30代は毛穴のたるみとエイジングを意識した化粧水を選びましょう


仕事や結婚、出産など、ライフスタイルの変化の多い30代は肌の老化の始まりのサインが、顔にあらわれてくる時期でもあります。
「こんなに毛穴が開いていたかな…」「毛穴がブツブツして化粧ノリが悪い…」

メイクをしようと、ふと鏡をみたらこんなふうに感じることってよくありませんか。
毛穴の開きって見れば見るほど気になってくるものですよね。

忙しい日々を送っていると、睡眠不足も重なって自分へのケアがおろそかになりがちです。
20代の頃は放っておいても、気づかぬうちに回復していたけれど、30代となるとそうはいきません。

30代は肌の調子が大きく変わるターニングポイント。
だから20代の頃と同じスキンケアをしていても毛穴の開きがなくなるとは限りません。

忙しくて毛穴をケアする時間がないからこそ、「より効果的な化粧水」を選びたいものです。
これからは、毛穴とさらにエイジングをちょっと意識してスキンケアをしてみませんか。

ではどうやって化粧水を選べばいいのでしょう。ランキングや口コミだけに頼らない毛穴ケアできる化粧水の選び方をここではご紹介したいと思います。

20代と30代では、肌が大きく変化している


気にならなかった毛穴が30代になってから目立ってきたというのは、毛穴の数が増えたからではありません。

毛穴の数は子供の頃から増えたように思うかもしれませんが、実は生まれた時から決まっており、大人になっても変わらないのです。

ではどうして目立ってくるのでしょうか。
それは毛穴の形が変化したからです。

20代を境にお肌のハリや弾力に必要な「コラーゲン」や「セラミド」が減少し、ハリや弾力を失った肌が重力に引っ張られ、毛穴が開いてしまうのです。

これがさらに進行すると、開いた毛穴同士がつながって、無数の小じわのような状態になっていきます。

皮膚やお肌のつくりは基本的には誰でも同じです。そしてどんな人でも年齢を重ねます。その中で自分を大切にケアしてきた人がより若々しく、よりキレイな肌を保つことができるのです。

まずは、自分自身の肌質や変化を知った上で、自分に合った毛穴ケア化粧水を選ぶことが大切です。

30代の肌の悩み

30代の肌の悩みとはどんなものでしょうか。

1.毛穴の開き
「毛穴が縦長になってきて目立つ」
加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少により、保湿が十分でないことや肌のターンオーバーの乱れなどが原因で、毛穴がたるんで広がってきます。

2.乾燥
「お肌がカサカサして、時々かゆみがある」
「今までの保湿化粧水の浸透が悪くなった気がする」
「乾燥によるほうれい線が目立ってきた」
以前よりも増して乾燥が気になってくるでしょう。

3.くすみ
「疲れが顔にすぐ出てしまう」
「顔色がパッとせず暗く見える」
乾燥や血行不良、ターンオーバーの乱れによって肌表面がくすんできます。

4.シワ・たるみ
「口元の小じわが目立ってきた」
「頬がたるんで下がってきた」
肌の真皮にあるコラーゲンが減少することで肌にハリがなくなり、シワやたるみを実感するようになります。

肌の状態は常に変化しますので、以前の肌質を見た時の結果を参考にすると、現在の肌の状態には合っていない場合がありますので、注意しましょう。

30代の肌悩みにおすすめの美容成分

1.コラーゲン
肌のハリや弾力を与えてくれるコラーゲンは30代から徐々に減少します。実は化粧品でお肌につけても真皮層までは浸透しません。しかし、角質層で水分を保持する役割を果たしてくれます。

2.エラスチン
エラスチンはコラーゲン同士をしっかり結びつける働きがあります。お肌のハリや弾力を保つのに重要な役割を果たす弾性線維です。コラーゲンと合わせて補いたい成分ですね。

3.セラミド
肌の保湿に欠かせないセラミドは角質層にある細胞間脂質です。表皮の1番上の層である0.02mmほどのところにある角質層で働く成分のため、化粧品で補うことができます。

4.ビタミンC誘導体
ビタミンCには、老化のもとになる活性酸素を除去する、抗酸化作用があります。

美白効果や開いた毛穴を引き締め、詰まりを改善する効果もあるのです。ビタミンCを摂取することでコラーゲン量を増加するとも言われています。

肌の悩み別による化粧水の選び方

1.乾燥肌
乾燥肌はより多くの水分を肌に取り込み、乾燥を防ぐことが大切です。乾燥肌向けの化粧水を選ぶときは、セラミドが配合されている化粧水を選びましょう。

「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」など、多くの保湿成分が配合されているかも合わせて確認してみましょう。

