開き毛穴にはビタミンC誘導体の入った化粧品が効果的です


何気なく鏡を見たときに、Tゾーンの毛穴が意外に大きく目立って気になりませんか?

また、頬に散らばったように毛穴が目立っていませんか?

年齢を重ねると、今までにはなかった肌の変化がみられるようになります。
季節の変わり目などはとくに、開き毛穴が目立ってしまってショックを受けるのではないでしょうか?

ここでは、美白効果や肌のハリに効果があるといわれている「ビタミンC」に注目したいと思います。

ビタミンCというと、野菜や果物に多く含まれ、美容にも良いというイメージがありますが、ビタミンCそのものを肌に塗っても効果は期待できません。

そこで今回は、化粧品によってビタミンCの効果を肌から取り入れる方法を紹介していきます。

本来のビタミンC自体は、壊れやすく、化粧品に配合しても長期間は安定していられない物質で、肌につけても浸み込みません。

これを改良して、化粧品に配合しても壊れず、肌に浸み込みやすいように作られたものが「ビタミンC誘導体」です。
多くの化粧水や美容液に含まれており、何度か耳にしたことがありませんか?

ビタミンC誘導体についてお話していきますので、配合された化粧品を使うときの参考にしてください。

ビタミンC誘導体にはこんなチカラがあります。


1.コラーゲンの生成を促進して、肌のハリを生み出す
肌のハリは真皮にある、コラーゲン、エラスチンなどにより作られますが、加齢によりスピードや質が落ちてきてしまいます。

ビタミンC誘導体には軽い小ジワの解消、シワやたるみの予防効果があり、開いてしまった毛穴の引き締めも期待できるでしょう。

2.皮脂の分泌を抑える
過剰な皮脂によるメイク崩れも防ぎ、ニキビ予防にもなります。毛穴にたまる皮脂も減り、皮脂腺の働きが抑えられることで、開き毛穴が解消されるのです。

3.美白作用
メラニン色素の生成を抑え、できてしまったメラニン色素を排出させ、分解させる役割があります。
シミを予防し、全体に顔色が冴えることを期待できます。

4.抗酸化作用
細胞や組織を傷つける活性酸素の害を防ぐ作用があるのでアンチエイジングに効果的です。また活性酸素によるニキビの悪化を防ぎます。

毛穴開きの原因と解決の方向性

まず、ビタミンC誘導体配合の化粧品を取り入れるにあたり、毛穴開きのタイプそれぞれの特徴と、効果を見ていきましょう。

・たるみ毛穴
年齢により、肌のハリ成分の生成のサイクルが遅くなってきてしまうと、肌自体が下方へ垂れてきてしまいます。
毛穴もつられて下がってしまいます。

これがたるみ毛穴で、頬に細かくしずく型の毛穴が広がるものです。

解消するには、ハリや弾力を保てるように、コラーゲン、ヒアルロン酸やエラスチンを補給しながら、また自分でも生成する力を高めていきましょう。

そのためにはビタミンC誘導体配合の化粧品が効果的です。

・乾燥肌で皮脂が多い毛穴

肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぐためにバリアを張ろうとして皮脂が分泌されます。
この時、皮脂の量のバランスが保たれていれば、キレイな肌になっており、毛穴が目立つことはありません。

しかし、皮脂が過剰に分泌されてしまった場合は違います。
活発に働きだした皮脂腺の出口は、毛穴の中にあります。したがって、毛穴が開いて見えるようになってしまうのです。
開いた毛穴の周囲が緩んでいても、ハリ成分の生成が追いつかないので、毛穴は開いたままになってしまいます。

こういった場合に、ビタミンC誘導体の入った化粧品で、皮脂の分泌をコントロールし、肌のハリを回復させていきましょう。

皮脂による化粧崩れを防ぐために、メイクの前にビタミンC誘導体配合の化粧水で肌を整えるとよいですね。

ビタミンC誘導体の性質

ビタミンC誘導体にはたくさんの種類がありますが、大きく分けて「水溶性」、「油溶性」、そして「両方に溶ける性質」のものがあります。

化粧品にはそれぞれの用途により、水溶性と油溶性、両方の性質をもつものが配合されています。

また、何種類かのビタミンC誘導体が一緒に配合されている場合もあるでしょう。
ヒトの肌の表面は、水分と油分が網の目のようになった構造になっています。ここに、ビタミンC誘導体の効果をしみ込ませるために、水溶性のものと油溶性のものとがあるとさらに効果的だからです。

化粧品の成分表示の欄には、「ビタミンC誘導体」という名ではなく、それぞれの成分名で表示されています。

ビタミンC誘導体は、肌の酵素で本領発揮!

