でもあきらめない、お手入れ次第で毛穴レスの美肌を目指す


ぽっかりと開いた毛穴や、汚れが詰まって黒ずんでいる毛穴は、濃いメイクで念入りに隠しても、時間が経つにつれ目立ってきてしまいます。

そんな毛穴トラブルで悩んでいる人の多くは、毎日しっかりクレンジングと洗顔をして、高価な化粧水と美容液で保湿ケアを行い、人より何倍もお肌をいたわっているというケースがほとんどです。

それなのに、「一向に毛穴トラブルが改善しない」という深刻な悩みを抱えていることがよくあります。

その原因には、間違ったスキンケア・偏った食生活・睡眠不足・過度のストレスなど、あらゆることが考えられます。

さらにはいくら毛穴ケアを頑張っても良くならなかった原因の一つに、遺伝性ということも考えられるでしょう。

ふと思えば、スキンケアにそれほど力を入れていないのに、毛穴がいつもキレイな人っていますよね。

手頃な化粧品を使っているのに、常にお肌がツヤツヤして毛穴の開きもまったく目立たない人、心当たりありませんか?

でも毛穴の開きが遺伝性だからといって、美肌をあきらめるのはまだ早いです。
毎日のスキンケアと、日々の食生活や生活習慣を見なおすだけで、いくらでも毛穴レスの美しいお肌を目指せます。

遺伝による毛穴の開きを改善する3つのポイント


もともと毛穴トラブルが少ないという人もいます。
きっとそれは、遺伝性によるものでしょう。
なぜかといえば、毛穴の数と大きさは、遺伝の影響が出やすいと言われているからです。

だからといって、「両親は毛穴が開いて目立っている、ニキビ肌でボコボコ毛穴だった。だから私も、いくらケアをしても良くならないのね…」なんて、落ち込むことはありません。

毛穴トラブルには遺伝ばかりでなく、いろいろな原因があります。
遺伝はその中の一つにすぎないのです。
そのためにも、日々のスキンケア・食生活・生活習慣の見直しがとても大切になってきます。

この3つを見なおすだけで、毛穴の開きは徐々に改善されていくでしょう。
次からは、正しいスキンケアの手順・毛穴の開きを改善・予防する食生活・生活習慣を説明していきます。

今日からぜひ、トライして毛穴レスのお肌を目指しましょう。

毛穴の遺伝は、大きさ、数、男性ホルモンの量

毛穴の数と大きさ、それとプラスして、男性ホルモンの量も遺伝性によるもので、毛穴トラブルに深く関係しています。

男性ホルモンの量が多い人は、皮脂腺がもともと大きく、それにあわせて皮脂腺の出口も大きくなるので毛穴が目立ちやすくなります。

男性ホルモンが多く皮脂腺が大きいということは、皮脂分泌も盛んに行われているのです。
夏の暑い時季はとくに皮脂分泌が増えるので、お肌がテカってしまい毛穴も目立ちます。

また皮脂分泌が盛んになると、余分な皮脂によって毛穴が広がってしまいます。
さらには、余分な皮脂が毛穴に詰まり、古い角質やお肌にたまっている汚れなどと混ざり合って酸化し、毛穴が黒ずむ原因にもなるのです。

遺伝により男性ホルモンが多い人は、一年を通して、毛穴を清潔にしておくことが、毛穴レスの美肌づくりにはとても重要です。
そのためには正しいスキンケアの手順を身につけておきましょう。

毛穴の開きが目立つ場所とは

毛穴は体中にあり、顔全体には20万個ほどあるといわれています。
その数は生まれた時から大人になっても変わらないとされています。
毛穴トラブルで悩む人にとっては、毛穴の存在はうっとうしいものですが、毛穴はとても大きな役割を果たしているのです。

毛穴から出る皮脂は、肌に膜を作り皮膚を保護して、潤いを保つことで乾燥を防いでいます。
毛穴から皮脂や汗と一緒に、体内の老廃物を出すデトックスの役割もあるのです。

こうした重要な役割のある毛穴ですが、顔の中ではTゾーンといわれる、額や鼻の周りは毛穴の数が多くなっています。
鼻にある毛穴には皮脂腺が多く、皮脂の過剰分泌による毛穴の開きが目立つパーツともいえます。

毛穴の開きを改善するスキンケア

毛穴の開きが目立つ原因の多くは、汚れ詰まりです。お肌に触るとザラザラした感触があります。

過剰な皮脂分泌でお肌のベタつきが気になり、一日に何度も洗顔している人は多いようですが、洗顔のし過ぎは毛穴には良くありません。

逆にクレンジングや洗顔が不十分で、お肌に汚れがたまるのも毛穴を開かせる原因になります。

さらには洗顔後の保湿ケアがしっかりとできていないために、乾燥肌を招いてしまうのも良くありません。
なぜならばお肌が乾燥すると、皮脂を過剰に分泌して守ろうとするからです。

スキンケアではとくに、洗顔と保湿ケアが毛穴の開きを改善させる大きなポイントです。
お肌は毎日、空気中のホコリや化学物質などの汚れ、雑菌・お肌に残った古い角質・余分な皮脂などにさらされています。

これらの汚れを日々キレイに洗い落とし、清潔にお肌を保ち、保湿ケアで整えることが毛穴レスの美肌を取り戻すためにはとても重要です。

では正しいスキンケアの手順を説明していきます。

1.メイクをしている人はクレンジングをします。
クレンジング剤はお肌への負担が少ないクリームタイプ・ミルクタイプがおすすめです。

メイクとクレンジング剤をなじませながら、お肌をこすらずに優しく落としていきます。
洗い流す時は、ぬるま湯を使って丁寧に流しましょう。

2.洗顔をしていきます。
洗顔前にはハンドソープや石けんを使って手を清潔にしておきましょう。
細菌がついている手で洗顔をすると肌荒れの原因にもなるでしょう。

3.洗顔料をしっかりと泡立てます。
泡立てネットを使うと短時間でたっぷりと泡を作れます。

4.たっぷりの泡を皮脂腺の多いTゾーンから載せていきましょう。
次に頬、最後は目元や口元を洗っていきます。
その際、手でゴシゴシとこすらずに、たっぷりの泡をころがすように優しく洗っていきます。

