40代はお肌や毛穴の悩みに合ったエイジングケア化粧水を選びましょう


40代になると、お肌のハリや弾力がなくなり、垂れ下がった毛穴は大きく開いてきます。

ファンデーションを厚塗りしても、毛穴のデコボコが隠せないなど、30代の時とは毛穴トラブルやお肌の悩みが深くなります。

さらに「顔のしわがくっきりとしてきた」「ほうれい線で老け顔に見えてしまう」「シミやくすみが目立つ」「顔が全体的にたるんできた」など、40代の悩みは尽きません。

こうしたお肌や毛穴の対策にはスキンケアがとても大切です。

しかし20代や30代の頃とは、肌質も変化し、お肌の状態も違っています。

若い頃と同じスキンケアを一生懸命したところで、40代のお肌の状態が目に見えて変化することは期待できません。

大切なのは、40代と若い頃とのお肌の違いを知ることです。

身体の中でどんな成分が減少しているのか、美肌へは何が不足しているのかなどをきちんと理解した上で、それらを補う化粧品を選び、日々のスキンケアに取り入れることが40代には重要だといえます。

毛穴のたるみを実感する、40代の化粧水の選び方


40代の化粧水選びのポイントは、自分のお肌の状態をきちんと把握することが大切です。

肌質は普通肌・脂性肌・乾燥肌・インナードライ肌・敏感肌・混合肌などのタイプに分かれます。

20代・30代までは普通肌だった人も、40代になると乾燥肌になるケースが多いです。

40代は、お肌の老化による毛穴のたるみが目立ってきます。
自分の肌質、お肌や毛穴の悩みをきちんと理解して、化粧水を選びましょう。

次に大切なことは、化粧水に配合されている成分をチェックすることです。

自分のお肌の状態、毛穴トラブルに有効な成分を調べた上で、必要なものが入っているかを確認します。

成分表の上に記載されているほど、配合量が多くなっていますので確認してみてください。

40代のお肌に有効なエイジングケア化粧品の成分

多くの化粧品がありますが、自分のお肌の状態に合った成分が配合されたものを使うことが大切です。

40代のお肌に有効なエイジングケア化粧品の成分を紹介していきます。

1.ナールスゲン

ナールスゲンは、最近注目のエイジング化粧品の成分です。
刺激が少なくお肌に浸透しやすい、40代のお肌にとても有効な成分といわれています。

ナールスゲンは、真皮の線維芽細胞に直接働きかけ、細胞を活性化させます。

その結果、ハリと弾力を与えて潤いのある美肌をつくる、タンパク質・コラーゲン・エラスチン・ヒートショックプロテイン(HSP)などの成分を、お肌が自力でつくる手助けをするのです。

また抗酸化成分のグルタチオンを増殖させる働きもあります。

グルタチオンはお肌の老化をはじめ、お肌のたるみが原因で起こるほうれい線・たるみ毛穴・しわなどの予防が期待されます。

その他、ナールスゲンはメラニンの生成を防ぐことから、美白作用も高いのが特徴です。

2.ネオダーミル

ネオダーミルは、グリセリン・メチルグルコシド6リン酸(MG6P)・水・銅・リシン・プロリンを混合した新しい成分です。

主にメチルグルコシド6リン酸(MG6P)が、美肌をつくるタンパク質の一種、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促進します。

ネオダーミルは、組織を再生する働きを持つ、Ⅲ型コラーゲンを増やす特徴があります。

若さのコラーゲンともいわれており、水分を保持する力が高く、お肌のハリや弾力に大きく影響されるものです。

しかしⅢ型コラーゲンは、加齢とともに減少する特性があります。
そのためネオダーミルは、40代のお肌には積極的に取り入れたい成分の一つです。

3.ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、多くの化粧品に配合されている美肌成分の代表格です。
抗酸化作用があるためお肌の老化防止・シワ・たるみ・ほうれい線・たるみ毛穴を予防して改善します。

さらにはコラーゲンの生成をサポートする働きがあるので、お肌のハリや弾力を取り戻します。
メラニン生成を抑え、沈着を防ぐ作用で、シミを予防し美白をもたらすのです。

ビタミンC誘導体には、皮脂をコントロールする働きもあります。
そのため毛穴を引き締め、詰まりを改善して毛穴を目立たなくします。

また過剰な皮脂の分泌を減らすことで、ニキビの予防や改善にもなるでしょう。

血行を促進する働きも持ち、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーの乱れを正常にする作用も期待できます。

