タバコの有害物質が毛穴開きを引き起こします


あなたはタバコを吸っていますか?

毛穴の開きや詰まり・黒ずみ・たるみの改善や予防のためにと、毎日スキンケアを一生懸命に行っていても、タバコを吸っていては、その努力がすべて水の泡になってしまいます。

タバコの健康被害は広く知られていますね。
日本の調査によると、20歳以前にタバコを吸うと、男性は8年、女性は10年も寿命が短くなることが分かっています。

国内外の研究では、たばこを吸うことで、肺ガンだけでなくほとんどの部位のガンの原因に関係していると言われているのです。
さらには糖尿病・妊娠出産期異常・歯周病などさまざまなリスクを伴います。

タバコは健康被害だけでなく、美容にも悪影響を及ぼします。
スモーカーズフェイスという言葉を知っていますか?
タバコを長期間吸っていると、

・毛穴の開き・黒ずみ
・シワ・シミ・くすみ
・ほうれい線
・お肌のハリや弾力の低下
・ニキビや吹き出物

などこれらの特徴が現れてしまう、スモーカーズフェイスになってしまうのです。

タバコによってお肌は急速に劣化し、非喫煙者の5倍もの早さで老化すると言われています。
スモーカーズフェイスは、実年齢よりも5歳から10歳も老けて見られてしまうのです。

タバコをやめると、毛穴レスのお肌を取り戻せる


タバコを吸うとなぜ、毛穴の開きやシミ・シワ、たるみが目立つようになるのでしょう。
タバコが健康や美容になぜ悪いのかを具体的に説明していきます。

タバコの煙には、約4,000種類もの科学物質が含まれています。
その中でも200種類以上が人の身体に悪影響をもたらす有害物質です。
さらに発ガン性物質が約60種類も含まれていると言われています。

タバコに含まれている有害物質を一部あげてみます。

ニコチン・タール・一酸化炭素・ヒ素・カドミウム・鉛・ブタン・ダイオキシン・トルエン・アセトン・アスベスト・シアン化水素・アミノニフェニル・ヒドラジン・ベンなど。

これらすべて、人体に有害で、摂取量によっては死に至る毒性を持つ成分ばかりです。
タバコをたった1本吸うことで、これらが体内に取りこまれてしまうのです。

タバコの煙に含まれる三大有害物質

タバコに含まれている有害物質の中でも、三大有害物質といわれているのが、ニコチン・タール・一酸化炭素となります。
それぞれの特徴をみていきましょう。

1.ニコチン
ニコチンは、依存性の高い薬物で違法ドラッグのヘロインと同じくらいの依存性があると言われています。
また禁断症状の強さは、コカインよりも上だとも言われているのです。

タバコを吸うと、数秒で脳を刺激し始めます。
また消失するのも早くヘビースモーカーなどは、喫煙後30分ほどでニコチンが切れた状態になり、すぐに吸いたくなると言われています。

タバコを吸うと気分が落ち着くとか、頭が冴えるといっている人は、血中のニコチン濃度が上がらないと、脳が以前と同じ活動レベルを維持できなくなっているのです。これがニコチン依存です。

ニコチンには、血管を収縮する作用があるため、脳や皮膚の血行不良により頭痛や肩こりなどを引き起こします。
血圧や心拍数も上昇し筋梗塞や脳卒中などを起こす危険性もあるのです。

その他、動悸・手足の冷え・寝つきが悪くなるなどの健康被害が出てきます。

2.タール(発ガン物質)
タバコのヤニと呼ばれるもので、油のようにベタベタしており、喉や肺に付着しガンを誘発します。
1日20本タバコを吸うと、1年でコップ1杯分のタールを身体に入れることになるそうです。

タールはタバコを辞めても肺に長期間残ってしまい、すぐには無くならないと言われています。
喫煙期間が長い人ほど回復しにくいそうです。

3.一酸化炭素
一酸化炭素は身体を酸欠状態にします。
タバコを吸うと息切れがするのはこの一酸化炭素によるものです。
スタミナが持続せず、運動能力も低下し動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

また妊娠している女性がタバコを吸うと、お腹の赤ちゃんも酸欠状態となり妊娠出産期異常など(低体重児・週産期死亡・先天異常など)を引き起こす危険性があるでしょう。

タバコが毛穴トラブルを引き起こす原因

タバコがお肌や毛穴トラブルを招き、老化を加速させる原因を説明します。

1.活性酸素の増加
タバコを吸うと、お肌を老化させる活性酸素を増やします。

活性酸素は、お肌のハリや弾力・潤いを保つために必要不可欠なコラーゲンやエラスチンの生成をじゃまするのです。
そうなるとお肌には、深いシワができやすくなり、たるみも目立つようになります。

体内の酸化が進行すると、各層細胞中のメラニンの生成が促されてシミができやすくなります。

2.血管の収縮
タバコを吸うことで、ニコチンや一酸化炭素が体内に入り、血管が収縮し血行不良となるのです。
そうなるとお肌へも栄養が行き渡らなくなり、新陳代謝が低下してしまいます。

代謝が悪くなると、お肌のハリや弾力・潤いが低下・たるみ・シワ・シミ・くすみ・乾燥・クマなどの原因となります。

3.女性ホルモンへの影響
タバコの煙に含まれるニコチンは、女性ホルモンのエストロゲンの生成・分泌に悪影響を及ぼすでしょう。。

エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれており、美肌や美髪、女性らしいボディラインづくりには欠かせないホルモンです。