皮膚の薄い目元・口元は、泡を載せてなじませるだけでも十分、汚れは落ちているでしょう。

5.ぬるま湯ですすぎます。
この時もお肌をこすらずに、パシャパシャとぬるま湯をお肌に優しく当てるようにしてすすぎます。

フェイスラインや鼻の脇・額などはすすぎ残しが多い場所です。
洗顔料が残っていると、毛穴トラブルやニキビなどの原因にもなるので、しっかりとすすぎましょう。

また温度の高いお湯は、お肌に必要な皮脂や潤いまでも流してしまうので、気をつけましょう。

6.清潔なタオルで、水分を拭き取ります。
この際はお肌をこすらずに、タオルをお肌に優しく押し当てるようにするのがポイントです。
摩擦によってお肌へ負担を掛けないようにします。

毛穴の開きを改善、予防する保湿ケア


洗顔後はすぐに、保湿ケアをします。
その際、開いた毛穴の改善が期待できる美容成分が配合された化粧品を選びましょう。

以下の成分がオススメです。ぜひ参考にしてみてください。
・ビタミンC誘導体(APPS)…皮脂の過剰分泌をおさえて、毛穴を引き締める働きがあります。

・セラミド…角質層で潤いをキープします。

・コラーゲン…水分量を維持し、お肌にハリを与えるものです。

・エラスチン…ハリをアップして、毛穴を引き締める作用があります。

・ビタミンA…お肌の乾燥を防ぎ、きめ細かいお肌へと導くでしょう。

・フルーツ酸(AHA)…古くなった角質を落とし、ターンオーバーを正常化します。

保湿ケアの手順は、化粧水→美容液→乳液→クリームの順でつけていきます。
つけ方は、パンパンと力を入れるのではなくて、優しく手のひらを使ってパッティングしていきましょう。

パッティングの仕方は、適量の化粧水を手に取り、両手で顔全体を包み込むようになじませます。
次に、外側にリフトアップするイメージで優しくパッティングしていきます。

口元と目元は皮膚が薄くデリケートな部分なので、パッティングせずに、そっと抑えるだけで十分です。

毛穴の開きを改善、予防する食生活・生活習慣

食生活や生活習慣は、両親の習慣と似てしまうのは当然です。
毛穴の開きが遺伝となれば、両親と同じように食べ、生活をしていれば、毛穴にもよい影響はありません。

開き毛穴を改善するための食生活で気を付けたいことは、脂肪分・刺激物・添加物が多く含まれた食品や飲み物をとり過ぎないことが大切です。
喫煙・過剰なアルコール摂取も控えた方がよいでしょう。

開き毛穴を改善するために積極的に取りたい栄養素は、皮脂の分泌をおさせる作用があるビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンCなどです。

・ビタミンAは、ニンジン・カボチャ・ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
・ビタミンB1は豚肉、ビタミンB2はレバーや卵・乳製品など。
・ビタミンCは、イチゴ・キウイ・みかんなどに多く含まれます。

毛穴の開きを改善する生活習慣では、規則正しい生活リズムと、質のよい睡眠を十分に取ることが大切です。
質のよい睡眠とは、お肌のゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時の時間帯に睡眠を取ることです。

健康的なお肌を取り戻すために重要な成長ホルモンが盛んに分泌されるのが、眠りに入ってからの約3時間といわています。

そのため、ゴールデンタイムの時間帯に、成長ホルモンが分泌される3時間に熟睡できているかがポイントです。

毛穴の開きを悪化させるNG行為

毛穴の開きを改善するためには、正しいスキンケアがもっとも大切です。

日々の汚れや細菌をキレイに洗い流し、お肌を清潔に保つこと。
そして保湿ケアでお肌に水分、潤いを与え、しっかり整えることができれば、たいがいの毛穴トラブルは改善されるともいわれます。

ただ正しいスキンケアを施していても、間違った毛穴ケアをしていては開いた毛穴は一向に良くなりません。

毛穴の開きを悪化させる、やってはいけない行為を紹介します。

1.頻繁な毛穴パック・ピーリング
毛穴パックやピーリングなど毛穴の汚れを除去する毛穴ケアは、やり過ぎに要注意です。
毛穴の開きを悪化させるだけでなく、お肌に必要な皮脂や角質までも取り除きトラブルの原因にも。

2.洗浄力の高いクレンジング剤・洗顔料の使用
お肌に合わないクレンジング剤、洗顔料はお肌への負担が大きくなります。
防腐剤や香料、アルコールなどが入っていない、シンプルなものがおすすめです。

3.ピンセットや指で、ムリやり毛穴から汚れを取り除く
毛穴が傷つき、ますます毛穴が開く原因になります。

(まとめ)遺伝による毛穴の開きは改善できる

1.毛穴の遺伝は、大きさ、数、男性ホルモンの量
2.毛穴の開きが目立つ場所とは
3.毛穴の開きを改善するスキンケア
4.毛穴の開きを改善・予防する保湿ケア
5.毛穴の開きを改善・予防する食生活・生活習慣

遺伝だからといってあきらめずに、正しいスキンケアでお肌を清潔に保ち、栄養バランスの取れた食生活・規則正しい生活習慣で、毛穴レスの美しいお肌を取り戻しましょう。