毛穴トラブルの原因はお肌の乾燥です


「ベタベタのオイリー肌でもないのに、毛穴に汚れがたまりやすいのはどうして」

「汗をかきやすい夏に毛穴が開きやすいのはなんとなくわかるけれど…冬の乾燥する時期に、きちんとスキンケアをしているにも関わらず、毛穴のボツボツが目立つのはどうして」

このような疑問や悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

皮脂分泌の多いオイリー肌は、毛穴に汚れがたまりやすく、黒ずみや詰まり毛穴になりやすのは理解しやすいでしょう。しかし、乾燥肌の人が、顔の毛穴が一年中目立ってしまうのに悩んでいるケースも多いのです。

お肌が乾燥しているからといって、皮脂が少ないというわけではありません。どんな状態のお肌であっても皮脂は分泌しています。

お肌が乾燥すると皮膚は硬くなり、手で触るとガサガサしています。肌のキメは粗くなり、毛穴が開きやすくなることで毛穴は大きく目立ちやすくなるのです。

こうした状態になると、お肌は少しでも潤いを復活させようと皮脂を過剰に分泌するのです。必要以上に皮脂が分泌されるのですから、硬くなった毛穴は詰まってしまうことになります。

乾燥肌が招く毛穴トラブルの改善策


お肌の乾燥が原因で、顔の皮脂が増え、毛穴トラブルを招いてしまうことがわかりました。

毛穴トラブルにもさまざまなタイプがありますが、先に説明した、お肌が自ら身を守ろうと皮脂の過剰分泌をするのは、黒ずみやお肌がざらつく、詰まり毛穴タイプで、毛穴の悩みにもっとも多いケースです。

そしてもう一つは、30歳を過ぎた頃から目立ってくる、たるみ毛穴タイプになります。お肌の水分不足やコラーゲンが減ってくると皮膚がたるみ、毛穴が下に垂れ下がり目立つというものです。

こうした原因で起こる毛穴トラブルは、乾燥対策に重点を置いたスキンケアで改善しましょう。これまでのケアを見直して、お肌に潤いとハリを与えるケアを継続することで、毛穴が目立たない美肌を取り戻せます。

乾燥肌にならないクレンジング方法

メイク汚れを落とすためには、クレンジングが不可欠です。

しかしメイクの油汚れを除去するクレンジング剤には、合成界面活性剤が配合されています。この洗剤は洗浄力が強く、お肌の保湿力を低下させてしまうデメリットがあるのです。

クレンジング剤の選び方一つで、お肌へ与えるダメージの強さは大きく変わってきます。お肌に優しいクレンジング剤とは、合成界面活性剤が少なく、油脂が多く配合されているものです。

クレンジング剤にはさまざまなタイプがありますが、メイク汚れがしっかりと落とせる順に上げると、

1.オイルタイプ
2.クリームタイプ
3.ミルクタイプ
4.ジェルタイプ
5.拭き取りシートタイプ

となります。

もっともメイク汚れが落ちるのは、オイルタイプですが、合成界面活性剤の量も多く、乾燥肌や敏感肌の人にはダメージが強いでしょう。

クリームタイプはメイク汚れをしっかりと落としてくれる上、合成界面活性剤の量が一番少なく、乾燥肌の人にはもっともオススメのクレンジング剤です。
ただ、合成界面活性剤が少ないために、洗い上がりのベタ付き感が気になるかもしれません。

しかしこのべたつきはお肌によいクレンジング剤と思ってください。クレンジング後の洗顔で、キレイに洗い流せば問題ありません。
乾燥肌にならないクレンジングの手順としては、まずは目元や口元のポイントメイクは、専用のリムーバーで先に落としておきます。

そしてクレンジング剤を適量取り、顔に載せて優しくクルクル円を描くようにのばしていきます。1分間を目安に、メイクとクレンジング剤をなじませていきましょう。

すすぎはぬるま湯で、優しく洗い流していきます。この際、クレンジング剤のベタ付きやぬめりを完全に落とそうとしなくても大丈夫。仕上げはこの後の洗顔で行うので、ゴシゴシするのはやめましょう。

乾燥肌にならない洗顔方法

汗や皮脂、角質の汚れは洗顔料で落とします。

洗顔料は、香料や有効成分が入っていない、シンプルなものがオススメです。洗顔フォームは泡立ちも良く、洗い上がりはしっとりしていますが、その分、いろいろな有効成分が配合されています。

昔ながらの洗顔石けんは、余分な成分が配合されていないので、お肌に優しく洗い上がりもさっぱりします。乾燥肌にオススメです。

乾燥肌にならない洗顔の手順ですが、まずは洗顔料を十分に泡を立て、皮脂の多いTゾーンから洗っていきます。
その際は泡をお肌にのせて、なでるように優しく洗うことを心がけるといいでしょう。

泡を流す時は、ぬるま湯を使い洗いの残しがないようにしっかりとすすぎます。洗い上がったら清潔なタオルで、お肌を押さえるように水分を拭き取ります。

とにかく洗顔後の保湿が大切!

