正しいコットンの使い方で、毛穴の汚れも改善できます。


毛穴の汚れ詰まり、黒ずみ、開き毛穴、たるみ毛穴…。毛穴の悩みはいろいろありますが、どのような毛穴トラブルであっても、その改善策としてもっとも大切なのが、毎日の正しいスキンケアだと言われています。

メイクをしている人はクレンジングでしっかりメイクを落とすことが重要。
たっぷりの泡で洗顔をして、皮脂や角質汚れを洗い流すのが正しい方法です。

その日の汚れはその日のうちに落とし切るのが、毛穴レスの美肌をつくる基本。

洗顔をして清潔になったお肌は、すぐに保湿ケアをしましょう。
保湿ケアは、たっぷりの化粧水で水分を補給したら、美容液でお肌を整え、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎます。

お肌の乾燥は毛穴トラブルを引き起こす大きな原因となります。洗顔後の保湿ケアをきちんと行うことでお肌の乾燥を防ぎ、ハリやツヤのあるキメの整った美肌が作られるのです。

しかし、保湿ケアを間違ったやり方で続けていると、逆にお肌はダメージを受けてしまいます。化粧品に含まれるせっかくの美肌成分もまったくお肌に浸透せずムダになってしまうのです。

そこで今回は、効率良くお肌の保湿ができる、コットンを使ったスキンケアを説明していきます。素手で行っている人も試してみてくださいね。

コットンのパッティングで化粧水の浸透力をアップ


化粧水や美容液をお肌につける時、コットンと素手、どちらが良いのかな? と悩んだことはありませんか。

基本的に、どちらも間違いではありません。コットンも素手もそれぞれにメリットはありますが、コットンは素手よりも清潔で、効率的に化粧水をつけることができる点が特長です。

化粧品のメーカーによっては、コットンを使用してパッティングすることを推奨していることもあります。

しかし、コットンの繊維がお肌への負担になることもあるため、やり方を間違えてしまうと毛穴トラブルを引き起こしてしまうので知っておくべきことがあるのです。

そこで次からは、コットンを使った正しいスキンケアのノウハウを説明していきます。毎日のスキンケアがよりお肌に良い影響となるためにも、コットンの使い方を極めて、美しいお肌を目指しましょう。

化粧水をコットンでつけるメリット

化粧水をつける時、お肌の奥まで美容成分を浸透させるために、パッティングを行いますが、より水分保持が高い作用があるのは素手よりもコットンが高いとされています。

ではコットンでパッティングするメリットを見ていきましょう。

1.コットンは折り曲げて使えるため、小鼻のデコボコや、目元などの細部までに化粧水をまんべんなくつけることができます。細かいシワ、毛穴にも化粧水が行き届きやすくなるのです。

また、髪の毛の生え際、フェイスラインなど化粧水をつけにくい部分にも、ムラなくたっぷりと水分を与えることができます。

2.コットンは、雑菌が付きやすい素手よりも、清潔な状態でパッティングすることができます。コットンは1回ずつ使い、毎回、新しいコットンを使うようにしましょう。

手荒れやケガがあっても、コットンなら問題なくつけることができます。

3.化粧水をコットンに染み込ませて使うので、手からこぼれて高価な化粧水をムダにすることがなく経済的です。

4.パッティングだけではなく、パックにも使えます。

化粧水をコットンでつけるお肌へのメリット

素手で化粧水をつける場合、体温で化粧水が温められ毛穴も開きやすいというメリットがあります。コットンでパッティングした場合は、毛穴をしっかりと引き締めることが可能です。

そのため、化粧水で補った水分がお肌から蒸発しにくく、保湿が高まるメリットが期待できます。しっかりお肌が保湿できれば、メイク崩れも防ぐことができるでしょう。

コットンの選び方

コットンはスキンケアだけに使用するものではないので、さまざまな種類があります。

・適度な大きさにカットしたコットン

・コットンの両サイドをシールなどで張り合わせてあるもの

・コットンの四方を張り合わせてあるもの

・コットンの表と裏の素材が異なり、用途によって使い分けできるもの

・コットンが重なっていて、1枚ずつはがして使えるもの

・健康や環境に配慮したお肌に優しいオーガニックコットン

スキンケアに使用するコットンを選ぶ際は、

・毛羽立ちにくく、綿でできているもの

・自分が使いやすい大きさで、適度な厚みがあるもの

・縫い目がなく、表面がしなやかでやわらかいもの

などを基準に、自分のお肌に合ったコットンを選んでみましょう。

コットンを使った化粧水のつけ方

コットンを間違って使用すると、コットンの繊維がお肌へ刺激を与えてしまうためトラブルを招くことがあります。

たとえば、コットンの毛羽立ちが原因で、シミの原因となるメラニンが生成されやすくなります。

その他にも、コットンでパッティングした際の強い摩擦や刺激によって、お肌の乾燥がよりひどくなり、シワやたるみの原因にもなってしまうのです。

コットンは正しく使うことで、たくさんのお肌へのメリットがあります。こうしたトラブルが起きないように正しい使い方を身につけて、せっかくの高価な美容成分をしっかりと浸透させていきましょう。

