40代の毛穴の悩みは4つの対策を押さえればクリアできます


30代の頃はそうでもなかったのに、なんだか最近、鏡を見るたびに毛穴が気になってきた…。化粧でカバーしているけど、夕方にはメイクが崩れ、毛穴が余計に目立ってしまう。

そんな風に悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。

毛穴の開きは、どんな年代でも共通の悩みですよね。
でも一生の中で、年齢によって毛穴が開く原因は変わってくるのです。
20代の頃の毛穴の開きと40代の毛穴の開きでは、原因と症状が違うのです。

したがって、若い頃と同じケアを続けていても改善しません。
ですが、年齢なりの毛穴トラブルの特徴とその対策を知ってケアをしていけば、40代からでも十分間に合います。

まずは、40代での毛穴が開く原因と、予防するための方法を理解しましょう。
今まで正しいと思っていたお手入れ方法を見なおすことになるかもしれません。

「40代はもう遅い」なんてあきらめないで、今日から年齢なりのケアを取り入れて、キレイな肌を手に入れましょう。
きめ細かなハリのある肌なら、自信を持つことができ、毎日が生き生きと輝きますよ。

40代は「たるみ毛穴」の対策を


40代の毛穴の悩みは、加齢によるたるみからくる「たるみ毛穴」です。頬から顎に向かって毛穴が目立つ部分が広がっていきます。

20代から30代がピークだった皮脂の分泌が、40代になるとだんだんと少なくなっていきます。
すると、肌表面のうるおいが不足して乾燥を招くのです。
乾燥は肌のバリア機能を低下させ、ダメージを受けて毛穴が開いてしまうのです。

そんな40代の毛穴の開きを目立たなくさせるには、次の4つの対策があります。

・丁寧な洗顔をする
・十分に保湿をする
・肌にやさしい角質ケアをする
・念入りな紫外線対策をする

40代の毛穴の開く原因は、いくつかの要因が重っています。
しかし、これらの対策をしっかりしていけば、きっと改善につながるでしょう。

毛穴の目立つ原因にはどんなものがあるのでしょう
1.毛穴の開きやたるみ

毛穴の開きは過剰な皮脂が原因で起こります。
分泌された皮脂が毛穴の中にあることで、大きく開いてしまいます。
また活発になった皮脂腺が、毛穴の中でふくらむので毛穴が大きく見えるのです。

一方、洗顔のし過ぎなどで肌が乾燥してしまった場合に、逃げてしまった水分のかわりを皮脂で補おうとして、多く分泌されてしまうことがあります。
肌が乾燥しているのに、あぶらっぽいと感じるのはこういうときです。

加齢とともに皮膚がたるんでくることで、毛穴が楕円形に広がってしまうのを「たるみ毛穴」といいます。このメカニズムについては、のちほど説明していきましょう。

2.毛穴のつまり

皮膚の代謝が悪いと、角質がはがれず肌に残ってしまいます。空気中のホコリ、メイクの汚れや皮脂と一緒に毛穴の中で固まり「角栓」となるのです。

3.毛穴の黒ずみ

角栓は最初のうちは色がないのですが、時間が経つと酸化して黒くなり、これが毛穴の黒ずみとなります。
紫外線によりできたメラニン色素が残った場合や、産毛の集まりなども毛穴を黒く見せます。

4.ニキビ毛穴

ニキビは皮脂が過剰に分泌してしまう人に多いものです。
毛穴の中で雑菌が繁殖し、炎症や肌荒れを起こすことが原因です。

またストレスが加わると、ホルモンバランスが乱れ、皮脂が多く分泌されます。また肌のターンオーバーも乱れ、毛穴がつまりやすくなってしまいます。
ここに菌が繁殖しニキビができる、ということになるのです。

毛穴のニキビをつぶしてしまうと、陥没した跡が残ってしまいます。

40代の毛穴の開きは「たるみ毛穴」

たるみ毛穴ができるメカニズムは、加齢とともに顔の筋肉と脂肪が下がり、その部分の皮膚がたるむことで肌が広がり毛穴も一緒に開いていく、ということです。「帯状毛穴」とも呼ばれます。

皮膚の構造は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成され、顔のたるみに大きな影響があるのが「真皮」です。

真皮には肌の構造を支える「コラーゲン」や「エラスチン」がしっかりとあることで肌のハリや弾力が保たれます。これらの数の減少や形が崩れた状態が顔のたるみの原因で「たるみ毛穴」につながるのです。

また、表皮の角質層には「セラミド」が存在します。保湿力があり、肌をみずみずしく保って若々しく見せてくれるものです。しかし、このセラミドは20歳をピークに減ってきてしまいます。

このように、加齢とともに肌のハリや弾力は低下します。
そのまま放置すると、毛穴が重力に負け、タテ長に広がってしまうのです。

さらにハリを失った肌がしぼむと毛穴同士がつながって無数のシワのようになってしまいます。これはやがて「小ジワ」となります。

40代の毛穴対策
(1) 毛穴を目立たなくさせる正しいクレンジングと洗顔のコツ

メイクや空気中のホコリなどが肌に残ると、次に使う化粧品の美容成分が十分に浸透しません。しっかりと汚れを落としましょう。

しかし、洗浄力が強いクレンジング剤や洗顔料はおすすめしません。40代の肌は刺激に弱く敏感になっているからです。

肌の水分が余計に奪われて、他の肌トラブルの原因になります。「優しく丁寧に」を心がけましょう。

(2) 十分に保湿をしましょう

毛穴を引き締めようと収れん化粧品を使用してもいいのですが、効果は一時的なものです。

「コラーゲン」や「エラスチン」「ヒアルロン酸」、とても高い保湿力のある「セラミド」などこれらを意識した化粧品を使いましょう。
保湿ケアをしっかりしているつもりでも、肌のすみずみに届かなくては意味がありません。
次のスキンケアアイテムの使用方法や量を見直して、十分な保湿をしましょう。

