30代毛穴のトラブル対策のポイントは「除く」「潤い」「引き締め」


肌のお手入れをしていて、何歳になっても気になるのが「毛穴」です。鏡をのぞいたら毛穴が黒ずんでいる、毛穴の開きをメイクでカバーするなど、毛穴に関する悩みは尽きませんね。

年齢を重ねるにつれて、いつものスキンケアでは毛穴トラブルを解消しづらくなったと感じたことはないでしょうか。

もし、30代になってからも、10代、20代の頃と同じようなスキンケアをしているという人は、ケアの方法を見直してみるのもよいかもしれません。

一口に「毛穴トラブル」といっても、20代以前と30代以降ではトラブルの原因が異なることがあるためです。

たとえば、10代の頃は皮脂の分泌量が多く、余分な皮脂や汚れが毛穴に詰まって炎症を起こす「ニキビ肌」に悩む人が多く見られます。

しかし、30代以降になると、肌の乾燥や毛穴の開きが原因とされるケースが増えてくるのです。

毛穴トラブルの原因が20代以前と異なることで、対策も変わります。

学生の頃はニキビケアを中心としたスキンケアをしていた人も、30代になったら毛穴汚れを取り除くのはもちろんのこと、肌を乾燥させないように保湿する、開いた毛穴を引き締めるなどの対策を取る必要があるのです。

30代は毛穴が目立ちやすくなる年代


10代の頃はハリやツヤがあった肌も、歳を重ねるにつれて肌がたるみ、毛穴も下がり始めます。個人差があるとは思いますが、だいたい30代に入ると、肌のたるみやシワが気になり出す人が増えてくるでしょう。

肌がたるむと毛穴が下がり、円形状に開いて目立つようになります。さらに、開いた毛穴に汚れが詰まると、黒ずみの原因に繋がります。菌が入れば、ニキビや炎症を起こす可能性もあり得るのです。

また、20代後半から30代前半にかけて皮脂の分泌量が増えるという話もあります。過剰に分泌された皮脂は汚れと混ざって角栓となり、毛穴の角栓詰まりを引き起こします。

毛穴が開きやすくなるうえに角栓のもととなる皮脂の分泌量が多いとなると、どうしても毛穴が目立ちやすくなってしまうのです。

さらに、毛穴の開きは毛穴を目立たせるだけでなく、角栓詰まりによるざらつきや、開いた毛穴から過剰に皮脂が分泌することによるメイク崩れなどのトラブルにもつながるのです。

30代に見られる主な毛穴トラブルをご紹介

30代に入ると毛穴が開いて目立ちやすくなりますが、具体的にどのようなトラブルを引き起こすのでしょうか。主なトラブルを3つ挙げてみました。

1.詰まり毛穴
過剰に分泌された皮脂が古い角質やメイク汚れなどと混ざると角栓が生まれます。角栓が毛穴に詰まっている状態を「詰まり毛穴」といいます。

角栓が毛穴に残ったままだと黒ずみの原因に繋がるのです。ただし、肌のターンオーバーが正常に行われ、角栓がうまく排出されれば、とくに問題はありません。

2.黒ずみ毛穴
毛穴に詰まった角栓に含まれる皮脂が酸化すると、黒ずんでしまいます。この状態を「黒ずみ毛穴」といいます。

とくに黒ずみやすいのが小鼻で、黒ずみを放置するといちごのように見える「いちご鼻」となり、目立つようになってしまうのです。

こまめにケアをして、角栓を取り除くようにすることが必要です。

3.たるみ毛穴
年齢を重ねるにつれて肌が老化すると、肌がたるむ、弾力を失うなどのトラブルが見られるようになります。これは、肌の弾力を生むエラスチンやコラーゲン、エストロゲンなどの減少が関係しているのです。

たるみ毛穴は、肌がたるんで皮膚が引っ張られ、毛穴が細長く伸びた状態を指します。たるみ毛穴を放置すると、毛穴同士が繋がって「帯状毛穴」となり、場合によっては美容皮膚科での治療が必要となります。

30代に入ってから上記で紹介した毛穴トラブルが見られるようになったという人は、いつものスキンケアにプラスして毛穴対策を行ってみましょう。

メイク汚れや毛穴トラブルを放置するとどうなるの?

毛穴対策をしようと思っていても、30代女性の中には「仕事や家事で忙しくて、なかなかできない」という人もいるでしょう。疲れすぎてうっかりイクを落とさずに寝てしまう……なんて経験もあるかもしれません。

しかし、メイクを落とさなかったり、毛穴トラブルを放置したりすると、当然ながら肌に悪影響を与えます。

1.メイク汚れと余分な皮脂は角栓のもと

詰まり毛穴の原因となる角栓を作るのは、落としきれなかったメイク汚れや余分な皮脂です。疲れて帰ってきてベッドに直行したくなる気持ちもわかりますが、その前にクレンジングでメイク汚れを落としましょう。

過剰分泌による余分な皮脂や、顔に付着した汚れや埃を落とすのも大切です。クレンジングの後に必ず洗顔をして、角栓の材料になるものを落としましょう。

2.肌の真皮の働きが悪くなる

毛穴がたるむ原因は、加齢により肌の土台となる真皮の働きが弱くなることにあります。真皮の働きが弱くなっているということは、毛穴だけでなく肌全体がたるむことも考えられるのです。

