お手入れ方法を見直して、毛穴の汚れをごっそり取り除きましょう


毎日きちんと肌のお手入れをしていても、毛穴の汚れが取れないという悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。一旦、毛穴の汚れが気になると、すぐにでも取り去りたいと思ってしまいますね。

多くの人を悩ませている毛穴の汚れ。お手入れしてもなかなか改善できず、仕方なくメイクで隠している人も多いようです。

隠そうと思ってファンデーションを塗っても、なんだか化粧ノリもよくない…。肌のコンディションが悪いと、気分も自然と落ち込んでしまいます。

何度も洗顔したり、シートパックで角質を除去したりしても、改善されるどころか肌トラブルがひどくなっているという場合、今までの方法が間違っているからなのかもしれません。

正しいお手入れ方法をすれば、毛穴の汚れも改善され、美肌を手に入れることができるかもしれません。ぜひこの機会にお手入れ方法を見直して、理想の肌を目指してください。

毛穴の汚れの原因を知って正しいお手入れをしましょう


本来毛穴は皮膚を守るためにあるもので、さまざまな役割があり、私たちの肌にはなくてはならないものです。

まずお伝えしておきたいのが「バリア機能」です。毛穴から分泌される皮脂が肌の表面につくる皮脂膜によって、空気中のホコリなどの外的刺激から、肌を守っています。

いつも空気にさらされている肌は、そのままでは内部からどんどん水分が蒸発し乾燥してしまいますが、皮膚の一番表面にある「角層」が水分の蒸発を防いでくれているのです。

しかし、水分量をこまめに調整する機能がない角層は、そのままでは十分な保水機能を保つことができません。毛穴は肌表面に皮脂膜を作ることで、水分量を調整し、助ける役割を担っているのです。

きれいな肌を保つためには、毛穴の「皮脂量」が多すぎても少なすぎてもよくありません。ですから、「毛穴の皮脂の分泌量が正常に保つこと」を目標にスキンケアをしていきましょう。

毛穴トラブルの種類とは?

身体の中でも、とくに顔は毛穴が密集した場所です。そして、毛穴の汚れにはいくつか種類と原因があって、それぞれ改善方法が違います。

下記のように正しいお手入れ方法を実践すれば、毛穴の汚れを取り去ることができるでしょう。

1.黒ずんでいる毛穴
毛穴の入口にメラニンが沈着して、毛穴自体が黒く見えるものをいいます。この場合は、徹底した美白ケアが有効です。

2.つまった毛穴
過剰に分泌された皮脂と角質が混ざってできた角栓です。酸化すると黒く見えます。つまっている皮脂を吸着して、取り除くことが必要です。

3.開いている毛穴
つまり毛穴と同じで過剰に分泌された皮脂が原因です。Tゾーンにできやすく、丸い形が特徴で脂性肌や男性に多くなっています。

毛穴につまっている角栓を除去することは必要ですが、取ったあとは毛穴が開きっぱなしになってしまいますので、その後の引き締めケアも重要になります。

4.たるんだ毛穴
加齢によって筋肉が衰え、肌のハリや弾力が低下することで毛穴が開いてしまう状態です。頬やほうれい線の周辺にできるのが特徴です。徹底的なエイジングケアが必要となります。

毛穴の汚れを取りやすくする効果的なポイント

1.角質を柔らかくする
毎日の洗顔やクレンジングの前にホットタオルでお肌を柔らかくすると、汚れが落としやすくなり、お手入れの効果が上がります。

2.クリームタイプのクレンジングがオススメ
汚れを一刻でも早く取りたい気持ちから、洗浄力の強いクレンジングを選んでしまいがちですが、毛穴がさらに傷んでしまう危険があるのです。

オイルやジェル、拭き取りタイプなどいろいろな種類のクレンジングがありますが、洗浄力もある程度ありながら、油分と水分のバランスがちょうどいいクリームタイプをおすすめします。

クリームタイプは毛穴の中に入って汚れを浮かし出し、ごっそり取り去ってくれるだけでなく、お肌への負担が少ないのが特徴です。負担が大きいのは、化粧水タイプのものやシートで拭き取るタイプのものになります。

正しい洗顔のススメ

毛穴ケアには肌に負担をかけないようにすることが大事ですが、洗顔も同じです。「肌に優しく」を心掛けて行いましょう。

1.ぬるま湯で少し顔を濡らします。

2.洗顔料を適量とり、手のひらでよく泡立てます。きめ細かい泡を作るのがポイントです。

3.顔全体を泡で包み込むように洗います。皮脂量の多い小鼻や額、顎の順に洗います。乾燥しやすい頬や口周りは最後にしましょう。

4.水またはぬるま湯で、すみずみまで丁寧に洗い流します。このとき、肌をこすらないように、ぱしゃぱしゃと顔に水をかけるようにすすぎます。

5.タオルで優しく抑えるように水分を拭き取りましょう。この際も強くこすらないように気をつけましょう。

すすぎで洗い流しきれなかった洗顔料が肌に残っていると、さらに毛穴の汚れの原因となります。しっかり落としてからタオルで拭き取ってください。

洗顔後すぐに保湿をしましょう


「皮脂が過剰に分泌しているのに保湿するの?」と思うかもしれませんが、どんな毛穴トラブルでも肌を「乾燥」させないことが大事です。

Tゾーンは脂っぽいのに目や口の周りは乾燥していませんか? 肌の水分が失われ乾燥していると、毛穴が目立つようになります。

また、「化粧水」だけでは保湿しているとはいえません。化粧水は洗顔で奪われた肌の水分を補うだけ。その後に使う乳液や美容液が、化粧水の水分や美容液の成分を肌にとどめる役割をしてくれる点は覚えておきましょう。

