30代からの毛穴ケアは、加齢によるたるみ対策に重点を置きましょう


「10代や20代のころは、スキンケアにさほど時間をかけなくても、大したトラブルにはならなかったけれど、30歳を過ぎると、手を抜いたとたんに毛穴は黒ずみ、メイクをしてもデコボコの毛穴が目立ってしまう」

「毎朝、鏡を見ると、お肌がダラーンとたるんでいるような感じがする。20代のころのようなお肌のハリがどんどん減少しているのが、目に見えてわかる」

そんな風に、お肌の変化を感じている人は多いのではないでしょうか。

人と接する時にもっともよく目に付くのは顔ですね。肌がカサカサだったり吹き出物ももちろん気になりますが、男女共通して、やはり毛穴の悩みが一番深刻ではないでしょうか。

開いた毛穴、黒ずんだ毛穴、だらりと垂れ下がった毛穴など、毛穴トラブルはさまざまです。この毛穴トラブルは、年代によって、症状も原因も変わってきます。

つまり、20代の若い頃と同じようなケアをし続けても、30歳を過ぎたお肌のトラブルの改善にはならないのです。

30歳を過ぎたからといって、美肌をあきらめるのは早過ぎます。30代に合った毛穴ケアをしっかり行うことで、理想のお肌は取り戻せるのです。

30代ケアは、たるみ毛穴の対策と予防が重要


30代になると、多くの人が悩む毛穴トラブルは、たるみ毛穴といわれています。たるみ毛穴は、加齢によってハリや弾力が失われ、その結果、お肌も毛穴もたるんで起こる現象です。

このたるみ毛穴と知らずに、間違ったケアをし続けていると、さらに悪化してしまうこともあります。30歳を過ぎて毛穴が目立ってきたら、まずは、たるみ毛穴を疑ってください。

たるみ毛穴を予防、改善するポイントは4つあります。

1.正しいクレンジングと洗顔
2.乾燥を防ぐ保湿ケア
3.表情筋を鍛えるトレーニング
4.美肌をつくる食事

年齢とともに目立つたるみ毛穴も、これらを実行することできっと解決していくでしょう。

今すぐにでも、たるみ毛穴を隠したいという時には、毛穴をカバーするメイク術も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

正しいクレンジングと洗顔方法

間違ったクレンジングや洗顔をし続けていると、乾燥肌の原因になります。

また自分のお肌に合わないクレンジング剤や洗顔料、または洗浄力が高く、刺激の強い洗顔料を使用していると、お肌のバリア機能が低下して、敏感肌になってしまったり、お肌の老化が進んだりしてしまうことがあります。

お肌が老化するということは、たるみ毛穴を引き起こすことへもつながるのです。ただ汚れが落ちればよいと、簡単に洗顔料やクレンジング剤を選んでいては、お肌がどんどん老化していきます。

毎日使うクレンジング剤や洗顔料だからこそ、お肌によいものを選ぶことが大切です。たるみ毛穴にオススメのクレンジング剤と洗顔料は、お肌に優しいアミノ酸系界面活性剤や弱酸性のものとなります。

クレンジング剤には、さまざまなタイプがありますが、お肌に刺激の少ないミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプがオススメといえます。

正しいクレンジングの手順は下記のようなものです。

1.クレンジングを行う前に手を洗い、雑菌や汚れを落とし清潔にしておきます。

2.目元や口元などポイントメイクを専用にリムーバーで先に落としておきましょう。

3.乾いた手に、適量のクレンジング剤をのせ、皮脂の多いTゾーンからメイクを落とし、次に頬などのフェイスラインへと進みます。

クレンジングとメイクを馴染ませるように、指の腹を使って優しく落としていきます。ゴシゴシこすらないように注意しましょう。

4.すすぎは30℃〜35℃のぬるま湯で洗い残しがないようにします。

メイクをしっかりと落とし切らずにお肌に残してしまうと、酸化の原因になります。それは、お肌の老化を招くことにもなり、結果、お肌のたるみへとつながるのです。

また、クレンジングは1分以内で終わらせることもポイント。時間をかけすぎると、お肌の乾燥の原因にもなります。

次に正しい洗顔の手順です。
1.洗顔を行う前に、手を洗い清潔にしておきます。

2.洗顔料を泡立てましょう。皮脂の多いTゾーンからたっぷりの泡をのせて、泡を転がすように優しく洗っていきます。

3.次に頬、フェイスラインの順に洗っていきます。最後に、皮膚の薄い目元や口元を短時間で洗ってください。

4.洗顔料は、30℃〜35℃のぬるま湯で流します。高温のお湯は、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので要注意です。

5.洗顔後はタオルで水分を優しく吸い取り、すぐに保湿ケアを行います。

毛穴対策は保湿ケアがカギ

毛穴対策には、保湿ケアも重要なポイント。洗顔後すぐにお肌を保湿し乾燥から守ることで、お肌の新陳代謝であるターンオーバーやバリア機能が正常に働きだし、毛穴トラブルは改善されていきます。

保湿ケアの手順は、化粧水でしっかりと保湿して、乳液やクリームを使ってフタをして、潤いをとじこめます。

化粧水などケア用品は、毛穴対策に有効な保湿成分が配合されたものを使いましょう。以下で紹介する保湿成分がオススメです。

1.ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はもともと、真皮内にある成分です。1gで6000mlの保水力があり、肌をふっくら柔らかく保つものとなります。化粧品としては表皮の角質層を潤わせる役割があります。