肌全体がたるむと、毛穴の開きだけでなくほうれい線も目立つようになり、より老けて見られるようになってしまいます。肌の保湿や毛穴の引き締め対策が、結果的に肌のたるみを防ぐと言えるでしょう。

3.肌全体のトラブルを引き起こすこともある

肌の水分と油分の量のバランスが崩れることで、毛穴トラブルを引き起こすこともあります。たとえば、肌が乾燥して水分量が少なくなると、毛穴から多く皮脂を分泌して油分で皮膚を保護しようとします。

「いつもより顔がベタつくな」と感じたら、毛穴トラブルのサインかもしれません。黒ずみ毛穴によるいちご鼻や、開いた毛穴に菌が入ってニキビになる可能性もあるため、早々に対処するようにしましょう。

30代でやっておきたい毛穴トラブル対策まとめ


毛穴トラブルのポイントは、「除く」「潤い」「引き締め」の3点です。

1.クレンジングと洗顔で毛穴汚れを取り除こう
毛穴トラブルの基本は、毛穴汚れを落とすこと。お湯だけでは落としきれないので、洗顔料を使って落とすようにしましょう。

メイクもきちんと落とさないと、毛穴に詰まってしまいます。メイク汚れは洗顔料では落ちないので、クレンジング料を使いましょう。アイメイクやリップなどは専用のリムーバーを使うのがおすすめです。

2.しっかりと保湿をして肌の乾燥を防ごう

肌が乾燥すると、皮脂が過剰分泌して角栓を作る原因になります。クレンジングや洗顔をした後は、化粧水や乳液、美容液などできちんと保湿を行いましょう。

基本は、化粧水で肌をやわらかくした後に美容液を付けて肌に栄養を与えます。その後、乳液やオイルなどで蓋をし、栄養成分が漏れないようにするとよいですよ。

3.たるみ毛穴は引き締める!

たるみ毛穴の原因は、毛穴の汚れではなく肌のハリや弾力が失われたことにあります。このため、クレンジングや洗顔をしてもたるみ毛穴には効果が見られることは少ないと考えられます。

たるみ毛穴に有効な対策は、毛穴を引き締める、肌にハリを与えることです。ビタミンC誘導体やレチノールなどの美容成分が含まれた化粧品を使って、毛穴対策をしてみるといいでしょう。

化粧品と上手に付き合うコツ

毛穴ケアをするためとはいえ、闇雲に化粧品を使っても適切な効果が出るとは限りません。化粧品と上手に付き合い、より効果的な毛穴対策をしましょう。

1.短時間で化粧水を重ねづけしない

肌の角質層が受け入れられる化粧水の量は、決まっています。このため、一気に化粧水をつけても、角質層にたどり着くまでに蒸発してしまうことが多いようです。

短時間で重ねづけをした方が浸透しやすいと思う人もいるかもしれませんが、実はあまり効果的ではないのです。「手のひらが肌に吸いつく」と感じるまで、ゆっくり丁寧につけるようにしましょう。

2.コットンと手のひらを使い分けよう
化粧水をつける時、手のひらとコットンのどちらが良いのか、迷ったことはありませんか?実は、どちらでも大丈夫なのです。

手のひらの場合、体温によって化粧水を温めることで美容成分の浸透力を高めることができると言われています。コットンの場合は、小鼻のような凸凹している部分にもしっかりと化粧水をつけることができます。

頬やおでこなど顔の広い部分は手のひらで、小鼻のような細かい部分はコットンなど、場所によって使い分けてみるのも手です。

こんなケアはNG!30代毛穴にダメージを与えるかも

毛穴トラブルを早く解消したいと思うあまり、間違った対策をしてしまうと肌にダメージを与える可能性があります。NGな毛穴対策を紹介します。

1.週に何度も毛穴パックをする
若い頃、角栓がごっそり取れるのが楽しくて、何度も毛穴パックをしてしまった……なんて経験はありませんか?たしかに、毛穴パックは毛穴汚れの解消に効果的ではあります。

しかし、毛穴をムリやり広げることから、毛穴への負担が大きいのも事実です。できれば、酵素洗顔など肌に負担がかからない方法でケアをしたいものです。どうしても使うのであれば、週に1回程度にとどめるようにしましょう。

2.面倒だからと化粧水しかつけない

疲れている時にスキンケアをするのが面倒になり、取りあえず化粧水だけで済ませてしまうなんて人もいるのではないでしょうか。化粧水だけだとすぐに水分が蒸発してしまうため、逆に肌が乾燥してしまうことがあります。

化粧水だけではなく、美容液やオイル、乳液などをきちんとつけるようにしましょう。

(まとめ)30代だからこそ、きちんとケアして毛穴汚れスッキリ


30代から起こりやすい毛穴トラブルや対策についてご紹介しました。

1.30代以降の毛穴トラブルは、「詰まり毛穴」「黒ずみ毛穴」「たるみ毛穴」 が多い。
2.毛穴トラブル対策の基本は「除く」「潤い」「引き締め」
3.間違ったケアは逆に毛穴トラブルを悪化させる原因になる。

30代以降は肌のたるみによる毛穴トラブルを気にしなくてはなりません。毛穴トラブル対策も毛穴汚れを落とすだけでなく、保湿や引き締めを行う必要があります。

手間が増えて大変だなと思うこともあるかもしれませんが、しっかりお手入れをすることで毛穴トラブルを防ぐことができます。面倒くさがらずにスキンケアをして、毛穴スッキリな30代を過ごしましょう。