全体に泡を広げます。
ブラシの毛を垂直になるようにし、押しつけないようにするとよいでしょう。

5.ぬるま湯で洗い流す
洗顔を終えたら、ぬるま湯で洗顔料を落とします。
洗顔料を落とした後、冷たい水ですすぐと洗顔ブラシで刺激した肌のほてりを落ち着かせることができます。

洗顔ブラシの種類と選び方

いざ顔を洗う時に洗顔ブラシを取り入れようとした際、どのようなものを選ぶのがよいのでしょうか。
まず洗顔ブラシは3タイプあります。

1.筆タイプ
はじめて洗顔ブラシを使うという人は、筆タイプがおすすめです。
大きさもコンパクトなものがほとんどなので、持ち運びにも便利です。

価格は、おもに毛の素材によって変わります。
低価格のものは100円、高価なものは5,000円と幅広いため、予算に合わせたものを選ぶことができますね。

2.電動タイプ
電動タイプの洗顔ブラシは顔の汚れを落とすだけでなく、マッサージ効果もあります。
結果、肌の血流が良くなるため、ターンオーバーの促進にもつながるといえるでしょう。

使い方も簡単で、力を入れなくても顔の上を滑らすだけで洗顔できます。

「音波振動タイプ」「自動泡立てタイプ」など、種類もさまざまなので、肌のお悩みに合ったものを探してみましょう。

3.小鼻専用タイプ
「普通の洗顔ブラシだと小鼻まわりが洗いにくい」という人には、小鼻専用洗顔ブラシもあります。
普通のものよりも毛先部分が小さいため、小回りが利きます。

小鼻周りはもちろん、Tゾーンの洗顔にもおすすめです。

洗顔ブラシの選び方ポイント

選び方のポイントは共通なので、下記を参考に自分にぴったりの洗顔ブラシを探してみてください。

1.毛がやわらかい
ブラシの毛が固いと肌を傷める可能性があるため、やわらかいものを選びましょう。

2.毛が細い
毛が細ければ細いほど、ブラシが肌の凸凹している部分にフィットしやすく、毛穴汚れも落としやすくなります。

3.お手入れが簡単にできる
顔を洗う洗顔ブラシが汚れていては、余計に毛穴トラブルを悪化させる可能性があります。
簡単に取り外せる、乾きやすいなど、手軽にお手入れできるものがおすすめです。

洗顔ブラシの使い方を間違えると肌トラブルを引き起こす

洗顔時に洗顔ブラシを使うと、毛穴ケアにも効果が期待できます。
しかし誤った使い方をすると逆効果になることもあるため注意が必要です。

1.肌に強く押し当てない
汚れをしっかりと落としたい気持ちが強すぎて、つい洗顔ブラシを持つ手に力を込めてはいませんか?

力を入れて強く擦ると、肌を傷つけてしまいます。
そっとなでるように洗いましょう。

2.直接肌に当てない
肌に直接洗顔ブラシを当てるのも、肌を傷つけてしまうためNGです。
洗顔料をたっぷりと泡立てて、ブラシと顔で、泡をはさむようにして洗うようにしてください。

3.ブラシをあてる時間は短く
長時間、洗顔ブラシを使ってしまうと、皮脂を落としすぎてしまいます。

皮脂を落としすぎると乾燥肌の原因になるのは、先述した通りです。
洗顔ブラシを顔にあてる時間は短めに、15〜20秒を目安にするとよいでしょう。

4.洗顔ブラシを清潔に
使用後はブラシを洗って、風通しのよいところで乾燥させましょう。
汚れていたり、湿っていたりすると細菌が繁殖して、かえって肌のトラブルを招いてしまいます。

時々、クレンジング剤でブラシを洗う、またブラシそのものを交換するなど清潔に保つようにしましょう。

(まとめ)洗顔ブラシを上手に使って毛穴汚れを落とそう


洗顔する時のポイントは、下記の通りです。

1.メイク汚れやほこり、過剰な皮脂は放置せず、すぐに落とす。
2.正しい洗顔方法で顔を洗う。
3.より毛穴汚れを落としたい時は、洗顔ブラシを取り入れてみよう。

どんなにスキンケアを丁寧にしても、顔の汚れが残っていたら効果はありません。
むしろさらなる毛穴トラブルを引き起こす可能性もあります。

一度、普段の洗顔方法を見直して、気になる点があるようなら改善してみましょう。
その上で洗顔ブラシを上手に取り入れてみてください。

スッキリ毛穴を手に入れることができるはずですよ。