ハトムギコスメのタンパク質で肌のターンオーバーが整います 


ハトムギはイネ科の麦の一種で、タンパク質やカリウム、鉄などキレイになるためのさまざまな栄養素を豊富に含んだ万能食品です。

新陳代謝をアップさせたり、美白効果や保湿効果が期待できたり、便秘解消をしてくれたりと、とくに女性にとってうれしい効果が満載です。

このハトムギを使った化粧水や保湿ジェルが、安価で入手しやすいこともあり話題になっています。人気の理由はその効果にもあるのです。

まずは毛穴の黒ずみの改善が期待できます。
ハトムギに含まれるタンパク質が新しい角質を生まれ変わらせ、皮膚の老廃物を流す働きをしてくれ、肌のターンオーバーを整えてくれるのです。

それから、毛穴の引き締めにも効果があります。
ハトムギが肌の代謝を整えてくれるので、過剰な皮脂の分泌が抑えられ、開いていた毛穴が閉じ、きめ細かいなめらかな肌に変わっていきます。

毛穴を清潔に保つための抗菌作用があるのも嬉しいポイント。グリチルリチン酸2Kという成分が、炎症を抑えて肌トラブルから守ってくれます。

このように、想像以上にうれしい効果が期待できるハトムギコスメは、ぜひ試してみたいアイテムの1つになります。

ハトムギコスメを取り入れる3つのメリット 


まず挙げられるメリットは、ハトムギコスメのコストパフォーマンスがとても高いので、たくさんの量を気がねなく使うことができる点です。
毛穴のケアに保湿は欠かせないので、化粧水を思う存分、使うことができるのは大切なことです。

また、ハトムギはもともと食品なので、安心して肌につけることができるのもうれしい点ですよね。オイルフリーや界面活性剤が使われていないものを選ぶことで、より肌への負担を和らげる効果が期待できます。

さらに、べたつきがないので顔だけでなく体全体にも使え、全身の保湿をかなえてくれるのも、使い続けたくなるポイントです。

安価なので、まだ使ったことがない人も気軽にトライできる点もよいですね。

次に、ハトムギコスメを買ったらぜひ挑戦してほしい、効果をさらにアップする方法をいろいろご紹介していきます。

ハトムギ化粧水の効果をアップする方法

(1)化粧水を温める
化粧水を温めると効果が上がるのは、温かい化粧水の方が常温の化粧水より毛穴を広げてくれるため、成分がより浸透しやすくなるからです。

手のひらで温めてからつけるというのも良いのですが、今回はレンジで軽く温めてから使う方法をご紹介します。

ハトムギ化粧水は600Wのレンジで7秒温めます。レンジの機種で差がある場合もあるので様子を見て調整しましょう。
熱くなりすぎた場合は冷ましてから使うこと。やけどにはくれぐれも注意してください。

温かくなった化粧水を、手またはコットンで肌全体によくなじませます。肌になじんだら、最後に保冷剤で毛穴をキュッと引き締めるのも忘れずに。

ただし、熱に弱いビタミンCやハイドロキノン、プラセンタなどが含まれていないか成分表をチェックしましょう。
これらの成分が入っていたら、レンジで加熱することによって大事な栄養素が壊れてしまうので加熱をするのはやめた方がいいでしょう。

(2)コットンの利用
用意するものは、コットン(はがして分けられるもの)とハトムギ化粧水です。

1.まず、コットンを水で湿らせてから軽く水分を切っておきます。

2.水で湿らせたコットンにハトムギ化粧水をたっぷりとなじませましょう。

3.化粧水を含んだコットンを3~5枚くらいに、はがして分けます。

4.分けたコットンを1枚ずつ引っ張って伸ばします

5.伸ばしたコットンを顔全体と首に張りつけて、そのまま3分間パックをします
注意したいのは、3分以上置かないこと。

長く置いておくと、もともと肌にあった水分がコットンに戻ってしまうので逆効果になってしまいます。
また、上記の方法にラップでパックをするとさらに効果がアップします。

ラップのパックは、2枚のラップを用意してコットンパックをした上から、上半分と下半分に分けて顔を覆うようにしましょう。日焼けした肌のほてりをしずめる方法としてもオススメです。

(3)ニベアの利用 

ハトムギ化粧水とニベアの相性はぴったり。洗顔後にハトムギ化粧水で肌を潤した後に、ニベアをたっぷり塗ることで保湿は万全です。さらに、ハトムギ化粧水とニベアを手のひらで混ぜてから塗るのもおすすめとなります。

乾燥肌の人は、ニベア→ハトムギ化粧水→ニベア→ハトムギ化粧水と塗り重ねるのも効果的です。肌の調子に合わせて、量や塗り方を工夫してみましょう。

このダブル使いで、肌の保湿効果や美白効果が期待できます。

ハトムギ保湿ジェルを使ったパックの方法

(1)基本のジェルパック
ハトムギ化粧水とともに、ハトムギ保湿ジェルも話題です。
こちらもコスパが高いので、遠慮なくたっぷりと使って保湿をしましょう。

1.ハトムギ保湿ジェルを、500円玉2枚分程度の量を手に取り、顔に塗ります。
まんべんなく広げ、とくに乾燥が気になっているところには厚めに塗るようにするといいでしょう。

2.顔に塗ったら、そのままの状態で5分キープします。

3.5分経過したら、手のひらで顔全体を包んでなじませます。こすらないように手で優しく押さえて、丁寧になじませるのがポイント。これで終了です。簡単ですが、肌がとてもしっとりします。

