緑茶パックは毛穴にさまざまな美容効果をもたらします。


緑茶は、日本ではおなじみの飲料。3度の食事や、ティータイム、来客の折など、あらゆる場面で欠かせないものです。

古くは茶の湯のような高尚なイメージもありますが、今ではペットボトル飲料として販売されているなど、カジュアルなものでもあります。健康維持のために、毎日欠かさず飲んでいるという人も多いのではないでしょうか?

渋みや甘みを味わって、香りや色などを感じ、ゆっくりと一服するひとときや、のどが渇いたときにゴクゴクと飲んで落ち着くなど、緑茶は私たちの生活になじんだものといえます。

この緑茶にはカテキンやサポニン、ビタミンAやビタミンCといった成分が含まれており、さまざまな健康効果が期待できることでも知られています。

飲むことで、体の中から美容に良い成分を取り入れられるのはもちろんですが、パックにして肌から取り入れるという美容法があるのです。緑茶の効果を緑茶パックで肌に取り入れ、キレイな毛穴を手に入れましょう。

緑茶パックで肌がキレイになる理由


緑茶には肌に良い成分がたくさん含まれています。代表的なものはカテキンです。

カテキンには活性酸素に働きかけ、あらゆる病気に対抗できるという抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。また、殺菌作用があるので、肌につければ雑菌により発生するニキビに対して効果があります。

さらに、美白効果もあるので、のちに述べるビタミンCとも相まって、シミやホクロが薄くなることが期待できるのです。

また、緑茶のカテキンに含まれているエピガロカテキンガレートには、収れん作用があり、毛穴の引き締め効果が期待出来ます。このように緑茶自体が、化粧水のような働きを持っているのです。

緑茶には他にもたくさん、健康と美肌に効果のある成分が含まれています。

緑茶に含まれる美容に効果的な成分

抗菌や殺菌作用があるクロロフィルも、緑茶に含まれる成分のひとつです。その作用によってニキビの原因になるアクネ菌の働きを抑制させることもできるので、ニキビ予防にも効果があります。

クロロフィルはビタミンCと結合することで、美白・美肌効果が高まります。緑茶にはビタミンCが豊富に含まれているので、相乗効果が期待できるでしょう。

ビタミンCは熱に弱いといわれていますが、緑茶に含まれるビタミンCは熱に強く、お湯で煎じてもその効果は失われません。

そして、緑茶にはビタミンCの含有量も多く、レモンの約4倍といわれており、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きがあります。また、肌のターンオーバーを整える働きもあるビタミンAも含まれています。

さらに、乱れたホルモンバランスを整えるビタミンEも含まれており、摂取することで、ホルモンバランスの崩れによる肌荒れを予防できるのです。カテキンやビタミンCと同様の抗酸化作用もあり、肌の老化を防止します。

それから、サポニンも緑茶に含まれる美容成分の中で大切な成分です。ターンオーバーを促進することによるシミやくすみの改善、保湿効果、殺菌作用、抗炎症作用といった効果が期待できます。

また、血行促進効果が高いため、顔色を良くし肌のターンオーバーを高めます。

このように、本当にたくさんの美容成分を含む緑茶は、美肌づくりにもとても優秀な飲み物であり、体の外からはコスメとしても有効であることがわかりますよね。

美肌に効果的な緑茶パックのやり方

材料は緑茶(煎茶)、小麦粉、ミネラルウォーター。緑茶と小麦粉は1:2の割合になるように用意しましょう。

煎茶は、粉茶として市販されているものでもよいですし、茶葉であれば、すり鉢、フードプロセッサー、茶葉専用のミルなどを利用して細かくして使います。

パックとして使うには、細かければ細かいほど肌への刺激が減少するので、なるべく丁寧に細かくするようにしましょう。

1.小麦粉と粉末状にした緑茶を混ぜ合わせます。

2.小麦粉と緑茶を混ぜ合わせたものに、少しずつ水を加えます。肌につけた時に流れ落ちない程度の堅さになるように加減しながら混ぜ合わせるようにしましょう。

3.緑茶パックの準備ができたら、緑茶パックを肌に塗って5~10分間置きます。

4.時間が経ったら、しっかりと洗い流します。洗い流した後は保湿をしっかりしましょう。

水ではなく酢を合わせると、緑茶パックの効果がさらに高まります。酢を水で2~3倍に薄めてください。ただし、刺激も強まりますので、肌が弱い人にはNGです。

ニキビ対策として緑茶パックをするなら、はちみつを加えると効果がアップします。はちみつの抗菌化作用が働いて、毛穴の汚れを落とすためニキビ予防につながるのです。

緑茶+ヨーグルトパックのやり方


ヨーグルトにはフルーツ酸や乳酸菌、亜鉛が含まれているので、美肌効果のある緑茶と組み合わせれば、とても効果的なパックになります。

フルーツ酸には古くなった角質を取り除き、ターンオーバーを促進させる作用があります。
乳酸菌にはコラーゲンの生成を促進する作用や殺菌作用が、亜鉛にはニキビを予防し、ホルモンバランスを整える作用などがあるのです。