ビタミンC誘導体は、肌に入ってからは、肌にある酵素の働きで誘導体と切り離されることで、ビタミンCとなって働き始めます。
この酵素がなければ、ビタミンCの働きができないのです。

酵素がもともとヒトの肌に存在するか、多いか少ないか、ということがキキメの強さ、スピードや持続時間のポイントになるといえます。

したがって、ビタミンC誘導体は「浸み込みやすいか」と「肌に酵素がどれだけあるか」の組み合わせで効果を発揮するのです。

このようにビタミンC誘導体には種類があり、化粧品の成分としてもさまざまな配合の形があるので、選ぶ際には参考にしてください。
代表的なものを挙げていきます。

水溶性ビタミンC誘導体


肌表面に浸透して、ビタミンCの効果を発揮します。

・アスコルビン酸グルコシド
ビタミンCにブドウ糖を結合させたものです。ドラッグストアにある、手頃な価格の化粧水に多く使われています。

しかし、人の皮膚には、糖を切り離す酵素「グルコシターゼ」がほとんど存在しないため、ビタミンCに変わりにくい点で効果が劣ります。

・リン酸アスコルビルマグネシウム
ビタミンCにリン酸とマグネシウムを結合させたものです。やや高価な化粧水や、美容液などに使われています。

ミネラルの働きで、ゆっくりとではありますが肌によく浸透します。
皮膚内に入ると、酵素「フォスファターゼ」が豊富にあるため、すばやくビタミンCに変わり、しっかり効果を発揮するでしょう。

油溶性ビタミンC誘導体

もともと水溶性だったビタミンCを油溶性にしたものです。美容液、オイルやクリームに含まれています。

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
肌の脂質と相性がよく、ゆっくりですがしっかりと浸透します。
皮膚内にわずかに存在する酵素「エステラーゼ」により、ビタミンCに変わるのです。
効果が長く、40時間以上もビタミンCの働きが持続します。

両方に溶ける性質のビタミンC誘導体

水溶性と油溶性の両方の性質を持つものが開発されました。

・パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム
APPSやアプレシエなどの名前で呼ばれ、ドクターズコスメや美容クリニックのローションパックなどに使われています。

通常のビタミンCの100倍の浸透力を持つといわれ、イオン導入でなければ届けられないところまで浸透します。

皮膚にある酵素フォスファターゼとエステラーゼの働きで、ゆっくりとビタミンCに変わり効果を発揮するでしょう。

・イソステアリルアスコルビルリン酸2ナトリウム

APISともいいます。
すばやく浸透し、フォスファターゼの働きでビタミンCへの変換が早く、今のところ最強のビタミンC誘導体です。

コラーゲンとビタミンCは相性がよい!?

人の肌は3層でできていて、おもての方から「表皮」「真皮」「皮下組織」となっています。

コラーゲンは真皮に広がる丈夫な繊維で、節々をエラスチンがつなぐ構造になっています。
その間をヒアルロン酸などが水分を抱えて埋めつくすことで、肌のハリを持たせとみずみずしさを保っているのです。

しかし、紫外線を浴びるとコラーゲンやエラスチンは破壊されてしまいます。また加齢によりコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸ともに作り出せる量が減ってきてしまいます。

減っていくスピードの方が速くなると、肌のハリの衰えも進んでしまうのです。。
毛穴の深さは肌の奥深くにあり、真皮や皮下組織の層から始まっているので、同様に毛穴もたるんできてしまうのです。

ですから、コラーゲン、ヒアルロン酸やエラスチンを増やす作用がある化粧品を使って、肌にハリを回復させましょう。

また、体の中から取り入れる点では、コラーゲンを多く含んだ食品を食べるのもオススメです。
牛スジ、鶏肉、軟骨を煮込んだもの、ゼリーなどに多く含まれます。

食べ物で取ったコラーゲンは、体内で消化されアミノ酸に分解されてのち、コラーゲンに再合成されます。この生成を助けるのが、ビタミンCなのです。

ですからコラーゲンの食品を食べたら、一緒にビタミンCを含むものも摂るようにしましょう。
肌だけでなく、骨、関節や血管の強化にも役立ちます。
食品としてのビタミンCについては次に述べていきましょう。

「ビタミンC」は「ビタミンC誘導体」は別モノです

食品やサプリメントとして体内へ取り入れる「ビタミンC」と、化粧品で肌から吸収する「ビタミンC誘導体」は性質が異なります。

美白効果を狙ってビタミンCそのものを肌に塗って日焼けをすると、かえって肌を傷めてしまうのです。

ビタミンCは、紫外線を浴びると肌表面ですぐに酸化してしまい、ニキビや湿疹、シミやシワなどの原因となり、むしろ肌トラブルを招くことになります。

日焼け予防の目的で、水に溶かしたサプリメントや果汁を肌につけることはやめましょう。

食べ物の栄養素としてのビタミンCの役割をみてみましょう。
まず、コラーゲンの生成に欠かせないもので美肌の維持に役立っています。
暑さ・寒さの温度差や細菌、疲れなどストレスに対する抵抗力を強め、抗酸化作用により、動脈硬化や心臓疾患の予防効果もあります。

ビタミンCそのものを、食事で摂ることは大いによいことなのです。野菜やイモ、イチゴやカンキツ類の果物などにとくに多く含まれます。

食品で多く摂ったビタミンCは尿として排泄されるので心配ありません。
しかし、薬やサプリメントなどでの過剰な摂取は、健康を害することがあるので注意しましょう。

(まとめ)開き毛穴にはビタミンC誘導体配合の化粧品が効果的です

1.開き毛穴には、たるみと皮脂が原因となる
2.それを解決するにはビタミンC誘導体配合の化粧品を使う
3.いろいろな種類がある選び方がある

20歳くらいをピークに、肌のハリや弾力が衰えてくるといわれています。新陳代謝も悪くなり、毛穴も目立ち、肌の色はくすんだようになってくるでしょう。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定させて、肌に浸透しやすく、吸収されてから長時間働くように化粧品に入れられています。

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うことで、毛穴を小さく目立たなくして、少しずつ忍び寄る「肌の老化」に対抗していきましょう。