洗顔しても出てくる白いツブツブは角栓です


鏡で自分の肌をよく見てみるとき、白いツブツブしたものが鼻の周りにいくつも出ていてびっくりしたことはありませんか?

洗顔後の清潔なお肌でも、その白いツブツブはどっさりと毛穴から顔を出していることもあります。タオルで拭くとすぐに取れるのだけど、いつの間にかまた出てきている・・・とうことを繰り返している人も多いでしょう。

その白いツブツブが気になってしまい、ピンセットや指でつまんで、根こそぎ取れた!と大喜びしている人もいるのではないでしょうか。でも、実はそれは大きな勘違いです。

毛穴からツブツブと出ているその白い物体は、角栓というものです。
角栓は、皮脂腺から過剰に分泌された皮脂と、古い角質が混ざり合って毛穴に詰まったものをいいます。

その角栓が、空気に触れて酸化すると、黒くなってしまいます。鼻の周りが黒ずんで、いちご鼻のようになっているものです。

だからといって、角栓が気になるからと、ピンセットや指でムリやり押し出すのは絶対にしていはいないケアです。間違ったケアを続けていると、どんどん悪化してしまいます。

キレイな毛穴を取り戻すためには、スキンケアを見なおすことがとても大切です。

毛穴の白い汚れを改善するケア


顔の中でも、ひたいから鼻にかけてや口周りやあごなどのTゾーン、また鼻の脇の部分には皮脂腺が多く集まっており、皮脂の分泌量も多いといわています。

Tゾーンは顔の中心部分なので、白い角栓が酸化して黒ずんでしまうと、とても目立ちます。顔全体が黒ずんで見えてしまう原因にもなるのです。明るめのファンデーションを塗っても隠し切れないこともあるでしょう。

この角栓ができてしまう原因は一つだけではありません。さまざまな理由があるのですが、その原因を突き止めることが毛穴改善には重要なことです。

今、行っているスキンケアを見直し、毛穴の角栓が黒くなる前に、白い角栓をすっきりと落として美肌を目指していきましょう。

角栓ができるさまざまな原因と、白い角栓の改善方法を紹介していきます。

白い角栓ができる原因

1.落とし切れていないメイク汚れや皮脂汚れ
毎日しっかりクレンジングや洗顔をしていても、汚れが落とし切れていないことは多々あります。落とし切れないとお肌に残った汚れが皮脂と混ざり合い、白い角栓を生み出すのです。

自分のお肌にあったクレンジング剤、洗顔料を使い、正しい方法で行わなければ汚れはすっきり落とせませんので、洗顔やクレンジングの見直しが大切です。

2.乾燥
お肌が乾燥すると、毛穴周りの角質が硬くなり、角栓がたまりやすくなります。また、お肌の乾燥は皮脂を過剰に分泌する要因の一つです。

3.皮脂の過剰分泌
もともとオイリー肌の人は、角栓ができやすいでしょう。

皮脂の過剰分泌は、乾燥肌の人も気をつけなければいけません。お肌が乾燥すると皮膚は乾燥から守ろうとして、皮脂を過剰に分泌するといわれています。

4.間違ったスキンケア
毛穴汚れや顔のテカリなどが気になり、日に何度も洗顔するのはお肌の負担になるので良くありません。毛穴パックやピーリングなどの集中ケアのやり過ぎもお肌にダメージを与えます。

洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤の使用もお肌を傷め、乾燥肌を招く原因にもなるのです。

5.お肌のターンオーバーの乱れ
お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーが乱れると、角栓ができやすくなるばかりではなく、毛穴の開きやたるみ、お肌のくすみ、シワなども引き起こします。

ターンオーバーが乱れる原因は、ストレス、紫外線、生活習慣の乱れ、偏った食生活、加齢、運動不足、間違ったスキンケア、便秘などがあります。

これらが白い角栓ができる原因です。該当するものはありましたか? 次に、できてしまった白い角栓の改善方法、予防方法を説明していきます。

クレンジングと洗顔方法の見直し

毎日のメイク汚れや皮脂汚れを、しっかり除去することが美肌への近道です。これまでのクレンジング、洗顔方法を見直しましょう。

1.クレンジング

クレンジング剤は洗浄力の強いオイルタイプよりも、お肌への刺激が弱いクリームタイプがオススメです。目元や口元は専用のリムーバーで先に落としておくとお肌への負担を軽減できます。

クレンジングは、指の腹でクレンジング剤をメイクとなじませながら、汚れを浮かして落とすのがポイントです。とくにTゾーンや、鼻のまわりや鼻の脇を丁寧にクレンジングしましょう。

2.洗顔

洗顔は、古い皮脂を落とすことが一番の目的です。そのため朝も夜も洗顔料を使って清潔にしておくのが良いでしょう。しかし、乾燥肌の人や乾燥しやすい冬は、朝はぬるま湯で洗うだけにしておきましょう。

洗顔料は、洗顔フォームよりも無添加の固形石けんがオススメです。お肌に優しく、皮脂や汚れをさっぱりと落としてくれます。

洗顔は、たっぷりの泡で洗うのがポイントです。その際、泡立てネットを使うと効率的にキメの細かいたっぷりの泡が作れるのでぜひ試してみてください。

まずは、皮脂の多いTゾーンから洗うようにします。泡を皮膚の上に載せ、泡が転がるように優しく丁寧に洗います。次に頬、フェイスラインを洗いましょう。手でこすらずに泡で洗うような感覚でやってみましょう。