4.ビミタンE誘導体

ビミタンEは、美肌をつくる上でとても重要な栄養素といわれており、ナッツ類・ウナギなどの魚類・アボガドやカボチャなどの野菜に豊富に含まれています。

主な働きは、身体やお肌の酸化を防ぐ抗酸化作用・悪玉コレステロールの酸化を防ぐ動脈硬化の予防・貧血の予防などです。

ビタミンE自体は本来、水に溶けにくい油溶性ビタミン。

化粧水に配合するには不向きなのですが、安定性と親水性を持つよう改良したものがビタミンE誘導体(トコフェルリン酸ナトリウム)です。

化粧水に配合することが可能となったことで、ビタミンEの素晴らしい成分をスキンケアとしてお肌に取り入れられるようになりました。

5.プラセンタエキス

化粧品に使われているプラセンタエキスは馬・豚・羊の胎盤から抽出したものです。

プラセンタエキスにはアミノ酸・脂質・ビタミン・ミネラル・酵素などが豊富に含まれています。

プラセンタエキスの特徴は、抗酸化作用・お肌のターンオーバーの正常化・保湿力のアップ・美白などです。

40代には必須の美容成分といえるでしょう。

40代のお肌の悩みとケアポイント
1.乾燥肌

お肌の乾燥は、皮脂を過剰に分泌する要因となり、毛穴の開きや詰まり、黒ずみなどすべての毛穴トラブルを引き起こすことになります。

また40代になると、女性ホルモンの減少などさまざまな原因が重なり、顔だけでなく身体も乾燥しやすい傾向があります。

乾燥肌の対策は、洗顔後の保湿ケアを丁寧に行うことが大切です。

その際、保湿化粧水をベースにして、エイジングケア美容液、エイジングケア保湿クリームを使うことをおすすめします。

乾燥肌が原因の毛穴のトラブルやくすみなども、ここでしっかり保湿ケアを行うことで、必ず改善に向かうでしょう。

2.お肌のたるみ、たるみ毛穴

皮膚の老化が原因で起こるお肌のたるみは、たるみ毛穴を引き起こします。
この縦長に伸びたたるみ毛穴は、40代になると多くの方が体験しているのではないでしょうか。

たるみ毛穴をそのままケアもせずにおくと、ほうれい線や、シワなどを引き起こしてしまいます。

つまりたるみ毛穴をすぐにケアすることで、若々しいお肌と表情を取り戻すことができるのです。

たるみ毛穴でお悩みの40代には、コラーゲン生成を促すビタミンC誘導体・ナールスゲン・ビミタンE誘導体・ネオダーミル・プラセンタエキスが配合された化粧品がおすすめです。

3.お肌のシミ

40代になると、ファンデーションで隠せない顔のシミが目立ち始めます。

シミができる原因は、紫外線を浴びるためです。
紫外線を浴びるとメラニン色素を生成することで、お肌の細胞を守ります。

このメラニン色素は通常、ターンオーバーでアカなどと一緒にはがれ落ちていきます。

しかしターンオーバーの乱れによってメラニン色素がお肌に残ってしまうと、シミとなってしまうのです。

お肌のターンオーバーの周期は、20代では28日といわれています。

しかし年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は長くなり、40歳では40〜60日、45歳は45〜68日という日数が掛かるとされています。

40代はシミをなくそうと美白ケアだけにこだわるのではなく、お肌のターンオーバーの正常化を意識することが大切です。

そのような40代には、ビタミンC誘導体、ナールスゲン、ビミタンE誘導体が配合された化粧水がおすすめです。

4.お肌のシワ

40代はお肌がたるむことで、皮膚が垂れ下がり毛穴が縦長に変形してしまいます。
垂れ下がった毛穴同士がくっつくと、シワになってしまうのです。

毛穴が開き、シワが目立つと一気に老け顔をつくります。
お肌にハリと弾力を取り戻すためにも、加齢で減少したコラーゲンの生成を促すことが大切です。

シワのないお肌を目指す40代には、コラーゲン生成を促すビタミンC誘導体・ナールスゲン・ビミタンE誘導体・ネオダーミル・プロテオグリカンなどが配合された化粧品がオススメです。

顔のシワは、できてしまってから消すことはとても難しいので、できる前の予防がとても重要となります。

5.ほうれい線

ほうれい線も、老け顔の印象を強烈に与えてしまいます。
ほうれい線の原因もシワと同様に、お肌のたるみ、真皮の衰えが大きな原因です。

40代のほうれい線ケアには、コラーゲン生成を促すビタミンC誘導体・ナールスゲン・ビミタンE誘導体・ネオダーミル・プロテオグリカンなどが配合された化粧品がオススメです。

40代のお肌、毛穴トラブルに合った化粧水の選び方

20代、30代と長年同じ化粧水を使っている人も多いでしょう。

使い慣れた化粧品から、別のものに切り替える時は、お肌もびっくりしてしまいます。
最初からたっぷり使わずに、少量から始めてみましょう。

化粧品は皆がよいという評判のものでも、自分には合わないこともあります。
そのため、最初はサンプル品で試してみることをおすすめします。

サンプル品がない場合は、返品ができる商品であるかを確認してから購入するのがよいでしょう。

近年、オールインワン化粧水が年代を問わず人気を集めています。

化粧水・乳液・美容液・クリームなどが1つになったオールインワン化粧品は、手軽で時短にもなるなど、とても便利なスキンケアアイテムです。

しかし40代のお肌のケアに、オールインワン化粧品は向いているのでしょうか。
お肌はそもそも、年齢や肌質・肌の状態・季節などによって、選ぶアイテムが変わってきます。

とくに40代は老化を感じる年代。
ライフスタイルの変化や、お肌内部の環境の変化も大きく、細やかなケアがとても必要な年代です。

自分のお肌に合った化粧水を選び、時短で済ませずに、丁寧なスキンケアを心掛けることが40代のお肌にはとても大切です。

(まとめ)40代は自分の肌の状態を知り化粧水を選ぼう

1.40代からのお肌問題のポイント
2.どのようなケアが必要か知る
3.40代のお肌に有効なエイジングケア化粧品の成分

美肌を取り戻すのは40代からでも遅くはありません。
年齢なりのお肌に合った化粧品を使うことがとても大切なのです。

以上、3つのポイントを参考に、自分にぴったりの化粧品を選び、毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

自分のお肌を大切にケアして、ステキに年齢を重ねていきましょう。