40代は毛穴のたるみが原因で汚れが詰まりやすい


お肌に関する悩みといえば、毛穴トラブルです。10代から20代までの若い世代は皮脂の過剰分泌、ニキビ、角栓詰まりなどのトラブルに悩む人も多いのではないでしょうか。

では、30代から40代にかけては、どのような毛穴トラブルが見られるのでしょうか。

実は、この世代の人は毛穴のたるみに悩む人が多いと言われています。原因は、「エストロゲン」という女性ホルモンが減少することにあるのです。

エストロゲンとは、女性らしい体を作るために必要な女性ホルモンですが、肌のハリや潤いを保つ役割もはたしています。

エストロゲンは、年齢を重ねるにつれて徐々に減少します。エストロゲンが減少すると、肌のハリがなくなる、皮膚がたるむ、シワが目立つなどの症状が見られるようになるのです。

皮膚がたるむと、毛穴もたるみ、しずく型や楕円形型に変わります。この状態を「たるみ毛穴」というのです。とくに40代後半になると、毛穴のたるみは加速するとされています。

毛穴のたるみが加速すると、より毛穴は広がります。毛穴が広がると汚れも詰まりやすくなり、さらなるトラブルを呼ぶ可能性もあるのです。

このため、40代以降はたるみ毛穴を予防するための対策が必要です。

毛穴がたるむってどういうこと?


肌の弾力を保つためには、皮膚の中にあるコラーゲンやエラスチンといったタンパク質が必要です。

コラーゲンやエラスチンは、老化が進むと体内で作られる量が減ります。年齢を重ねるにつれて肌のハリやツヤがなくなり、シワやほうれい線が目立つようになるのは、コラーゲンとエラスチンの減少が原因なのです。

コラーゲンとエラスチンが減少すると肌の弾力は低下し、重力に負けてたるんでしまいます。そして、たるんだ肌に毛穴が引っ張られてしずく型や楕円形状に広がり、たるみ毛穴ができてしまうのです。

たるみ毛穴ができやすい場所は、小鼻の脇や頬です。また、たるみ毛穴を放置すると小じわのように見えることもあります。

これは、たるみ毛穴が進行して毛穴同士が繋がってしまう「帯状毛穴」のせいです。帯状毛穴がどんどん広がると考えると恐ろしいですよね。

40代からの毛穴ケアは、たるみ毛穴の改善および予防がポイントになりそうです。

毛穴がたるんで開くと汚れが詰まって別のトラブルを引き起こす

たるみ毛穴が進行すると帯状毛穴になる、毛穴が目立ちやすくなるなどのトラブルが見られますが、他にもさまざまなトラブルを引き起こします。

1.詰まり毛穴
たるみ毛穴を放置すると毛穴が開いたままになり、そこにメイク汚れや余分な皮脂が詰まる「詰まり毛穴」を引き起こします。

毛穴が広がると分泌される皮脂の量も増えるため、余計に毛穴が詰まりやすくなると考えられるのです。

2.角栓毛穴
余分に分泌された皮脂は、落としきれなかったメイク汚れや古い角質と混ざって角栓を生み出します。角栓によって毛穴が広がると、遠目からでも毛穴が目立つようになってしまいます。

角栓は、肌のターンオーバーが正常であれば毛穴から排出されますが、正常に行われなかった場合は別のトラブルを引き起こすので、きちんとケアすることが大切です。

3.黒ずみ毛穴
角栓を放置すると、角栓の中に含まれている皮脂が酸化して黒ずんでしまいます。毛穴が黒ずむと当然ながら目立ちますし、毛穴が汚れているようにも見えてしまいます。

ただでさえ毛穴がたるんで広がっているうえに黒ずんでしまったら、キレイな肌とはほど遠い状態になってしまうでしょう。

4.ニキビ毛穴
肌がたるんで広がった毛穴から、菌が入ってしまう可能性もあります。菌が入ると、炎症を起こしたり、ニキビができたりするのです。

ニキビは悪化すると、皮膚の真皮を傷つけることがあります。すると、肌の細胞が破壊され、毛穴がクレーターのようになってしまうケースも見られます。

どうして、たるみ毛穴は40代から加速するの?

毛穴がたるんで開いたところに汚れや菌が入り込むと、さまざまなトラブルを引き起こすたるみ毛穴。なぜ、たるみ毛穴は40代から加速するのでしょうか。原因について、もう少し詳しく見ていきます。

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれており、この中でも真皮が皮膚を支えています。

真皮を構成しているのは、コラーゲンやエラスチンなどの繊維状のタンパク質、そして保水力のあるゼリー状のヒアルロン酸です。

真皮の弾力や潤いは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの働きにより保たれているのです。しかし、これらの成分は歳を重ねるにつれて減少してしまいます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減ってしまうと、皮膚を支える真皮も緩んで弾力を失ってしまいます。この状態が、肌のたるみなるのです。肌がたるむと毛穴も開き、たるみ毛穴が生まれます。

また、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少も、肌のたるみを進行させます。女性らしい体型を作るとされるエストロゲンが減少すると、肌のハリやツヤがなくなるのです。