(2)蒸しタオルの利用

先の(1)のジェルパックより、さらに保湿力がアップするパックの方法です。週に1回のスペシャルケアとして試してみるといいでしょう。

1.ハトムギ保湿ジェル500円玉2枚分程度の量を手に取り、たっぷり顔に塗ります。

2.電子レンジで温めた蒸しタオルを顔に乗せて、タオルが冷めるまでそのままキープしてください。

3.タオルが冷めたら、ぬるま湯で洗い流して、いつものスキンケアをします。

ハトムギ化粧水+ハトムギ保湿ジェルの合わせワザ 


ハトムギコスメをダブルで使う合わせワザは、うるおいが足りないと感じたら試してみたい方法です。手軽に毎日できるケアなので、さっそく実践してみましょう。

1.コットンを水で湿らせてから軽く水分をきっておきます。

2.コットンにハトムギ化粧水をたっぷりとなじませましょう。

3.化粧水を含んだコットンを3~5枚くらいに、はがして分けます。

4.分けたコットンを1枚ずつ引っ張って伸ばします。

5.伸ばしたコットンを顔全体と首に張り付けてそのまま3分間パックをしてください。
終わったらコットンをはずします。

6.次に、ハトムギ保湿ジェルを500円玉2つ分くらい手に取り、顔全体にまんべんなく広げます

7.そのまま5分放置してから、手でなじませて終了します。
化粧水パックの後で「ハトムギ保湿ジェルを使ったパックの方法(2)」を取り入れてもOKです。

ハトムギ化粧水をプレ化粧水として使うのも効果あり

 
ハトムギ化粧水をつけているだけでは、なんとなく潤いが物足りないと感じたら、ハトムギ化粧水をメインとしてではなく、その後につける化粧品の効果を高めるものとして使うのもおすすめです。

ハトムギ化粧水で肌に水分を与えて柔らかく整えることで、その後の保湿化粧水や美容液、クリームなどの浸透力をグッと高めてくれます。

簡単!手作りハトムギ化粧水の作り方 

安全なハトムギ化粧水ですが、さらに安全なものをという人は自分で作ってみるのもいいでしょう。作り方はこちら。

1.小鍋に日本酒(焼酎でもOK)約200ccを入れたら、ハトムギ茶のティーバッグを浸して1時間ほど置いておきます。

2.1時間置いた小鍋を、そのまま弱火にかけて半分量(100cc)くらいになるまで煮詰め、アルコールの匂いを飛ばします。

3.2をしっかりと冷ましたら、容器に入れて精製水とグリセリンを混ぜて完成。

ハトムギ茶洗顔も毛穴に効果あり 

ハトムギ茶を使った洗顔も、ハトムギ化粧水と同様に効果が期待できます。

やり方は簡単。普通に洗顔をしてキレイに洗い流した後、あらかじめ用意をしておいたハトムギ茶でパッティングするというシンプルな方法です。

使うのは、1杯目ではなくて2杯目以降に抽出したものを使ってください。2杯目の方が、カフェインがある程度抜けて、毛穴の引き締め効果に役立つカテキンが出やすくなるからです。

また、ハトムギ茶を煎じたパックで、洗顔後にパッティングするのもエコですし、効果も期待できるでしょう。

ハトムギ化粧水のアレンジ活用術

 
アレンジのひとつとして、ハトムギ化粧水の中ぶたをはずしてボトルにスプレーヘッドをセットするという方法があります。

スプレーにすることにより、顔全体に均一に化粧水を行き渡らせることができるようになります。スプレーヘッドは市販されていて手軽にできるので、ぜひ試してみてください。

こんな人は要注意!ハトムギコスメのトラブルとは

ハトムギには保湿効果がありますが、年齢を重ねることによって乾燥しやすくなった肌には、十分な保湿とはいえません。つけた直後はうるおっているものの、時間が経ってくると乾燥してきてしまうのです。

20代で肌がうるおっている人はハトムギ化粧水だけでも十分ですが、水分が失われがちな30代以降の肌には、ハトムギの保湿ジェルだけではうるおいを保てなくなってくるので注意が必要です。

前章でご紹介をしたように、ニベアと併用して使ったり保湿ジェルパックを行ったりするなど、肌の状態をみて、保湿の対策をプラスするのがよいでしょう。

また、朝にハトムギ化粧水やハトムギ保湿ジェルを使うと、メイクが崩れやすくなってしまうという欠点もあります。

これは、ハトムギコスメに水分が多く入っていることが原因です。メイク崩れがどうしても気になる場合は、夜にだけ使うようにしましょう。

さらに、アレルギー体質の人は十分に注意が必要です。
ハトムギはイネ科の植物なので、イネアレルギーの人は事前にパッチテストをするなどして、安全を確認してから使うことをおすすめします。

(まとめ)ハトムギコスメを効果的に使えば毛穴の悩みが解消できる! 

1.ハトムギには、毛穴の黒ずみの改善や引き締め、抗菌作用など、効果がたくさん
2.肌質に合わせた保湿ケアで、開いた毛穴をキレイにすることができる
3.アレルギー体質の人は使う前に確認をしてから使う必要がある

話題のハトムギを使ったコスメの活用術をご紹介しました。
どれも安価で手軽にできるものなので、さっそく、始めてみましょう。
実践しながら自分に合った毛穴ケアを見つけることが大切です。

また、ハトムギコスメの毛穴ケアも他と同様に、すぐに効果があるものではありません。
しかし、何より身近でコスパが高いので「長く使ってみて少しずつ効果を実感しよう」という気持ちで、続けることがキレイへの近道です。