材料は緑茶小さじ1~2杯くらい、ヨーグルト大さじ1くらいを用意します。混ぜて顔に塗ったら、10分くらい放置してからぬるま湯で洗い流します。

肌に長時間のせていると負担になるので、15分以内には流しましょう。

ヨーグルトの水分が多く顔に塗りづらい場合は、小麦粉を適量混ぜるとよいでしょう。小麦粉を混ぜると乾きやすいので、完全に乾く前に洗い流すようにしてください。

緑茶+重曹パックのやり方

重曹は食品として利用されたり洗剤として掃除に使われたりと、万能選手です。重曹は洗浄力が強い上に粒子が細かいので、通常の研磨剤より傷をつける心配がないのがうれしいところです。

さらに、重曹には油や皮脂による汚れを落とす力もあります。皮脂をオフしてピーリング効果が期待できるので、パックに最適です。

やり方は、最初に挙げた基本の緑茶パック(緑茶、小麦粉、水を合わせたもの)適量と重曹小さじ1を混ぜて、顏に塗ります。

重曹を混ぜたパックは刺激が強めなので、あまり時間を置かずに5分くらいで洗い流すのが重要です。保湿もしっかりしましょう。

緑茶+牛乳パックのやり方

牛乳には、ビタミン、ミネラル、タンパク質など栄養素が豊富に含まれています。

これらの成分は保湿効果が高く、肌のターンオーバーを促進させる働きもあります。そのため、古い角質をオフして美肌に導いてくれるのです。

緑茶に小麦粉を混ぜたパックに、水の代わりに牛乳を加えたパックも美肌効果が期待できます。10~15分放置してから洗い流して、そのあと保湿をしましょう。

飲み残しでもできる緑茶パッティングの仕方

1.コットンを水で湿らせて固めにしぼります。

2.水滴が落ちないくらいの量の緑茶を、コットンに含ませてパッティングをします。肌をこすらないように注意しましょう。

緑茶は顆粒やティーバッグのものでもOKです。添加物、香料、糖分などが含まれているものは避けましょう。

緑茶パッティングは、サポニンとカテキンの作用により角栓の拡大を抑え、黒ずみ解消に効果があるといわれています。

緑茶を使った洗顔のやり方

緑茶のビタミンCが熱に強いのは、緑茶に含まれるカテキンが守っているからです。

カテキンには強い殺菌作用があるので、緑茶洗顔をするとメラニン対策やニキビに効果的です。また、毛穴を引き締める収れん作用もあり、肌荒れの改善や予防にも効果が期待できます。

手順ですが、まず緑茶で洗顔をする前に、通常の洗顔をして肌の汚れを落としておきます。

洗顔後、冷ました緑茶で顔をすすぎ洗いしましょう。洗顔をするときには、肌を上下にこすって摩擦が生じないように気をつけましょう。

洗い終わったら、拭き取らずに自然乾燥させるのがオススメです。乾いたらしっかり保湿をします。緑茶はペットボトルのお茶ではなく、茶葉から淹れたお茶を冷まして使うのが効果的です。

緑茶パックをするときの注意点

緑茶パックは毎日行うことはせず、他のパックと同様に週1~2回くらいにしましょう。
早く効果を実感したいところですが、頻繁にパックを行うとやはり肌に負担がかかってしまい、逆効果となってしまいます。

残ったパックはラップをして冷蔵庫に入れておけば、約1週間は日持ちしますが、市販の化粧品のように保存料などが入っていないため、効果が薄れてしまいます。

ですから、使い切る分だけ作って1回ですべて使うようにしましょう。粉類だけ1度で混ぜておいて、使う直前に水を加えるのであれば大丈夫です。

そして、このパックは肌トラブルやアレルギーが起きないとは限りません。

初めて緑茶パックを試してみるときは、腕の内側などの肌の柔らかい部分にパックを少量つけて10分くらい置き、パッチテストを必ず行うようにしましょう。

緑茶パックに使う緑茶は、出がらしの茶葉を利用してもいいのですが、ぬれていると細かくしづらく、美肌の有効成分がお茶で出た後に減ってしまっているというデメリットがあります。

一方で、敏感肌の人でも緑茶パックができるくらい刺激が少なくなっているというメリットもあるので、肌の状態を考えて使うようにしましょう。

(まとめ)緑茶パックでキレイな毛穴になりましょう

1.緑茶にはビタミンCやカテキン、サポニンなど美肌成分が豊富に含まれている
2.小麦粉やヨーグルト、牛乳など美肌に効果のあるものと混ぜたパックも効果がある
3.緑茶の洗顔やパッティングでも美肌効果が期待できる

緑茶は、もともと体によい、健康食品としての認知度も高い飲み物で、家庭によっては食事の度に必ず緑茶を飲むということも珍しくありません。
それだけに、外から肌に取り入れることも効果があると思われます。

緑茶に含まれる美容に良い効果を、気になる毛穴のケアに活かして生かして美肌を目指すのが緑茶のパックです。身近な材料で、思ったときにすぐできるので、毛穴が気になる人はぜひ試してみてください。