老化による顔のたるみが、毛穴の開きを目立たせてしまいます


35歳を過ぎた頃から、顔の皮膚がだらんとたるんできて、毛穴の開きも以前より目立ってきたように感じる。
実際の年齢よりも老けて見られるようになって、毎朝、鏡を見るのがツライ。

若い頃から使い続けている化粧品でスキンケアを念入りにしているのに、メイクが崩れると毛穴にファンデーションが入り込んで、間近で話をされるのがとても苦痛になった。

30代後半ぐらいから、こうした毛穴の開きで悩む人が続出します。
これは加齢による顔のたるみが原因で起こる、たるみ毛穴です。

20代の若い頃は、丸く開いた毛穴ですが、たるみ毛穴は縦長で楕円形に広がっています。毛穴を指で上に引き上げた時に毛穴が消えたなら、それはたるみ毛穴かもしれません。

丸い毛穴の開きは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって生じるもので、若い時には多くの人が悩む毛穴トラブルです。
洗顔と保湿ケアをしっかり行うことでほとんどが改善されます。

たるみ毛穴の場合は、スキンケアだけではよくならないのが実情です。
若い頃と同じようなケアをし続けていては、さらに悪化してしまうケースもあります。

たるみ毛穴について詳しく説明していきます。
気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

老けた印象を与えるたるみ毛穴を予防、改善する方法


たるみ毛穴は、頬に目立つことが多く、ぼこぼことみかん肌のようになっている人もいます。
メイクをしてもなかなか隠せません。

若い頃は毛穴が気にならなかったのに、年齢を重ねるごとに毛穴の開きが目立ってきた、などといった場合は、老化によるたるみ毛穴かもしれません。

たるみ毛穴をそのままケアもせずに放置しておくと、毛穴同士がくっついて帯状の毛穴となり、どんどん大きく広がってしまいます。

さらに放置すると、小ジワやほうれい線へと進行し、一気に老けた印象を与えてしまいます。
そうなる前に、たるみ毛穴を予防することが大切です。

毛穴の開きを解消するためには、たるみ毛穴の原因を取り除くことが重要です。
そしてこれまでのスキンケアを見直し、現在のお肌の状態、年齢に合ったお手入れをすることでたるみ毛穴は徐々に改善していきます。

たるみ毛穴の原因とは?

たるみ毛穴は加齢の他にも、さまざまな原因があります。

1.たるみ毛穴の原因は、加齢によるお肌のたるみがもっとも大きいです。
そもそもお肌のたるみは、お肌の潤い・ハリや弾力となるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの成分が低下することで生じます。

これらの成分は加齢とともに減少し、また質も低下していきます。
そのためお肌は年齢を重ねるごとにどんどんたるんでしまうのです。

若いお肌ではこれらの成分がしっかりと作用しているので、お肌がたるむことなどありません。

2.毎日、外出する際に紫外線対策をしているでしょうか?
無防備に紫外線を浴び続けていると、お肌の奥深くにある真皮層を傷つけてしまうことになります。

その結果として、お肌の潤いやハリを維持するコラーゲンやエラスチンが破壊され、たるみ毛穴の原因またはたるみ毛穴を進行させてしまうのです。

3.タバコは百害あって一利なしと言われるように、身体にもお肌にもよい影響を何一つ与えません。

もちろん、たるみ肌の原因にもなりえます。
タバコは体内で、大量のビタミンCを消費するといわれます。

そのため喫煙者は、タバコを吸っていない人の2倍の量のビタミンCを摂取する必要があると言われているのです。

その理由は、タバコの煙にはたくさんの有害物質が入っていますが、中でもニコチンなどの有害物質が大量に体内に入ると、それを攻撃するために活性酸素が発生します。

その活性酸素と戦っているのがビタミンCです。

ビタミンCは、お肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成を補う働きをしています。

ビタミンCが不足すると、お肌はハリや弾力が低下して、たるみ肌になってしまいます。

タバコの害はたるみ肌だけでなく、顔のシミやシワ・ほうれい線・お肌のくすみなどを引き起こす原因にもなるのです。

そうしたタバコを吸っている人が老け顔になることを、スモーカーズフェイスと言われています。

4.腹筋など身体の筋肉同様に、顔の筋肉も加齢とともに鍛えなければどんどん皮膚や皮下脂肪がたるんできます。

そうするとたるみ毛穴が生じてしまうでしょう。

5.冷え性や運動不足などによる血行不良もたるみ肌、たるみ毛穴の原因になります。

血行不良になると、身体のすみずみまでに栄養が行き渡らなくなるため、お肌の弾力やハリが失われ、毛穴トラブルを引き起こします。

その他にも、乾燥肌や過剰な皮脂の分泌・偏った食生活・不規則な生活習慣・睡眠不足などと、さまざまな原因があげられるでしょう。

老化によるたるみ毛穴の改善策


たるみ毛穴は年を重ねれば、誰にでも起こり得るものです。

しかしたるみ毛穴をそのまま放置しておくと、一気に老け顔になってしまい取り返しのつかない大後悔を招きます。

そうならないためにも、たるみ毛穴をすぐにでも改善する対策をとりましょう。
今日からでも始められる改善策を紹介します。

1.クレンジング剤と洗顔料の見直し
若いころと同じクレンジング剤、洗顔料を継続して使っていませんか?