最後は乾燥しやすい目元や口元に泡を載せていきます。洗い流す時はぬるま湯を使って、すすぎ残しがないように気を付けてください。

十分な保湿ケア

洗顔後や毛穴ケアの後は、必ず保湿ケアを行い、お肌に潤いを与えましょう。

洗顔後の化粧水には、ビタミンC誘導体が配合されたものがオススメです。過剰な皮脂分泌を抑え、皮脂の酸化予防などが期待できます。

ビタミンC誘導体にはさまざまな種類がありますが、オススメはこちらです。

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム
・3-O-エチルアスコルビン酸
・リン酸アスコルビルマグネシウム
・アスコルビルリン酸ナトリウム

これらの成分が明記された化粧水を選ぶといいでしょう。

こうして化粧水で水分をたっぷりと与えたら、クリームや乳液で毛穴にふたをして潤いを閉じ込めます。

オイリー肌の人は保湿ケアを敬遠しがちですが、べたつくのが気になるという場合は、オイルフリーの美容保湿液を使ってみるといいでしょう。
サラッとした肌触りで、べたつき感も軽減されます。

美容液は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分が配合されたものを選ぶと効果的です。ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

酵素洗顔


毛穴の白い物体は、皮脂と古い角質が混じった角栓です。その角栓の元となる角質はタンパク質が7割をしめています。
洗顔料ではこのタンパク質を落とし切ることができません。

そこで、タンパク質を分解する作用のある酵素洗顔を取り入れて、できてしまった角栓を除去していきましょう。

酵素洗顔を行う時のポイントです。
1.酵素洗顔は週1回のスペシャルケア
酵素洗顔をやり過ぎてしまうと、お肌に必要な皮脂や角質までも除去し、乾燥肌などのトラブルを引き押してしまう原因にもなります。

酵素洗顔は週1回のスペシャルケアとして取り入れていきましょう。

2.酵素洗顔は十分な泡立てが大切
いつもの洗顔同様に、酵素洗顔もしっかりと泡立てて、皮膚をこすらずに泡で優しく洗い上げるのが正しい方法です。

それには、泡立ちの良いパウダータイプの洗顔料がオススメです。泡立てネットを使ってモコモコの泡で角栓を取り除きましょう。

3.お肌に合った酵素洗顔料を使いましょう
酵素の種類もいろいろありますが、古い角質を除去する作用が大きい、パパイン酵素が含まれた洗顔料がオススメです。さらには合成着色料や防腐剤、香料などが入っていないシンプルなものを選びましょう。

4.違和感があったらすぐに使用を中止しましょう
酵素洗顔をしていてお肌がピリピリするなど、お肌への異常を感じたらすぐにやめましょう。

また酵素洗顔後の化粧水や乳液を使った際にも刺激を感じるようなら使用を中止してください。

オイルマッサージ

毛穴の皮脂や黒ずみを除去する毛穴ケアに、オイルマッサージはオススメです。お肌への負担も少なく、硬くなった皮膚表面の角質を柔らかくして取り除く作用が期待できます。

使用するオイルは植物オイルであれば、どの種類でも大丈夫です。

乾燥肌からオイリー肌までどんなタイプのお肌にも適しているのが、ホホバオイルです。オイルマッサージをはじめてトライする人には、ホホバオイルから使ってみといいでしょう。

オイルマッサージの手順は、
1.クレンジングや洗顔でキレイにしたお肌に行います。毛穴の気になる部分に、オイルをくるくるとなじませて優しくマッサージしていきます。

2.2〜3分ほどくるくるとマッサージしたら、オイルを丁寧に拭き取りましょう。オイルのべた付きが気になる場合は、水で洗い流すか、洗顔料を使って洗顔してもOKです。

3.オイルマッサージの後は、化粧水、乳液、クリームでしっかりと保湿ケアをしましょう。

オイルマッサージは毎日行ってもお肌へのダメージが少ないといわれていますが、まずは週1回から始めてみましょう。お肌の様子を見て、回数を増やしてみてください。

白い角栓を予防するポイント

毛穴に白い角栓を作らないためにも、気を付けたいお手入れや生活習慣のポイントをあげてみましょう。

1.角栓をムリやり取らない

ピンセットや指でムリやり毛穴から白い角栓を押し出すのは、気分もすっきりするでしょう。でもこれは、毛穴を痛めつけてさらに状態を悪くしている行為です。

また角栓が取れた毛穴はぱっくりと開いたままとなり、ますます汚れがたまりやすい状態になってしまいます。

2.洗顔をやり過ぎない

念入りに洗顔をし過ぎたり、ゴシゴシと洗い過ぎたりすると、お肌にダメージを与えてしまいます。

必要な皮脂や角質まで除去された肌は、乾燥から守ろうとして皮脂を過剰に分泌するので、角栓をつくる原因にもなるのです。

洗顔は1日2回まで。お肌に合った洗顔料やクレンジング剤を使って、正しい手順で行うことがとても大切です。

3.しっかりと保湿ケアをする

洗顔後はオイリー肌の人も、化粧水やクリームを使ってしっかり保湿ケアをしましょう。乾燥肌は毛穴の汚れ詰まりの大きな原因です。

(まとめ)毛穴の白い汚れは除去できます

1.クレンジングと洗顔方法の見直し
2.十分な保湿ケア
3.酵素洗顔
4.オイルマッサージ

以上のことをしっかりと行うことで、毛穴の白い汚れを改善、予防することができるでしょう。

さらに健康で美しいお肌をつくるのは、日々のスキンケアの他にも、質の良い睡眠を十分取り、ストレスのない生活を維持することです。

また、ファストフードや油脂の多い食事、スナック菓子、糖質の多いお菓子などは控え、野菜や良質のタンパク質を取ることを心掛けるといいでしょう。