肌質が改善すれば、皮脂の過剰分泌も抑えられます。十分に肌が潤うとふっくらとして、自然と毛穴が小さくなります。

とくにおすすめなのは、コラーゲン、ヒアルロン酸やセラミドなどの成分が入った美容液です。

週に2〜3回スペシャルケアをしよう
1.オイルマッサージ

まずは、オイルを用意します。家庭で手に入るもので構いませんが、オリーブオイルやホホバオイル、スクワランオイル、ココナッツオイルなど上質なものを選ぶようにしてください。

オイルマッサージはクレンジングや洗顔の後に行います。オイルを手のひらにとり、顔全体になじませたら、顔の中心から外側に向かって手をすべらせるようにマッサージします。

目の周りは円を描くようにやさしく行いましょう。口元はあごから引き上げるようにマッサージします。

マッサージが終わったら蒸しタオルで拭き取るか、ぬるま湯で丁寧に洗い流してください。その後はしっかりと保湿しましょう。

2.洗い流す毛穴パック

洗い流すタイプのものでクレイや炭酸を使用したものがあります。どちらも皮脂を吸着するという性質があるため、毛穴の中につまった角栓をごっそり取り除いてくれます。

シートタイプもより肌への刺激が弱いのでおすすめです。また、顔だけでなく体全体に使用できることもメリットとなります。

3.酵素洗顔

とくにTゾーンの毛穴の汚れに悩んでいる方におすすめです。

酵素には、角栓の汚れの原因であるタンパク質と皮脂を分解する性質があります。いつもの洗顔料を酵素入りのものに変えてみるのもいいでしょう。

4.炭酸洗顔

炭酸というとまずは、炭酸飲料を想像しますよね。実はあの「シュワッ」とした刺激のもとである炭酸ガスに、色々な効果が期待できるのです。

炭酸ガスは皮膚の血行を促し、酸素や栄養素を届きやすくします。また、細かい泡が汚れを浮かせて落としやすくします。肌だけでなく頭皮を洗うのにも使用できるのです。

毛穴の汚れをごっそり取り除く効果が高まるだけでなく、血行を促進してくれるので、顔のくすみが気になるときやニキビ跡が気になる際にもおすすめです。

こんなにいいことばかりなのに、使用方法はいたってシンプルとなります。まず、無糖の炭酸水を用意し、清潔な洗面器に炭酸水を移します。炭酸水で皮膚をこすらないように洗いましょう。

汚れが浮いたところで、普段使用している洗顔料で顔を洗いましょう。このとき、細かい泡を作り、泡に汚れを吸着させてください。肌に洗顔料を残さないように、しっかりすすぐことも忘れないようにしましょう。

また、炭酸水を自宅で手作りすることもできます。水道水(500mL)とクエン酸(小さじ1)、重曹(小さじ1)を混ぜるだけ。これならペットボトルの炭酸水を買ってくるより安価に使用することができます。

どのスペシャルケアも、使用後にはしっかりと保湿をするように心掛けてくださいね。

食生活を見直して、体の中からもキレイになりましょう

毛穴の汚れをごっそり取るためにはスキンケアだけではなく、食生活も見直してみましょう。

外食が多かったり、時間短縮のために加工食品を使ったり、インスタント食品を食べたりしていませんか。これらのものには塩分が過剰に入っているものや栄養素が偏ってしまうものがあります。

そういった食生活の偏りが、肌トラブルの原因になってしまいます。忙しいときにやむを得ず外食や加工食品、インスタント食品を食べるときには、合わせて野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。

油分の多い食べ物、また、ビタミンB群が消費されてしまうことにつながる糖分の摂り過ぎにも注意してください。ジュースやスポーツドリンクには想像以上に砂糖が入っていますので飲みすぎないようにしましょう。

おすすめの食材は青魚や大豆食品です。青魚には体に必要な油が含まれていますので、肌の乾燥を防げます。大豆食品は大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、美肌づくりには欠かせません。

(まとめ)お手入れ方法を見直して毛穴の汚れをごっそり取り除こう

1.毛穴の開く原因と改善方法を知ろう
2.どんな毛穴の悩みにも肌を乾燥させず、保湿が大事
3.肌の内側と外側のケアをバランスよく行うことが大切!

毛穴の目立たないツルンとした肌は誰もが憧れます。毛穴の汚れは、1度のお手入れでは改善しませんが、続けて正しいケアを心掛けることで、確実に改善できるでしょう。

気になりだしたら早めに対策を取ることが大事です。まずは今までのお手入れ方法を振り返って、見直してみてください。そして可能な限り積極的に取り入れてみましょう。

きれいな肌でいると自然と心も明るくなります。日々のお手入れを見直して、つるつる、すべすべの美肌を目指しましょう。