年齢とともに、お肌の状態も年々変化しています。お肌のトラブルが少ない若々しいお肌と同じクレンジング剤・洗顔料では、30代を過ぎたお肌には負担が大き過ぎます。

たるみ肌が気になる年齢のお肌には、洗浄力が弱いタイプのものがよいでしょう。
お肌に必要な皮脂や角質まで洗い流すことなく、内部の水分を保持し、お肌を乾燥させません。

クレンジング剤の一般的な洗浄力の強さの順は、上から
・メイクをふき取るシートタイプ
・オイルタイプ
・ジェルタイプ
・クリームタイプ
・ミルクタイプ

となります。

その中でもクリームタイプは、洗浄力がありながらもお肌へのダメージが低く、たるみ肌の人におすすめです。

洗顔料は大きく分けて、洗顔フォームと固形の石けんがあります。
いずれにしても合成界面活性剤・香料・防腐剤・着色料などの添加物が入っていないものを選びましょう。

シンプルな洗顔料はお肌への刺激も少なく、優しく洗い上げます。

2.洗顔後の保湿ケアは美容成分に着目して選ぶ
たるみ毛穴を改善するためには、保湿ケアはとても重要です。

水分量が低下しお肌に潤いがなくなると、皮膚は過剰に皮脂を分泌し守ろうとします。
お肌の水分不足は乾燥肌だけではなく、見た目は皮脂でテカっているのに内部が乾いているインナードライ肌の原因になるのです。

またお肌の水分を保つセラミドは、加齢とともに減少していきます。
毎日のスキンケアで補うことでお肌の乾燥を防ぎ、たるみ肌の改善へとつながるでしょう。

オススメの美容成分を紹介します。
保湿ケア用品を選ぶ際の参考にしてみてください。

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・スフィンゴ脂質
・ステアリン産コレステロール
・大豆レシチン
・ヘパリン類似物質

など保湿力を上げる美容成分が配合された化粧品を選びましょう。
またレチノールやビタミンC誘導体などの抗酸化物質が配合された美容液は、傷ついた皮膚細胞を修復してくれます。

3.良質なタンパク質と緑黄色野菜を積極的にとる
魚や肉に含まれるタンパク質は、体内でアミノ酸に分解されて、美肌づくりに欠かせないコラーゲンを生成する原料になります。

同じく緑黄色野菜を摂取することで、抗酸化ビタミンが体内に取り込まれお肌の老化を防ぐのです。

4.表情筋を鍛えてお肌のたるみを予防しよう
たるみ毛穴の開きを改善するためには、お肌がたるまないよう予防することが大切です。

たるみ毛穴が目立つ頬や、老け顔に見えるほうれい線を予防、改善するトレーニングを日々取り入れてみましょう。
鏡を見ながら、顔のどの部分の筋肉が働いているか意識して行うと、さらに効果的です。

・頬のたるみ、ほうれい線を予防するトレーニング(1)
口を大きく開けて「あ・え・い・う・え・お・あ・お・いー」とゆっくり発音します。
最後の「い」を数秒伸ばします。

次に「あ・え・い・う・え・お・あ・お・うー」と発音しましょう。同じく最後の「う」を数秒伸ばします。

これを1日4セット行います。

・頬のたるみ、ほうれい線を予防するトレーニング(2)
今度は両目を見開き、舌を出して上下に20回、左右に20回動かしましょう。

次に上→右→下→左とゆっくりと回します。
逆まわりも同じように行います。

これを1日約1分行いましょう。

数日続けていけば、顔がすっと引き締まってきて、たるみが改善されてきたことがわかるようになります。

生活習慣を見直してたるみ毛穴の開きを改善しよう

たるみ毛穴の開きは、加齢によるものが原因です。

外側からのアプローチも大切ですが、身体の内側からのケアや日々の生活習慣の改善をしてしましょう。
お肌を労わりながら日常を送れば、たるみ毛穴は改善されていきます。

生活習慣で気を付けたいポイントを紹介します。
1.紫外線対策をしっかり行う
たるみ毛穴がもっとも目立つ頬の部分には、日焼け止めを重ね塗りするなど対策を行いましょう。

曇りの日でも紫外線の影響があります。
夏だけでなく一年中、紫外線対策を行いましょう。

2.タバコ、アルコールを控える
アルコールの過剰摂取はお肌を老化させてしまいます。
適量を楽しみましょう。
タバコはお肌にも健康にも大敵です。
禁煙することをおすすめします。

3.脂質の多い食べ物・糖分の多い食べ物を控える
脂質・糖質の多い食べ物は、皮脂の過剰分泌につながります。
良質なタンパク質・緑黄色野菜を積極的にとりましょう。

4.質のよい睡眠を十分とる
お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーは、夜10時〜深夜2時がもっとも活発になる時間です。

この間に熟睡することを心掛けましょう。

(まとめ)老化によるたるんだ開き毛穴の4つの改善策

1.クレンジング剤と洗顔料の見直し
2.洗顔後の保湿ケアは美容成分に着目して選ぶ
3.良質なタンパク質と緑黄色野菜を積極的にとる
4.表情筋を鍛えてお肌のたるみを予防しよう

以上4つの改善策を毎日の生活に取り入れることで、たるみ毛穴の開きは徐々に改善されるでしょう。

美肌は一日で取り戻せません。
毎日の積み重ねがあってこそ得られるものです。

スキンケアや生活習慣を見直して、今日から毛穴レスを目指しましょう。