2.オイリー肌
オイリー肌は過剰に皮脂が肌表面に出てしまうので、べたつきやテカリなどを抑える化粧水がおすすめです。

保湿力を高め、肌を引き締めるタイプの化粧水が有効で、皮脂の分泌をコントロールするAPPSやリン酸など、ビタミンC誘導体が配合されているものを選んでみましょう。

3.混合肌
「混合肌」とは、皮脂が過剰に出やすく、テカリやベタつきが気になる部分と乾燥しやすい部分が顔にどちらも起こる状態を指しています。

一般的には、顔のTゾーンは脂浮きしやすく、Uゾーンは乾燥しやすい方が多いようです。

水分と油分のバランスが崩れていますので保湿成分や整肌成分「ビタミンC誘導体」が配合された、肌を引きしめ、整えるくれる化粧水がおすすめとなります。

今までのスキンケアを見なおす

化粧品でのスキンケアの大切なポイントは、正しい使い方や順番を守ることです。

使用方法を間違えると、「肌を健康な状態に近づけるために肌の働きをサポートする」というスキンケアの本来の目的から離れてしまい、化粧品の効果を実感できなくなります。

また、表示された使用分量を守っているでしょうか?
少なすぎると効果が出ませんし、多すぎても害になることもあります。
示された分量どおりに使用しましょう。

洗顔は丁寧に


忙しいときは朝の洗顔を簡単に終わらせてしまいがちです。
しかし、洗顔をきちんとしないと汚れが毛穴に詰まってどんどん開いてしまう原因を作ってしまいます。

まず、洗顔料に水を含ませ、ふわふわの泡をつくります。しっかりとした泡で肌を優しくなでるように洗ってください。ゴシゴシと手で肌をこすってはいけません。なでるように洗いましょう。

洗顔の成分が肌に残らないように洗顔料をしっかりと洗い流します。

化粧水の基本的な使い方

化粧水を適量両手のひらに取り、体温であたためます。
あたためることで化粧水の成分が肌に浸透しやすくなるのです。

顔の中心から外側へ、両手で顔を包み込みながら、優しく押さえてしみこませるように化粧水を載せていきます。
肌が薄くデリケートな目元や口元などは、指でそっと押さえるように伸ばします。

手に残った化粧水をおでこになじませ、最後にフェイスラインを軽く押さえましょう。

化粧水の浸透力をアップさせるには?

化粧水は洗顔後すぐにつけることが重要です。美容成分が肌に染み込みやすいように優しくハンドプレスしてあげるとより浸透力が高まります。

また、化粧水をつけるときはコットンを使用すると肌に摩擦を与えてしまうので、手でつけることをおすすめします。

化粧水の前に使う「導入美容液」は古い角質を柔らかくし、美容成分を浸透しやすい肌に整えてくれるのでぜひ取り入れてみてください。

30代の毛穴ケアは化粧水の選び方だけでなく、内側からのケアも大事

30代のエイジングケアは自分にあった化粧水を選び、正しいスキンケアを見直しただけでは終わりません。内側からのケアにも目を向けてみましょう。

まずは美しい肌を手に入れるためにアンチエイジングを意識した日常生活を送ることが大切です。

バランスの良い食事をとることが基本ですが、忙しい日々を送っていると毎回の食事で栄養バランスよく摂取することは難しいですよね。
ときには食事で不足する栄養素をサプリメントで補ってもいいかもしれません。

また、適度な運動をしましょう。
生活のリズムにメリハリがついて、自然な眠気から睡眠につなげることが期待できます。
睡眠の質を上げることがストレスの発散にもつながり、結果的に健康的なお肌を手に入れることができるようになるのです。

30代では、化粧水によるエイジングケア以外でも大切なことはたくさんあります。

20代とは異なる、30代の毛穴に良い化粧水の選び方

20代と30代では気持ちの上ではそれほど差がないと思いますが、お肌は少しずつではありますが、変化しています。

30代の肌の衰えは乾燥が大きな原因です。肌の保湿成分であるコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの含有量が徐々に減少し、肌の乾燥につながります。

肌の水分不足は乾燥だけでなく、バリア機能を低下させ、ハリがなくなり、毛穴が目立つ原因ともなります。

とくにセラミドが減っていくことについては、紫外線などの肌刺激に敏感になる要因となり、肌に深刻な影響をもたらすのです。

セラミドとは、肌の角層の中にある角層細胞間脂質のひとつで、肌の水分量を保ち、うるおいを守ってくれるものです。
セラミドが十分にあるお肌は乾燥知らずで、しっとりなめらかな肌となります。

また、皮脂の分泌量は20代から30代でピークを迎え、その後、年齢を重ねるごとに皮脂量が少なくなると言われています。
その皮脂が紫外線にあたると、酸化して黒くなったり角栓を作ったりしてしまうため、さらに毛穴が目立つようになるのです。

皮脂量と保水能力のバランスを整えながら、肌本来の機能を引き出すことが30代の毛穴ケアには必要となってくるのです。

(まとめ)30代は自分の肌質を知り、スキンケアと化粧水を見直そう

1.肌の悩みにあった成分の入った化粧水を選ぼう
2.使用方法をしっかりと守り、美容効果を最大限引き出そう
3.外側からスキンケアだけでなく、内側からのケアも大切

ハリがあって毛穴が目立たない、きめ細かな肌は誰にとっても理想の肌と言えます。
20代の頃は何もしなくても平気だったのに、30代になると維持するのが難しくなってきますね。
どんなにお肌のきれいな人でも衰えない人はいません。

でも安心してください。
自分の肌質を知り、スキンケアを見直してみましょう。
そしてそれは今の肌だけでなく、この先の美肌のために役立つことになるはずです。