4.ビタミンCの消費
ビタミンCは毛穴レスの美肌づくりにはとても重要な栄養素です。

お肌の弾力を保つコラーゲンの生成・シミの原因となるメラニン色素の生成抑制・免疫力や皮膚のバリア機能を高めるなど、健康なお肌を維持するためのさまざまな役割を担っています。

しかしタバコを1本吸うと、約25〜100mgのビタミンCが失われます。
ちなみに15歳以上の男女では1日に必要なビタミンC量が100mgとされているのです。

つまりはタバコを2本吸っただけで、1日分のビタミンC量が消費されてしまうのです。
ヘビースモーカーでなくとも、ビタミンC不足は決定的でしょう。

これほど大量のビタミンCを失うのですから、お肌や毛穴トラブルを引き起こすのは当然のことなのかもしれません。

タバコを辞めると身体にはこんな変化が


タバコの煙にはたくさんの有害物質が含まれています。
美肌や健康な身体づくりにも悪影響を及ぼすことがわかりました。

では実際に、タバコをやめるとどのような身体への変化があるのかを見てみましょう。

最後の喫煙後20~30分程度で、収縮していた血管がもとに戻り、血行がよくなってきます。
血圧・脈拍が正常域に戻りはじめます。

8時間で、血液中の一酸化炭素がずいぶん減り、酸素濃度が正常値に戻るでしょう。
呼吸が楽になりはじめ、運動能力が改善してきます。

24時間(1日)経つと、血液中の一酸化炭素濃度は正常に戻り血圧も改善され、心臓発作が起きる確率が下がります。
汚れた肺が浄化しはじめるのです。

48時間(2日)で、喫煙によって劣っていた嗅覚と味感が復活しはじめます。
「タバコってこんなに臭かったのか」とか「毎日食べていたものがこんなにもおいしかったのか」と新鮮に感じることでしょう。

72時間(3日)で気管支の収縮がなくなり、すっかり呼吸が楽になって肺活量が増加しはじめます。
喉の不快感がなくなってくるでしょう。
48〜72時間でニコチンが体から完全に抜けます。

2〜3週間で肺活量が30%回復し、歩行が楽になっています。
この頃から肌がキレイになってくるでしょう。

1〜9カ月で咳、痰、全身のだるさ、息切れが改善します。
心筋梗塞が起きる危険性も半減するでしょう。

5年で肺がんになる確率が半分に減り、非喫煙者と同程度になります。

タバコが原因の毛穴トラブルの改善策

最後の喫煙からたった数時間で、体はタバコのダメージから回復しようと機能しています。
3日も吸わなければ、ニコチンが完全に身体が抜けて元気な毎日が過ごせるでしょう。

しかし誘惑に負けたった1本、タバコを吸ってしまえば、また元に戻ってしまいます。
禁煙で得られた健康体はすぐに消滅してしまうのです。もったいないですね。

毛穴トラブル・たるみ・シミやシワなどお肌の老化で悩んでいる人も、今すぐにでも禁煙を始めることが一番の改善策になるでしょう。

毎日スキンケアを念入りに行っても、高価な化粧品を使っても、エステサロンに通っても、タバコを1本吸ってしまえば、その努力はすべて台無しになってしまいます。

急にタバコを辞められないという場合は、少しずつ本数を減らしてみるのがよいでしょう。
その際タバコを吸って大量に失ってしまうビタミンCをしっかりと摂取することが大切です。

毛穴の開きを改善する禁煙方法

タバコを辞めれば毛穴の開きも改善する、とアタマで理解していても、長年の習慣を変えるのは一苦労です。
そこで、禁煙を成功させるためのコツを紹介します。

1.なぜ禁煙をするのかを明確にしよう
「美肌のため」「毛穴レスを目指すため」などと紙に書いて、目につくところに貼っておくとよいでしょう。
くじけそうになった時に、禁煙を始めた時の気持ちを思い出させてくれます。

2.禁煙宣言をしよう
友達や家族に、「タバコをやめる」と宣言してみましょう。
人から応援してもらうと、禁煙に成功しやすいという事例もあるそうですよ。

3.環境を変えてみよう
灰皿やライターなどを部屋に置かない。
タバコを吸う人の側にはいかない、喫煙できる飲食店を利用しないなど環境を変えるだけでも違います。

4.タバコが吸いたくなった時を考えよう
タバコが吸いたくなった時の対処法を考えましょう。

ガムやアメをなめる・歯を磨く・冷たいお茶や熱いお茶を飲む・お菓子を食べる・運動や散歩をするなど、タバコに代わるものを見つけましょう。

(まとめ)開き毛穴の改善はタバコをやめること

1.タバコの煙に含まれる三大有害物質
2.タバコが毛穴トラブルを引き起こす原因
3.タバコをやめると身体にはこんな変化が
4.タバコが原因の毛穴トラブルの改善策

タバコは「百害あって一利なし」とよく言われます。
健康被害をはじめ、喫煙がお肌の老化を加速させる原因になるのは女性には大敵です。

自分はタバコを吸わなくても、身近な人に喫煙者がいる場合はその煙による受動喫煙で、喫煙者本人以上に有害物質による悪影響を受ける可能性もあります。

いずれにせよ、毛穴レスの美肌を目指すのであれば、タバコを吸わないことが一番です。
まずはニコチンが体から完全に抜ける、3日を目標に禁煙を始めてみましょう!