30代後半は老け顔に見えてしまう、たるみ毛穴にご用心!


「30代後半に突入してから、一気にお肌がたるんできたような感じがする」

「普段と変わらないスキンケアをしているのに、30代後半になって毛穴のボコボコがファンデーションでカバーし切れないくらい目立ってきた」

こんな悩みを抱えている30代後半の人は多いのではないでしょうか。

20代の若い頃とは、お肌のキメも、うるおいも、ハリもまったく変わってきます。毛穴トラブルもたくさん種類がありますが、開き毛穴や黒ずみでも、その原因や毛穴が目立つ状態は、20代と30代後半では、違ってくるのです。

それは、やはりお肌の老化が深く関係するでしょう。

30代後半の毛穴の開き方は、縦型で頬に多く目立ちます。こめかみを上に引っぱり上げると、毛穴が目立たなくなるのも30代後半の毛穴トラブルの特徴です。

これは、30代後半から多くなる、お肌が老化して起こる「たるみ毛穴」です。

たるみ毛穴をケアせずにそのまま放置しておくと、垂れ下がった毛穴同士がくっついて、顔のシワになってしまいます。そうすると一気に老けた印象の顔になるのです。

これまでのスキンケアから、30代後半のお肌に合ったスキンケアへと見直して、生き生きとした元気なお肌を取り戻しましょう。

たるみ毛穴対策が、30代後半の美肌をつくる


10代、20代の若い頃は、開いた毛穴や黒ずんだ毛穴の悩みがほとんどです。過剰に分泌した皮脂と古い角質が混ざった角栓が原因で起こる毛穴トラブルです。

それが、30代後半くらいになると気になり始めるのが、たるみ毛穴でしょう。頬に多く目立ち、加齢によってお肌のハリと弾力が低下して、毛穴が下へ引っ張られることで毛穴が開き目立ってしまうのです。

たるみ毛穴を改善するためには、若い頃と同じようなスキンケアをしていては一向に変化は見られません。

たるみ毛穴のスキンケアのポイントは、毎日の汚れを落とすクレンジングと洗顔はもちろんですが、たるみ毛穴に有効な成分が配合された化粧品で、しっかり保湿ケアをしてあげることが大切です。

たるみ毛穴は頬にできやすいため、表情筋を鍛えるトレーニングを毎日行うことも予防になるでしょう。

たるみ毛穴を改善する化粧品の選び方

たるみ毛穴は、加齢によってコラーゲンやエラスチンなどが減少して、ハリや弾力が低下して起こります。
また、乾燥や紫外線のダメージなども、お肌自体のたるみの原因になります。

たるみ毛穴を改善するためには、毎日のスキンケアで使用する化粧品の見直しが大切です。たるみ毛穴に有効な成分が配合された化粧品を使うことで、徐々に美しいお肌へと変わっていくでしょう。

では、たるみ毛穴に有効な成分を説明していきます。

・コラーゲン
・ビタミンC誘導体(成分表示は「リン酸アスコルビルマグネシウム」、「パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム」など)
・レチノール

たるみ毛穴は、ハリや弾力をアップするために体内のコラーゲンを増やすことが必要です。これら3つの成分は、コラーゲンの生成を促進し、ハリ、美白、お肌の引き締めなどが期待できます。

・セラミド
・ヒアルロン酸

この2つの成分は高保湿成分で、たるみ毛穴の原因となる乾燥を防ぎます。
セラミドはもともとお肌にある潤いを高める成分です。たくさんある保湿成分の中でも、湿度によって保湿力が変わらない、もっとも優れた高保湿成分ともいわれています。

・フラーレン
フラーレンは、お肌の老化の原因となる活性酵素を除去する働きがあります。
この抗酸化力は、一般的なビタミンCの約170倍といわれているものです。

たるみ毛穴の改善はもちろんですが、紫外線ダメージ、毛穴引き締め、メラニン制御で美白、シワの抑制、老化防止とさまざまな作用が期待されます。

たるみ毛穴を引き締める、表情筋ストレッチ

表情筋を鍛えることで、お肌のハリと弾力を取り戻します。スキンケアと同様、毎日の習慣にすることで、老けて見える、たるみ毛穴が改善されるでしょう。

3種類の表情筋ストレッチを紹介します。自分のもっともやりやすい方法を見つけて取り組んでみましょう。

・大きな口を開けて、「あ」「い」「う」「え」「お」とそれぞれ3秒以上キープします。
「い」「え」のストレッチ時は、両頬を上に引き上げるようにします。
1回3セットが目安です。

・上唇と下唇を、ぐっと押し合うように力を入れて、10秒キープします。
次に、口を縦に大きく開けながら、上唇と下唇を前に突き出して5秒キープします。
最後に、上唇と下唇を内側に巻き込み5秒キープしましょう。

1日2セットが目安です。

・口を閉じたまま、口角を上げて笑顔をつくります。その状態から右目を閉じて、右目の目じりにくっつくように意識しながら引き上げ、5秒キープします。
左も同じように行いましょう。

