デトックスに保湿、ごま油はお肌の手入れにも使える万能オイルです。


気になる毛穴のお手入れ、どのようにしていますか?クレンジングや洗顔を丁寧にして角栓を落とす、肌が乾燥して皮脂が過剰分泌しないように保湿をするなど、普段から意識してケアをしている人も多いでしょう。

通常のスキンケアだけでなく、食事に気をつけたり、生活習慣を見直したりして、体の内側からアプローチする方法もあります。このように、毛穴をケアする方法は、さまざまな手段があるのです。

毛穴をケアする方法のひとつに、オイル美容があります。文字通り、オイルを使ってマッサージやパックをする美容方法で、毛穴に詰まった汚角栓や汚れをしっかり落とすといった効果があるとされているのです。

オイル美容に使用するオイルには、ホホバオイルやひまし油などがありますが、実は「ごま油」も使うことができます。ごま油といえば料理で使うイメージが強いですが、お肌にも良い影響を与えるという話があるのです。

生のごまから抽出した太白ごま油は、体内の老廃物を排出するデトックス効果があるとされています。さらに、保湿力を高める成分が含まれていることから、肌の潤いを保つ効果も期待されているのです。

ここでは、ごま油の効果や、オイル美容の方法についてご紹介します。

ごま油を使って毛穴ケアをしてみよう


ごま油を使ってオイル美容を始めようと思っても、独特の香りが気になるという人もいるかもしれません。

料理で使うごま油は、ごまを焙煎してから抽出した「焙煎ごま油」や「低温焙煎ごま油」などです。焙煎したごまから抽出されたものは、ごま油独特の香りや色が付いています。

実は、ごま油には無香の「太白ごま油」があります。太白ごま油は生のごまを搾って作られたごま油で、香りや色がありません。オイル美容に使うのは、この太白ごま油です。

生のごまから作られたごま油は、アーユルヴェーダでも使われています。アーユルヴェーダでは「セサミオイル」と呼ばれており、マッサージオイルを作る時のベースオイルに使用されることが多いようです。

しかし、セサミオイルは、入手するにはアロマ専門のお店に行くなど少し手間がかかります。

太白ごま油はスーパーで見かける機会が増えてきたため、セサミオイルよりは手に入りやすいでしょう。

ごま油を使うとどのような効果が見込める?

ごま油を使うと、肌にはどのような効果が見込めるのでしょうか。

1.老廃物の排出
太白ごま油には、体内の解毒作用を担う肝臓の機能改善や活性化を図る成分が含まれています。肝機能が良くなることで、体内から老廃物が排出されやすくなると考えられます。

2.血流を良くする
太白ごま油には、毛細血管を拡張する働きをする栄養素が含まれているのです。毛細血管の拡張は、血行を良くします。血行が良くなれば代謝も上がり、肌のターンオーバーの促進も見込めるでしょう。

3.肌を乾燥から守る
肌が乾燥すると、皮脂の過剰分泌や肌のごわつきなどのトラブルが起こります。とくに、余分な皮脂が角質と混ざると角栓となり、毛穴に詰まるのです。

太白ごま油には、保湿効果に優れた成分が含まれています。オイルそのものにも肌の表面を覆って水分の蒸発を防ぐ役割がありますが、太白ごま油はより高い保湿力が期待できます。

ごま油に含まれる栄養素とは


ごま油が肌に良い影響を与えるのは、ごま油に含まれる栄養素によるものです。どのような栄養素がふくまれているのでしょうか。

1.ゴマリグナン
抗酸化作用があるとされるセサミンはゴマリグナンの一種です。セサミンには、生活習慣病の原因となる活性酸素や悪玉コレステロールの増加を防ぐ働きがあります。

肝臓の機能を高めてくれる働きもあり、肌の老廃物の排出に効果が期待できるでしょう。

2.オレイン酸
抗酸化作用に優れ、老化を予防する役割があります。皮脂に多く含まれている成分でもあります。

3.リノール酸
不飽和脂肪酸であるリノール酸は肌荒れを防ぐ、脂肪燃焼を促すなどの効果があるとされており、体内で作ることができないため、体の外側から摂取する必要があるのです。

4.ビタミンE
ビタミンEにも抗酸化作用があり、シミやシワの改善に期待できるとされています。血液の循環を良くするともいわれていることから、先の項で述べた通り、肌の代謝のアップやターンオーバーの促進が見込めるでしょう。

ごま油を使ったオイル美容で毛穴ケア

ここからは、ごま油を使ったケアのやり方をご紹介します。

オイルマッサージ

毛穴の黒ずみは、毛穴に皮脂が詰まって酸化すると生じます。毛穴の黒ずみを落とすためには、余分な皮脂を落とす必要があるのです。

しかし、水と油は混ざらないため、油分がないと皮脂を落とすことは難しいと考えられます。そこで重要な役割を果たすのが、オイルです。ごま油などのオイルを使ってマッサージすることで、皮脂が落ちやすくなります。