コットンでパッティングする際は、強くたたかない、こすらないが基本です。化粧水をお肌へ押し込むように優しくパッティングすることがポイントです。

ではコットンで化粧水をつける手順を説明していきます。

1.まずは、コットンの正しい持ち方です。
コットンの長い方を横に持ち、人差し指と小指で挟みます。

2.化粧水のボトルをよく振ってから、コットンにしみ込ませます。化粧水の量は500円玉くらいを目安に、裏側までしみ込むぐらいがよいでしょう。

化粧水の量が少なすぎると、コットンの毛羽立ちの原因になります。多すぎてもコットンが硬くなるので、適量をしみ込ませましょう。

コットンに化粧水をしみ込ませる時は、ムラのないようにしみ込ませるようにしましょう。乾いた部分がお肌に触れると、繊維との摩擦でダメージを与えてしまうでしょう。

コツとしては、中央に丸く化粧水を載せるのではなく、指に沿ってしみ込ませるようにします。そうすることでコットン全体に化粧水が行き届くのです。

3.化粧水を含ませたコットンの面をお肌に当てて、優しくお肌の上を滑らせるようにつけていきます。基本は、顔の上から下へ、中心から外側へとパッティングします。

その際、化粧水をお肌へ押し込むようにつけていきましょう。
パッティングというと、パタパタとたたき込むイメージがありますが、強い力を加えると刺激となってお肌が赤くなってしまいます。

優しく押さえるようにつけることで、化粧水の浸透力がアップし、お肌の変化が感じられます。

各パーツのパッティングのやり方です。

・ひたいは中央から外側へ付けていきます。

・頬は、下から上へ円を描くようになじませていきます。

・まぶたは、目頭から目尻へと優しくなでるようにつけていきましょう。

・鼻のまわりは、上から下へ鼻筋に沿ってつけていきます。

目元や小鼻など細かいパーツの時は、コットンを人差し指と薬指に持ち替えて行うとパッティングしやすくなります。

コットンを使った化粧水パック


コットンのメリットとして、コットンに化粧水を含ませて化粧水パックを行うことができる点です。パックをすることで、化粧水に配合されている美容成分が浸透しやすくなり、保湿力が高まります。

お肌が乾燥しやすい季節や、日々のスキンケアにプラスしてスペシャルケアとして取り入れてみるのもオススメです。

化粧水パックの手順です。
1.クレンジング、洗顔をした清潔なお肌に行います。

2.広げたコットンに化粧水を適量しみ込ませましょう。

3.化粧水がしみ込んだコットンを均等な厚さになるように裂いて、目元、口元、頬、鼻、顎など顔のパーツにパックします。そのまま約3分放置しましょう。

長時間のパックはお肌に負担がかかります。長くても5分以内でパックを終わらせことが肝心です。

4.化粧水パックをはがします。パック後は美容液、クリームまたは乳液で保湿ケアしましょう。

また、コットンに精製水をたっぷりと含ませてから化粧水をしみ込ませる方法もあります。精製水を使うことで、化粧水の量が少なくてすみます。またコットンも乾きにくくなるので経済的です。

ただ、美容成分が薄くなってしまうというデメリットがあります。化粧水だけの場合は10滴以上必要ですが、精製水を含ませていれば半分の量ですみます。

毛穴トラブル別、化粧品の選び方

毛穴トラブル解消に期待できる美容成分を、毛穴トラブル別に紹介していきましょう。化粧水選びの際にぜひ役立ててください。

1.開き毛穴にオススメの成分
・APPS(高浸透型ビタミンC誘導体)
・エラスチン
・フルーツ酸(AHA)
・ビタミンA(レチノイン酸)

2.黒ずみ毛穴にオススメの成分
・フルーツ酸(AHA)
・アミノ酸
・サリチル酸

3.たるみ毛穴にオススメの成分
・コラーゲン
・コエンザイムQ10
・セラミド
・フラーレン
・プラセンタ
・EGF

コットンでスキンケアする際の注意点

コットンは正しく使用することで、日々のスキンケアにたくさんのメリットをもたらします。

しかし、一つ間違った使い方をすると、肌は乾燥しやすくなり毛穴トラブルを引き起こしてしまいます。シミやシワをつくる原因にもなるのです。

コットンでスキンケアする際の注意点をあげてみました。

1.コットンで強くたたいたり、強い力でこすったりする
お肌への刺激となり、肌荒れや毛穴トラブルの原因になります。優しく押し込むイメージでパッティングすることがポイントです。

2.質の悪いコットンを使用しない。
素手でパッティングするよりも、コットンの繊維がお肌への刺激となることがあります。コットンはお肌に優しいオーガニックコットンや、繊維が長くてやわらかい、しなやかな品質のものがオススメです。

3.コットンでパックをする際は、刺激の少ない化粧水を使用する。
アルコール、エタノール、合成着色料、香料、防腐剤、PG(プロピレングリコール)、DPG(ジプロピレングリコール)などが含まれた化粧水は、パックとして使用する場合、お肌への負担が大きくなります。

(まとめ)毛穴の汚れはコットンで解消できる

1.化粧水をコットンでつけるメリット
2.化粧水をコットンでつけるお肌へのメリット
3.コットンの選び方
4.コットンを使った化粧水のつけ方
5.コットンを使った化粧水パック
6.毛穴トラブル別、化粧品の選び方

コットンは正しく使えば、さまざまな毛穴トラブル解消が期待されます。6つのポイントをしっかりと理解し、毎日のスキンケアに取り入れてみてください。これまでのケアより、お肌の変化が実感できるはずです。