両頬を3回ずつが目安です。

表情も若返るリフトアップマッサージ


顔にたまっている老廃物をしっかり排出して、すっきりとしたフェイスラインを取り戻すリフトアップマッサージです。

むくみが取れて表情も若返ります。1回のマッサージでも、お肌の変化を実感できるかもしれません。

リフトアップマッサージのコツは、上から下へ老廃物を流すイメージで行うことです。鎖骨周辺はリンパが流れる場所なので、老廃物もそこへ向かって排出していきます。

リフトアップマッサージを行う前は、血流を良くしておきます。そのため、手も顔も温まった状態にしてください。スチームをあてながら、または湯船につかりながらでもOKです。

マッサージをする顔や首、デコルテなどにオイルやマッサージクリームを塗っておくと、指の滑りがよくなります。マッサージはすべて、人差し指、中指、薬指の3本で行います。

ではリフトアップマッサージの方法です。
1.額の中央に両手の3本の指を縦にあてて、こめかみ→耳横→あごを通って鎖骨へと向かって3〜10回流します。

2.下まぶたの目尻→目頭→眉骨下→上まぶた→こめかみ→耳横→あごを通って、鎖骨へと向かって3〜10回流しましょう。

3. 口の周りにはツボが集中しています。アゴ、頬との境目、鼻の下を押して口周りのコリをほぐしていきます。しなやかな筋肉はたるみにくいお肌の土台をつくるのです。。

4.鼻筋に対して、直角に指をあて、そのまま鼻筋に向かって上下に指を数回動かします。鼻と頬の境目はとくに固くなっている部分なので、圧をかけながらほぐしていきます。

ほぐした後、頬を横切って耳横から首筋へと流していきましょう。

5.鼻と口を両手で覆い、頬と口の境目から親指と人差し指の間までをワイパーのように動かして、両頬の老廃物を耳まで流して、耳横から首筋へと流していきます。

6.人差し指を第2関節で曲げて、親指とアゴ先の骨をはさみます。そのままエラの方へ引っ張って、首筋に流していきましょう。
以上で、顔全体の老廃物を流すことができました。

たるみ毛穴を目立たなくするメイク術

すぐにでもたるみ毛穴を目立たなくしたい、という時はメイクでたるみ毛穴をカバーしましょう。たるみ毛穴を目立たなくするメイク術を紹介します。

1.たるみ毛穴をカバーするメイクで大切なのは、お肌の乾燥を防ぐことです。お肌が乾燥してしまうと、ハリや弾力を失い、さらにたるみ毛穴が目立ってしまうことになりかねません。

メイクをする前には、保湿成分が配合された化粧品でお肌を整えます。潤いのあるお肌は、ファンデーションのノリも良くなり、たるみ毛穴のカバー力もアップします。

ただ、必要以上の油分は化粧が崩れる原因になるのです。油分の多い保湿クリームを使用する際は、適量を守りましょう。

2.毛穴の気になる部分に、コンシーラーをポンポンとたたき込むようにつけていきます。カラーはお肌よりも少し明るめの色を選ぶと、毛穴の影をつくりません。

3.ファンデーションをつけていきます。
ファンデーションはさまざまなタイプがありますが、リキッドファンデーションやクリームファンデーションがオススメです。

毛穴にしっかり密着するので、お肌のデコボコをキレイにカバーし、なめらかな美肌に見せてくれます。

ファンデーションは、薄く塗るのがポイントです。
つけ方は、顔の中心から外側にのばしていきます。最初は指で気になる毛穴を埋めるようにつけていきます。
顔全体にのばした後は、スポンジを使ってポンポンとたたき込みましょう。

4.メイクの仕上げは、パール入りのフェイスパウダーで、毛穴の影をカバーしてお肌のデコボコを目立たなくします。

毛穴対策でやってはいけないNG行為

毛穴トラブルの原因と言えば、間違ったスキンケアが一番に上げられるでしょう。

20代の頃であれば、過剰な皮脂の分泌による毛穴の汚れ、詰まり、黒ずみなどの毛穴には、正しいクレンジングと洗顔を行い、常にお肌を清潔にしておくことが何よりの改善策です。

しかし、30代後半の毛穴トラブルは、毛穴の汚れだけではありません。
人間には避けられない、加齢が原因で引き起こすさまざまな体内の変化が重なって30代毛穴のトラブルは起こるのです。

以下のような状況は避けて、日常生活を送りましょう。

・野菜をあまり摂らず、ファストフードやスナック菓子などの脂肪の多い食べ物や甘いものばかりの食生活
・アルコールの飲み過ぎ
・喫煙
・紫外線対策をしない
・運動不足
・十分な時間の質の高い睡眠を取っていない
・ストレスの抱え過ぎ

など、陥らないように心掛けて、たるみ毛穴を予防しましょう。

高価な化粧品を使っていても、毎日のスキンケアを念入りに行っていても、ライフスタイルを見直さなければ、たるみ毛穴は良くなりません。さらに進行して、老け顔になるのは避けたいものです。

(まとめ)毛穴トラブルを改善する4つのポイント

1.たるみ毛穴を改善する化粧品の選び方
2.たるみ毛穴を引き締める、表情筋ストレッチ
3.表情も若返るリフトアップマッサージ
4.たるみ毛穴を目立たなくするメイク術

30代後半だからといって、美肌になることをあきらめてはいけません。以上の4つのポイントを実践すれば、必ず理想のお肌を取り戻せます。

日々のスキンケアで乾燥肌を防ぎ、たるみを予防する化粧品を使用し、ストレッチ、マッサージを継続して行うことを心掛け、30代後半からの楽しい美肌生活を送りましょう。