1.化粧水
乾燥するからといって、化粧水を「しっとりタイプ」を使用すれば改善するとはかぎりません。
化粧水は洗顔によって流されてしまった、肌の保湿成分を補うものです。

化粧水がきちんと肌の奥まで浸透することで、後に続く化粧品の美容成分がより効果的に浸透しやすくするためのものなのです。そのためには洗顔後すぐに化粧水で補うことが大切となります。

2.乳液
化粧水とセットで「なんとなく一緒に使っている」、なんて人も多いのではないでしょうか?

化粧水の後に乳液を使用する事がおすすめされているのは、化粧水で角質層まで浸透した水分を、乳液を重ねることで肌表面にフタをし、蒸発させないようにするためです。
「肌の水分と油分を補い保つ」役割があります。

3.美容液
美容液には、さまざまな種類がありますが、肌の悩みの予防や悩みを解消する目的で使うものです。

他には、美容クリーム、UVクリームなどありますが、製品によっては順番や使用法の指示があるので、使用説明書をよく読んでから使うようにしましょう。

(3) 角質ケアを取り入れましょう。

肌の凹凸が大きく、ゴワゴワしているとなめらかな肌とは言えません。
これは肌表面に残っている古い角質が原因です。

角質が表面にたまると毛穴に汚れがつまり、肌のターンオーバーが正しく行われません。
それを表面から取り除き、新陳代謝を促すのがピーリングです。ざらつきがなくなり、肌がやわらかくなります。

自宅でビーリングジェルを使用したものや、エステティックサロンでのケミカルピーリングを受けるなど、角質ケアを取り入れましょう。

(4) 紫外線から肌を守る

UVケアはしっかり行っていますか?
忙しくて「近所までだから」とか「曇っているから日焼け止めは必要ないかな」なんて、怠ってはいませんか?

紫外線は美肌に大敵です。
紫外線はシミを生み出すだけでなく、ハリを失うことになり、シワや乾燥にもつながります。

さらに紫外線のダメージや過剰な皮脂分泌が影響して、毛穴の目立ちや黒ずみといった毛穴トラブルも加速させてしまいます。

季節を問わず一年中、必ず日焼け止めを使いましょう。
帽子や日傘などのアイテムを利用するのもいいでしょう。

日焼け止めの種類は、紫外線をカットする成分によって大きく2つに分けられます。

1.紫外線吸収剤
受けた紫外線を肌の上で吸収し、化学反応で熱エネルギーを放出することで肌を守ります。

しかし、肌の上で化学反応が起きるために負担が大きく、肌が赤くなり、かゆくなるというアレルギー反応が起きてしまう場合があるので注意が必要です。

2.紫外線散乱剤
主に粉体が原料で、肌の上で物理的に紫外線を反射させます。
紫外線吸収剤を含まず、紫外線散乱剤によって紫外線を防ぐ日焼け止めは、ノンケミカルとも言われるものです。

紫外線吸収剤より紫外線をカットする力が低いと言われています。ただし、肌が乾燥しバリア機能が低下しているときは、紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めがおすすめです。

汗・皮脂で落ちるのが気になる方は、UVカット効果のあるプレストパウダーやルースパウダーをプラスしましょう。メイクの上から重ね塗りできるので便利です。

余計に毛穴を目立たせてしまうかも!やってはいけない行為

基本的に40代の肌は敏感で、刺激に弱くなっています。
以下のようなことは、やらない、またはやり過ぎないように気をつけましょう。

1.角栓をピンセットで強引に取る
2.お手軽で簡単な、ふき取りシートで毎日クレンジングしている
3.洗浄力の強い洗顔料を愛用する、また洗顔を一日何度もする
4.時間をかけてマッサージしながらクレンジングする
5.はがすタイプの毛穴パックを頻繁に使う
6.肌がベタつくからといって、保湿は化粧水のみ
7.湯船に浸かりながら一緒に顔パック
8.毛穴を引き締めようと冷たい水で洗顔する
9.毛穴を開こうと熱めのお湯で洗顔する
10.アルコールが多く使用されている化粧水で、毎日ふき取りをしている。

など、これら効果的と思っていた行為が、毛穴トラブルにつながっている可能性があります。
ここでしっかりと毛穴ケアを見直してみてください。

(まとめ)4つのポイントを実践して毛穴を目立たせない

1.正しい方法でクレンジングや洗顔をする
2.十分に保湿する
3.角質ケアをする
4.紫外線対策を怠らない

40代女性のエイジングケア、スタートは肌の変化に合わせて毎日のケアを見なおすことです。

誤った使い方で、お肌への負担や刺激を与えないようにすることが大切です。
自分の肌にあった美容アイテムを見つけ、正しい使用方法でしっかりと成分が届くようにしましょう。

また、日々の忙しさからくる睡眠不足やストレスなども、肌に大きな影響を与えることもあります。
疲れやストレスをためないようにして、心身ともにムリのない生活を送るようにしましょう。

今回ご紹介したようなケアを行い、40代も素敵な肌で過ごせるといいですね。