オイルマッサージは、以下の手順で行いましょう。

1.通常のクレンジングと洗顔で、メイクや肌の汚れをすべて落とします。
2.500円玉大のごま油を手のひらに取り、指の腹で優しくクルクルとマッサージしましょう。
3.ティッシュペーパーでごま油を拭き取ります。

オイルマッサージをするなら、入浴時、湯船に浸かりながら行うとよいでしょう、毛穴が開いているため、汚れも落ちやすくなります。

ただし、長時間のマッサージや、力を入れてこすることは厳禁です。「皮脂をたくさん落としたい!」という気持ちはわかりますが、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

皮脂を落としすぎると、肌が乾燥する、肌が傷つくなどのトラブルにつながってしまいます。

オイルパック

ごま油には保湿力があるとされていますが、オイルパックをすることで、より保湿力を高める効果が見込めるのです。

やり方は、先の項目で紹介したオイルマッサージ後、蒸しタオルを顔に乗せます。蒸しタオルは、タオルを濡らしてからレンジで1分ほど温めて作ります。

蒸しタオルで肌を温めると、毛穴が広がってくるでしょう。するとオイルの成分が肌に浸透しやすくなり、保湿力アップが見込めるのです。

また、鼻の周りにごま油を塗り、ラップパックをする方法もあります。ラップでパックをすることでごま油の成分が浸透し、肌が柔らかくなり、角栓が取りやすくなります。週に1〜2回、行うとよいでしょう。

綿棒を使ったオイル美容

綿棒を使って、オイル美容を行うこともできます。小鼻周りの細かいところの掃除をするのによいでしょう。手順は下記の通りです。

1.クレンジングと洗顔でメイクや顔の汚れを落とし、保湿用美容液で保湿します。

2.綿棒にごま油を染み込ませ、小鼻や頬など角栓が気になる部分をマッサージします。ゴシゴシこすらず、優しくなでるように動かすのがポイントです。

3.クレンジング料でごま油と角栓を落とし、いつものスキンケアを行います。

角栓がなかなか取れないからといって、長い時間行うのはNGです。1回で角栓をすべて取り切ろうとせず、数日かけて、少しずつ減らしていくとよいでしょう。

ごま油にひと手間加えてみましょう

ごま油は、そのまま使っても問題ありませんが加熱処理をすることで、抗酸化作用が高まるといわれています。これは、ごま油を温めることで、抗酸化作用を持つセサミンやセサモールという成分が増加するためです。

オイルを加熱処理することを「キュアリング」といいます。キュアリングの方法は下記の通りです。

1.お鍋に太白ごま油を入れます。

2.弱火でゆっくり温め、90度を超えたら火から下ろします。調理用温度計を使いましょう。

3.余熱で100度になるまで待ちます。万が一、火から下ろした時点で100度を超えていたら、ふきんの上で冷やしましょう。

キュアリングをしたごま油を容器に移し保存します。常温で保管すると2カ月は持つとされています。使いきれる分をキュアリングするようにしましょう。

キュアリングしたごま油をそのまま使っても構いませんが、アロマオイルと一緒に使ってみるのもよいでしょう。顔に使用するのであれば、ごま油25mlに対してアロマオイルを2、3滴垂らすのがベターです。

使用するアロマオイルによっては酸化してしまうため、オイル美容に使う分だけブレンドするのがおすすめです。

肌に良い油と、良くない油があります

ごま油は毛穴ケアに効果的であるため、体の外側からも内側からも積極的に摂取したいものですね。

同様にリノール酸、リノレン酸、オレイン酸などの必須脂肪酸を含むオリーブオイルやエゴマ油は、肌に良い影響を与えるとされています。料理の時などに選んで、積極的に摂取しましょう。

しかし、油の種類によっては、摂取しすぎると肌に悪影響を及ぼすものもあります。

代表的なものは、「トランス脂肪酸」という人工の油です。トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やすうえ、善玉コレステロールを減少させるといわれています。

トランス脂肪酸を含む食材は、ショートニング、マーガリン、ホイップクリームなどがあります。たまに口にする分にはよいですが、摂取しすぎると肌や健康に害を及ぼす可能性が高まるのです。

また、体に悪いわけではないものの、取りすぎるのは良くない油もあります。バター、牛や豚の脂身は飽和脂肪酸といい、摂りすぎると肌に悪い影響を与えます。

食品として食べる場合は、油は高カロリーであることを考慮し適量にしましょう。

(まとめ)ごま油を使ったケアで毛穴もキレイに


ごま油の効果と、オイル美容の方法についてご紹介しました。

1.ごま油には、肌によい影響を与える栄養素が豊富に含まれている
2.オイル美容に使うごま油は、太白ごま油を選ぶのがベター
3.ごま油を使ったオイル美容法には、マッサージやパックがある
4.ごま油を加熱処理すると、より抗酸化作用が高まることが期待される

オイル美容に挑戦しようと思っても、「どのオイルを使えばわからない」「美容用のオイルは手に入りにくい」と悩む人もいるでしょう。しかし、ごま油ならスーパーで手に入るので、手軽に始めることができそうです。

いつものスキンケアに、ごま油によるオイル美容を取り入れて、キレイな毛穴を保っていきましょう。