さらに、肌を支える骨の密度や筋力も低下し、さらに肌のたるみを進めてしまうのです。

40代は、コラーゲンとエラスチンなどのタンパク質や女性ホルモンの減少が加速する年代であると言われています。エイジングも進んで顔も少しずつ老けていき、40代後半になるとどことなく顔つきも変わりますよね。

さらに、10代の頃から長年、蓄積されてきた紫外線のダメージ、女性ホルモンの減少によるものと考えられる表情筋の萎縮、酸化や糖化による皮膚の弾力低下も、肌がたるむ原因と思われます。

つまり、40代以降はさまざまな要因が重なって、たるみ毛穴を生み出していると考えられるのです。

肌のたるみを改善して汚れから毛穴を守ろう


さまざまな毛穴トラブルを併発する可能性が高いたるみ毛穴を予防するには、スキンケアで毛穴を引き締める、肌そのものを支える表情筋を鍛えるなどの方法が効果的です。

1.毛穴を引き締めてたるみ対策
たるみ毛穴の原因は、肌のハリや弾力が失われたことにあります。たるみが気になり始めたら、普段のスキンケアで毛穴を引き締めたり、肌にハリを与えたりしましょう。

ビタミンC誘導体やレチノールなどの美容成分を含む化粧品は、肌の引き締めに効果があるとされています。

また、真皮を構成するコラーゲンとエラスチンの生成を助ける「ローヤルゼリーエキス」を含んだ化粧品もおすすめです。

2.表情筋を鍛えよう
肌のたるみは、顔の筋肉である「表情筋」を鍛えることで予防することもできます。

約30種類あるとされる表情筋は、眉、頬、口元などを動かす働きを持っています。同時に皮膚も支えているため、表情筋を鍛えることで皮膚や皮下脂肪のたるみを防ぐことができるのです。

下記に紹介する方法は、簡単に表情筋を鍛えることができます。仕事や家事の合間に試してみてください。

目元の表情筋を鍛える方法

1.目を大きく開く。

2.眼球を上下左右にゆっくりと動かす。

3.目を軽く閉じて、ギュッと力を入れる。

4.5秒ほどキープし、目の力を抜く。

5.眉を上げて目を見開いて5秒ほどキープ。その後、ゆっくりと元の状態に戻す。

リフトアップ、頬、口元周辺を鍛える方法

1.口を大きく開く。

2.「あ・え・い・う・え・お・あ・お」とゆっくり発音する。最後に「いー」と数秒伸ばす。

3.再度、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」とゆっくり発音する、最後に「うー」と数秒伸ばす。

4.1〜3を4回繰り返す。

まだまだある、40代からのたるみ毛穴ケア

スキンケアや表情筋を鍛えるだけでなく、体の内側からケアすることもできます。

1.ストレスケア
仕事や家事で疲れてストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあり、肌がたるむ原因のひとつに、女性ホルモンであるエストロゲンの減少があります。

このため、ホルモンバランスを整えることでたるみ毛穴を防げるとも考えられるのです。睡眠時間を確保する、十分な休息を取るなど、疲れをため込まないように意識しましょう。

2.食事
たるみ毛穴を防ぐためには、食事も大切です。栄養バランスの摂れた食生活を送りましょう。社会人になると外食中心になりがちですが、栄養が偏ると肌の健康も損なわれてしまいます。

肌の弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンの生成を助けるアミノ酸やタンパク質を含む食材は、積極的に摂取したいところです。さらに、肌の老化を防ぐとされるビタミンやミネラルを摂るのもおすすめです。

40代の毛穴トラブルの原因はたるみ毛穴だけではない

40代以降に見られる毛穴トラブルは、たるみ毛穴によるものが多いと述べてきました。しかし、当然のことではありますが、それだけではありません。

毛穴トラブルの原因が、肌のたるみに関係なく、単純に角栓や黒ずみによるものである可能性も十分あります。「たるみ毛穴の対策をしているから大丈夫」と油断していると、思ったような効果が出ないこともあるのです。

毛穴トラブルが発生したら、まずは原因を見極めましょう。そのうえで、適切なケアをすることが大切です。

また、NGな毛穴ケアもあります。

毛穴汚れがごっそり取れるのでついやってみたくなる「角栓パック」も、40代以降は慎重に使うようにしましょう。

やりすぎると肌を傷つけたり、毛穴が広がったりします。パックをはがした後の毛穴をそのままにしておけば、乾燥を引き起こすことだってあるのです。

角栓パックは週1程度にする、パック後は速やかに化粧水などで毛穴を引き締めるなど、正しく使うようにしてくださいね。

(まとめ)毛穴のたるみが加速する40代、きちんとケアして汚れスッキリ


40代から加速すると言われるたるみ毛穴についてまとめました。

1.40代に入って主に見られる毛穴トラブルは「たるみ毛穴」
2.コラーゲンやエラスチン、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因で肌がたるむ
3.たるみ毛穴は、さまざまな毛穴トラブルを引き起こす可能性がある。
4.毛穴トラブルの原因はたるみ毛穴だけとは限らないので油断しないようにしよう。

10代、20代に比べると、30代以降は肌や毛穴トラブルの原因が変わってきます。とくに、40代は肌のたるみが加速するので、昔よりも肌と向き合う時間が増える人もいるのではないでしょうか。

毛穴トラブルの原因を見極めて適切なケアをすることで、毛穴汚れのない肌を手に入れましょう。