たるみ毛穴の原因は、年齢によって皮膚がたるむからです。


皮膚の構造は、外側から表皮、真皮、皮下組織の順で層になっています。このうち皮膚を支えハリを作り出しているのは2層目の真皮の役割です。

真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが網目のように広がって構成されています。皮膚表面に弾力を持たせ、圧迫などの刺激から体を守るという機能にも貢献しています。

年齢を重ねることや紫外線を浴びることで、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸が減り、薄くなってしまうのです。

真皮の状態が悪くなると、表面を支えることができなくなり、ハリや弾力のない、たるんだ皮膚になってしまいます。皮膚がたるむと同様に、毛穴も重力により下がり、たるみ毛穴になってしまうのです。

毛穴の開きにより、顔色がくすんで見えるようにもなってしまいます。顔の筋肉や肌のたるみと相まって、老けて見えてしまうのは残念なことです。

ここでは正しいスキンケアや生活習慣、たるみを改善する筋肉トレーニングや毛穴カバーのメイクを紹介しています。たるみ毛穴を解消して、若々しい肌を保ち、これからは毎日明るい気分で過ごしましょう!

たるみ毛穴とは


たるみ毛穴とは、小鼻や頬にできる、縦に長く伸びて、しずく状になって開いてしまった毛穴のことです。

皮脂の量が多い若い頃は、テカリやニキビ、角栓や毛穴の黒ずみといったトラブルが多いのですが、30代に入った頃から皮脂量が減ってくると、たるみ毛穴に悩まされるようになります。

たるみ毛穴は、頬のあたりによく見られます。開いてしまった毛穴同士がつながったように見える、帯状毛穴などもあるでしょう。

たるみ毛穴かどうかは、「髪を結ぶと目立たなくなる」、「角質ケアをしても変わらない」、「頬に楕円形の毛穴が目立つ」などが当てはまるかどうかでわかります。

また、毛穴に角栓が詰まってふさがれていると、化粧水などの有効成分が浸透できなくなります。高価な化粧品でも、成分が肌の奥へは届かないため、肌の老化が促進して毛穴がたるんでしまうということになるのです。

成分がきちんと浸透するように、基本のスキンケアも大切にしていきましょう。

たるみ毛穴を解消する洗顔法

乾燥した肌は、たるんだ毛穴の開きが目立ってしまうので、正しいスキンケアを毎日続けて改善するようにしましょう。まずは、メイクをきちんと落とすことが大切です。

ただし、洗い過ぎないことも重要です。洗顔料を選ぶときには肌への負担が軽いものを選び、夜だけ使うようにするといいでしょう。朝はぬるま湯のみで洗い流します。

1.ホットタオルなどを顔にのせて毛穴を開きます。スチーマーを使うのもOKです。

2.洗顔料をホイップ状になるまでしっかりと泡立てます。

3.毛穴の汚れが目立つ部分に泡をのせて、指が肌に触れないように泡でクルクルと円を描くようにしながら優しくマッサージをします。

4.泡を顔全体に伸ばし、手のひら全体で顔全体を優しくマッサージしましょう。

5.泡が残らないように、ぬるま湯を使ってしっかりとすすいで完了です。

たるみ毛穴を解消するビタミンC誘導体

たるみ毛穴にオススメなのはビタミンCの能力です。老化につながる酸化を防ぎ、肌の弾力やハリのもととなるコラーゲンの生成に欠かせません。美白作用もあります。

ただし、ビタミンCだからといって、果物や野菜の汁をそのまま化粧水などとして肌に使っても、効果は期待できません。

ビタミンCはそれ自体では非常に壊れやすい成分で、肌に浸透しにくいものなので、化粧品では開発されたものを配合しています。それがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体にはそれぞれの用途により、いくつかに分類できます。化粧水に配合されているのは、水に溶けやすい、水溶性のビタミンC誘導体です。肌に浸透しやすくなっています。

クリームや美容液に使われているのは、油溶性のビタミンC誘導体です。油に溶けやすく、安定した特性を持ちます。

研究が進み、水にも油にも溶けやすいビタミンC誘導体も出てきました。たとえば代表的なところでは、APPSが挙げられます。APPSのビタミンC浸透力は、通常のビタミンCの100倍となっています。

このように、ビタミンC誘導体はさまざまな形の化粧品に含まれているので、配合されたものを選んで使用してみましょう。

たるみ毛穴を解消する顔の筋肉のトレーニング

表情筋を鍛えて肌を深部から引き上げれば、肌のたるみを改善することができます。毛穴のたるみも同時に引き上げられ、改善が見込まれるでしょう。

トレーニングをすることで血行がよくなり、肌色も明るくなります。表情が豊かになって、ほかの人から「笑顔が魅力的だね」といわれるようになるかもしれません。顔自体が引き締まり、小顔効果も期待できます。

2分程度でできる簡単なトレーニングなので、1日のうちでちょっとした時間を見つけて行い、毎日続けるようにするとより効果が実感できるでしょう。

1.まずは笑顔を作り、頬に意識を集中するようにします。ポイントはこれ以上ないくらい満面の笑顔をつくることです。

2.笑顔のままで口角を上げて「あ」を発音します。口角が上方向に向くように気をつけるようにしましょう。

3.次に「い」 を発音します。このときも笑顔のままで口角を上げます。

4.それから、「うえお」 と続けて発音しましょう。

5.同様に「あいうえお」と繰り返します。

これを1日1回、2分間続けます。すべての発音をするときに、しっかりと口角を上げることを忘れないようにしましょう。

たるみ毛穴を解消する生活習慣の改善

肌は眠っている間に作られるので、睡眠が不足すると肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌の乾燥やたるみの原因となってしまうので、充分な睡眠をとるように心掛けましょう。