ヒアルロン酸は、比較的どのような化粧品にも配合されている保湿成分です。含まれた化粧水や美容液を使うと、たるみ毛穴への影響力が実感できるでしょう。

2.セラミド

セラミドは、高い保湿力プラスとお肌のバリア機能を正常化させる、とても優秀な保湿成分です。さまざまな保湿成分の中でもとくに保水力に優れています。

セラミドにはいろいろな種類がありますが、たるみ毛穴には、ヒト型セラミド配合の化粧品を選びます。また化粧水よりも、美容液やクリームで保湿を補う方がたるみ毛穴にはよいでしょう。

3.プロテオグリカン

高い保湿力があることで近年、注目されている保湿成分です。コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける働きがあると言われています。

たるみ毛穴には、プロテオグリカン配合の化粧水や美容液がオススメです。

食事を見直してたるみ毛穴を改善


お肌や毛穴の状態は、食事による影響も大きく関わってきます。

食事では、抗酸化力の高い緑黄色野菜をたくさん取り入れ、肉や魚からバランス良くタンパク質を摂取するのが理想です。

ファストフードやスナックなど脂質の多い食べ物、糖質の多い食べ物を好んで食べていると、皮脂が過剰に分泌し、毛穴が詰まったり、たるみ毛穴を引き起こしたりしやすくなります。

表情筋を鍛えてたるみ予防

たるみ毛穴は、頬の部分にできるケースがほとんどです。そのため、頬のたるみを改善する表情筋のトレーニングを行うことで、たるみ毛穴が目立たなくなっていきます。

また、表情筋を鍛えることで、血の巡りが良くなり、イキイキとした表情へと変わるでしょう。

頬を集中的に鍛えるトレーニング方法を紹介しますので、参考にしてください。
1.口を閉じたまま、口角を上げて、笑顔をつくります。

2.その状態から、右目を閉じて、右の口角を右目の目じりまで引き上げるイメージで、限界まで引き上げます。そのまま5〜10秒キープしましょう。

3.ゆっくりと元の表情に戻します。

このトレーニングを左右両方とも、3回ずつ行います。

たるみ毛穴をカバーするメイク術

たるみ毛穴は日々のケアで徐々に改善されていくでしょう。しかし、今すぐにたるみ毛穴を目立たなくしたい、という場合もありますよね。

結婚式の披露宴、パーティー、授業参観や、仕事などで人前に立つ時など、そんな急を要する日は、たるみ毛穴をメイクで隠してしまいましょう。

ただ厚塗りをするメイクでは、崩れた時に、よりいっそう、毛穴が目立ってしまいます。正しい毛穴をカバーするメイク法を覚えておきましょう。

1.メイク前の保湿ケアをしっかり行います。お肌が乾燥すると、毛穴が目立ち、過剰な皮脂分泌を引き起こす原因になります。メイク崩れの防止にも保湿ケアは必須です。

2.下地は必ず塗りましょう。下地のいらないファンデーションも多くありますが、毛穴をカバーするタイプの下地を使うと、メイクの仕上がりが断然違います。

3.ファンデーションは、リキッドタイプがオススメです。パウダータイプは毛穴回りにだけに粉が付いて余計に目立たせてしまいますが、リキッドタイプは毛穴のデコボコをしっかりとカバーしてくれます。

ファンデーションをつける時は、お肌を押さえるように、薄くつけていきましょう。

4.仕上げは、微粒子入りのフェイスパウダーで整えていきます。メイク用のブラシを使うと、お肌全体にツヤが出て、生き生きとした明るい顔になります。

毛穴トラブルを悪化させる、30代ケアでのNG習慣

毛穴トラブルと聞くと、スキンケア対策が最初に思い付くでしょう。毛穴の汚れや黒ずみ、角栓の詰まりなどには、正しいスキンケアを行い、汚れをしっかりと除去し、清潔なお肌にすることがもっとも重要です。

しかし、たるみ毛穴を引き起こす原因は、加齢や毛穴の汚れだけではありません。日々の生活習慣や食生活によるものなど、さまざまな要因の影響を受けて、お肌はたるみ、毛穴が目立ってしまうのです。

たるみ毛穴を悪化させる、NG習慣を挙げてみます。

1.1年を通して紫外線対策をしない
2.喫煙
3.過剰なアルコールの摂取
4.質の良い睡眠、十分な睡眠時間を取っていない
5.ストレスをためている
6.運動不足
7.刺激の強いクレンジング剤、洗顔料の使用
8.正しい方法でクレンジング、洗顔を行っていない
9.毛穴パックの使い過ぎ
10保湿ケアによる乾燥肌対策をしていない

など、これらの行為が、たるみ毛穴を引き起こす原因になっていることもあります。正しいスキンケアに加えて、ライフスタイルの見直しをしてみましょう。

(まとめ)30代の毛穴に適したケアで必ずトラブル改善

1.正しいクレンジングと洗顔方法
2.毛穴対策は保湿ケアがカギ
3.食事を見直してたるみ毛穴を改善
4.表情筋を鍛えてたるみ予防
5.たるみ毛穴をカバーするメイク術

以上の5つのポイントを心掛け、日々の生活を送ることで、30代の毛穴トラブルも改善されるでしょう。

すぐに目に見えて変化は感じられませんが、継続することで必ず理想のお肌を取り戻すことができるでしょう。
1カ月後のお肌が楽しみですね。