お肌の乾燥を防ぐためには、洗顔後すぐに保湿ケアをします。洗顔後のお肌は、余分な皮脂や角質が取れています。このままの状態を長く放置すると、お肌の水分がどんどん蒸発してしまいますので注意しましょう。

洗顔後は古い角質がはがれたやわらかい肌になっています。乾燥で毛穴が目立つお肌も、このタイミングなら水分がたっぷりと吸収されるので、手を抜かずにしっかりとお手入れしましょう。

化粧水で水分や有効成分を十分に補給した後は、乳液やクリームで肌表面にフタをして水分が蒸発するのを防ぎます。

オイリー肌の人も保湿はしっかりと行うことが大切です。べたつくからといって、クリームや乳液を塗らない人もいるようですが、保湿ケアを怠ると乾燥が進み、さらに皮脂が過剰に分泌してしまいます。

注意!乾燥肌を引き起こすスキンケア


乾燥肌を引き起こさないためには、日々の正しいスキンケアがとても大事です。当たり前のことなのですが、意外と間違ったケアをやっている人が多いようです。チェックしてみましょう。

1.洗顔時の熱いシャワー

クレンジングや洗顔時は、人肌程度のぬるま湯を使いましょう。高温のお湯は皮膚に必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまいます。
また水圧の強いシャワーは、お肌の水分を保持する角質層を傷つけてしまい、乾燥を招きます。顔を洗い流す時は、蛇口のぬるま湯を使いましょう。

2.クレンジングや洗顔時にゴシゴシこする

ゴシゴシとこすり洗いをしたからといって、毛穴の奥に詰まった汚れは除去できません。お肌に刺激を与えてしまい、余計にお肌にダメージを与えて角質層が壊れてしまいます。

そうすると、皮膚内部の水分が角質層のすき間から逃げてしまい乾燥肌になってしまいます。手の力で洗うのではなく、泡で汚れを落とすイメージで優しく丁寧に洗顔することが大切です。

3.スキンケアのし過ぎ

お肌のべたつき、テカリが気になって1日に何度も洗顔している人も多いでしょう。これは必要な皮脂や水分を取り過ぎてしまう行為です。

洗顔は1日2回までがよいとされています。何度も洗顔することで、優しく洗っているからとはいえ、お肌には刺激が加わります。洗顔料やクレンジング料も、お肌のダメージとなるのです。

外出先でのあぶらとり紙の使い過ぎも良くありません。これも過剰な洗顔同様に、皮脂の取り過ぎになってしまいます。

どうしてもテカリが気になる場合は、ティッシュで軽く押さえるだけでも違います。それでもすっきりしない時は、化粧水をコットンに含ませて軽くパッティングするとよいですよ。

4.角栓をピンセットで抜く

毛穴から顔を出している角栓をピンセットで抜くのは、見た目にも気持ちスッキリします。でも、強引に角栓を抜くのはお肌を傷つけていることになるのです。
ダメージを受けた毛穴が炎症を起こしたり、ニキビができたりしてしまったら、さらに毛穴は広がってしまいます。

5.毛穴パックのやり過ぎ

毛穴にたまった角栓を根こそぎ除去できる毛穴パックは、手軽なので使っている人は多いでしょう。
毛穴パックはお肌にシートを貼ってはがすタイプや塗るタイプなどがあります。

ここで気を付けたいのは、はがすタイプはピンセットと同様にムリやり毛穴から角栓を引き抜くことなので、お肌へのダメージはとても大きくなります。

またシートをはがす時に、毛穴周りのお肌の皮脂や角質までもはがしてしまうので、お肌は傷ついてしまうでしょう。

塗って洗い流す毛穴パックは、シートタイプほど刺激は強くありませんが、洗浄力が強いため、やはりお肌への負担は大きいです。

毛穴パックを頻繁に使うのは避けましょう。また、毛穴パックを使用した後は保湿ケアをしっかりと行い、毛穴の引き締めも忘れずに行いましょう。

毛穴トラブルの原因は?

毛穴のトラブルの原因の多くは、お肌の乾燥です。
ではそのお肌の乾燥は、どうして起こるのでしょうか。

その原因の一つは、間違ったスキンケアにあります。毛穴の汚れ、毛穴の詰まり、黒ずみ、開きっぱなしの毛穴など、毛穴トラブルを改善しようと、多くの人は必死にスキンケアに取り組んでいるようです。

しかし、過剰なスキンケアや、合わない化粧品の使用を続けていると、お肌は保湿力を失い乾燥してしまいます。
正しいスキンケアを日々行うことが、乾燥肌をつくらない最大のポイントです。

二つ目は、偏った食生活、不規則な生活習慣です。

脂肪分の多いファストフードやスナック菓子、糖分の多いお菓子などばかり食べていると、乾燥肌の原因につながります。バランスがよい食事を取ることで、美しいお肌が作られるというのを忘れないようにしてください。

また睡眠不足、過度のストレスなどもお肌には良くありません。お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが乱れ、水分を保持する役割のセラミドが減少してしまいます。

エアコンの効いた部屋で長時間過ごしたり、紫外線を浴びたりすることも乾燥肌を招くことになります。室内の湿度管理や、外出時の紫外線対策などにも気をつけましょう。

(まとめ)乾燥肌が原因の毛穴トラブルは、正しいスキンケアで改善できる

1.乾燥肌にならないクレンジング方法
2.乾燥肌にならない洗顔方法
3.とにかく洗顔後の保湿が大切!
4.注意!乾燥肌を引き起こすスキンケア

以上の4つのポイントを守ることで、乾燥からお肌を守り、毛穴は目立たなくなっていきます。

乾燥による毛穴のトラブルは、正しいスキンケアで必ず改善します。日々、しっかりと取り組んでみましょう。