可能であれば、22時には就寝するのが望ましいのですが、難しければ24時には眠るようにする習慣をつけるとよいです。

揚げ物が多い食事や野菜の摂取が少ない食事は、皮脂の分泌量が増え、毛穴の詰まりの原因になってしまいます。

毛穴のたるみを改善するためには、肌に必要なビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれた野菜を意識的に摂るようにしてください。

また良質のタンパク質もコラーゲンなどの生成には必要です。「野菜だけ」「肉だけ」「揚げ物だけ」と偏るのではなく、バランスのよい食生活を続けることで毛穴のたるみを体の内側から改善していきましょう。

たるみ毛穴を解消する食べ物


たるみ毛穴には、コラーゲンを作るのに必要不可欠な良質のタンパク質を摂取することが大切です。タンパク質をしっかり摂って肌のハリを取り戻すことが、たるみ解消につながるからです。

さらに、コラーゲンの合成を促進するビタミンCも同時に摂ると効果的でしょう。アンチエイジングに効果的な抗酸化作用のある、ビタミンやポリフェノールを含んだ食材も積極的に摂取してください。

また、女性ホルモンが減ってしまうと肌が乾燥しやすくなるので、女性ホルモンと類似した働きをする大豆やナッツを摂るのも効果的です。

コラーゲンやビタミン、アンチエイジング効果が期待できるプラセンタなどもサプリなどうまく活用しながら補給するようにしましょう。

たるみ毛穴をカバーするメイク

たるみ毛穴のメイクで心配なのは、開いてしまった毛穴にファンデーションが入り込むことです。もともとの乾燥でファンデーションがなじまず、光が当たると影を作って黒く目立ってしまいます。

まず、ファンデーションが浮いてしまう原因は乾燥なので、メイク前にきちんと保湿しておくことが大切です。乳液やクリームで肌をしっとりさせておきましょう。

保湿できたら、化粧下地で肌の状態を整えます。化粧下地を指にとり顔全体に塗り広げたら、また指に化粧下地をつけて、毛穴が目立つところに軽くトントンとタッチします。

指に残った化粧下地を毛穴に含ませ、肌表面を平らにするイメージです。気になっていた部分が目立ちにくくなるでしょう。

次に、ファンデーションの塗り方も重要です。たるみ毛穴があるところは、下から上に向かってファンデーションを塗っていきましょう。産毛の流れに逆らって、毛穴をしっかり押さえるためです。

ここまでファンデーションでなめらかな肌ができたら、好みで質感や光沢感が出るフェイスパウダーなどをのせて仕上げていきましょう。自分の顔を丁寧に優しく扱い、メイクを楽しみたいものです。

間違った毛穴ケアが、肌トラブルの原因になります。

目立ってしまった毛穴を何とかしようとして、かえって悪化させるケアをしていないでしょうか。たとえば、黒ずみを取り除こうとして、はがすタイプの毛穴バックを頻繁に行うのはNG行為です。

角栓が取れた成果が目に見えるのですが、同時に周りの肌を引きはがして、傷つけてしまいます。肌の表面が奪われてカサカサになり、痛ましいことになってしまうのです。

また角栓が抜けた後を保護しようと皮脂が分泌されると、皮脂腺が活発になり、毛穴が広がり目立ちます。肌のうるおいと皮脂のバランスが崩れ、毛穴のトラブルにつながってしまいます。

はがす毛穴パックは、1週間以上空けて行うようにしましょう。

また、アルコールベースのふき取り化粧水を毎日使うのも、お肌に刺激を与えすぎるのでよくありません。

こちらもコットンで肌をぬぐうと、取れた皮脂や角質がはっきり見え、またアルコールが蒸発するので肌のスッキリ感で、ことさらキレイになったように感じられます。

しかし実際は、肌表面を傷め、必要なうるおいを奪ってしまっています。失われた分を補おうと、過剰に皮脂が分泌されることにつながるのです。

こちらのケアも決して悪いものではありませんが、肌の状態を見ながら日数を空けて行うようにしましょう。

(まとめ)年齢が原因のたるみ毛穴は、正しいケアで改善

1.年齢を重ねると皮膚がたるむので毛穴が広がってしまう
2.たるみ毛穴は、洗顔や筋トレ、生活習慣の改善などでキレイになる
3.ムリやり毛穴のたるみを解消しようとすると乾燥してさらに悪化してしまう

年齢を重ねると、以前の若々しさが失われ、たるみなどが顔に現れてきます。
でも、それに負けないようにする対策があります。

基本的な洗顔や表情筋トレーニング、ビタミンC誘導体の入った化粧品の使用、生活習慣の改善、食べ物による栄養補給などです。

こうした努力は一朝一夕で効果が出るものではありません。できることをコツコツと続ければ、次第に効果が出てくるので、あきらめずに前向きに頑張りましょう。